ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Shenandoah Valley - Wikipedia

自然地理学に関しては 米国の自然地理学的地域を参照。

シェナンドーア峡谷 (Shenandoah Valley)

シェナンドーア峡谷 (Shenandoah Valley、/ˌʃɛnənˈdoʊə/) は地理的な峡谷と 文化的地域をあわせたもので、 米国のバージニア州西部とウェスト・バージニア州東部のパンハンドル (panhandle、フライパンの柄、突き出た部分) にある。 峡谷は東側はブルーリッジ山脈で囲まれ、 西側はリッジ&バレー・アパラチア (Ridge-and-Valley Appalachians) で囲まれ (但し、マサナッテン山 (Massanutten Mountain) は除外する)、 北側は ポトマック川で囲まれ、南側は ジェームズ川 (James River) で囲まれている。 文化的地域はより大きな地域に渡り、 すべての峡谷と西側のバージニア高地 (Virginia Highlands) と 南側のロアノーク峡谷 (Roanoke Valley) を含んでいる。 これは自然地理学的に リッジ&バレー・プロビンス (Ridge and Valley province) の中にあり、 グレート・アパラチア峡谷 (Great Appalachian Valley) の一部分である。

シェナンドーア峡谷を横切る光景
訳注
右上の地図で、シェナンドーア川はポトマック川の支流で、分岐する場所が ハーバーズ・フェリー (Harpers Ferry) である。 この上流で、ポトマック川は北支流と南支流 (南支流は描かれていない) に分かれ、北支流の上流にカンバーランド ( チェサピーク・オハイオ運河の終点、瘤のような箇所) がある。 右上の地図には州の境界も描かれており、 ポトマック川は州の境界になっていて、この北がメリーランド州、その更に北がペンシルバニア州、 ポトマック川の南の西がウェスト・バージニア州、東がバージニア州である。
  1. 地理 (Geography) 語源
  2. 歴史
  3. 輸送
  4. ポピュラー・カルチャーで
地理 (Geography)

シェナンドーア峡谷はその全域の多くに至る川によって命名されているが、 これはバージニア州の 8 つの郡とウェスト・バージニア州の 2 つの郡に渡っている。

南北戦争前の、今ではウェスト・バージニアにある 4 つの追加の郡と 更にはバージニア州の 4 つの追加の郡がある。

文化的地域にはバージニア州のもう 5 つの郡が含まれる。

南のロアノーク峡谷と北の ハーパーズ・フェリー (Harpers Ferry) の間で、 シェナンドーア川がポトマック川と合流する場所で、 峡谷の文化的地域は 10 の独立な市を含む:

シェナンドーア峡谷の中央部分はマサナッテン山脈 (Massanutten Mountain range) により半分に分離され、 小さい方はページ峡谷 (Page Valley) と関連して東にあり、フォート峡谷 (ort Valley) は山脈の中にある。

秋のシェナンドーア峡谷 養鶏場、背景に
ブルーリッジ山脈
肥沃なシェナンドーア峡谷の農場
「シェナンドーア峡谷」、 油彩 (oil on canvas),
ウィリアム・ルイ・ソンターグ Sr (William Louis Sonntag Sr.)
1859 年 - 1860 年, バージニア歴史協会所蔵
注目に値する洞窟

シェナンドーア峡谷には幾つかの地質学的・歴史的に重要な石灰岩の洞窟がある。

語源

単語のシェランドーア (Shenandoah) はアメリカ原住民の不明な言葉に起源がある。 これはアメリカ原住民の言葉の英語化 -- Gerando, Gerundo, Genantua, Shendo そして Sherando のような単語になったもの -- であると言われている。 これらの単語の意味にも少々問題がある。 Schin-han-dowi, トウヒの林を通り抜ける川 ("River Through the Spruces"); On-an-da-goa, 高山の川 ("River of High Mountains") あるいは銀の川 ("Silver-Water"); そして 大きな牧草地 ("Big Meadow") の イロコイ (Iroquois) の言葉, がすべてアメリカ原住民の語源学者によって提案された。 もっとも人気の高いロマンチックな考えはこの名称がアメリカ原住民の「星の美しい娘」(Beautiful Dauter of the Stars) の表現に由来することである。

別の伝説が結び付けることは、 イロコイの酋長 (chief) である Sherando (Sherando は彼の部族の名前でもある) に由来することで、 彼は アルゴンキン族 (Algonquian) の酋長であるオペチャンカナウ (Opechancanough, /oʊpəˈtʃænkənoʊ/) と闘い、 後者はポウハタン連合 (Powhatan Confederacy、1618 年 - 1644 年) の支配者であった。 オペチャンカナウ (Opechancanough) はこの内陸の国を非常に好んだため、 子息の Sheewa-a-nee にタイドウォーター (Tidewater, [潮汐地帯, 地域名]) から多くの 一行 (party) を引き連れて峡谷に入植 (colonize) させた。 Sheewa-a-nee は Shenando を五大湖の近くの下の領地に追いやった。 この説明によると、Sheewanee の一行の子孫が ショーニー族 (Shawnee) になった。 伝説によると、 イロコイ (Iroquoians) が別の部族である Senando が現在のシェナンドーア郡 (Shenandoah County) に 住んでいた。 彼らは、南部のインディアン ( カトーバ族 (Catawba) あるいは チェロキー族 (Cherokee)) により、 白人の開拓者が到来する前に壊滅された。

別の物語はアメリカ独立戦争にさかのぼる。 戦争中に、ニューヨーク州に拠点を置く イロコイ連合 (Iroquois nation) の 1 つである オナイダ族 (Oneida) の酋長である Skenandoa は 多くの部族を説得して、英国に対抗する入植者の側につかせようとした。 イロコイ連合 (Iroquois) の 4 つの国が英国の同盟となり、 オールバニ (Allbany) の西の先端開拓地 (frontier settlement) に多くの死者と被害をもたらした。 Shenandoa は英国と イロコイ連合 (Iroquois) の同盟に対して、250 名の戦士を統率した。 オナイダ族 (Oneida) の口承の伝説によると、 フォージ峡谷 (Valley Forge) における 1777 年 - 1778 年の激しい冬の最中に、 フォージ峡谷 (Valley Forge) では入植者が苦しみ、酋長の Skenando は兵士たちに助けを与えた。 オナイダ族 (Oneida) は乾燥トウモロコシを何ブッシェルも部隊の送り、 彼らが生存できるようにした。 オナイダ族 (Oneida) の女性である Polly Cooper は舞台と共に過ごし、 トウモロコシの料理方法と病人の世話の仕方を教えた。 ワシントン将軍は感謝して彼女に肩掛け (shawl) を送り、 これはニューヨーク州 シラキュース (Syracuse) の近くの オナイダ・ネーション (Oneida Nation) の博物館である Shako:wi で展示されている。 多くのオナイダ (Oneida) が信じていることは、戦争後にワシントン将軍が同盟者にちなんで、シェナンドーア川とシェナンドーア峡谷 を命名したことである。

歴史
最初のヨーロッパ人の探検者

峡谷の生産的な農地としての可能性にもかかわらず、東方からの入植者の開拓は (colonial settlement) は ブルーリッジ山脈の障壁 (barrier) により長期間遅れた。 山脈を越えた人は 1671 年のマナサス・ギャップ (Manassas Gap) におけるジョン・レデラー (John Lederer)、 同じ年の「バッツとファラム」 (Batts and Fallam)、 そして 1682 年のカドワラダー・ジョンズ (Cadwallader Jones) であった。 スイスのフランツ・ルードウィック・ミッシェル (Franz Ludwig Michel) と クリストフ・フォン・グラフェンリート (Christoph von Graffenried) はそれぞれ 1706 年と 1712 年に 峡谷を探検して地図を作った。 フォン・グラフェンリート (Von Graffenried) が報告することによると、 Senantona (シェナンドーア (Shenandoah)) のインディアンはノース・カロライナの最近の タスカローラ戦争 (Tuscarora War) の知らせで警戒をしたことであった。

18 世紀

総督のアレグザンダー・スポッツウッド (Alexander Spotswood) の 伝説的な 1716 年のゴールデン・ホースシュー探検 (Golden Horseshoe Expedition) は ブルーリッジ山脈をスウィフト川ギャップ (Swift River Gap) で横断し、バージニア州エルクトン (Elkton) の川に到達した。 開拓者はすぐには追随しなかったが、この報告を聞いた人で、 後に峡谷の最初の開拓者になった人はアダム・ミラー (Adam Miller) (ミューラー (Mueller)) で、 シェナンドーア川の南支流に土地の権利を主張した、 ここは現在 ロッキンガム郡 (Rockingham County) を ページ郡 (Page County) から分離する境界の近くである。

グレート・ワゴン・ロード (後に バレー・パイク (Valley Pike) あるいはバレー有料道路 (Valley Turnpike) と呼ばれた) は、 グレート・ウォリアーズ・トレイル (Great Warriors Trail) あるいは インディアンの道 (Indian Road) として始まった、 これは周辺に定住した幾つかの部族により共有された共通の狩猟場を通り抜ける原住民の道で、 このような部族には、 イロコイ (Iroquoian)、 スー (Siouan) そして アルゴンキン (Algonquian) 語族の部族がいた。 峡谷内部の既知の原住民の集落は少しであったが、 これに含まれるものに: ショーニー (Shawnee) がウィンチェスター (Winchester) のまわりの地域を占有、 タスカローラ (Tuscarora) が現在のウェスト・バージニアの マーティンズバーグ (Martinsburg) の周りにいた。 1720 年代末と 1730 年代に クエーカー教徒 (Quakers) と メノナイト (Mennonites) がペンシルバニアから移り始めた。 彼らは原住民により大目に見られ、 一方 "Long Knives" (海岸地帯の バージニア植民地 (Virginia Colony) からのイングランド人の開拓者) が歓迎されなかった。 これと同じ数十年間に峡谷ルートはセネカ (Seneca) ( イロコイ (Iroquois)) と レナペ (Lenape) の戦争部隊 (war parties) が、 ニューヨーク、ペンシルバニア、そしてニュージャージーから遠方のカロライナのカトーバ族 (Catawba) を攻撃する途上で使用した、 彼らは後者と戦争状態であった。 今度はカトーバ族 (Catawba) が戦争部隊 (war parties) を北方に追跡し、しばしば彼らがポトマック川に到達するまでに追いついた。 交戦状態の国の間で、幾つかの激しい戦闘が峡谷であり、 これは初期のヨーロッパ系アメリカ人の開拓者によって証言されている。

後の入植者 (colonist) はこのルートを グレート・ワゴン・ロードと呼んだ; これは移民達が荷馬車 (wagon) で移住する大通りとなり、 ペンシルバニアとバージニア北部から南部の未開地 (backcountry) に向かった。 峡谷有料道路会社 (Valley Turnpike Company) は南北戦争前に マカダムで舗装して道路を改良し、 料金所を設置して、改良による料金を徴収した。 自動車の到来後に、道路は改良され、その用途のために適切に舗装された。 20 世紀に、この道路はバージニア州が買収し、 US ルート 11 として、州の基幹道路システムに組み込まれた。 その全長の大半で、1960 年代に建設された、より新しい州間道路 81 が 昔のバレー・パイク (Valley Pike) に平行している。

最初のドイツ人の開拓者は "Shenandoah Deitsh" と呼ばれ、 彼らと共に多くのストットランド系アイルランド人 (Scotch-Irish) の移民は 1730 年代にペンシルバニアから、 ポトマック川を経由して峡谷に移住した。 スコットランド系アイルランド人は独立戦争以前にイギリス諸島 (British Isles) から移民したイングランド人でない 最大のグループを構成し、大半は南部の僻地 (backcountry) に移民した。 これは バージニア・タイドウォーター (Virginia Tidewater, [潮汐地帯, 地域名]) 地区 とカロライナ・ピードモント (Carolina Piedmont) 地区に定住した主に イングランド人の移民とは対照的であった。 総督のスポッツウッド (Spotswood) は 1721 年にイロコイ (Iroquois) (シックス・ネイションズ (Six Nations)) と オールバニー条約 (Treaty of Albany) を取り決め、 これにより、彼らは更に南部への襲撃部隊 (raiding parties) がブルーリッジ山脈の東に行かないことに同意した。 1736 年にイロコイ (Iroquois) は抗議し始め、彼らは ブルーリッジ山脈の西にある土地をまだ法的に所有していると主張した。 これは 1743 年に峡谷の開拓者との小競り合いにつながった。 イロコイ (Iroquois) は バージニア植民地 (Virginia Colony) に対して宣戦布告の瀬戸際にあった、 この時総督のグッド (Governor Good) は峡谷の開拓地で彼らに主張されている土地に対して、100 ポンド (100 pounds sterling) の額を支払った。 翌年のランカスター条約 (Treaty of Lancaster) で、イロコイ (Iroquois) は峡谷の残りの要求を金 200 ポンドで売却した。

峡谷になお住んでいた少数の ショーニー族 (Shawnees) は 1754 年に突然に西に向かった、 この前年にアレゲーニー山脈の向こう側の親族からの使者があった。

19 世紀

シェナンドーア峡谷は南北戦争の最中に南軍の穀倉地帯で、 南軍によるメリーランド、ワシントン、そしてペンシルバニアへの襲撃の裏口と見なされた。 この戦略的重要性から、ここは主要な 3 回の戦役の場所になった。 最初は 1862 年のバレー戦役 (Valley Campaign) で、この時南軍の将軍のストーンウォール・ジャクソン (Stonewall Jackson) は 人数で有利な 3 つの北軍に対して峡谷を守った。 最後の 2 回は 1864 年のバレー戦役 (Valley Campaign) であった。 このうち、最初のものでは 1864 年夏に、南軍将軍のジュバル・アーリー (Jubal Early) は北軍の占領者を一掃し、 次にメリーランド、ペンシルバニア、そしてワシントン DC を襲撃するために前進した。 次いで、秋に北軍将軍のフィリップ・シェリダン (Philip Sheridan) はアーリー (Early) を峡谷から追い出すために派遣され、 最終的に焦土作戦を使用して火を付けて南軍に有益なものを使用できないように破壊した。 峡谷は、とりわけ北部の南では、 激しいゲリラ戦の場所になった、というのは地域の住民は忠誠心に関して、深く分裂し、 南軍ゲリラのジョン・モズビー (John Mosby) と彼のレンジャー部隊はしばしばこの地域で活動した。

20 世紀

1914 年に終了した一連の新聞の合併により、 ハリソンバーグ (Harrisonburg) の デイリー・ニューズ-レコード (Daily News-Record) はシェナンドーア峡谷の日刊紙として確立した。

20 世紀末に、峡谷のブドウ畑が成熟し始めた。 これらはシェナンドーア峡谷のアメリカ・ブドウ畑地区の新しい産業を構成した。

21 世紀

2018 年に、一連のストライキと抗議が、デイトン (Dayton) の カーギルの施設 (Cargill plant) で実施された。

輸送

シェナンドーア峡谷の輸送は主に道路と鉄道から構成され、 幾つかの大都市地域の輸送局 (transit authority) を含んでいる。 主な南北道路輸送は州間道路 81 (Interstate 81 で、 これが併進するのは昔のバレー・ターンパイク (Valley Turnpike、US ルート 11) 且つ峡谷のコースを通して、アメリカ原住民の古代のグレート・パス (Great Path、偉大な通り道) である。 下流の (北方の) 峡谷の東側で、US ルート 340 も南北を走り、南の ウェインズボロ (Waynesboro) で始まり、 ページ峡谷 (Page Valley) を通り抜けて、フロント・ロイヤル (Front Royal) に至り、 ウェスト・バージニア州の ハーパーズ・フェリー (Harpers Ferry) で峡谷を抜けて、 メリーランド州に至る。 主要な東西方向の道路も谷を横断し、 ピードモントアレゲーニー山脈へのアクセスを 提供する。 北から始めれば、これらのルートに含まれるのは: US ルート 50、 US ルート 522、 州間道路 66、 US ルート 33、 US ルート 250、 州間道路 64、そして US ルート 60 である。

CSX トランスポーテーション (CSX Transportation) は峡谷を通り抜ける幾つかの鉄道を操業し、これに含まれるのは: 古い ボルティモア・オハイオ鉄道 (Baltimore and Ohio Railroad)、 古い マナサス・ギャップ鉄道 (Manassas Gap Railroad、B&O 鉄道)、 そして古いバージニア中央鉄道 (Virginia Central Railroad) である。 バレー・パイク (alley Pike) と US 340 に平行して峡谷の全長を走るもっと現代的な鉄道もある。 この鉄道は主に貨物輸送に使用される。 もっとも メリーランド地区鉄道通勤 (Maryland Area Rail Commuter、MARC) の列車は、 古い B&O 鉄道を マーティンズバーグ (Martinsburg)、 ダフィールズ (Duffields)、 そして バーパーズ・フェリー (Harper's Ferry) から、 ワシントン・ユニオン (Washington Union) 駅までと、その逆も利用する。 峡谷の幾つかの場所では公共交通システム (public transportation system) を 運行し、これに含まれるのは: フロント・ロイヤル地区トランジット (Front Royal Area Transit、FRAT)、フロント・ロイヤル (Front Royal) の町の週日の輸送を提供; ページ郡トランジット (Page County Transite)、ルレ― (Luray) の町の週日の輸送と ルレ― (Luray) とフロント・ロイヤル (Front Royal) の間の週日のサービスの提供; そしてウィンチェスター・トランジット (Winchester Transit)、これはウィンチェスター (Winchester) 市の週日の輸送を提供する。 付け加えると、シェナンドーア峡谷通勤バス・サービス (Shenandoah Valley Commuter Bus Service) は週日の通勤バス・サービスを シェナンドーア峡谷から提供し、 シェナンドーア郡 ウォーレン郡 (Warren County) を 含み、バージニア州北部 ( アーリントン郡 (Arlington County) と フェアファックス郡 (Fairfax County)) と ワシントンに至る。 シェナンドーア郡の出発場所はウッドストック (Woodstock) を含む。 ウォーレン郡 (Warren County) の出発場所はフロント・ロイヤル (Front Royal) とリンデン (Linden) を含む。

ポピュラー・カルチャーで

シェナンドーア峡谷は 1965 年の映画の「シェナンドーア」(Shenandoah) と 1974 年のミュージカルへの脚色の舞台になった。 どちらのストーリーも南北戦争の最中のアンダーソン家 (Anderson family) を追っている。 ジェイムズ・スチュワート (James Stewart) による 「シェナンドーアの伝説」("The Legend of Shenandoah") と題した付随する音楽は 1965 年の とてもマイナーなヒットで、 ホット 100 チャート (Hot 100 chart) のビルボード (Billboard) の 133 位に達した。 この地域に対する最も重要な文化的言及の 1 つは峡谷自身を言及していない; ジョン・デンバー (John Denver) によるバージニア州の州歌である 故郷へかえりたい ("Take Me Home、Country Road") は最初の 1 節で単に シェナンドーア川の単語を含んでいる。

ハンドレッド (The 100) のシーズン 5 (fifth season) でも呼び物にされている。