ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Conestoga wagon - Wikipedia
コネストーガ・ワゴン
(Conestoga wagon, コネストーガ幌馬車)

コネストーガ・ワゴンは特別なデザインをした重い幌馬車 (covered wagon) で、 米国とカナダの東部で、18 世紀末と 19 世紀に広範囲に使用された。 これは十分に大きく、6 米トン (5.36 英トン, 5.44 トン) までの荷を運ぶことができ、 馬、ラバ、牛 (ox) が牽引した。 このデザインは、動いている最中に荷が動き回らないように保ち、 河川の横断を助けた、もっとも コーキングしていないと時々水漏れした。

米国の西への拡張時に使用された大半の幌馬車 (covered wagon) はコネストーガ・ワゴン (Conestoga wagon) ではなく、むしろ普通の農場荷馬車 (farm wagon) にキャンバスの覆いを付けたものであった、 というのは本当のコネストーガ・ワゴンは プレーリー (prairiess、草原) には重すぎたからである。

牛 (ox) が牽引するコネストーガ・ワゴンの線画
  1. 歴史
  2. 建造
  3. コネストーガ荷馬 (Conestoga draft horse)
歴史

最初の既知の「コネストーガ・ワゴン」の明白な言及は、 1717 年 12 月 31 日のジェームズ・ローガン (James Logan) によるもので、 ジェームズ・ヘンドリックス (James Hendricks) から購入後の会計記録 (accounting log) にあるものである。 これは、ペンシルバニア州 ランカスター・カウンティ (Lancaster) の コネストーガ川もしくはコネストーガ・タウンシップにちなんで命名された。 (これ自身は サスケハノック族 (Susquehannock) の小さな部族にちなんで名付けられた。) そしてこれはドイツ人の開拓者により、フィラデルフィアへの輸送で導入されたと思われている。

コネストーガ・ワゴンの絵、両端の激しい角度と 中央の湾曲を注意、これが他の種類の幌馬車と 比較した時の大きなコネストーガ・ワゴンの特徴

植民地時代には、コネストーガ・ワゴンは、 グレート・ワゴン・ロード (Great Wagon Road) で、 グレート・アパラチア峡谷 (Great Appalachian Valley) を 通り抜ける南方への移住で人気があった。 独立戦争後に、これはピッツバーグとオハイオへの商業を切り開くのに使用された。 1820 年の運送料金では、100 ポンド、100 マイルあたり、おおよそ 1 ドルで、 1 日に 15 マイル (24 km) の速度であった。 コネストーガ・ワゴンはしばしば長い列で使用され、 鉄道が発展するまで、アパラチア山脈を越える主な陸上貨物車両であった。 荷馬車は 8 匹までの馬、あるいは 1 ダースまでの牛 (ox) のチームで牽引された。 カナダではコネストーガ荷馬車はペンシルバニア・ドイツ移民が使用し、 彼らはオンタリオ南部 (Southern Ontario) に向けて米国を去り、 定住したのは: ナイアガラ地域 (Niagara Region)、 キッチナー- ウォータールー地域 (Kitchener-Waterloo area) そして、 ヨーク地域 (York Region、大半が マーカムとストウビル (Markham and Stouffville)) であった。

建造

コネストーガ・ワゴン (wagon, 荷車) は、床が上方に湾曲して、積み荷がひっくり返ったり移動するのを防止した。 突き出し部 (tongue) も含め、 普通のコネストーガ・ワゴンは、 長さ 18 フィート (5.4 m)、 高さ 11 フィート (3.3 m)、 幅 4 フィート (1.2 m) である。 これは 12,000 ポンド (5,400 kg) までの貨物を運ぶことができた。 ワゴン本体の継ぎ目はタールでコーキングされ、 川を横断中に水の侵入を防いだ。 風雨から守るために、 白いキャンバスの覆いがワゴンを横断して広げられた。 枠とサスペンションは木で作られ、車輪は耐久性を大きくするために、 鉄の縁が付いていた。 水の樽がワゴンの両側に建造され、道具箱が修理に必要な道具を格納し、荷馬車後部のエサ箱は馬のエサに使用された。 初期の貨物ワゴン (freight wagon, 貨物荷馬車) は人が乗るためのものでなかった。 荷馬車には 2 つの車輪の間の左側にブレーキ・ハンドルがあり、 御者は荷馬車のそばで歩いたか、 引き出した板の上に立つことができ (荒れた道では座ることができた)、 この板はレイジー・ボード (lazy board, なまけ板) と呼ばれ、ここからブレーキ・ハンドルを利用できた。 荷馬車に近い左側の馬はホイール・ホース (wheel horse, 車輪馬) と呼ばれ、時には騎乗した。 コネストーガ荷馬車は右側通行の習慣を始めた。

コネストーガ・ワゴン, 「 国立アメリカ歴史博物館」 (National Museum of American History) コネストーガ形式の幌馬車が 「Cole 地上輸送博物館」 (Cole Land Tranportaion Museum) で展示
コネストーガ荷馬 (Conestoga draft horse)

重い貨物荷馬車 (freight wagon) を牽引するために、 コネストーガ馬 (Conestoga horse) ―― 中程度から重量牽引をする特別品種の馬 ―― が開発された。 コネストーガ馬は確立した品種ではなく、幾つかの異なる色がある。 始まりは、荷馬車と同じ、ランカスター・カウンティのコネストーガ峡谷であった。 馬は科学的方法で品種改良したのではなく、必要性からであった。

サミュエル・ジスト (Samuel Gist) は著名な地主、奴隷の所有者、銀行家、更には ジョージ・ワシントンの仲間で、最終的には品種改良に貢献し、 これはコネストーガ馬と呼ばれた。 ジスト (Gist) はジスト開拓地を創設したことで有名で、 これにはオハイオのリーズバーグ (Leesburg) 南西のものが含まれ、 奴隷を解放した、もっともこれは死後に遺言を通じてのみであった。 コネストーガの血統は明らかではなく、1 つ以上の可能性がある。 1774 年委 50 匹のイングランドの種馬 (stallion) と雌馬 (mare) が バージニアに輸入された。 これらは バイアリーターク (Byerley Turk)、 ダーレーアラビアン (Darley Arabian)、あるいは ゴドルフィンアラビアン (Godolphin Arabian) からのものであった。 ジスト (Gist) は 1732 年イングランドから Bulle Rock と呼ばれる ダーレーアラビアン (Darley Arabian) を輸入した。 この馬とバージニアの雌馬との繁殖でより大きな馬になった。 これらの雌馬はフランドル地方の先祖の種馬と交配され、 米国にウィリアム・ペン (William Penn) によって持ち込まれたと言われているが、これは言い伝えであると断言された。

コネストーガ馬の凋落は 1864 年に予言され、 「現代の発明と最近の革新」 により忘却された。 この予言は、国会印刷物とジョン・ストローム (John Strohm) による歴史寄稿によっている。 コネストーガの数マイル南の、 ペンシルバニア州マーティック (Martic) で、 ジョン・エシェルマン (John Eshelman) と呼ばれる人が、つやのあるがっしりした黒いコネストーガ馬を所有し、 これが出版物で図版 XXIV として描画されていた。