ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Falls of the Ohio National Wildlife Conservation Area - Wikipedia

オハイオ川の滝国立野生生物保護区: Google map

オハイオ川の滝国立野生生物保護区
(Falls of Ohio National Wildlife Conservation Area)

オハイオ川の滝国立野生生物保護区 (フォールズ・オブ・オハイオ国立野生生物保護区) は米国ケンタッキー州のルイビルの近くでオハイオ川にある 2 州にまたがる国立保護区で、 米国工兵隊により管理されている。 連邦政府の地位は 1981 年に与えられた。 滝は 1966 年に国の自然ランドマークに指定された・

オハイオ川の滝国立野生生物保護区
  1. 概観
  2. 大きさとサウンド
  3. 地質学
概観

この場所はオハイオ川の滝 (フォールズ・オブ・オハイオ) にあり、 初期の川の唯一の航行上の障壁であった。 滝は一連の急流で、 38600 万年のデボン紀の硬い石灰岩の棚にオハイオ川が作用してできた 比較的最近の浸食である。 ケンタッキー州ルイビルと付随するインディアナ州のコミュニティ -- ジェファーソンヴィル、クラークスビル、及びニュー・オールバニー -- が存在する理由は全て滝のコミュニティであるからであり、 滝の航行障壁により、18 世紀末、19 世紀始め、及び 19 世紀末の河川交通は 2 マイル (3 km)、26 フィート (7.9 m) の落差を航行するために地元の専門技術が必要であった。 元々の形では、滝は川の区間に広がる急流として特徴づけられ、 ナイアガラの滝ような不連続な点ではない。 しかしながら、滝はこの重要な内陸水路において、稀に見る、劇的で、圧倒されそうな 航行上の障壁である。

オハイオ川の滝の初期の地図
ケンタッキー州ルイビルは右下。

川の最初の水門 (locks) -- ルイビル・ポートランド運河 -- は 1830 年に完成し、 これに組み込まれた運河は年中、川の航行を提供するように建設されていた。 滝は、後には大まかには、マッカルパイン水門&ダム によって克服され、これは工兵隊によって建設された。 オハイオ川をこの滝で穏やかにして、流速を削減することにより、 近年は化石の川床は流量が多くて低速の水で覆われている; これは化石を見るには障害となるが、 この作用により滝の部分が沈殿物で覆われ、直接の風化には一時的に影響を受けない。 しかしながら化石が豊かなデボン紀の石灰岩のかなりの部分が露出したままであり、 今日でも訪問客が見ることができる。 訪問するのに最も良い時はオハイオ川の水が少なくなるシーズンで、 8 月と 10 月の間である。 化石の採取は禁止されている。

人が定着する前にはここは野牛が好んで川を横断した場所で、 後にはアメリカ原住民が簡単に横断した場所である。

1990 年に、インディアナ州の一部が、オハイオ川の滝州立公園になった。 利用案内センターが年中開館している。

大きさとサウンド

産業と航行用途に改造されるまでは、 オハイオ川の滝は川の全幅に及んでいた。 アメリカ原住民と初期のヨーロッパの探検家はオハイオ川が滝の階段に崩れ落ちる轟を 10 マイル先から聞くことが できた。 川の流量と幅の積による順位ではオハイオ川の滝は世界で 7 番目に大きな滝である。

地質学

滝を形成する岩はジェファーソンヴィル石灰岩と呼ばれる。 石灰岩はおよそ 38700万年前 から 38000万年前 に形成され、 (デボン紀初期の末期である) エムス期 (Emsian Age) と (デボン紀中期の) アイフェル期 (Eifelian Age) に形成された。 露頭はユニークである。 -- 大きくて、色々な 床板サンゴ (tabulate corals) と 四放サンゴ (rugose corals) が、生きているような位置で露頭している。 腕足貝 (Brachiopods) とフサコケムシ (bryozoans) も存在し、 腹足類 (gastropod、巻貝 (snail)) も存在している。

大きな四放サンゴ (ハンマーの上)、
ケンタッキー州ルイビルの近くの
オハイオ川の滝のデボン紀のジェファーソンヴィル石灰岩

デボン紀には、この場所は浅い内陸の海の底で、 およそ北緯 10度 の場所にあり、 ユーラメリカ超大陸 (supercontinent of Euramerica) にあった。