ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

McAlpine Locks and Dam - Wikipedia

マカルパイン水門&ダム: Google map
開通:1830 年

マカルパイン水門&ダム
(McAlpine Locks and Dam)

マカルパイン水門&ダムはケンタッキー州ルイビルの オハイオ川の滝における水門と水力発電ダムである。 これは 606.8 マイル標識がある場所で、 (上流に) 長さ 72.9 マイル (117.3 km) の航行ダム湖 (navigation pool) がある場所である。 水門とそれに付随する運河はオハイオ川の最初の重要な技術プロジェクトで、 ルイビル・ポートランド運河として 1830 年に完成し、 船舶交通がオハイオ川の滝を航行できるようにデザインされていた。

ケンタッキー州ルイビル
マカルパイン水門&ダム
  1. 歴史
  2. 所有権
  3. ギャラリー
  4. 訳注:テインター・ゲート (Tainter gate)
歴史

1925 年から 1927 年にかけて、水力発電所用のダムが追加され、 水門は最初は私企業が、次に米国工兵隊により拡張された。

マカルパイン水門&ダム
におけるタグボード、2012 年
マカルパイン水門ダム
を漕いで通る。

このシステムはウィリアム・マカルパイン (William McAlpine) に敬意を表して、1960 年にマカルパイン水門&ダムと改名された。 彼は (工兵隊の) ルイビル支部の支部技術者として貢献した唯一の民間人であった。 現在、通常の (プール = 上流水域 の) 水位は海抜 420 フィート (130 m) で、 ダムの上の排水域は 91,170 平方マイル (236,000 km2) である。 マカルパインにおける平均流量は秒速 118,000 平方フィート (3,340 m3/s) である。 水門の隔室はオハイオ川のダムのケンタッキー側にある。 通常は 37 フィート (11 m) の落差があり、 これは上流のマカルパイン水域 (McAlpine pool) と下流のキャネルトン水域 (Cannelton pool) の水位差である。 水力発電プラントは 8 基のタービンから構成され、 総出力は 80,000 キロワットである。 水力発電所は現在 8 年間の修復プロジェクトを実施中である。 これにより 1920 年代のタービン・発電機の寿命を延長し、 発電量を 100 メガワットに増大する。

2003 年 10 月に、マカルパインは米国土木技術者学会 (American Society of Civil Enginneers) により歴史的土木工学ランドマーク (Historic Civil Engineering Landmark) に指定された。

マカルパイン水門は 10 年間で $27800万 の拡張プロジェクトを実施して、2008 年に完成することになっていたが、 2009 年初頭に完成した。

所有権

水力発電所はルイビル・ガス・電気会社 (Louisville Gas & Electric) により所有・操業されている。 この会社は PPL Corporation の子会社で、一方水門は工兵隊により操業されている。

ギャラリー
オハイオ川の滝
ポートランド運河
の地図、1916 年
水門&ダム No.41
の 1934年の航海図
マカルパイン水門
&ダム、2010 年
の航海図
オハイオ川の滝
水門&ダム No. 44
の空からの光景
1930 年代 or 1940 年代
マカルパイン水門
の空からの光景
2000 年頃
引き船 Brimstone
がマカルパイン水門
の補助水門に入る。
1987 年
引き船のスティール
・トレーダーが
補助水門を出る
1987 年
水を抜いた主水門
が修理中、1987 年
沿岸警備隊のブイ
補給船 Obion が
主水門に入る。
引き船の Enid Dibert
が主水門を出発。
1999 年
LG&E オハイオの
滝発電所、1998 年
マカルパイン水門の
テインター・ゲート
14 番通り橋の
橋脚と上流ゲート
1998 年
訳注:テインター・ゲート (Tainter gate)

テインター・ゲート (Tainter gate) は扇型回転ゲート (水門を参照。) の縦横を変えたもの。 最初の絵が横からの断面図で、扇型の弧が水が流れてくる方向を向く。

名前は発明者ジェレマイア・バーナム・テインター (Jeremiah Burnham Tainter) にちなんでいる。

テインター・ゲイト
(Tainter gate)
John H. Kerr ダムの
テインター・ゲート