ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Nemacolin's Path - Wikipedia
ネマコリンの道 (Nemacolin's Path)

ネマコリンのトレイル (Nemacolin's Trail) は、 -- あるいはそれほど頻繁ではないが、ネマコリンの道 (Nemacolin's Pass) とも呼ばれ -- 古代のアメリカ原住民のトレイルで、アレゲーニー山脈の大障壁を横断した。 これは、カンバーランド・ナロウズの峠道 (mountain path) を経由して、 現在のアメリカ合衆国のポトマック川の集水域と モノンガヒラ川の集水域を接続した。 ネマコリンのトレイルは、現在のメリーランド州カンバーランドと ペンシルバニア州ブラウンズビル (Brownsville) を接続した。

ブラドック将軍の行軍 (ポイント 1 - ポイント 10) は 「部族長ネマコリンの道」 (を 改良した道) を進んだり、それに平行したりして、ポトマック川からモノンガヒラ川に至った。 頂上からレッドストーン川 (Redstone Creek) に至るルートは、馬車でも使用できるが、ブラドックは迂回した。 ヨカゲイニ川 (Youghiogheny、[訳注:モノンガヒラ川の支流]) の集水域の頂点近くの頂上区間で、ブラドック遠征隊はネマコリン・トレイル から迂回して、 デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) に向かう陸上ルートを取り、これは アレゲーニー川、ヨカゲイニ川 (Youghiogheny)、あるいはモノンガヒラ川の横断が必要ではなかった。 彼のルートは馬車で利用可能でなく、今日でも使用されていない。

パス (path) は植民地以前のアメリカで原住民により 長いこと使用されたトレイル網であった。 ネマコリンの道は現在のメリーランド州カンバーランドの近くで開始し、 ペンシルバニア州ブラウンズビル (Brownsville) に進み続け、レッドストーン川 (Redstone Creek) の流出口にある、 今日のレッドストーン (Redstone) と呼ばれる場所の近郊に至った。 植民地時代のアメリカでは、この場所は防御設備の理由から、 レッドストーン・オールド砦 (Redstone Old Fort) と呼ばれた。

1749 年と 1750 年の最中に、 デラウェア・インディアンの部族長であるネマコリン (Nemacolin) とメリーランドの開拓者 (frontiersman) である トーマス・クレサップ (Thomas Cresap) はクリストファー・ジスト (Christopher Gist) の要望により、 オハイオ会社 (Ohio Company) のためにトレイルの改善を監督した。 彼らは 「ひな形トレイル」 (template trail)、 及び 東側のスロープがブラドック・ロード (Braddock's Road、ブラドックの道路) と 呼ばれるようになったルート (route) の多くの部分を作った。 1755 年の フレンチ・インディアン戦争 (英国とフランスの間の 七年戦争の北米前線 (front)) の 最中に、英軍のエドワード・ブラドック将軍 (Edward Braddock) は、 フランス軍が守るデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) (これは後にピッツバーグに発展した) を奪取する試みで、 ネマコリンの道の東の部分を使用した。

アレゲーニー分水嶺の横断は、19 世紀に至ってさえ、随分困難なことで、 多くの計画、時間と努力を必要とした。 東西のハイウェイは、19 世紀末までバージニア州とウェスト・バージニア州の境界を横断して建設されなかった。 2 つの地域は山脈の最も厳しい地形の幾つかによって分離されていた。 カンバーランド・ナロウズを使用しなければ、旅行者が山脈を通り抜けるために、 北方あるいは南方に何百マイルも行く必要があった、 というのは尾根線は南北に向き、ほとんど通過できなかったからである。

ネマコリンの道は後に改良され、 (次々に変遷して) カンバーランド道路 (Cumberland Road)、 ナショナル・ロード (National Road)、 ナショナル・パイク (National Pike)、 そして終に US ルート 40 (U.S. Route 40)、 あるいはナショナル・ハイウェイ (National Highway) となった。 ルート 40 は米国で最初に公的に認められたハイウェイの一つになった。 より前の道路はカンバーランド・ロード/ナショナル・ロード (Cumberland Road / National Road) と呼ばれ、米国で建設された最初の鋳鉄製の橋の上を走り、 ダンラップ川 (Dunlap's Creek) を越えた。 ネマコリンのトレイルは開拓者が コネストーガ馬車あるいはステージ・コーチ (Conestoga wagonss or stage coach) に乗って、 アパラチア山脈の西の地に到達するゲートウェイ (gateway) になった。