ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Great Appalachian Valley - Wikipedia

但し、地形/気候 の部分の表 (オールバニーとノックスビルの気温など) の部分は省略します。 数値が並んでいるだけです。

英語の Valley (峡谷) は訳しにくく、これは前後関係で流域と訳すこともあります。 その理由は、一般的な峡谷は、断面が V 字型をしていることがなく、U 字型をしていることが多く、 流域がとても広いのが普通だからです。日本の峡谷は英語の gorge に近い。 ところが、ここで問題にしている 「グレート・アパラチア峡谷」 は川の流域ではありません。 そのため適切な訳語がなく、この場合の「峡谷」が非常に広々としたもの (日本の平野に近い) であると、理解を変えてください。

グレート・アパラチア峡谷
(Great Appalachian Valley)

グレート・バレー (Great Valley、大峡谷) は グレート・アパラチア峡谷 (Great Appalachian Valley) あるいは グレート・バレー地区 (Great Valley Region) とも呼ばれ、 北米東部の重要な地形の造作の 1 つである。 これは巨大な窪み (trough) -- 一つながりの峡谷低地 -- でアパラチア山脈システムの中央の造作である。 窪み (trough) が広がるのは ケベック州から アラバマ州までのおよそ 1,200 マイル (1,900 km) で、 有史以前から重要な南北移動ルートであった。

アパラチア山脈の地図、グレート・アパラチア峡谷が強調表示、
両側の主要な山岳地帯 (複数) は色々命名され、色々な地方の峡谷と同様である。
  1. 地形
  2. 歴史
  3. 輸送
地形

広く定義すれば、グレート・バレー (Great Valley) は リッジ&バレー自然地理学的プロビンス (Ridge and Valley physiographic province) の東の端を印している。 グレート・バレーの地方的な名称があり、例えば シェナンドーア峡谷 (Shenandoah Valley, /ˌʃɛnənˈdoʊə/) がある。 大きな観点からはグレート・バレーは 北区間 (northern section) と 南区間 (southern section) に分割できる。

北区間 (Nothern section)

グレート・バレーが含むのは: シャンプレーン湖 (Lake Champlain) の周りのシャンプレーン峡谷 (Champlain Valley) そして セント・ローレンス川に流出する リシュリュー川上流 (upper Richelieu River); ハドソン峡谷 (Hudson River Valley), ニューバーグ峡谷 (Newburgh Valley), そして ウォールキル峡谷 (Wallkill Valley); そして キッタティニー峡谷 (Kittatinny Valley), デラウェア川上流峡谷 (upper-Delaware River Valley), レバノン峡谷 (Lebanon Valley), そして カンバーランド峡谷 (Cumberland Valley) である。

一連の山脈がグレート・バレーの北半分の両側を囲んでいる。 東に向かっては、あるいは海岸に向かっては、 これらは北から南に、 バーモント州 (Vermont) の グリーン山脈 (Green Mountains); バーモント州、ニューヨーク州、マサチューセッツ州、コネチカット州の タコニック山脈 (Taconic Mountains); レディング・プロング (Reading Prong) (これが含むのは ニューヨーク - ニュージャージー・ハイランズ (New-York - New Jersey Highlands)、 これは色々な名前で呼ばれ、 ハドソン・ハイランズ (Hudson Highlands), シューンマンク・マウンテン (Schunemunk Mountain), そして ラマポ山脈 (Ramapo Mountains) などの名称と区間がある); ペンシルバニア州の ハリスバーグ (Harrisburg) より向こうのサウス・マウンテン (South Mountain) がある。 レディング・プロング (Reading Prong) とハリスバーグ (Harrisburg) の サウス・マウンテン (South Mountain) の間には広いギャップがあり、 これを通り抜けて サスケハナ川が流れ、 グレート・バレーをペンシルバニア州南東の ピードモント高地域 (Piedmont region) に接続している。 人によっては、このギャップがグレート・バレーの北区間と南区間の間の分割点と考えている。

西側あるいは大陸側には一連のもっと通り抜けることができない山岳地帯がグレート・バレー北側の境界になっている。 最北は アディロンダック山地 (Adirondack Mountains) で、 カナダ楯状地 (Canadian Shield) の南の延長であり、 これは シャンプレーン湖 (Lake Champlain) と ジョージ湖 (Lake George) の岸に沿ってグレート・バレーに到達している。 この南にはモホーク峡谷 (Mohawk Valley) とニューヨーク州 オールバニー (Albany) の向こうに、 キャッツキル山脈 (Catskill Mountains) -- これは アレゲーニー高原 (Allgheny Plateau) の北東の終端 -- が劇的なキャッツキル急斜面 (Catskill Escarpment) の形でグレート・バレーの境界になっており、 急斜面がハドソン川とハドソン峡谷の中間の水平区間 (middle reaches) を見下ろしている。 キャッツキル山脈のすぐ南に、 リッジ&バレー・アパラチア (Ridge-and-Valley Appalachians) の最初の「褶曲」 (folds) が連続的な尾根の形で谷の境界になっている。 この尾根は色々な名称で呼ばれ、(南に向かって) ニューヨーク州ではシャワンガンク・リッジ (Shawangunk Ridge、 /ˈʃɑːwəŋɡʌŋk/)、 ニュージャージー州ではキッタティニー・マウンテン (Kittatinny Mountain、[訳注:尾根])、 ペンシルバニア州ではブルー・マウンテン (Blue Moutain) と呼ばれる。 この長い尾根は幾つかの狭い劇的なギャップで途切れ、 ウィンド・ギャップ (wind gap、風のギャップ)、 ウォーター・ギャップ (water gap、水のギャップ) と呼ばれている。 これらに含まれるのは ニュージャージー州のカルバー・ギャップ (Culver's Gap); デラウェア・ウォーター・ギャップ (Delaware Wate Gap)、 ここで デラウェア川が ニュージャージー州とペンシルバニア州の間の境界に沿ってグレート・バレーに流れ込む; そしてペンシルバニア州の多くのギャップがあり、 これに含まれるのが ペンシルバニア・ウィンド・ギャップ (Pennsylvania Wind Gap); アレンタウン北 (Allentown) のリーハイ川ギャップ (Lehigh River Gap); スクールキル川ギャップ (Schuylkill River Gap); スワタラ・ギャップ (Swatara Gap); そして サスケハナ川ギャップ (Susquehanna River Gap) などがある。

南区間 (Southern section)

南区間 (southern section) では、グレート・バレーは東側を ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge Mountains) で囲まれ、 これは北のメリーランド州 (Maryland) とペンシルバニア州には サウス・マウンテン (South Mountain) として延長する。 南区間のグレート・バレーの地方名に含まれるのは: メリーランド州のヘイガーズタウン峡谷 (Hagerstown Valley)、 バージニア州とウェスト・バージニア州のウィンチェスター峡谷 (Winchester Valley) と シェナンドーア峡谷 (Shenandoah Valley)、 バージニア州の ジェームズ川 (James River) の上流峡谷 (upper valley)、 ロアノーク峡谷 (Roanoke Valley)、そして ニュー・リバー峡谷 (New River Valley)、 バージニア州 テネシー州のホルストン川峡谷 (Holston River Valley)、 そしてバージニア州から、テネシー州を通り抜け、 アラバマ州に至るイースト・テネシー川峡谷 (East Tennessee Valley) である。 人によってはグレート・バレーの最南部分をクーサ川峡谷 (Coosa River Valley) と呼んでいる。 これらのグレート・バレーの南の部分は、時々 2 つの部分 -- バージニア・バレー (Valley of Virginia) とテネシー・バレー (Tennessee Valley) -- にグループ分けされる。

南グレート・バレー (southern Great Valley) は 東側をブルー・リッジ自然地理学的プロビンス (Blue Ridge physiographic province) により囲まれ (bounded)、 このプロビンス (province) に含まれるのは、北から南にかけて、 ペンシルバニア州とメリーランド州のサウス・マウンテン (South Moutain)、 バージニア州の ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge)、 テネシー州のホルストン・マウンテン (Holston Mountain、[訳注:尾根])、 テネシー州とノース・カロライナ州の Unaka Range と グレート・スモーキー山脈 (Great Smoky Mountains) である。 これらの山々の一つの重要なギャップはバージニア州の ロアノーク (Roanoke) にある。 バージニア州 ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge) にある注目すべき他のギャップは、 ピードモント高原 (Piedmont region) とグレート・バレーを接続し、 これに含まれるのは ソーントン・ギャップ (Thornton Gap)、 スウィフト・ラン・ギャップ (Swift Run Gap)、 そしてロックフィッシュ・ギャップ (Rockfish Gap) がある。

別の一連の山々が南グレート・バレーの西側を囲み、 これに含まれるのは: ノース・マウンテン (North Mountain,[訳注:尾根]) と グレート・ノース・マウンテン (Great North Mountain,[訳注:尾根]), アレゲーニー・フロント (Allegheny Front), パウェル・マウンテン (Powell Mountain、[訳注:尾根]), カンバーランド山脈 (Cumberland Mountains), ウォールデン・リッジ (Walden Ridge、ウォールデン尾根), そして カンバーランド高原 (Cumberland Plateau) である。 カンバーランド・ギャップ (Cumperland Gap) はグレート・バレー地区 (Great Valley region) を 西の ケンタッキー州 テネシー州に接続している。

マサナッテン・マウンテン (Massanutten Mountain、[訳注:尾根]) はグレート・バレーのバージニア州部分の谷の真ん中にある。

バージニア峡谷 (Valley of Virginia) は カルスト地形 (karst) で、多くの シンクホールと洞窟がある。

気候 (climate)

グレート・バレーの気候は一般に暖かい、あるいは、北の 1/3 は夏が暑く、 湿気があって大陸的で、 そしてペンシルバニア州より南は湿気がある亜熱帯 (subtropical) である。 最初の表は温暖な部分のもので、第二の表はグレート・バレーの亜熱帯の部分である。

気候の表は省略
歴史

この谷を通り抜けるルートは最初はアメリカ原住民により使用された。 植民地時代前と植民時時代の初期には、 グレート・バレー (Great Valley) を通り抜ける重要なインディアンの通り道は、 グレート・インディアン・ウォーパス (Great Indian Warpath、大インディアン戦争道)、 セネカ・トレイル (Seneca Trail) 等の色々の名前で呼ばれた。

ヨーロッパの植民地開拓者にとって、 グレート・バレーは グレート・ワゴン・ロード (Great Wagon Road、大荷馬車道) に沿った米国の開拓 (settlement) と 商業の重要なルートで、これはフィラデルフィアで開始した。 シェナンドーア峡谷 (Shenandoah Valley) では、この道はバレー・パイク (Valley Pike、Turnpike (有料道路) の意味) と呼ばれた。 ウィルダネス・ロード (Wilderness Road, 荒れ野道) はグレート・ワゴン・ロード (Great Wagon Road) から、現在のバージニア州 ロアノーク (Roanoke) で分岐し、 カンバーランド・ギャップ (Cumberland Gap) を横断して、 ケンタッキー州 テネシー州に、とりわけ肥沃な ブルーグラス地区 (Bluegrass region) と ナッシュビル盆地 (Nashville Basin) に通じていた。 ロアノーク (Roanoke) における別の分岐は、カロライナ・ロード (Carolina Road) と呼ばれ、 ノース・カロライナ サウス・カロライナ、そして ジョージアピードモント高原 (Piedmont region) につながっていた。

グレート・バレーを西と東の土地に接続している色々なギャップはアメリカの歴史で重要な役割を演じた。 東側ではペンシルバニア州南東の広いギャップはグレート・バレーの定住 (colonization) の重要なルートになった。 1730 年代までにペンシルバニア州のグレート・バレーの、サウス・マウンテン (South Mountain) の西は インディアンからの譲渡条約 (treaty cessions) と購入のあとで、 定住 (settlement) に開放された。 この地域は間断のない、ますます増える移民の流れを引き寄せ、 「最良の貧乏人の国」 (the best poor man's country) と呼ばれた。 やがて移民はペンシルバニアのグレート・バレーに定住しつくし、 急速に南方のバージニア州の シェナンドーア峡谷 (Shenandoah Valley) の中へ移動・定住した。 ペンシルバニア南東と シェナンドーア峡谷 (Shenandoah Valley) の間の全地域は ブレッドバスケット (breadbasket、穀倉地帯) -- アメリカで最も生産的な混合農業地区 (mixed farming region) (メイニグ (Meinig) 1986:134) -- として有名になった。 フィラデルフィアから西の谷 (valley) に至り、そして通り抜けて南に至る道路は ひどく利用され、色々な名称で呼ばれ、 例えば、 グレート荷馬車道路 (Great Wagon Road)、 フィラデルフィア荷馬車道路 (Philaderphia Wagon Road)、 峡谷道路 (Valley Road) 等である。 コネストーガ荷馬車 (Conestoga wagon) はフィラデルフィアとグレート・バレーの間の広い開口部地帯で 1725 年頃に 開発された。 コネストーガ荷馬車 (Conestoga wagon) は鉄道時代に至るまで、グレート・バレーを通り抜ける輸送用の主な車両になった。

ニュージャージー州 サセックス郡 (Sussex County) のカルバー湖 (Culver's Lake) の近くのカルバー・ギャップ (Culver Gap) は およそ 10,000 年前から現在に至るまで、キッタティニー (Kittatinny) を通り抜ける重要なルートであった。 ギャップは山頂から 400 フィート (120 m) 以上も下にある。 アメリカ原住民の レナペ (Lenape) は山の両側で狩りをしたり、トレードをするために、このギャップを使用した。 ペンシルバニアからの初期の定住者はカルバー湖 (Culvers Lake) からブランチビル (Branchville) に至る水の落差を、 幅広い種類の水力ミル (mill) に使用した。 (複数の) 有料道路はギャップを通り抜ける レナペ (Lenape) のトレイルのルート (複数) の後を追った。

1750 年までに、グレート・バレーには南端の シェナンドーア峡谷 (Shenandoah Valley) まで定住が十分にあった。 移民はフィラデルフィアから南方へ、 グレート・バレーを通り、 シェナンドーア (Shenandoah) の向こうのバージニア州の現代の都市 ロアノーク (Roanoke) の近くに移動し続けた。 ロアノーク (Roanoke) の近くの ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge) には広いギャップがある。 グレート・ワゴン・ロード (Great Wagon Road) の支道がここで始まり、ギャップを東に通り抜けて、 ノース・カロライナ (North Carolina) と サウス・カロライナ (South Carolina) の ピードモント高原 (Piedmont region) に入った。 この道路はカロライナ・ロード (Carolina Road) と呼ばれた。 1750 年代に、南に向かい、峡谷 (valley) を通り抜けて、カロライナの ピードモント高原 (Carolina Piedmont) に移動する移民の流れが 氾濫するようになった。 当時、カロライナのピードモント高原 (Carolina Piedmont region) は最良の土地の幾つかを、最低の価格で提供した。 まもなく一連の町が登場し、これに含まれたのは: ノース・カロライナ (North Carolina) の ソールズベリー (Salisbury)、 セーラム (Salem)、 シャーロット (Charlotte) であった。 アメリカ独立戦争 (American Revolution) の前の 10 年に、カロライナ (Carolina) の 内陸のピードモント高原 (Piedmont "upcountry") はすばやく定住され、 大半はグレート・バレーを経由して、北から南へ移住した最近の移民によって定住された。 これらの移民の多くはスコットランド系アイルランド人 (Scots-Irish)、 ラインラント=プファルツ州 (Rhineland-Palainate) から来たドイツ人で モラヴィア教徒であった。 この内陸 ("upcountry") の人口はすぐに、もっと古く、もっと確立した 大西洋岸の低地 ("low country") の人口を越え、 18 世紀末にカロライナ (Carolina) に 深刻な地理的・政治的な緊張 (geopolitical tension) を引き起こした。 (メイニグ (Meinig)、1986:291-293)。

西側で、カンバーランド・ギャップ (Cumberland Gap) はグレート・バレー南部 (southern Great Valley) から西のケンタッキーとテネシーに至る主要な移民ルートになった。 北部では、モホーク峡谷 (Mohawk Valley) が西への拡張の主要ルートとなり、 とりわけエリー運河の建設の後でこうなり、 エリー運河はグレート・バレーのハドソン川とモホーク峡谷 (Mohawk Valley) のギャップを経由して 五大湖地区に接続した。

グレート・バレーは南北戦争 (American Civil War) の最中に重要な役割を演じ、とりわけ シェナンドーア峡谷 (Shenandoah Valley)、 ブルー・リッジ・ギャップ (Blue Ridge gap) と 近くの ピードモント地区 (Piedmont area) と ゲティスバーグ (Gettysburg) の近くの北方の延長がある。 この地域の南北戦争時代の遺跡とイベントに含まれるのは: ウェスト・バージニアの ハーパーズ・フェリー (Harpers Ferry, ハーバーの渡し場); メリーランドの アンティータムの戦い (Antietam); バージニアの マナサス (Manassas); ペンシルバニアの チェンバーズバーグ (Chambersburg); ノーザン・バージニアの 峡谷戦役 (Valley Campaign); 1864 年の峡谷戦役 (Valley Campaign) もバージニアあり; テネシーの チャタヌーガの戦い (Battles of Chattanooga); ペンシルバニア内部に至る ゲティスバーグ戦役 (Gettysburg Campaign) がある。

輸送
州間道路 (Interstate highways)

今日では、グレート・バレー南部を占有する主要な幹線道は:

バレー北部 (northern valley) では、 幹線道路は変化する。 I-81 は ハリスバーグ (Harrisburg) から北東に向かって、峡谷 (valley) をたどり、 スワタラ・ギャップ (Swatara Gap) に至り、次にブルー・マウンテン (Blue Mountain) に沿って北に向きを変え、 峡谷を離れて スクラントン (Scranton) に向かう。 次に I-78 は同じルートを継続して峡谷を平行に通り抜け、 ブルー・マウンテン (Blue Mountain) の南のスロープに至り、 ハリスバーグ (Harrisburg) に レバノン (Lebanon)、 クッツタウン (Kutztown)、そして アレンタウン (Allentown) を接続する。 アレンタウン (Allentown) で I-78 は南に向きを変え、 レディング・プロング (Reading Prong) の丘陵地帯に入り、ニューヨーク市に向かう。 アレンタウン (Allentown) からニュージャージー州とニューヨーク州南の中に至るまでは、 峡谷は州間道路で後を追えないが、 これを長々と (そして斜めの角度で) 横断するのは、 I-80 と I-84 の両方で、 更に デラウェア川がペンシルバニア州 イーストン (Easton) とデラウェア・ウォーター・ギャップ (Delaware Water Gaps) の間で横断する。

峡谷はニュージャージー州とニューヨーク州で北東から次第に北に曲がり、 I-87 はハドソン・ハイランズ (Hudson Highland) のすぐ向こうの ニューバーグ (Newburgh) の近くで始まり、 峡谷の全長の大半をカナダまで走り、 ポキプシー (Poughkeepsie)、 オールバニー (Albany) そして グレンズフォールズ (Glens Falls) を通過する。 峡谷の東西区間 (east-west section) で、 I-90 はモホーク峡谷 (Mohawk Valley) を ユーティカ (Utica) に向けて横断する。 I-87 は アディロンダック山地 (Adirondack Mountains) を通り抜けて峡谷の西を走る。 もっとも、これは プラッツバーグ (Plattsburgh) の近くで降下して峡谷に戻る。 カナダと米国の国境で、I-87 はオートルート 15 (Autoroute 15) となり、北に向かって モントリオール (Montreal) まで継続する。 どの州間道路も ジョージ湖 (Lake George) の峡谷東部の起伏の多い区間 (rugged section) を横断することも、 北の バーモント州 (Vermont) バーリントン (Burlington) に走る農業的に豊かなシャンプレーン峡谷 (Champlain Valley) を通り抜けることもない。

しかしながら、I-89 は シャンプレーン湖 (Lake Champlain) の東岸に沿ってバーリントン (Burlington) から 北に向かい、峡谷の最北端を通り抜けて、カナダ - 米国の国境まで走り、 I-89 はケベック州道 133 (Quebec Route 133) と自動車ルート 35 (Autoroute 35) になり、 後者は リシュリュー川 (Richelieu River) のルートの南区間をたどり、 ここでグレート・バレーは東のモントリオール (Montreal) でセント・ローレンス川の平原に消えうせる。 リシュリュー川 (Richelieu) は平原を横断して、北方に継続し、 モントリオール (Montreal) の 北東のセント・ローレンス川に流出する。)

文化

グレート・バレーは、とりわけ南部 - 中間の部分は、アパラチアと呼ばれる地域内である。