ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの最初の部分の翻訳です。

Great Wagon Road - Wikipedia

このページは最初に全体の概略が書かれ、その後に区間ごとの詳細が記されていますが、 詳細な区間の説明が多すぎるので (60 ページほどある)、ここは省略します。

グレート・ワゴン・ロード
(Great Wagon Road、大荷馬車道)

グレート・ワゴン・ロードはトレイル (trail、踏み慣らされてできた道) を改良したもので、 グレート・アパラチア峡谷 (Great Appalatian Valley) を通り抜け、 ペンシルバニア州からノース・カロライナ州に至り、 ここからジョージア州に至るもので、 植民地時代の道であった。

  1. 序文
  2. まとめ
序文

ひどく利用されたグレート・ワゴン・ロード (Great Wagon Road) は 基本的には初期に米国南部 (Southern United States) -- とりわけ僻地 -- への移民に使用されたルートであった。 色々な種類の開拓者が、この道路で南方に移住したが、 2 つの支配的な文化が登場した。 ジャーマン・パラタインズ (German Palatines) とスコットランド系アイルランド人 (Scotch-Irish American) の移民がヨーロッパにおける耐えがたい状態の理由から、大量に到来した。 ドイツ人 (ペンシルバニア・ダッチ (Pennsylvanian Dutch) とも呼ばれ)、 豊かな農地を見つける傾向があり、熱心に働いて、安定して豊かになった。 もう 1 つのグループは ( プレスビテリアン (Presbyterian) あるいは アルスター・スコットランド人 (Ulster Scots) と呼ばれ)、 休むことがなく、排他的で、ひどく独立な傾向があった; 彼らはアパラチア文明 (Appalachian Culture) と呼ばれるものになった。 部分的には言葉の違いから、2 つのグループは互いに付き合うことがなかった。

訳注
  1. ジャーマン・パラタインズ (German Palatines、păl′ə-tīn′) は 18 世紀、 神聖ローマ帝国のライン川中流からの移民で、 この中に少数派の Palatinate (パラトゥネイト、/ pəˈlæt nˌeɪt, -ɪt /) がおり、これがグループ全体の名称になった。 (以上は German Palatinesからの抜粋。) Palatinate はドイツ式には プファルツ地方と呼ぶ
  2. ダッチとは通常オランダ人のことを指すが、ペンシルバニア・ダッチとはドイツ人です。
1751 年のフライ - ジェファーソン (Fry-Jefferson) の地図、
1752 年の バージニア植民地と周辺の領域 (province) を示す。

グレート・ワゴン・ロードは、 多くの移民が植民に入ったフィラデルフィア港で始まり、 ペンシルバニア州南部の ランカスター (Lancaster) と ヨーク (York) の町を通り抜けた。

道路は南に曲がって、 ポトマック川を横断し、 現在のウェスト・バージニア州 Martinsbury の近くの シェナンドーア峡谷 (Shenandoah Valley) に入った。 道路は峡谷を南に進み続け、 「グレート・ウォリアーズ・トレイル」 (Great Warrior's Trail、大戦士のトレイル) (この地図ではインディアン道路 (Indian Road) とも呼ばれる) を経由した。 グレート・ウォリアーズ・トレイルはバッファローの群れが移住することで 作られた古代のトレイルをインディアンが何世紀も移動して確立していた。 道路のシェナンドーア部分はバレー・パイク (Valley Pike、Turnpike (有料道路) の意味) とも呼ばれている。 1744 年のランカスター条約 (Teaty of Lancaster、[訳注:インディアンとの条約]) により、 インディアン道路に沿って定住する植民地開拓者 (colonist) の権利が設立された。 この道路の交通量が 1744 年の後で劇的に増えたが、 1756 年から 1763 年の間の フレンチ・インディアン戦争 (French and Indian War、 7 年戦争 (Seven Year's War)) の 最中にはわずかになった。 しかし、戦争が終わった後は、アメリカで最も交通が激しい基幹道路であったと言われた。

グレート・ワゴン・ロードの
コネストーガ・ワゴン (Conestoga Wagon)
カロライナ・ロード (Carolina Road)
の歴史マーカー、バージニア州
フランクリン郡 (Franklin)

シェナンドーア峡谷の南で、道路はロアノーク川 (Roanoke River) にビッグ・リック (Big Lick) の町 (今日の ロアノーク (Roanoke)) で到達し、ロアノーク (Roanoke) の南で、 グレート・ワゴン道路はカロライナ・ロード (Carolina Road) とも呼ばれた。 ロアノーク (Roanoke) で、1 本の道路が南西に分岐し、ニュー川峡谷上流 (upper New River Valley) の内部、そしてテネシー峡谷上流 (upper Tennessee Valley) のホルストン川 (Holston River) の 流域につながっていた。 ここからウィルダネス・ロード (Wilderness Road) がケンタッキーに通じ、 オハイオ川で終了した。 ここで フラットボート (flatboat) が利用可能となり、 更に ミッドウェスト (Midwest) とひいてはニューオーリンズ (New Orleans) まで行くことができた。

1748 年の後にはビッグリック/ロアノーク (Big Lick/Roanoke) から、 グレート・ワゴン・ロードはマゴティ・ギャップ (Maggoty Gap) (Maggodee とも呼ばれた) を通り抜けて、 ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge Mountains) の東側に抜けた。 ピードモント地区 (Piedmont region) を通り抜けて南に進むと、 道路は現在のノース・カロライナ州の町々 -- ウィンストン・セーラム (Winston-Salem)、 ソールズベリー (Salisbury) そして シャーロット (Charlotte) -- を通り抜けて、 歴史的なインディアンのトレード・ルート (Trading Path) にある初期のインディアンの 集落を通り抜けた。 グレート・ワゴン・ロードは究極的には サバンナ川流域の ジョージア州 オーガスタ (Augusta) に到達し、 フィラデルフィアから 800 マイル (1,300 km) 以上の距離があった。

当時の名称にもかかわらず、この道路の南の部分は植民地時代の末期に至るまで、 決して荷馬車では通過できなかった。 このページの 1751 年のフライ - ジェファーソン (Fry-Jefferson) の地図は バージニア州 ウィンチェスター (Winchester) の北のみに「荷馬車」 (Wagon) の用語を記している。 1753 年に荷馬車の旅行者のグループが報告していることは、 「良好な道路はオーガスタ (Augusta) (現在のバージニア州 スタントン (Staunton)) で終了している」ことであった、 もっとも彼らはそのまゝ、はるばる ウィンストン・セーラム (Winston-Salem) に進み続けた。 どのような説明にせよ、これは快適なルートではなかった。 南に移動する開拓者 (settler) の幌馬車 (covered wagon) の列は北の都会に向かう農産物を 満載した荷馬車の列に対応した; これらには、北の市場に追い立てられる牛、豚などの家畜の巨大な群れが散在した。 旅行するための快適な場所もあったはずであるが、 道路の状態は深い泥から、厚い砂ぼこりまで変化し、動物の排せつ物が混じっていたことであろう。 一般に旅人は高く・乾燥した道路を好んだが、馬の (そして自分たちの) 水源が、 定期的な間隔を空けてあることが必要であった。 宿屋は湧き出る泉の近くに作られていたが、提供されたのは最も基本的な食べ物と、 寝るための場所のみであった。

今日、古い道路の多くの部分を車、自転車、あるいは歩いて通ることが可能である。 道路の多くには大規模な変化があったが、場所によっては開拓者が遭遇たと同じような光景を維持している。

まとめ

次の表はグレート・ワゴン・ロード (Great Wagon Road) の区間をまとめたもので、 区間ごとの詳細と Google 地図へのリンクを与え、現代の道路とこの場所の衛星写真がわかる。

注意: 区間と距離は凡そである: 実際の道は倒木と洪水などで常に変化した。

... 詳細な表は省略...

グレート・ワゴン・ロードの名残
サウス・カロライナの キャムデンの戦場
(Camden Battlefield)
1700 年代のアメリカの開拓者
により使用されたグレート・ワゴン・ロード