ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fort Duquesne - Wikipedia
デュケーヌ砦 (Duquesne)

デュケーヌ砦 (Fort Duquesne、/duːˈkeɪn/, 仏語: [dykɛn]; 元々 Fort Du Quesne と呼ばれた) は 1754 年にフランス人により設立された砦で、 アレゲーニー川 モノンガヒラ川の合流点にあった。 後に英国に引き継がれ、次に米国に引き継がれ、 米国のペンシルバニア州 ピッツバーグとして発展した。 デュケーヌ砦は 七年戦争の最中に英国が占領する前にフランス人により破壊され、この戦争は 北米戦線ではフレンチ・インディアン戦争 と呼ばれた。 英国は 1759 年と 1761 年の間にこの砦の代りにピット砦 (Fort Pitt) を建設した。 どちらの砦の遺跡も今では、「ポイント州立公園」 (Point State Park、岬州立公園) により占有され、 ここでは、2 つの砦の輪郭にレンガが置かれている。

デュケーヌ砦、ペンシルバニア州ピッツバーグ
  1. 背景
  2. 砦の建設と交代
  3. 現在のこの場所
  4. 記念物 (commemoration)
  5. メディアで
背景

デュケーヌ砦は、アレゲーニー川とモノンガヒラ川が合流してオハイオ川となる場所に建設され、 オハイオ・カントリー (Ohio Country) の開拓と トレードの両方を支配するために戦略的に重要と思われた。 イングランド商人のウィリアム・トレント (William Trent) は、非常に成功したトレード・ポスト (trading post、トレードの場所) を 早くも 1740 年に合流場所に設置し、 近くの幾つかのアメリカ原住民の村と取引 (business) をした。 フランス人も英国人もこの地域で有利になることに熱心であった。 この場所はミシシッピ川の集水域 (drainage basin) であったため、 フランス人はこの場所の領有権を主張した。 フランス人は、ミシシッピ川沿いのイリノイ・カウンティとニュー・フランス (ケベック)、 そしてラ・ルイジアナ (La Louisiana) (ニューオーリンズと アラバマ州モービル (Mobil) とその周辺) を 支配した。

1750 年代初めに、 フランス人は一連の砦の建設を始めた: エリー湖岸のプレスク・アイル砦 (Fort Presque Isle)、現在のペンシルバニア州エリー; これに続いてルブーフ砦 (Fort Le Boeuf)、現在のペンシルバニア州ウォーターフォード (Waterford) の南およそ 15 マイル; アレゲーニー川沿いのマショー砦 (Fort Machault)、現在のペンシルバニア州フランクリン (Franklin) の ベナゴ郡 (Venango County)。

2 つの砦を示す地図 フランスの砦、
1753 年と 1754 年

バージニア植民地 (Virginia Colony) の副総督 (Lieutenant Governor) である ロバート・ディンウィディー (Robert Dinwiddie) はこれらの砦はオハイオ会社のバージニア人 (彼自身を含む) による 広範囲な領有権の脅威であると考えた。 1753 年の秋の終わりに、ディンウィディー (Dinwiddie) はジョージ・ワシントンと呼ばれる バージニア民兵の若い将校をこの場所に派遣して、ルブーフ砦 (Fort Le Boeuf) のフランス人司令官に手紙を届けさせ、 立ち去ることを求めた。 12 月にルブーフ砦 (Fort Le Boeuf) に到達してから、ワシントンはフランス人に丁寧に拒絶された。

砦の建設と交代

1754 年 1 月にワシントンがバージニアに帰還してから、 ディンウィディー (Dinwiddie) はバージニア人を派遣して、プリンス・ジョージ砦 (Fort Prince George) をオハイオ川の合流点 (Forks) に建設させた。 砦の工事は 2 月 17 日に始まった。 4 月 18 日までに、もっと大きな 500 名からなるフランス軍が、 クロード=ピエール・ペコーディ・ド・コントルクール (Claude-Pierre Pécaudy de Contrecœur) の指揮下で、 合流点に到着し、小さな英国守備隊の降伏を迫った。 フランス人は小さな英国砦を打ち破り、デュケーヌ砦を建設し、 ニュー・フランス総督 (governor-general of New France) であるマルキス・デュケーヌ (Marquis Duquesne) に ちなんで命名した。 砦は、オンタリオ湖のフランスのフロンテナック砦 (Fort Frontenac) と同じモデルで建設された。

1755 年の地図、デュケーヌ砦の位置が
上の境界上にはっきり見える。

一方、ワシントンは、 新たに作られたバージニア連隊 (Virginia Regiment) の大佐 (Colonel) に新たに昇進し、 小軍隊と共に 1754 年 4 月 2 日に出発し、 プリンス・ジョージ砦 (Fort Prince George) に至る道路を建設して守備することになった。 ワシントンが砦の降伏の知らせを受け取った時に、彼はメリーランド北中央の ウィルズ・クリーク (Wills Creek) にいた。。 5 月 25 日に、 ワシントンは、現在はジュモンヴィル・グレン (Jumonville Glen) (現在のユニオンタウン (Uniontown) の数マイル東) の近くで、カナダの偵察部隊 (scouting party) と遭遇した。 ワシントンはフランス系カナダ人を攻撃し、朝早く 10 名を殺害し、 21 名を捕虜にした。 このうち多くが英国の同盟であるアメリカ原住民により儀式的な方法で殺害された。

ジュモンヴィル・グレンの戦い (Battle of Jumonville Glen) はフレンチ・インディアン戦争 -- 七年戦争の北米戦線 -- の正式な開始と、広く考えられている。

ワシントンはグレート・メドウズ (Great Meadows) と呼ばれる大きな空き地にネセシティ砦 (Fort Necessity) の 建設を命令した。 1754 年 7 月 3 日に、反撃するフランス人とカナダ人の軍隊により、 ワシントンは降伏して、ネセシティ砦 (Fort Necessity) を明け渡すことを余儀なくされた。 彼らはワシントンとその部下を武装解除してから、解放・帰還させた。

デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) の合流点における位置は、 地図上では強固に見える -- 3 つの川の合流点 -- が、実際は少々違っていた。 この場所は低く、沼地のようで、洪水しやすかった。 付け加えると、この位置はモノンガヒラ川の反対側の高地から見下ろされ、 これにより敵は簡単に砦を砲撃できた。 ペコーディ・ド・コントルクール (Pécaudy de Contrecœur) は 1755 年の ブラドック (Braddock) の進軍の前に砦を放棄する用意をしていた。 彼が維持できたのは、前進する英国軍が全滅したからである (以下を参照)。 フォーブスの遠征隊が 1758 年に近づいた時、 フランス人は 「デュケーヌ砦の戦い」(Battle of Fort Duquesne) において、始めは英国の先陣に対して成功したが、 もっと大きなサイズのフォーブスの本体に直面して、砦を見捨てることを余儀なくされた。

フランス人は戦争の始めには、砦を成功裏に保持し、 1755 年のモノンガヒラの戦い (Battle of Monongahela) の最中にエドワード・ブラドック将軍 (Edward Braddock) が率いる遠征隊を追い返した。 ジョージ・ワシントンはブラドック将軍の補佐として務めた。 1758 年 9 月のジェームス・グラント (James Grant) が小規模な攻撃を撃退し、多大の被害を出した。 2 ヵ月後の 11 月 25 日にジョン・フォーブス将軍 (John Forbes) の下のフォーブス遠征隊は、 フランス人が砦を破壊して、見捨てた後にデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) を手に入れた。

現在のこの場所

デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) はアレゲーニー川とモノンガヒラ川の合流点の岬 (the point of land) に建設され、 ここで 2 つの川が合流してオハイオ川になる。 20 世紀末以来、ピッツバーグのダウンタウン (downtown) であるこの場所は、 ポイント州立公園 (Point State Park)、あるいは単にザ・ポイント ("the Point"、岬) として保存された。 公園はこの砦の壁のレンガの輪郭を含んでおり、更には後のピット砦 (Fort Pitt) の 輪郭もある。

デュケーヌ砦のモデル ピッツバーグのダウンタウンの
ポイント州立公園 (Point Sate Park) では
デュケーヌ砦の元の場所の輪郭をレンガが示す。

2007 年 5 月に考古学者の Thomas Kutys は、 ペンシルバニア州コンショホッケン (Conshohocken、/ˌkɒnʃəˈhɒkən/) に拠点を置く 文化資産管理会社 (Cultural Resource Management firm) である 「A.D. マーブル社」(A.D.Marble & Company) と共に、 デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) の遺跡で、石とレンガの 1 つの下水溝を発見した。 これは砦の多くの建物の 1 つの下水溝であったと思われている。 地中の深さから、この下水溝は砦で生き延びた全てかもしれない。 元の砦の北半分全体は 19 世紀のこの地域の激しい産業開発によって、 混乱・破壊されている。

記念物 (commemoration)

1958 年 11 月 25 日に、 デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) 獲得の 200 年記念で、 米国郵便局はデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) の 200 年記念切手を発行した。 これはピッツバーグの郵便局の販売のために始めてリリースされた。 このデザインは合成した絵を複製したもので、 T. B. スミス (Smith) によるエッチングから取った色々な人物と、 この場所の英国の占領を描画する絵画で、 デュケーヌ砦小要塞 (Fort Duquesne blockhouse) が背景で燃えている。

ワシントン大佐は中央で騎乗して描かれ、 一方、フォーブス将軍は腸の病で衰弱し、タンカに載せられているのが表示されている。 切手はヘンリー・ブーケ大佐 (Henry Bouquet) も描き、彼は病んだフォーブスに次ぐ 2 番目の指揮官であり、 バージニア民兵と地方軍を表す他の人物もある。

メディアで

Old Fort Duquesne, or, Captain Jack, the Scout は チャールズ・マクナイト (Charles McKnight) による歴史小説で、フレンチ・インディアン戦争の最中の デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) のイベントの改作である。

デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) は TV シリーズの タイムレス (Timeless) の最初のシーズンの 7 番目のエピソードで登場した。

デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) はビデオ・ゲームの アサシン クリード III (Assassin's Creed III) でも登場したが、 実際のものと全く違い、 英国が再建してからずっと後も、デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) と言及されている。 これはゲームの中でコナー (Connor) が征服し、 大陸軍 (Continental Army) の ために取り戻す必要がある主な砦の 1 つである。