ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Cumberland Narrows - Wikipedia

カンバーランド・ナロウズ: Google map

この場所は チェサピーク・オハイオ運河が通過する予定にしていた場所ではないかと思われますが、 運河の建設は手前のカンバーランドで停止した。

カンバーランド・ナロウズ
(Cumberland Narrows、カンバーランド地峡)

カンバーランド・ナロウズ (あるいは単純に "ザ・ナロウズ" (The Narrows)) は米国メリーランド州西部のウォーター・ギャップで、 カンバーランド (Cumberland) のすぐ西にある。 ウィルズ川 (Wills Creek) がウィルズ山 背斜 (Wills Mountain Anticline) の中央尾根を、標高が低いこの場所で切り抜け、 北側にウィルズ山 (Wills Mountain)、 南側にヘイスタック山 (Haystack Mountain、干し草山) がある。 2 つの山の タスカローラ・クォーツァイト (Tucarora quartzite、タスカローラ砂岩) のキャップロック (caprock、帽子岩) の崖と テイラス (talus、崖のふもとの岩屑の傾いた塊) はナロウズ (地峡) の中で顕著である。 カンバーランド・ナロウズのウィルズ山 (Wills Mountain) の 南端の顕著な岩がちな露頭は ラバーズ・リープ (Lover's Leap) と呼ばれている。

ザ・ナロウズの地質学的造作は 間に狭いギャップがある 2 つの山の西の背景を、 カンバーランドに提供する。

メリーランド州カンバーランド西の カンバーランド・ナロウズ、 共に見えるのはウィルズ川、 左手のヘイスタック山、 右手のウィルズ山、 西メリーランド観光鉄道 (左手)、 代替 US 40、昔の国道 (中央、川の左)、 そして CSX 鉄道 (右手) が手前。 カンバーランド・ナロウズの斜めの航空写真、 北東を向く、2006 年 12 月。
  1. 地理学
  2. 産業
地理学

カンバーランド・ナロウズはカンバーランドから、 アパラチア高原とオハイオ川峡谷の向こうへの ゲートウェイ (gateway) の役割があった。 ネマコリンの道 (Nemacolin'(s Path) は 後に昔の ナショナル・ロード (Old National road) となり、今は US 40 となっているが、 これはザ・ナロウズを通り抜け、 共に通り抜けるのは: ボルチモア・オハイオ鉄道 (Baltimore and Ohio Railroad) の ボルチモア / ワシントン とピッツバーグの間の 本線、今は CSX システムの一部分; そして西メリーランド鉄道 (Western Maryland Railway) の以前の路線、 今は西メリーランド観光鉄道 (Western Maryland Scenic Railroad) の 蒸気且つディーゼル動力の周遊列車; そしてグレート・アレゲーニー自転車通過道 (Great Allegheny Passage bike trail) である。

ラバーズ・リープ (Lover's Leap)

ラバーズ・リープ (Lover's Leap) と呼ばれる岩がちな露頭は、 カンバーランド・ナロウズ北側のウィルズ山 (Wills Mountain) にある。 ラバーズ・リープ (Lover's Leap) は海抜 1,652 フィート (504 m) で、 頂上から国道 (US 40 の代替) の下までずっと、 奇妙な四角い岩の曲線から構成されている。

今日、ウィルズ川 (Wills Creek) の上に高くあるこれらの岩は、 アレゲーニー山脈の最も人気の高い光景である。 近くと下には、 カンバーランド、ハイウェイ、2 本の鉄道があり、 遠くには、ペンシルバニア州、ウェスト・バージニア州がある。

産業

46 室の「ウィルズ山旅館」 (Wills Mountain Inn) はザ・ナロウズ (The Narrows) が見える 20 世紀始めの ホテル且つリゾートで、 ウィルズ山 (Wills Mountain) の北側にあったが、1930 年 8 月 6 日に焼失した。

アートモア・プラスティックス会社 (Artmor Plastics Corporation) はザ・ナロウズのウィルズ山 (Wills Mountain) の側 (北側) の第二次世界大戦の以前の繊維工場にあった。 アートモア・プラスチックス (Artmor Plastics) の閉鎖後に工場は Artmor の設立者のアーサー・モーガン (Arthur Morgan) の人生の 記録と彼の豊かな芸術と歴史のコレクションを収容する博物館を収容した。 アーサー・モーガン (Arthur Morgan) の死後、建物は使用されなくなって荒廃し、 頻繁に起きるバンダリズム (vandalism) の犠牲になった。

地方当局者は、この資産を州資金で購入して、ウィルズさん州立公園 (Wills Mountain State Park) に付け加えようとした。 しかしながら、」 彼らはアートモア (Artmor) の残存する株主と条件で折り合わなかった。 2015 年 11 月 11 日に、以前の工場の建物の南半分が、 地元の若者の放火により全焼した。 損失は $750,000 であると見積もられた。