ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

National Road - Wikipedia

ナショナル・ロードは単語としての意味では国道になりますが、 頭文字が大文字で表示してあるため特別な国道となり、米国で最初に建設された国道を指しています。 そのため、 National Road をカナ表記でナショナル・ロードと表示することにします。

ナショナル・ロード (National Road)

ナショナル・ロード (カンバーランド・ロード (Cumberland Road) とも呼ばれる) は連邦政府により建設された米国で最初の改良されたハイウェイであった。 1811 年と 1837 年の間に、 ポトマック川とオハイオ川を接続する 620 マイル (1,000 km) のこの道路は 何千人もの開拓者が西部に向かう時の主な輸送路であった。 1830 年代に改良された時にこれはマカダム工程 (macadam process) で 表面仕上げした米国で 2 番目の道路であった。 この工程はスコットランド人のジョン・ラウドン・マカダム (John Loudon McAdam) が開発したものであった。

ナショナル・ロードの道路標識 地図

建設はポトマック川のほとりのメリーランド州カンバーランドで 1811 年 に西に向かって開始した。 1837 年の金融恐慌 (Financial Panic) とその結果起きる不景気 (economic depression) の 後で、国会の資金繰りが枯渇し、イリノイ州 ヴァンダリア (Vandalia) で停止した。 ここはイリノイ州の当時の州都で、ミシシッピ川を 横断した セント・ルイスの 63 マイル (101 km) 北東であった。

この道路は次のようにも呼ばれた: カンバーランド・ターンパイク (訳注:カンバーランド有料道路)、 カンバーランド - ブラウンズビル・ターンパイク (Cumberland - Brownsville Turnpike、あるいはターンパイクの代りにロード、あるいはパイク)、 カンバーランド・パイク (Cumberland Pike)、 ナショナル・パイク (National Pike)、 そしてナショナル・ターンパイク (National Turnpike)。

20 世紀に自動車の到来があり、ナショナル・ロードは他の歴史的ルートと接続されて、 ナショナル・オールド・トレイルズ・ロード (National Old Trails Road) のタイトルの下でカリフォルニアに至った。 今日、この配置の多くは US ルート 40 が後をたどり、 色々な部分で 「代替 US ルート 40」 に指定されたり、色々な州道の番号が指定されている。 (例えばボルティモアとカンバーランドの間の幾つかの区間では 「メリーランド・ルート 144」 が指定されている。)

1976 年に米国土木技術者学会 (American Society of Civil Engineers) は ナショナル・ロードを国内歴史的土木工学ランドマーク (National Historic Civil Engineering Landmark) に指定した。 2002 年に、全道路は東のボルティモアに至る延長と、西のセント・ルイスに至る延長を含め、 オール・アメリカン・ロード (All-American Road) である 歴史的ナショナル・ロード (Historic National Road)、 に指定された。

訳注
米国の道路で、 幾つかある条件の 1 つ以上を満たす道路を ナショナル・シーニック・バイウェイ (National Scenic Byway、国内景観脇道) と呼び、この条件の 2 つ以上を満たすものをオール・アメリカン・ロード (All-American Road) と呼ぶ。
  1. 歴史
  2. ルートの説明
  3. 歴史的名称
歴史
ブラドック・ロード (Braddock Road)

ブラドック・ロードは 1751 年にオハイオ会社 (Ohio Company) によって、 カンバーランド砦 -- 上流ポトマック川 (upper Potomac River) の航行限界 -- とオハイオ川の分岐点 ( アレゲーニー川 モノンガヒラ川の合流点) における フランスの軍事拠点であった デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) の間で開通した。 デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) は重要なトレードと軍事上の拠点で、 ピッツバーグ市が現在ここにある。 道路がこの名称を得たのは、 植民地時代の 1753 年 - 1763 年のフレンチ・インディアン戦争 (ヨーロッパでは 七年戦争と呼ばれる) の間で、 この時、道路が英国の将軍であるエドワード・ブラドック (Edward Braddock) により建設された時で、 バージニア民兵連隊の ジョージ・ワシントン大佐が不運なブラドック遠征に随行した、 これはフランス人が守るデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) を攻撃する試みであった。

カンバーランド・ロード (Cumberland Road)

カンバーランド・ロード (これは後により長距離のナショナル・ロードになった) の 建設は国会により 1806 年 3 月 29 に認可された。 新しいカンバーランド・ロードはポトマック川とオハイオ川の間を移動するために、 荷馬車と徒歩の道であるブラドック・ロードの代りとなり、 ペンシルバニア州ユニオンタウン (Uniontown) のすぐ東までは、おおよそ同じ配置でたどった。 ここでブラドック・ロードは北のピッツバーグに向かい、 新しい ナショナル・ロード / カンバーランド・ロード は西に進み続け、 バージニア州 (現在はウェスト・バージニア州) の ホイーリング (Wheeling) に至り、ここもオハイオ川沿いである。

最初の区間の建設契約は 1811 年 5 月 8 日にヘンリー・マッキンリー (Henry McKinley) に与えられ、 建設がその年のその後に始まり、道路は 1818 年 8 月 1 日に ホイーリング (Wheeling) に到達した。 100 年以上もの間、単純な花崗岩の石がメリーランド州カンバーランドで、 道路の開始場所の唯一の目印であった。 2012 年 6 月に、モニュメントと広場がこの町のリバーサイド公園 (Riverside Park) に建設され、 元々の歴史的開始点の横にある。

カンバーランド・ナショナル・ロードの開始点の標識

ナショナル・ロードのカンバーランド東ターミナルの向こうで、大西洋岸に向けて、 一連の私的有料道路が建設され、 ナショナル・ロード (オールド・ナショナル・パイク (Old National Pike) とも呼ばれる) をボルティモア -- 当時国で 3 番目に大きな都市で、チェサピーク湾の重要な海の港 -- に接続した。 これらの支線ルート (feeder route) は 1824 年に完成し、連邦政府のナショナル・ロードの東の延長と 呼ばれるものになった。

西への延長

1820 年 5 月 15 日に、 国会は道路をミシシッピ川沿いのセント・ルイスに延長することを認可し、 1825 年 3 月 3 日に、ミシシッピ川を越えて、ミズーリ州ジェファーソン・シティ (Jefferson City) に 延長することを認可した。 ホイーリング (Wheeling) とオハイオ州ゼーンズビル (Zanesville) の間の延長工事は、 昔のエビニーザー・ゼーン (Ebenezer Zane、[訳注:開拓者の名前]) による 既存のゼーンズ・トレース (Zane's Trace、ゼーンの道) を使用し、1833 年にオハイオ州の 新しい州都である コロンバス (Columbus) まで完成し、 1838 年にはオハイオ州の大学の町である スプリングフィールド (Springfield) まで完成した。

1849 年に、橋が完成して、 ホイーリング (Wheeling) でオハイオ川を越えて、 ナショナル・ロードを通した。 ホイーリング吊り橋 (Wheeling Suspension Bridge) は チャールズ・エレット・ジュニア (Charles Ellet Jr.) によりデザインされ、 当時世界最長の橋で、塔から塔まで 1,010 フィート (310 m) のスパンがあった。

オハイオ川を横断するホイーリング吊り橋は 1849 年に完成し、
地方交通になお使用されていたが、2019 年 9 月 24 日に閉鎖。
橋は現在、歩行者のみに限定されている。
州への移管

カンバーランド・ロードの維持費は国会が喜んで引き受けるもの以上になった。 メリーランド州、バージニア州、そしてペンシルバニア州との合意で、 道路は再建され、再び表面仕上げをすることになった。 カンバーランドすぐ西のヘイスタック山 (Haystack Mountain) を越えて走る部分は見捨てられ、 新しい道路がカンバーランド・ナロウズ (Cumberland Narrows) を通り抜けて建設された。

カンバーランド西のカンバーランド・ナロウズ
再配置されたルートの一部分。

1835 年 4 月 1 日に、 ホイーリング (Wheeling) からカンバーランドに至る区間は メリーランド州、ペンシルバニア州、そしてバージニア州 (現在はウェスト・バージニア州) に移管された。 最後の国会の割り当ては 1838 年 5 月 25 日と 1840 年になされ、 国会は道路の未完成部分の完成に反対する裁決をし、決定票はヘンリー・クレイ (Henry Clay) が投じた。 この時までに、鉄道が長距離輸送のより良い方法であることがわかり、 ボルティモアから西に向かってカンバーランドまで建設され、 大半がポトマック川に沿い、次にナショナル・ロードよりも、もっと真っすぐなルートで、 ウェストバージニア (当時はバージニア) のアレゲーニー高原を横断し、 ホイーリング (Wheeling) に至った。 ナショナル・ロードの建設は 1839 年に停止した。 インディアナ州とイリノイ州を通り抜ける道路の多くは未完成のまま各州に移管された。

連邦政府の道路建設はイリノイ州 ヴァンダリア (Vandalia) で停止した、 ここは当時州都であった。 イリノイ州当局者は連邦資金がなければ建設の継続をしないことに決定した、 というのは、セント・ルイス地区に至る 2 つの州道 (現在の US 40 とイリノイ・ルート 140 (当時はアルトン道路 (Alton Road) と呼ばれた)) が すでにあったからである。

その後のイベント

1912 年にナショナル・ロードは ナショナル・オールド・トレイル・ロード (National Old Trails Road) の一部分に選ばれ、 これは更に東に延長されてニューヨーク市に至り、 西に延長されてカリフォルニア州ロサンゼルスに至った。 5 基の 「トレイルのマドンナ」 (Madonna of the Trail) のモニュメントが 「米国独立戦争の娘達」(Daughters of the American Revolution) により寄贈され、 昔のナショナル・ロード (old National Road) に沿って設置された。

「トレイルのマドンナ」 (Madonna of the Trail) のモニュメント
イリノイ州 Vandailla のオールド・ナショナル・ロード沿い。

1927 年にナショナル・ロードは US ハイウェイ 40 の東の部分に指定され、 これはなお一般的にナショナル・ロードの配置をたどり、時々バイパス、再配置、そして より新しい橋がある。 大部分が並行な州間道路 70 (Intgerstate 70) は今や通り抜け移動にはより速いルートを 提供し、US 40 とナショナル・ロードの他の部分の多くの 鋭いカーブ、 険しい傾き、 狭い橋がない。 しかしながら、メリーランド州西のハンコック (Hancock) とペンシルバニア州ワシントンの間で、 I-70 はもっと北寄りのルートを取り、ペンシルバニア・ターンパイク (Pennsylvania Turnpike、I-76 とも指定されている) と接続して、これに従って、 ブリーズウッド (Breezewood) とニュー・スタントン (New Stanton) の間で山脈を横断する。 ここで I-70 は西に向きを変えて、 ペンシルバニア州ワシントンの近くでナショナル・ロードのルート (そして US 40) と再び一緒になる。

もっと最近に建設された州間道路 68 は古い道路と平行し、ハンコック (Hancock) から、 カンバーランド西を通り抜け、メリーランド州カイザーズ・リッジ (Keyser's Ridge) に至り、ここでナショナル・ロードと US 40 は北に向かって、ペンシルバニア州に進入するが、 I-68 はまっすぐ西に進み続けて、 ウェスト・バージニア州 モーガンタウン (Morgantown) の近くで、州間道路 79 と合流する。 メリーランド州の I-68 の部分はナショナル・フリーウェイ (National Freeway) に指定されている。

歴史的構造

ナショナル・ロードの元々の石のアーチ橋の多くも、元々の配置で残っており、 これに含まれるものは:

メリーランド州西のキャッセルマン川橋
は 1814 年に完成した。
ナショナル・ロード沿いの里程標
オハイオ州コロンブス

ナショナル・ロードの別の残存する橋はウェスト・バージニア州 ホイーリング (Wheeling) の ホイーリング吊り橋 (Wheeling Suspension Bridge) である。 オハイオ川を越える道路を通すために 1849 年に開通し、 これは 1851 年に至るまで世界で最大の吊り橋であり、 今日では米国でなお使用中の最古の車両用つり橋である。 より新しい橋が近くで川を横断し、配置を変えた US 40 と I-70 を通している。

3 ヶ所の道路の料金所が保存されている。

付け加えると、幾つかの 「オールド・ナショナル・パイク里程標」 (Old National Pike Milestones) -- あるものは良く保守され、他は荒廃しているが、これ以外は現代のもので交換されている -- はルート上で無傷のまゝである。

ルートの説明

一般に道路は、 部族長ネマコリンの道 (Chief Nemacolin's Path) と 呼ばれるアメリカ・インディアンのトレイルに沿って西に向かって上昇する。 このトレイルは若い ジョージ・ワシントンがかってたどって改良し、 次に ブラドック遠征隊もたどった。 この最初の建設段階は カンバーランド・ナロウズ (Cumberland Narrows) を 使用して、アレゲーニー山脈を横断し、 ペンシルバニア州南西部に進入して、 ペンシルバニア州 サマセット郡 (Somerset County) で アレゲーニー高原に到達する。 そこで旅行者はピッツバーグに向きを変えたり、西に進み続けてユニオンタウン (Uniontown) を 通り抜け、航行可能な川 -- モノンガヒラ川 -- にペンシルバニア州ブラウンズビル (Brownsville) で到達する、ここは当時は 主な旅行準備の中心地 (outfitting center) で、川船建設の中心地であった。 多くの開拓者はそこでボートに乗り、オハイオ川を下って、ミズーリ川を遡上するか、 それ以外のミシシッピ川の集水域に出た。

ナショナル・ロードの S 橋
オハイオ州オールド・ワシントンの東
「トレイルのマドンナ」、インディアナ州
リッチモンド、後方にナショナル・ロード

1818 年までに旅行者は推し進めて、なお 部族長ネマコリンのトレイルをたどって、 浅瀬を横断するか、渡し船でウェスト・ブラウンズビル (West Brownsville) に行き、 ペンシルバニア州 ワシントン郡 (Washington County) を通り抜けて、 バージニア州 (現在はウェスト・バージニア州) の ホイーリング (Wheeling) に入る。 ここはオハイオ川沿いで、45 マイル (72 km) 離れた場所である。 その後の努力によって道路が推し進められ、オハイオ州とインディアナ州を横断し、 イリノイ準州 (Illinois Territory) の中に入った。 最大に延長された時のナショナル・ロードの西のターミナルはイリノイ州 ヴァンダリア (Vandalia) の カスカスキア川 (Kaskaskia) であり、 現代の US 51 と US 40 が交差する場所の近くである。

今日、旅行者がヴァンダリア (Vandalia) から車で東に進めば、現代の US 40 を通って移動し、 イリノイ州南中央を通り抜ける。 ナショナル・ロードは現代の US 40 に沿ってインディアナ州の中に続き、 テレ・ホート (Terre Haute)、 インディアナポリス (Indianapolis) の都市のそばを通過する。 インディアナポリス (Indianapolis) の内部でナショナル・ロードはウェスト・ワシントン・ストリート (West Washington Street) と イースト・ワシントン・ストリート (East Washington Street) を 通る US 40 の元々の配置を使用した。(現代の US 40 は今では I-465 を通っている。) インディアナポリス (Indianapolis) の東で、道路は リッチモンド市 (Richmond) を通過して、オハイオ州に進入し、ここで道路は 現代の US 40 を通り、 デイトン (Dayton)、 スプリングフィールド (Springfield) そして コロンバス (Columbus) の北の郊外を通り抜けた。 オハイオ州 ゼーンズビル (Zanesville) の西で、US 40 は元々のルートの後を支配的に追っているにも関わらず、 元々の道路の多くの区間をなお見つけることができる。 オールド・ワシントン (Old Washington) とモリスタウン (Morristown) の間で、元々の路床は I-70 で覆われている。 道路は次に東に続き、オハイオ川を横断して、ウェスト・バージニア州の ホイーリング (Wheeling) に入る。 ここは最初に舗装された時にナショナル・ロードの元々の西の端であった。 ウェスト・バージニア州で 15 マイル (24 km) を走ってから、 ナショナル・ロードは次にペンシルバニア州に入った。 道路はペンシルバニア州南西を横断し、90 マイル (140 km) ほど南東に向かって、メリーランド州に」入る。 カイザーズ・リッジ (Keyser's Ridge) の東では、道路は現代の 「代替 US 40」 (Alternate US 40) を使用して、 カンバーランド市に入る。 (現代の US 40 は今や I-68 を通る。) カンバーランドは道路の元々の東のターミナルであった。 19 世紀中頃に、ボルティモアに至る有料道路の延長が承認され、 これは、 カンバーランドからハンコック (Hancock) に至る現代のメリーランド・ルート 144、 ハンコック (Hancock) から ヘイガーズタウン (Hagerstown) に至る US 40、 ヘイガーズタウン (Hagerstown) から フレデリック (Frederick) に至る 「代替 US 40」、 及び フレデリック (Frederick( からボルティモアに至るメリーランド・ルート 144 を通るものであった。 承認のプロセスでは盛んな議論があった、 というのはこの道路を有名にした元々のマカダム建造を取り除く理由からであった。 ボルティモアとカンバーランドの間のルートは ナショナル・パイク (National Pike) あるいはボルティモア・ナショナル・パイク (Baltimore National Pike) の名称を使用し続け、 今日のオハイオ州の主要ストリートと同様に、多くの部分は今では 「US ルート 40」、 「代替 US 40」、あるいは 「メリーランド 144」 の標識が付けられている。 メリーランド州フレデリック (Frederick) とジョージタウン (Georgetown、ワシントン DC) の間の支道 -- 今ではメリーランド・ルート 355 -- は色々な地方名が付いているが、 時にはワシントン・ナショナル・パイク (Washington National Pike) と呼ばれる; 今ではこれに並行して、州間道路 270 (Interstate 270) が 首都ベルトウェイ (Capital Beltway、I-495) と フレデリック (Frederick) の間にある。

歴史的名称

ナショナル・ロードに付随した以下の構造は「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に登録されている。

ペンシルバニア歴史・博物館委員会 (Pennsylvania Historical and Museum Commission) は 5 基の歴史マーカー (historical marker) を設置し、 道路の歴史的重要性を記している: 1 基が サマセット郡 (Somerset County), 1947 年 8 月 10 日; 1 基が ワシントン郡 (Washington County), 1949 年 4 月 1 日; 3 基が ファイエット郡 (Fayette County), 1948 年 10 月 12 日、 1948 年 10 月 12 日、 1996 年 5 月 19 日 である。

1976 年に米国土木技術者学会 (American Society of Civil Engineers) はナショナル・ロードを 国内歴史的土木工学ランドマーク (National Historic Civil Engineering Landmark) に指定した。

ピーターズバーグ料金所、ペンシルバニア州
アディソン (Addison) のナショナル・ロード
赤煉瓦居酒屋、ナショナル・ロード沿い
オハイオ州ラファイエット (Lafayette)
里程標、ウェスト・バージニア州 見捨てられた道路の一部分、イリノイ州
クラーク・センター (Clark Center)