ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Blue Ridge Mountains - Wikipedia

自然地理学に関しては 米国の自然地理学的地域を参照。

ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge Mountains)

ブルーリッジ山脈は、より大きなアパラチア山脈の 自然地理学的プロビンス (physiographic province) である。 この山脈は米国南部にあり、ペンシルバニア州南部から 550 マイル南西に延長し、 通り抜ける場所は: メリーランド、 ウェスト・バージニア、 バージニア、 ノース・カロライナ、 サウス・カロライナ、 テネシー、そして ジョージア州である。

この(自然地理学的) プロビンス (province) は北部と南部の自然地理学的地域 (physiographic region) から構成され、 ロアノーク川 (Roanoke River、/ˈroʊəˌnoʊk/) の ギャップの近くで分割されている。 ブルー・リッジの西には、アパラチアの塊の間に グレート・アパラチア峡谷 (Great Appalachian Valley) があり、この西はアパラチア山脈の リッジ&バレー地形区 (Ridge & Valley province) で囲まれている。

ブルーリッジ山脈は遠くから見ると、青みがかっていることで知られている。 木々が大気中に放出する イソプレン (isoprene) の理由から、 ブルー・リッジは青みがかっている。 従って、山脈に独特のもやと特色のある色に貢献している。

ブルー・リッジ地形区の中には、2 つの主な国立公園があり、 北区間には シェナンドーア国立公園 (Shenandoah National Park)、 南区間には グレート・スモーキー山脈国立公園 (Great Smoky Mountains National Park) がある。 そして 8 ヶ所の国立森林公園 (national forest) がある。 これに含まれるのは: 「ジョージ・ワシントン&ジェファーソン国立森林公園」(George Washington and Jefferson National Forest)、 「ナンタハラ国立森林公園」 (Nantahala National Forest)、 そして 「チャタフーチ国立森林公園」 (Chattahoochee National Forest) である。 ブルー・リッジにはブルー・リッジ・パークウェイ (Blue Ridge Parkway) があり、これは 469 マイル (755 km) の長さの、 景色の良い基幹道路 (highway) で、2 つの公園を結び、 アパラチア・トレイル (Appalachian Trail) と共に 尾根頂上線 (ridge-crest-line) に沿っている。

ブルーリッジ山脈、ノースカロライナ州 ミッチェル山
の近くのブルー・リッジ・パークウェイからの眺め。
アパラチア山脈
  1. 地形 (Geography)
  2. 地質学 (Geology)
  3. 歴史
  4. 動植物 (Flora and fauna)
  5. 人口の中心
  6. 音楽で
地形 (Geography)

「ブルー・リッジ」の用語は時々、アパラチア山脈の東の端、あるいは (東の) 正面の山脈 (front range) のことにもっぱら適用されるが、 ブルー・リッジ地形区 (Blue Ridge province) の地形的定義は西方の リッジ&バレー地域 (Ridge and Valley area) まで延長され、 包含するのは: グレート・スモーキー山脈 (Great Smoky Mountains)、 グレート・バルサムズ山脈 (Great Balsams Mountains)、 ローン山 (Roan Mountain)、 ブラック山脈 (Black Mountains)、 ブラッシー山脈 (Brushy Mountains) (ブルー・リッジの支脈 ("spur")) などである。

ブルーリッジ山脈、
ノースカロライナ州ブローイング岩 (Blowing Rock) からの眺め

ブルー・リッジは南はジョージア州のオグルソープ山 (Mount Oglethorpe) までずっと延長し、 北はペンシルバニア州のサウス山 (South Mountain) までずっと延長する。 サウス山 (South Mountain) はゲティスバーグ (Gettysburg) とハリスバーグ (Harrisburg) の間でただの丘陵地帯に縮小するが、 ブルー・リッジの核 (core) を形成する古代の岩石の帯は北東に続き、 ニュージャージー州とハドソン川の高地 (highlands) を通り抜け、 そのうち、マサチューセッツ州のバークシャーズ (Berkshires、[訳注:高地]) とバーモント州のグリーン山脈 (Green Mountains) に 到達する。

ブルー・リッジは北米東部で、 バフィン島 (Baffin Island) より南では、最高の山々を含む。 およそ 125 の峰が高さ 5,000 フィート (1,500 m) を越える。 ブルー・リッジで (そしてアパラチア山脈全体で) 最高の峰はノース・カロライナ州の ミッチェル山 (Mt. Mitchell) で 6,684 フィート (2,037 m) である。 ノース・カロライナ州とテネシー州には 6,000 フィート (1,800 m) 以上の峰が 39 ある; 比較すると、アパラチア山脈の北の部分には、ニュー・ハンプシャー州の ワシントン山 (Mt. Washington) のみが、 6,000 フィート以上である。 サザン・シクサーズ (Southern Sixers) はピークバガー (peak baggers、登山のみを目的にした登山家) により、この山のグループに使用される用語である。

ブルー・リッジ・パークウェイ (Blue Ridge Parkway) は南アパラチア (Southern Appalachians) の頂上 (crest) に沿って、400 マイル (755 km) を走り、 2 つの国立公園 -- シェナンドーア (Shenandoah) とグレート・スモーキー山脈 (Great Smoky Mountains) -- を接続する。 パークウェイ沿いの多くの場所で、明るい色と暗い色の鉱物を含む折りたたまれた帯を持つ 変成岩 (gneiss) があり、時々 マーブルケーキ (marble cake) の折り畳み (fold) と渦 (swirl) のように見える。

地質学 (Geology)

ブルーリッジ山脈を形成する岩の大半は、 古代の花崗岩チャーノック岩 (granite charnockites)、変成した火山の生成物、 そして堆積石灰岩 (sedimentary limestone) である。 ジョージ・ワシントン大学 (George Washington University) の教授で地質学者の Richard Tollo が完成した最近の研究により、 ブルー・リッジの基盤場所 (basement site) の岩石学 (petrologic) 且つ地質年代学 (geochronologic) の歴史への より大きな洞察を与えられた。 現代の研究はブルー・リッジの基盤地質 (basement geology) は 組織的にユニークな 片麻岩 (gneiss) と 花崗岩 (granitoids) で構成され、 斜方輝石 (orthopyroxene) を帯びたチャーノック岩 (charnockites) を含んでいる。 米国地質調査所 (US Geological Survey) の ジョン・アレイニコフ (John Aleinikoff) が完成した花崗岩中の ジルコン (zircon) 鉱物の分析から、もっと詳細な定置 (emplacement) の時代がわかった。

ブルーリッジ山脈、ノースカロライナ州の
チムニー・ロックの山岳高台
(Mountain Overlook) からの眺め
メリーランド州北部の
ブルーリッジ山脈の北端の延長

ブルー・リッジに見られ、Tallo 等により記録された多くの造作により確認されたことは、 岩石は、他の北米の「グレンビル造山時代」の台地 (Grenville-age terrace) で多くの類似した造作を表示している。 カルク・アルカリ類似性 (calc-alkaline affinity) と 12 億年未満のジルコン時代 (zircon ages) がないことが示唆することは、 ブルー・リッジは アディロンダック山脈 (Adirondacks)、 グリーン山脈 (Green Mountains)、 そして恐らくは ニューヨーク - ニュージャージー高地 (New York - New Jersey Highlands) とは違っていることである。 岩石学 (petrologic) と地質年代学 (geochronologic) のデータが示唆することは、 ブルー・リッジの基礎 (basement) は混成の造山運動の地殻 (composite orogenic crust) で、 地殻マグマ・ソース (crustal magma source) の幾つかの出来事 (episode) の最中に定置された (emplace) ことである。 field relationship が更に説明することは 10.78 - 10.64 億年以前に定置された (emplace) 岩は deformation features を保存していることである。 10.64 億年前の後で定置されたものは一般にマッシブ・テクスチャ― (massive texture) があり、 中原生代 (Mesoproterozoic) の圧縮 (compression) の主な出来事 (episode) がない。

ブルーリッジ山脈は 4 億年前の シルル紀 (Silurian Period) の最中に形成され始めた。 およそ 3.2 億年前に北米とヨーロッパが衝突し、ブルー・リッジを押し上げた。 これが出現した時に、ブルー・リッジは世界で最高の山脈の 1 つで、 もっと若いアルプスに匹敵する高さに達していた。 今日、何億年もの風化と浸食により、山脈の最高峰であるノース・カロライナ州の ミッチェル山 (Mount Mitchell) はたった 6,684 フィートの高さである、 しかし、なお米国のミシシッピ川東の最高峰である。

歴史

バージニア植民地に 17 世紀始めに定住したイングランド人の記録することでは 原住民の パウハタン (Powhatan) によるブルー・リッジの名称は Quirank であった。 ブルー・リッジのふもとには、色々な部族 -- これに含まれたのが、 スー語族 (Siouan) の マナホアック族 (Manahoacs), イロコイ (Iroquois), そして ショーニー族 (Shawnee) である -- が狩りをしたり、魚を釣っていた。 ドイツ人の医者で探検家のジョン・レデラー (John Lederer) はブルー・リッジの頂上 (crest) に 1669 年に始めて到達し、そして再びその翌年に到達した; 彼はバージニアのスー語族 (Virginia Siouan) の名称も記録した (Ahkonshuck)。

背景にブルーリッジ山脈、バージニア州
リンチバーグ (Lynchburg) から

バージニア植民地の副総督 (Lieutenant Governor) のアレグザンダー・スポッツウッド (Alexander Spotswood、1676 年 - 1740 年) と イロコイ (Iroquois) の間で 1718 年 - 1718 年に交渉した「オールバニー条約」 (Treaty of Albany) で、 イロコイは、ポトマック川の南、ブルー・リッジの東で、 バージニア植民地に至るまでの征服した土地を譲渡した。 入植者 (colonist) がこれを無視して 1730 年代にブルーリッジ山脈を横断して、 シェナンドーア峡谷に定住を始めた時に、 イロコイは抗議し始め、終に、 1744 年の 「ランカスター条約」 (Treaty of Lancaster) で、 ブルー・リッジの西側の峡谷の権利を売却した。

1863 年の南北戦争 (American Civil War) の ゲティスバーグ戦役 (Gettysburg Campaign) の最中に、 ロバート E. リー (Robert E. Lee) が統率する北バージニア軍 (Army of Northern Virginia) がポトマック川を横断して忍び込み、 北軍への 2 回目の侵入を開始した。 彼らはブルー・リッジを越えてゆっくり動き、行動を隠すために山脈を使用して、 終にゲティスバーグの戦い (Battle of Gettysburg) で決定的に敗北し、ペンシルバニアに戻った。 これは戦争のキーになる戦いで、決定的に北軍の流れになり、 南軍に対する外国の支援のいかなる望みも取り除かれた。

動植物 (Flora and fauna)

森の環境は、多くの植物、木々そして動物の自然な生息域を提供する。

植物相 (Flora)

ブルーリッジ山脈はオークとオーク・ヒッコリー (oak-hickory) の森の生育地を邪魔し続け、 これらは大半のアパラチア山脈の斜面の森を構成している。 植物は草、灌木、ツガ (hemlock)、そして混合したオーク・松の森林もある。

ブルーリッジ山脈は米国東部の最も高い複数の頂上を含んでいる。 それにも関わらず、気候は暖かすぎて、高山帯 (alipine zone) を支えることがなく、 従って、山脈にはアパラチア山脈の北半分で見られる 森林限界 (tree-line) がない。 ブルー・リッジの最も高い部分は一般に、南部アパラチアの密生したトウヒ - モミ (spruce-fir) の森が成長している。

動物相 (fauna)

この地域には多くの動物が住んでおり、これには次が含まれる:

人口の中心

ブルーリッジ山脈にある最大の市は ロアノーク (Roanoke) で、バージニア州南西にあり、 最大の大都市圏 (Metropolitan Area) はノース・カロライナ州 アッシュビル大都市圏 (Asheville metropolitan area) である。 ブルーリッジ山脈の他の著名な市に含まれるのは: シャーロッツビル (Charlottesville)、 グリーンビル (Greenville)、 ジョンソン・シティ (Johnson City)、 そして リンチバーグ (Lynchburg) である。

音楽で