ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Allegheny Mountains - Wikipedia
アレゲーニー山脈 (Allegheny Mountains)

アレゲーニー山脈 (Allegheny Mountain Range, /ælɪˈɡeɪni/) は非公式には アレゲーニーズ (Alleghenies) と呼び、 Alleghany、Allegany とも綴り、米国とカナダにあるアパラチア山脈 (Appalachian Mountain Range) の一部分で、 技術的に進歩していない時代の陸上旅行の重大な障壁であった。 障壁の範囲は北東 - 南西の向き付けがあり、およそ 400 マイル (640 km) を走り、 ペンシルバニア州の中央北から、メリーランド州西とウェスト・バージニア州を通り抜けて、 バージニア州南西に至っている。

アレゲーニー山脈 (Alleghenies) はアパラチア山脈 (Appalachians) の 起伏に富んだ中央西の部分からなっている。 山脈は、ウェスト・バージニア州北東で、およそ 4,862 フィート (1,482 m) に上昇する。 東では、アレゲーニー・フロント (Allegheny Front) と呼ばれる 高くて急な急斜面が支配的である。 西では、山脈は下り坂で密接に関連するアレゲーニー高原 (Allegheny Plateau) に至り、 アレゲーニー高原はオハイオ州とケンタッキー州に延長している。 アレゲーニー山脈の主な集落はペンシルバニア州の アルトゥーナ (Altoona)、 ステート・カレッジ (State College)、 そして ジョンズタウン (Johnstown) とメリーランド州の カンバーランド (Cumberland) である。

訳注
アルトゥーナとジョーンズタウンは アレゲーニーのギャップに関連する場所である。
アレゲーニー山脈の最高点である
Spruce Knob からの光景
地図、アレゲーニー山脈が紫で表示
  1. 名称
  2. 地理 (Geography)
  3. 地質学 (Geology)
  4. 生態学 (Ecology)
  5. 歴史
  6. 写真ギャラリー
名称

名称は アレゲーニー川に由来し、この川はペンシルバニア州中央西の アレゲーニー山脈のほんの少しの部分を排水している。 この単語はアメリカ原住民の レナペ (Lenape) (Delaware) に由来し、 その意味は、はっきりと知られていないが、通常は 「素晴らしい川」 (fine river) と翻訳されている。 レナペ (Lenape) の伝説は、"Allegewi" と呼ばれる古代の部族を語り、彼らは川のそばに住み、 レナペ (Lenape) に敗北した。 Allegheny は初期のフランス語の綴りである (これはアレゲーニー川 (Allegheny River) と同様で、ここはかっては ヌーベルフランス (New France) の一部分であった)。 Allegany (アレゲーニー) は初期の英語の綴りに近い (これはメリーランド州の Allegany County (アレゲーニー郡), ニューヨーク州の Allegany County (アレゲーニー郡)、 あるいはバージニア州の Alleghany County (アレゲーニー郡) と同様である)。

Allegheny (アレゲーニー) の単語は、今日ではアパラチア山脈と呼ばれるもの全体を言及するために、 かっては普通に使用された。 ジョン・ノートン (John Norton) はテネシー州とジョージア州にある山脈を言及するために 1810 年頃に (違う綴りで) 使用した。 同じ頃に ワシントン・アーヴィング (Washington Irving) は米国 (United States) を アパラチア (Appalachia) あるいはアレゲーニア (Alleghania) と改名することを提案した。 1861 年にアーノルド・ヘンリー・ギョー (Arnold Henry Guyot) は全山脈の最初の体系づけられた地質学調査を出版した。 彼の地図は山脈にアレゲーニーズ ("Alleghanies") の名前を付けていたが、 彼の本の標題は 「アパラチア山脈について」 ("On the Appalachian Mountain System") であった。 1876 年に至ってさえ、 ジョン・ミューア (John Muiler) は彼の本の 「メキシコ湾への 1000 マイルの歩行」 ("A Thousand Mile Walk to the Gulf") の中で、 南アパラチア山脈を言及するために単語の 「アレゲーニー」 を使用した。

19 世紀終わりまで、"Appalachians" と "Alleghanies" の間に一般的な合意はなかった。

地理 (Geography)
範囲 (Extent)

北東から南西まで、アレゲーニー山脈はおよそ 400 マイル (640 km) を走る。 西から東までは、もっとも広い所で、およそ 100 マイル (160 km) である。

アレゲーニー山脈地域 (Allegheny Mountains region) の公式な境界はないが、 一般的に定義しようと思えば: 東はアレゲーニー・フロント; 北は サスケハナ川; 南は ニュー川峡谷である。 西には、アレゲーニー山脈は切り裂かれた アレゲーニー高原 (dissected Allegheny Plateau、[訳注:dissected plateau (切り裂かれた高原)= 開析された高原]) に向けて徐々に下る (ここは時々、アレゲーニー高原の一部分と見なされる)。 最も西端の尾根は、 ペンシルバニア州のローレル・ハイランズ (Laurel Highlands) とチェスナット尾根 (Chestnut Ridge)、 ウェスト・バージニア州のローレル山脈 (Laurel Mountains) とリッチ山脈 (Rich Mountains) と考えられる。

アレゲーニー山脈の南の山脈 -- バージニア州最西端、 ケンタッキー州東端、 テネシー州東端のアパラチア山脈 -- はカンバーランド山脈 (Cumberlands) である。 アレゲーニー山脈 (Alleghenies) とカンバーランド山脈 (Cumberlands) は 共に アパラチア山脈のリッジ&バーレー・プロビンス (Ridge and Valley Province of Appalachians) の部分を構成する。

訳注
米国の自然地理学的地域を前提にすると、 カンバーランド山脈はアパラチア高原プロビンスに含まれ、 これはリッジ&バレー・プロビンスとは別である。 従って、上の記述は正確ではない。一方、アレゲーニー山脈を アレゲーニー高原セクションに含まれると見なせば、 これはアパラチア高原プロビンスに含まれる。 ところがリッジ&バレー・アパラチア はアレゲーニー山 (Allegheny Mountain) を含み、この山はアレゲーニー山脈に含まれるので、 少しつじつまが合わない。これは「アレゲーニー山脈の公式な境界はない」 ことの結果かもしれない。
アレゲーニー・フロントとアレゲーニー・ハイランズ (Allegheny Front and Allegheny Highlands)

アレゲーニー山脈 (Alleghenies) の 東端にアレゲーニー・フロント (Allegheny Front) があり、 これは時々 アレゲーニー高原 (Allegheny Plateau) の東の末端 (terminus) と考えられる。 この大きな急斜面 (escarpment) はおおよそ、この地区における 東部大陸分水嶺 (Eastern Continental Divide) の一部分の後を追っている。 幾つかの印象的な渓谷 (gorge) と峡谷 (valley) はアレゲーニー山脈の排水をしている; 東には スモーク・ホール・キャニオン (Smoke Hole Canyon)、 ポトマック川の南支流 (South Branch of Potomac River)) そして西には ニュー川渓谷 (New River Gorge) 及び ブラックウォーター・キャニオン (Blackwater Canyon) とチート・キャニオン (Cheat Canyon) がある。 従って、 アレゲーニー山脈の降雨のおよそ半分は西に向かってミシシッピ川に流れ、 (残り) 半分は東に向かって チェサピーク湾と大西洋沿岸に流れる。

訳注
ニュー川は最終的にはオハイオ川に流入するので西に流れる。
「ジョージ・ワシントン&ジェファーソン国立森林公園」(George Washington and Jefferson National forest) は
アレゲーニー山脈の東斜面にある。「モノンガヒラ国立森林公園」 (monongahela NF) はアレゲーニー山脈中央にある。

アレゲーニー山脈の最高の尾根はアレゲーニー・フロントのすぐ西にあり、 ここは東西の高度差が 3000 フィート (910 m) まである。 アレゲーニー・ハイランズ (Allegheny Highlands) の絶対高度は 5,000 フィート (1,500 m) 近くに達し、 最高の高度は山脈の南の部分にある。 アレゲーニー山脈の最高点はウェスト・バージニア州の スプルース山 (Spruce Mountain) のスプルース・ノブ (Spruce Knob) (4,863 フィート/1,482 m) である。 他の顕著なアレゲーニーの高地点に含まれるのは: チート山 (Cheat Mountain) のソーニー・フラット (Thorny Flat) (4,848フィート/1478 m)、 ブラック・アレゲーニー山 (Black Allegheny Mountain) のブラック・ノブ (Black Knob) (4,842 フィート/1,476 m)、 ポート・クレヨン山 (Mount Porte Crayon、 4,770 フィート/1,454 m)、以上は全てウェスト・バージニア州; メリーランド州のダンズ山 (Dans Mountain、2,898 フィート/883 m); ブラックボーン山 (Blackbone Mountain、3,360 フィート/1,024 m)、これはメリーランド州の最高点; マウント・デイビス (Mount Davis、3,213 フィート/979 m)、これはペンシルバニア州の最高点で、 この州の 2 番目に高い地点はブルー・ノブ (Blue Knob、3,146/959 m) である。

発展

アレゲーニー山脈には大きな市がほとんどない。 最大の 4 つは (人口数の降順で)、 アルトゥーナ (Altoona)、 ステート・カレッジ (State College)、 ジョンズタウン (Johnstown) (すべてペンシルバニア州)、 そして カンバーランド (Cumberland) (メリーランド州) である。 1970 年代と 1980 年代に、 州間道路システム (Interstate Highway System) がアレゲーニー山脈の北の部分に拡大され、 今では、この地域に連邦高速道路網 -- 州間道路 80、70/76 そして 68 -- が任にあたっている。 州間道路 64 は山脈の南端を横断するが、 中央アレゲーニー山脈 (Central Alleghenies、(ウェスト・バージニア州東の高アレゲーニー山脈 (High Alleghenies)) は、この地域のとても起伏の多い地形と、 環境的な鋭敏性により、ハイウェイの計画者に特別な問題を与えた。 この地域には、まばらな 2 級のハイウェイ・システムがなお任務につき、 周辺の地域よりも人口密度がとても低いままである。

遠隔通信の分野で、中央アレゲーニー山脈の開発にユニークな障害は、 米国の ナショナル・ラジオ・クワイエット・ゾーン (NRQZ, National Radio Quiet Zone) であり、 これは大きな長方形の土地 -- およそ 13,000 平方マイル (34,000 km2) -- で、バージニア州とウェスト・バージニア州の境界地帯にまたがっている。 連邦通信委員会 (Federal Communication Commission) により、 1958 年に創設され、NRQZ ではすべての無指向性且つ高出力のラジオ送信が激しく制限されている。 もっとも携帯電話はこの地域の多くで許可されている。

保護地域 (Protected areas)

モノンガヒラ国立森林公園 (Monongahela National Forest、ウェスト・バージニア州)、 ジョージ・ワシントン (George Washington、ウェスト・バージニア州、バージニア州) とジェファーソン国立森林公園 (Jefferson National Forest、バージニア州) はアレゲーニー山脈の中にある (しかしながら、メリーランド州とペンシルバニア州のアレゲーニー山脈の森林地帯は、 いずれも米国森林局 (US National Forest Service) により管理されていない。) アレゲーニー山脈には、 連邦政府の指定する幾つかのウィルダネス地域 (wilderness area、厳正自然環境保全地域) もあり、 例えばウェスト・バージニア州の ドーリー・ソッズ・ウィルダネス (Dolly Sods Wilderness)、 フォーク・ウィルダネス (Fork Wilderness)、 そしてクランベリー・ウィルダネス (Cranberry Wilderness) がある。

ほとんど完成したアレゲーニー・トレイル (Allegheny Trail) -- これは 1975 年以来、 ウェスト・バージニア州景観トレイル協会 (West Virginia Scenic Trails Association) のプロジェクト -- はウェスト・バージニア州内の山脈の全長に渡っている。 北の終端は メイソン・ディクソン線 (Mason-Dixon line) にあり、 南の終端はピーターズ山 (Peters Mountain) の ウェスト・バージニア州 - バージニア州 の境界にある。

地質学

アレゲーニー山脈の岩盤 (bedrock) は大半が:砂岩、変性砂岩、 珪岩 (quartzite) であり、これは極端に耐風化性 (resistant to weathering) がある。 耐浸食性 (resistant) のある 礫岩 (conglomerate) の有名な鉱床が幾つかの場所で見いだされ、例えばドーリー・ソッズ (Dolly Sods) にある。 風化すると、後に純粋な白い珪岩の砂利を残す。 アレゲーニー山脈の岩石層はアパラチア造山運動の最中に形成された。

高度の高いアレゲーニー山脈における、激しい凍結-融解 (freeze-thaw) の周期から、 大半の地域ではその場所の岩盤はほとんど露頭していない。 地面の表面は通常、砂岩の巨大な寄せ集め (jumble) の上に安置され、 空気のスキマがその間にあり、これは少しづつ坂の下に動いている。 アレゲーニー・フロント (Allegheny Front) の頂上 (crest) が例外で、ここでは高い断崖がしばしば露頭している。

高アレゲーニー山脈 (High-Alleghenies) の 鉱泉 (mineral springs) はアメリカ原住民と 18 世紀の白人の開拓者を引き寄せ、 地方経済にささやかな刺激を与えた。 このような地質学的造作の周りに発展する温泉には、 特定の客のために提供し続ける有名な行楽地が含まれ、 例えば、ザ・グリーンブライヤー (The Greenbrier (ホテル名)、ウェスト・バージニア州のホワイト・サルファー・スプリングズ (White Sulphur Springs、地名) にありホテルは 1858 年建設)、 とザ・ホームステッド (The Homestead (旅館名)、バージニア州ホット・スプリングズ (Hot Springs、地名) にあり元々の旅館 (lodge) は 1766 年に建設) がある。

生態学 (Ecology)
植物相 (Flora)

高アレゲーニー山脈 (High Alleghenies) が著名であるのは: 赤 トウヒ (red spruce)、 バルサム モミ (balsam fir)、 そして ナナカマド (mountain ash) の森の理由で、 典型的には木々はずっともっと北で見いだされる。 広葉樹 (hardwood) の森には イエローカバノキ (yellow birch)、 サトウカエデ (sugar maple)、 レッドカエデ (red maple)、 イースタン・ヘムロック (eastern hemlock)、 そしてブラック・チェリー (black cherry) が含まれる。 アメリカブナ (American beech)、 松 (pine)、 そしてヒッコリー (hickory) も含まれる。 全地域の森は今ではほとんど二次林 (second-growth forest) あるいは 三次林 (third-growth forest) であり、 元々の木々は 19 世紀と (ウェスト・バージニアでは) 20 世紀始めに取り除かれた。 ランプ (ramp、Allium tricoccum) と呼ばれる野生のタマネギ (wild onion) も深い森の中で存在している。

高アレゲーニー山脈 (High Alleghenies) の孤立地域によっては ミズゴケ湿地 (sphagnum bogs) と ヒースの灌木 (heath shrubs) の開放的な広がり (open expanse) によって、良く知られている。 (例えば、 クランベリー・グレイズ (Cranberry Glades、地名、湿地帯) のドーリー・ソッズ (Dolly Sods) がある。) 多くの植物の群落は 実際、東カナダの海面レベルのものと類似している。 しかし、アレゲーニー山脈内の生態系は著しく変化がある。 最近数十年間に、この地域を通しての生態的継承 (ecological succession) の多くの段階は、この地域を 生物学者の長期的興味の対象にしている。

動物相 (Fauna)

より大きな大型動物相 -- かって高アレゲーニー山脈 (High Alleghenies) に 住んでいた エルク (elk)、 バイソン (bison)、 マウンテン・ライオン (mountain lion) -- は、すべて 19 世紀に絶滅した。 しかしながら、これらは米国東部の他の場所よりも、この地域では長く生存した。 博物学者 (naturalist) の ジョン・ジェームズ・オーデュボン (John James Audubon) が報告することによると、1851 年までに、 少々のイースタン・エルク (eastern elk、Cervus canadensis canadiensis) はなお、 アレゲーニー山脈 (Alleghany Mountains) で見られたが、この時までに、彼らの残りの生息域からは 事実上いなくなっていた。 アレゲーニー地区 (Allegheny region) の哺乳類に今日含まれるものは: オジロジカ (whitetail deer)、 シマリス (chipmunk), アライグマ (raccoon), スカンク (skunk), グラウンドホッグ (groundhog), オボッサム (opossum), イタチ (weasel), 野ネズミ (field mouse), ムササビ (flying squirrel), ワタオウサギ (cottontail rabbit), ハイイロギツネ (gray foxes), アカギツネ (red foxes), ハイイロリス (gray squirrels), アカリス (red squirrels) そして ドウクツコウモリ (cave bat) である。 ボブキャット (Bobcat), カンジキウサギ (snowshoe hare), イノシシ (wild boar)、 アメリカグマ (black bear) そして コヨーテ (coyote) もアレゲーニーの森と公園で見ることができる。 ミンクとビーバーを見ることはずっと少ない。

これらの山脈と高原には 20 種類以上の爬虫類がおり、 トカゲ (lizard)、スキンク (skink)、カメ (turtle)、そして蛇が代表である。 ムクドリモドキ (icterid bird) のいくらかは山脈を訪れ、 チャイロコツグミ (hermit thrush) と モリツグミ. (wood thrush) も同様である。 北米の渡り鳥は暖かい季節には山脈中に住む。 時々 ミサゴ (osprey) と鷹 (eagle) は川のそばに巣を作っているのが見られる。 鷹とフクロウ (owl) はもっとも普通な猛禽類 (bird of prey) である。

アレゲーニー山脈の水生生息地には魚が 24 科 (family) いる。 両生類の種の数はおよそ 21 種あり、この中には ヘルベンダー (hellbenders), 肺のないサラマンダー (lungless salamanders)、 そして 色々なヒキガエル (toad) とカエル (frog) がいる。 アレゲーニー山脈はおよそ 54 種の普通の無脊椎動物の生息地を提供する。 これらに含まれるのは: 腹足綱 (Gastropoda), ナメクジ (slugs), ヒル (leech), ミミズ (earthworms) そして コガネムシ科 (grub worm) である。 ドウクツ・ザリガニ (cave crayfish、Cambarus nerterius) は 7 ダース (dozen) よりも少し多い洞窟無脊椎動物 (cave invertebrates) と共に住んでいる。

歴史
接触以前のアメリカ原住民

アレゲーニー山脈の原住民 (indigenous people) は、 より大きな地域で古代の土塁 (mound) を作る文化から登場し、 とりわけ、後のホープウェル文化 (Hopewell) の 影響を受けた アデナ文化 (Adena) と イースタン・ウッドランド文化 (Eastern Woodland) の人々からである。 これらのミドル・ウッドランド末期 ( Late Middle Woodland) 文化の人々 はモンテイン文化 (Montaine、500 年 AD から 1000 年頃) と呼ばれた。 彼らの隣人であるウッドランド・バック・ガーデン文化 (woodland Buck Garden culture) は 中央アレゲーニー山脈 (Allegheny range) の西の峡谷に住んでいた。 モンテイン文化 (Montaine) の遺跡は ニュー川支流南のポトマック川上流の支流地域から拡張した。 これらは、もっと南西の部分 -- ウヮジオト山脈 (Ouasioto、カンバーランド山脈) の北の部分山脈 -- のより初期のアームストロング文化 (Armstrong culture) と、 もっと東のバージニア・ウッドランド人 (Virginia Woodland people) の影響を受けた。 ウッドランド・モンテイン末期 (Late Woodland Montaine) はオハイオ (Ohio) からの ホープウェル (Hopewell) とのトレードに影響を受けなかった。 もっとも類似の磨かれた石の道具がタイガート峡谷 (Tygart Valley) のモンテイン (Montaine) の遺跡で見つかっている。 モンテイン (Montaine) の人々の小グループは、 大半が山岳峡谷の部分で、 古典的に定義された期間を随分越えて残存していたようである。

モノンガヒラ川 (Monongahela River) の集水域 (watershed) はアレゲーニー山脈北西部内にあり、 これがモノンガヒラ文化 (Monongahela) がその名称を得た理由である。 アレゲーニー郡 (Allegheny County) にあるゴドウィン - ポートマン (Godwin-Portman) 遺跡 (36AL39) は 15 世紀の 最中にフォート・エインシャント (Fort Ancient (古代砦)、AD 850 年から 1680 年頃) にいた可能性がある。 ワシントン・ボロ (Washington Boro,地名) の陶磁器 (ceramics) が、 メリーランド州の 「 サスケハノック・シークエンス末期」 (late Susquehannock sequence) の北東斜面の バートン遺跡 (Barton, 18AG3) とルウェリン遺跡 (Llewellyn, 18AG26) に見つかっている。 初期のモノンガヒラ文化 (AD 900 年から 1630 年) はペンシルバニア州で「ドルー伝統」 (Drew Tradition) と呼ばれている。 考古学者のリチャード L. ジョージ (Richard L. George) によると: 『私が信じていることは、モノンガヒラ文化の幾つかは、 起源が アルゴンキン (Algonquin) のもので,... 他の 学者が提案したことは 「 イロコイ話者」 (Iroquoian speakers) は末期モノンガヒラ文化の人々 (Late Monongahela people) と交流があったことで、 追加の証拠がこれを確証するために提出された。私の結論は、考古学的な観点からは、恐らくは モノンガヒラ文化 (Monongahela) には幾つかの言語の話者 (speaker) がいて、これには スー語族 (Siouan) が含まれていたことである。』 2009 年のウェスト・バージニア州のマスロフスキー博士 (Dr. Maslowski) によると 『ニュー川の集水域とポトマック川上流は 狩猟採集 (hunting and gathering) 地域の (ページ陶器の) ハフマン段階 (Huffman Phase) の範囲、 あるいは、これ (ページ陶器 (Page)) が村の遺跡で少し見つかれば、 トレードされた陶器あるいはページ陶器 (Page) の (製造) 女性が、別の村 (部族) に吸収された範囲である』。 最後に、バージニア州のポッター教授 (Potter) によると、 彼ら [ページ陶器のハフマン段階 (Huffman phase) に代表される人々] が占有したのは、 アレゲーニー山脈の東斜面で、 ポトマック川上流 (upper Potomac) から北のより低い シェナンドーア峡谷地区 (Shenandoah Valley) であり、 AD 1300 年のリュレー段階 (Luray phase、 アルゴンキン (Algonquian)) の人々の「侵略」の前であった。

考えられていることは、 これらの古代のアレゲーニー人 (Alleghenians) はアレゲーニー山脈の東斜面の 古典的なハフマン段階 (Huffman Phase) から押されて、 バージニア州西の ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge Mountains) に至り、こちらは スー語族の領地 (Siouan territory) の東であった。

1669 年、ジョン・レデラー (John Lederer) と彼のチームのメンバーが ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge Mountains) の 頂上に達した最初のヨーロッパ人となり、 シェナンドーア峡谷とその向こうのアレゲーニー山脈を見た最初のヨーロッパ人となった。

17 世紀のアメリカ原住民

プロトヒストリー (proto-historic、記録に残る歴史の直前) のアレゲーニー山脈は 植民地開拓者 (colonist) の最も初期の日記で例証できる。 バッツとファロー (Batts and Fallow) の 1671 年 9 月の遠征によれば、 彼らは ニュー川支流で、山岳の 「 チェロキー - イロコイ」 ("Cherokee-Iroquois") 混合のメヘタン・インディアン (Mehetan Indian) を発見した。 この日記は 「ソルト・ビレッジ」("Salt Village", 塩の村) を識別 (identify) していないが、 今日では スー語族 (Siouans) のモネトン族 ("Moneton"、[訳注:ウェスト・バージニアにいたインディアン]) であると思われている。 しかしながら、この日記はカノーア・フォールズ (Kanawha Falls、/kəˈnɔːə/ kə-NAW-ə) の下流の「ソールト・ビレッジ」 ("Salt Village") を識別していないが、 単に「メヘタン」 ("Mehetan") はこれと関連していた。 彼の説明では、「ソールト・ビレッジ」 ("Salt Village") の下流で、敵対する 1 団が到着し (と暗に示され)、 あるものは、これらが 1692 年 - 1694 年のヴィエールズ調査隊 (Vielles Expedition) の "Shanwans" -- 古代の ショーニー族 (Shawnee) -- であると信じた。 1669 年に、メリーランド州のジョン・レデラー (John Ledere) は バージニア植民地 (Virginia Colony) と テネシー・ チェロキー族 (Tennessee Cherokee) を求めて、カノーア川の流出口 (mouth of Kanawha、[訳注:ニュー川はカノーア川の支流]) を 訪れ、アレゲーニー山脈の下流の川に敵意がないことを報告した。 Mohetan の代表は スー語族 (Siouan) の通訳を通じて、 バッツ氏 (Mr Batts) とファロン氏 (Mr Fallon) -- エイブラハム・ウッズ大佐探検隊 (Abraham Woods) 1671 年 - 1672 年 -- に説明したことによると、 彼 (Mohetan のアメリカ原住民) は 「ソールト・ビレッジ」 ("Salt Village") の 下流の人々について説明できなかった、 というのは彼ら (山岳 チェロキー族 (Mountain Cherokee)) は彼らと交流がなかったからである。 Mohetan は 1671 年の今回には武装していた、 というのは Mohetan の代表は彼とその他の武器のための 幾つかの弾薬入れを友情のしるしとして与えられていたからである。 誰かが、すでに中央アレゲーニー山脈の中でトレードをしており、 これはバージニア州の歴史記録がアレゲーニー山脈で始まる前である。 初期の学者によっては、このようなプロトヒストリーは ポトマック川流域のスペインのアジャカン (Ajacan、[訳注:スペインの短期間の基地]) の前哨基地 (Occuquan outpost) の シトー会 (cistercians)、 もしくはリビエール・ド・ラ・ロンセベルテ (Riviere de la Ronceverte, グリーンブライヤー川 (Greenbrier River) のこと) の イエズス会 (Jesuite) とその 「 ガナワーゲの祈るインディアン」 (Kahnawake Praying Indians、 [ɡahnaˈwaːɡe] ) ( モホーク族 (Mohawk)) の いずれかである。 「カノーア聖母」 ("Kanawha Madonna") はこの時期あるいはこれ以前にさかのぼる。 ニュー川がピーターズ山 (Peter's Mountain) を突破する場所は、バージニア州ペアリズバーグ (Pearisburg) の近くで、 1671 年の日記で 「Moketans が以前住んでいた」 と言及されている。

1671 年のフランスの地図の詳細、
アレゲーニー山脈は下の中央部分

17 世紀初期の幾つかの地図によると、 メサウォメーアケ族 (Messawomeake) あるいは "Mincquas" (オランダ語) がアレゲーニー山脈の北を占有していた。 「シャッターズ」("Shatters") (古代のトゥテロ族 (Tutelo) の 1 つ) がウヮジオト山脈 (Ouasioto Mountains) を占有し、 初期の用語の Canaraguy (Kanawhans もしくは Canawest) は 1671 年の フランスの地図で、アレゲーニー山脈の南部を占有していた。 彼らはトレーダー (trade-movers) あるいはカヌーの輸送者 (canoe transporter) としてアレゲーニーの 「 チェロキー族」 ("cherokee") 及び東 スー語族 (Eastern Siouan) と関連していた。 Calicuas -- 古代の最北のチェロキー族 (Cherokee) -- は中央オハイオ峡谷 (Central Ohio Valley) から、移住あるいは押し出されて、 古代のメサウォメーアケ族 (Messawomeake) のアレゲーニー山脈の北東斜面に移って、 1630 年代まで イロコイ (Iroquois) のトレーダー (trademan) となり、1710 年の地図ではケント・アイランド (Kent Island) に移った。 1712 年より前のある時期に、 Canawest ("Kanawhans"-"Canallaway"-"Canaragay") はポトマック川上流 (upper Potomac) に移住し、 新たに設置されたコノロウェイ砦 (Fort Conolloway) の交易所 (trading post) と条約を結んだ。 この交易所 (trading post) は 1740 年代にメリーランド (Maryland) の西の一部分となった。

交易所と開拓地 (Trading posts and other settlements)

ヨーロッパ人の探検と開拓の以前には、 アレゲーニー山脈を通り抜けるトレイルは イロコイ族 (Iroquois), ショーニー族 (Shawnee), デラウェア族 (Delaware、[訳注: レナペ族のこと]), カトーバ族 (Catawba) 等のアメリカ・インディアンの部族が、 何世代も通過し、トレード、狩猟、そしてとりわけ戦争のために使用された。 西バージニア (Western Virginia) の 「チェロキー族」 ("Cherokee") はチェロキー・フォールズ (Cherokee Falls、チェロキー滝) にいることが報告され、 これは今日のタイガート峡谷 (Tygart Valley) のバレー・フォールズ (Valley Falls) である。 インディアンのトレーダーであるチャールズ・ポーク (Charles Poke) の交易所は 1731 年にさかのぼり、 この時、チェロキー・フォールズ (Cherokee Falls) の Calicuas はこの地域に前世紀以来いた。

「ロンドン書記」("London Scribe"、国王の "課税記録") は 少数の他の植民地交易所の中で アレゲーニー山脈の場所を漠然と言及している。 これらの幾つかの前哨基地 (outpost) の一般的知識はむしろ地元の 人々の言い伝えによっている。 しかしながら、初期の 『素晴らしいウェスト・バージニア誌』 ("Wonderful West Virginia Magazie") に 言及されている実例があり、 これはポトマック川の上流水平区間 (upper reaches) の南支流 (South Branch) のそばにあった。 別のとても初期の交易所 (trading house) は 18 世紀初期数十年間の グリーンブライヤー峡谷 (Greenbrier Valley、[訳注:ニュー川の支流]) 下流の地図に 登場する。

早くも 1719 年に、ヨーロッパから新しく到着した人達は サスケハナ川下流を横断し始め、 ペンシルバニア州の資産委員会 (Board of Property) を無視して、 アレゲーニー山脈北東の川の無許可の土地に違法に定住した。 幾つかのインディアンの国々 (Indian Nations) は 「メリーランドの侵入者」の取り除きを要求した。これらのある者はアレゲーニー山脈よりも以遠に領土が開けると前方に移動した。

アレゲーニー山脈西の最初のヨーロッパ人開拓者は、 言い伝えによると、 2 人のニュー・イングランドの人であるジェイコブ・マーリン (Jacob Marlin) とスティーブン・スゥエル (Stephen Sewell) で、 彼らは 1749 年にグリーンブライヤー峡谷 (Greenbrier Valley) に到着した。 彼らはウェスト・バージニアのマーリントン (Marlinton) となる場所に一緒に小屋を建設したが、 宗教で口論になってから、スゥエル (Sewell) は近くのうつろになった シカモア (sycamore) の木に移住した。 1751 年に測量技師のジョン・ルイス (John Lewis、アンドルー・ルイス (Andrew Lewis) の父) が 2 人を発見した。 スゥエル (Sewell) はまもなくスゥエル山 (Sewell Mountain) の東側の、 現在のウェスト・バージニア州レイネル (Rainelle) に定住した。 彼らは当時 「西の水」 ("western waters") と呼ばれた場所に定住した最初の人々であった可能性が十分にある。 「西の水」 とは川が西方に向かってメキシコ湾に流れ、東に向かって大西洋に流れない場所の事である。

最初の測量

アレゲーニー山脈に進出した最初の白人達の中に測量技師達がおり、 第 6 代フェアファックス・オブ・キャメロン卿 (Fairfax of Cameron) トーマス・フェアファックス (Thomas Fairfax) あるいは イングランドの枢密院 (Privy Council) のいずれかに属する土地の範囲に関する論争に決着をした。 ジョン・サベージ (John Savage) による 1736 年の調査 (expedition) はポトマック川北支流 (North Branch Potomac River) の水源の位置を決定した。 1742 年 3 月に、ジョン・ハワード (John Howard) と呼ばれる辺境の住民 (frontiersman) が -- 彼の子息と他の者と共に -- 植民地総督 (Governor) のグーチ (Gooch) により依頼されてバージニアの 南西部をミシシッピ川に至るまで探検することになった。 彼らは、バッファローの皮で作ったボートでセダー川 (Ceder Creek) を下り、 ナチュラル・ブリッジ (Natural Bridge、[訳注:橋の形をした自然な岩のアーチ、観光名所]) を 通り抜けて、ニュー (New)、コール (Coal)、カノーア (Kanawha) を過ぎて、 オハイオ川、そしてミシシッピ川に至った。 ハワード (Howard) は ナチェズ (Natchez) に到着する前にフランス人により捕らえられたが、間もなく釈放され、 (1745 年に) フェアファックス (Fairfax) により面接された。 ポトマック川南支流 (South Branch Potomac River) に関するハワード (Howard) の説明により、 フェアファックス (Fairfax) は自分の土地をその地帯に確保することをはっきりと決めた。 翌年のピーター・ジェファーソン (Peter Jefferson) とトーマス・ルイス (Thomas Lewis) の調査 (expedition) で 北支流 (North Branch) の源流にフェアファックス石 ("Fairfax Stone") が設置され、 石から南東に延びてラパハノック川 (Rappahannock River) に至る境界決定線 (line of demarcation) (「フェアファックス線」("Fairfax line")) を設置した。 この調査のルイス (Lewis) の日記は、定住前のアレゲーニー地方の貴重な観点を提供した。 ジェファーソン (Jefferson) とジョシュア・フライ (Joshua Fry) の 1751 年の 「フライ - ジェファーソン地図」("Fry-Jefferson Map") は始めてアレゲーニー山脈を 正確に描写した。 これに続く、数十年間に、開拓者はアレゲーニー山脈に到着し、 とりわけ バージニア植民地 (Colonial Virginia) のロバート・ディンウィディ (Robert Dinwiddie) の (植民地総統の) 時代 (1751 年 - 1758 年) にこうであった。 これには免役地代法 (Quit-rent Law) による定住者 (squatters) が含まれる。 ある者は公的な測量技師に先行し、 「木の刻みと穀物畑」 を使用して土地所有権をしるした。 これはバージニア植民地総統 (Virginia Colonial Governor) に認められており、 彼は総統 (Governor) の第 4 代ダンモア伯爵ジョン・マレー (John Murray), 4th Earl of Dunmore) で交代しなければならなかった。

フライ・ジェファーソン地図 (Fry-Jefferson Map)
(1751 年) は 「アレゲーニー尾根山脈」
("Allegany Ridge of Mountains")
を顕著に呼び物にしている。
最初の道路

アレゲーニー山脈を横断する旅行は軍事道路 -- ブラドック・ロード (Braddock Road) -- が、1751 年にオハイオ会社 (Ohaio Company) により、 目印を付けられて、開通した時に容易になった。 (この道路は根間コリンズ・パス (Nemacolin's Path) と呼ばれる初期のインディアンと開拓者のトレイル (trail) のあとを追った。) ブラドック・ロード (Braddock Road) はメリーランドの カンバーランド (ポトマック川水路の上限) と オハイオ川の分岐点 (将来のペンシルバニア州のピッツバーグ) を接続した。 道路の名称は、 フレンチ・インディアン戦争 (French and Indian War、1754 年 - 1763 年) の英国の司令官である エドワード・ブラドック将軍 (Edwark Braddock) の名前にちなんだもので、 彼は 4 年後に不運なブラドック調査隊 (Braddock expedition) を率いた。

戦争に付け加え、狩猟とインディアンとのトレーとが山脈を横断する白人の移動の主な動機であった。 アレゲーニー山脈北の恒久的な白人の定住を容易にしたのは、 メリーランドの著名な人たちの探検と物語であり、例えば インディアンとの戦士且つトレーダーのトーマス・クレサップ (Thomas Cresap、1702 年 - 1790 年) と辺境の住人で猟師のメシャック・ブラウニング (Meshach Browning、1781 年 - 1850 年) がいた。 18 世紀末に、 モノンガヒラ川 (Monongahera River) への大量の移民が 主に 3 ルートで実施された: 古いブラドック・ロード (Braddock Road) に沿い、 バージニア州 ウィンチェスター (Winchester) を経由するもの; シェナンドーア峡谷を通り抜けて、チート川 (Cheat River) の先頭に至り、 ここからモノンガヒラ (Monongahera) に至るもの; リンカン・ハイウェイ (Lincoln Highway) に沿って、ペンシルバニアの Ligonier に至り、 ここからジェイコブス川 (Jacob's Creek) に沿ってモノンガヒラ (Monongahela) に至るもの。 これらは移民はスコットランド系アイルランド人、ドイツ人が支配的で、 それほど多くないが英国人の子孫がいた。

1775 年のアレゲーニー高原と山脈の地図

ブラドック・ロード (Braddock Road) は カンバーランド・ロード (Cumberland Road) で取って代わられ、 これもナショナル・ロード (National Road) と呼ばれ、 米国で連邦政府によって建設された最初の重要な改良されたハイウェイの 1 つであった。 建設は 1811 年に カンバーランド (Cumberland) で始まり、バージニア (現在はウェスト・バージニア) の オハイオ川沿いの ホイーリング (Wheeling) に 1818 年に到達した。 すぐ南に、州が資金提供したストーントン・パーカーズバーグ有料道路 (Staunton and Parkersburg Turnpike) が建設されて、 シェナンドーア峡谷の定住地からオハイオ川への直接ルートが提供され、 タイガート峡谷川 (Tygart Valley River) とリトル・カノーア川 (Little Kanawha River、[訳注:オハイオ川の支流]) を経由した。 ストーントン・パーカーズバーグ有料道路 (staunton and Parkersburg Turnpike) は、 1826 年に計画・承認され、1848 年に完成し、 これを保守するのは、一定間隔に設置された料金所で徴収される通行料であった。

最初の鉄道と運河

ボルティモア・オハイオ鉄道 (B&O、Baltimore and Ohio Railroad) の建設は 1828 年にボルティモア (Baltimore) で始まった; B&O はアレゲーニー山脈を横断し、山脈の経済と社会を永久に変えた。 B&O が到達したのは: (ウェスト) バージニアの マーティンズバーグ (Martinsburg) に 1842 年 5 月、 (ウェスト) バージニアのハンコック (Hancock) に 6 月、 メリーランド、 カンバーランドに 1842 年 12 月 5 日, (ウェスト) バージニアのピードモント (Piedmont) に 1851 年 7 月 21 日, そして (ウェスト) バージニアの フェアモント (Fairmont) に 1852 年 6 月 22 日。 (最終的に (ウェスト) バージニアのオハイオ川の終端である ホイーリング (Wheeling) に到達したのは 1853 年 1 月 1 日であった。)

チェサピーク・オハイオ運河 (Chesapeake and Ohio Canal) -- これも 1828 年に建設が始まったが、ジョージタウン (Georgetown) からであった -- も、アレゲーニー山脈に巨大な経済的・社会的重要性を持つ公共工事であった。 これは 1839 年にメリーランド州のハンコック (Hancock) に近づいた。 始めから、B&O 鉄道と C&O 運河は、 ポトマック川沿いの狭い土地の権利を求め、互いに苦々しい法的、そして商的な戦いで操業した。 運河が 1850 年に終にカンバーランドに到達した時に、 鉄道はすでに 8 年前に到達していた。 負債を抱えて、運河会社はオハイオ川に至る次の 180 マイル (290 km) の建設を継続する計画を取りやめた。 会社が長い間理解していたことは -- とりわけ、ポー・ポー・トンネル (Paw Paw Tunnel) を掘削する困難な経験で -- 山脈を越えて、ヨカゲイニ川 (Youghiogheny River、/jɒkəˈɡeɪni/) を下ってピッツバーグまではるばると建設する 元々の計画は 「むやみに非現実的である」 ことであった。

チェサピーク・オハイオ運河がアレゲーニー山脈
を通り抜ける実際のルートと計画されたルート

この時期に、州レベルで資金繰りされた公共工事がないわけではなかった。 公共事業本線 (Main Line of Public Works) はペンシルバニア州南部を横断するフィラデルフィアとピッツバーグの間の 1 本の鉄道と 運河システムであった。 1826 年と 1834 年の間にペンシルバニア州によって建設され、 これが含んでいたのは: フィラデルフィア・コロンビア鉄道 (Philadelphia and Columbia Railroad)、 アレゲーニー・ポーテージ鉄道 (Allegheny Portage Railroad) そして ペンシルバニア運河システム (Pennsylvania Canal system) であった。

南北戦争

アレゲーニー山脈は北軍と南軍を分割する境界にまたがり、アメリカ 南北戦争 (American Civil War、 1861 年 - 1865 年) により、もっとも影響された地域の 1 つであった。 この戦争の最も最初の戦役の 1 つはストーントン・パーカーズバーグ有料道路 (Staunton and Pakersburg Turnpike) とこれが B&O 鉄道に提供するアクセスの コントロールを求めて戦われた。 リッチ山の戦い (Rich Mountain、 1861 年 7 月 11 日) により、 北軍がコントロールするようになったのは: 有料道路、 タイガート峡谷 (Tygart's Valley)、 ウェスト・バージニアのすべての領地の北から西まで、 これには鉄道も含まれた。 (この舞台 (theater) における北軍将軍の ジョージ・マクレラン (George McClellan) の勝利により、 究極的には彼は ポトマック軍 (Army of Potomac) の司令官に昇進した。) 北軍はチェスト山頂 (Chest Summit) を要塞化し、 南軍はキャンプ・バートウ (Camp Bartow) とキャンプ・アレゲーニー (Camp Allegheny) の要塞を設立した。 ここで彼らは 1861 年の秋とその後の冬を通して、用心して互いに直面した。 ロバート・E・リー将軍 (Robert E. Lee) によるチェスト山頂 (Chest Summit) の要塞を攻撃する試み (1861 年 9 月 12 日 - 15 日)、 と北軍によるバートウ (Bartow) とアレゲーニー (Allegheny) を攻撃する試みは、戦略的膠着状態を変えることに全て失敗した。 終に、激しい高地の冬が、部隊が達成しそびれたことを達成し、 1862 年の春に両軍は有料道路に下って移動し、 マクダウェルの戦い (Battle of McDowell、1862 年 5 月 8 日) になり、 戦闘を続けて、 ストーンウォール・ジャクソン将軍 (Stonewall Jackson) のシェナンドーア峡谷戦役 (Shenandoah Valley Campaign、1862 年春) になった。 2 年後、(勝ち取るために) 戦った土地の大半は (他の多くのものと共に)、 新しい ウェスト・バージニア州の一部分となった。 アレゲーニー山脈の、とても起伏の多い土地は大規模な作戦行動の戦争には 少しも従順ではなく、従って残りの戦闘行動は、 一般に性質がゲリラ戦であった。

石炭と木材産業

1890 年代と 1900 年代の鉄道網の更なる広がりで、 多くの新しい街がアレゲーニー山脈で発展・繁栄した。 鉄道の余波でブームになった (木材の) 伐採と石炭産業はこの地域に一定の繁栄を もたらしたが、収入の大半は山脈から、指導産業が本部を置く東の海岸地帯に流出した。 この不公平は苦々しいレガシー (legacy) を形成し、 これは何世代も継続し、山岳人の貧しさと、この地域の巨大な環境劣化の基礎を形成した。

アレゲーニー山脈の人々を苦しめた最も重大な災害は ジョンズタウンの洪水 (Johnstown Flood) であり、 これは地元では 「1889 年の大洪水」 (Great Flood of 1889) として知られ、 1889 年 5 月 31 日に、ペンシルバニア州 ジョンズタウン (Johnstown) の町の 14 マイル (23 km) 上流の リトル・コンモー川 (Little Conemaugh River) の サウス・フォーク・ダム (South Fork Dam) の破局的な決壊により起きた。 ダムは数日間の極端な豪雨によって破壊され、2000 万トン (1800 万立法メートル) の水が コンモー湖 (Lake Conemaugh) と呼ばれる貯水池から解き放たれた。 (この貯水池は公共事業本線の一部分として建設され、その後見捨てられた。) 流量が一時的にはミシシッピ川のものに匹敵し、 洪水により 2,209 人が亡くなり、 $1700万 の被害 (2012 年換算では、およそ $42500万) を引き起こした。 クララ・バートン (Clara Barton) によって率いられたアメリカ赤十字 (American Red Cross) が 50 名のボランティアと共に、 重大被害の救援を引き受けた。 被害者の支援が米国中と 19 ヵ国からもたらさせた。 洪水後、生存者はダムの所有者から損害補償を求める訴訟で、一連の敗北をした。 この結果に対する公衆の憤りから、アメリカの法律を過失に基礎を置く制度から、 無過失責任 (strict liability) にする変化を引き起こした。

20 世紀

1920 年代と 1930 年代にアレゲーニー山脈の基幹道路 (highway) は徹底的に舗装されて、 自動車使用に提供された。

1950 年から 1992 年にかけて、 プロジェクト・グリーク・アイランド (Project Greek Island) と呼ばれる極秘 政府存続計画 (continuity program) を ウェスト・バージニア南のアレゲーニー山脈のザ・グリーンブライヤー・ホテル (The Greenbrier) で維持した。

1963 年 8 月に、 ワシントン大行進 (March on Washington for Jobs and Freedom) で、 マーティン・ルーサー・キング・ジュニア (Dr. Martin Luther King Jr.) は、 彼の有名なスピーチ "I have a Dream" (私には夢がある) で、 "Let freedom ring from the heightening Alleghenies of Pennsylvania!" (ペンシルバニア州の高揚するアレゲーニー山脈から自由 (の鐘) を鳴らせ!) と述べた時に、 訴えかける山々のリストの中で、アレゲーニー山脈を言及した。

21 世紀

フライト 93 ナショナル・メモリアル (Flight 93 National Memorial) はユナイテッド航空 「フライト 93」の 墜落現場にあり、この飛行機は アメリカ同時多発テロ事件 (September 11 attacks、9 月 11 日の攻撃) の時にハイジャックされた。 現場はシャンクスビル (Shanksville) のおよそ 2 マイル (3.2 km) 北の ペンシルバニア州ストーニークリーク・タウンシップ (Stonycreek Township) にある。 記念碑はフライト 93 の乗客と乗組員をたたえ、 彼らは アルカイダ (Al-Qaeda) のテロリストが意図した標的に到達するのを阻止した。

写真ギャラリー
ウェスト・バージニアの
ノース・フォーク山
(North Fork)、南を向く
ペンシルバニア州ブルー・ノブ
(Blue Knob)、アレゲーニー山脈
の3000 フィート・クラスの山
バージニア州ホームステッド温泉
(Homestead) は 1766 年以来、
温泉の熱狂家を歓待した。
アレゲーニー山脈の東端の
シェナンドーア山
ウェスト・バージニアの
ローレル山 (Laurel Mountain)
アレゲーニー山脈の西端
アレゲーニー山を通る
アレゲーニー山トンネルは
ペンシルバニア州の州間道路 76
を通している。
ニュー川渓谷のエンドレス・
ウォール崖(Endless Wall
cliff) の崖区間
ドイツ峡谷 (Germany Valley)
ウェスト・バージニア東の
景色の良い高地峡谷
グリーンブライヤー (Greenbrier) の・
グランドホテル、ウェスト・バージニアの
ホワイト・サルファー温泉 (White
Sulphur Springs)、1858 年建設。
ブラックウォーター・キャニオン
(Blackwater Canyon)、ウェスト・
バージニア州東の高低差の
ある渓谷
ノーフォーク・サザン (Norfolk
Southern) 鉄道の列車ペンシル
バニア州 アルトゥーナ (Altoona)
近くのホースシュー・カーブ
(Horseshoe Curve,蹄鉄カーブ)
チート・キャニオン (Cheat Canyon)、
ウェスト・バージニア州の
クーパーズ・ロック (Coopers Rock)
州立森林公園
ウェスト・バージニア州の
ドーリー・ソッズ・ウィルダネス
(Dolly Sods Wilderness)、
ブレスド山 (Breathed) の
上からの光景
メリーランド州のC&O 運河
曳舟道、ポー・ポー・トンネルの
東の入口
ペンシルバニア州 アルトゥーナ
(Altoona)、ブラシ山 (Brush
Mountain) の頂上からの光景