ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Braddock Road (Braddock expedition) - Wikipedia

ブラドック・ロード (Braddock Road) は「ブラドックの道路」 (Braddock's Road) とも記述されています。

ブラドック・ロード (ブラドック遠征隊)
(Braddock Road (Braddock expedition))

ブラドック・ロードは 1755 年に建設された軍事道路で、 建設場所は、当時は英国領アメリカで、現在は米国である。 これはアパラチア山脈の連続する尾根線 (ridgeline) の障壁を横断した、 最初の改良された道路である。 これはバージニア民兵と英国正規軍の部隊が建設し、 コールドストリーム・ガーズ (Coldstrean Guards) のエドワード・ブラドック (Edward Braddoxk) 将軍が指揮し、 フレンチ・インディアン戦争の初期に フランスからオハイオ・カントリーを征服する 遠征の一部分であり、 この戦争は 七年戦争の北米部分であった。 ジョージ・ワシントン (George Washington) はブラドック将軍の副官 (aide-de-camp) であり (彼の好みの 1 人)、遠征に随行した。 この遠征は他のアメリカの軍事将校と共に、彼に最初の野外軍事経験を与えた。 これらの人々の何人かは独立戦争 (Revolutionary War) の最中に、 この経験で恩恵を被った。

ブラドック道路の痕跡、
ペンシルバニア州ネセシティ砦 (Fort Necessity) の近く
  1. 建設
建設

1755 年、ブラドックはフランス人をデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) (ピッツバーグ) から 追い出すために派遣された。 カンバーランド砦 (Fort Cumberland) から始め、 ブラドック将軍はチャップマン少佐 (Major Chapman) とジョン・セントクレア― (John St. Clair) に率いられた 600 名の部下に命令して、 ヘイスタック山 (Haystack Mountain、干し草山) を越える軍事道路を切り開かせた。 この道路はネマコリンの道と呼ばれるインディアンの道をたどった。 ネマコリンの道はオハイオ会社 (Ohio Company) のために、 ジョージ・ワシントンとクリストファー・ジスト (Christopher Gist) により改良されたものであった。 コンプトン (Compton) の仕事は 20 マイル程離れたリトル・メドウズ (Little Meadows) まで、 道路を建設することであった。

道路建設の 1 日後にチャップマン少佐の部下はたった 2 マイルしか建設できず、 山で遭遇した危険地帯を乗り越えようとして、3 台の荷車を壊した。 ブラドックが道路建設にもう 300 名を派遣しようとした時に、 彼は海軍分遣隊 (Navy detachment) のスペンドロー中尉 (Lt. Spendlowe) に地峡 (the Narrow) を通り抜けるもっと易しいルート を教えられた。

ブラドックはスペンドロー (Spendlowe) のルート沿いに荷車 (複数) を連れたおよそ 1400 名の 人員を連れて、 スペンドロー (Spendlowe) のキャンプ -- 現在のメリーランドのラベール (LaVale) -- でチャップマン (Chapman) の道路に加わった。

ブラドックはデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) の東で敗北し、致命傷を受けた。。 彼は建設した道路の中央に埋葬され、彼の兵士たちが墓の上を行進し、 この場所をインディアンから隠蔽しようとした。 墓は道路作業員により何年後かに発見され、墓が移動された。 この場所は大理石のモニュメントでマークされ、これは 1913 年に設置された。

もっと成功した英国のフォーブス遠征 (Forbes Expedition) は 1758 年に デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) に対して実施し、 ペンシルバニア州カーライル (Carlisle) 西の山脈を通り抜ける別のルートを使用した。 このルートはフォーブス・ロード (Forbes' Road) と呼ばれた。

カンバーランド・ロード、別名ナショナル・ロード (the National Road), そして後の US ルート 40 はメリーランド州カンバーランドと ユニオンタウン (Uniontown) 近くのローレル・リッジ (Laurel Ridge) の 間でブラドック・ロードと平行している。

1908 年 8 月と再び 1909 年 6 月と 7 月の間に、 ハーバード大学教授のジョン・ケネディ・レイコック (John Kennedy Lacock) -- ペンシルバニア州ワシントン近くのアミティ (Amity) 出身 -- はブラドックの行進した道を特定することができた。 彼はアーネスト K. ウェラー (Ernest K. Weller) を採用して、道路を撮影させた。 レイコック (Lacock) が依頼した写真は絵葉書の形で生き延び、 彼はこれを 1910 年に出版し、彼の記述した説明は 1914 年の 「歴史と伝記のペンシルバニア・マガジン」 (Pennsylvania Magazine of History and Biography) で出版された。 レイコック (Lacock) が発見した道路はブラドックが通った後に引き続く 30 年間に 植民地開拓者によって作られた道路であった。

レイコック (Lacock) の道路地図