ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Illinois Country - Wikipedia

訳しにくい言葉に トレードがあります。ポスト (post) あるいはもう少し厳密にトレード・ポスト (trade post) は日本語では 「交易所」 と訳しますが、これは場合によっては誤訳の可能性があります。 というのは日本語の 「交易」 には 「物々交換」 の意味しかないためです。 初期の毛皮ポスト (fur post) では毛皮と物資の交換をしたと思いますが、 ヨーロッパ人はインディアンから土地を金で購入することもあり、 少なくとも後世にはヨーロッパの金銭もインディアン達が受け入れていると思われます。 従って、トレード・ポストで、インディアン達から毛皮をヨーロッパの金銭で購入した時もあったと思われる。 (ヨーロッパ人から購入したものに例えば、銃や火薬がありますが、 現物は必要なときに購入すれば十分と思われる。) そのため、「毛皮交易所」などの訳語は一般になるべく避けています。

日本語の「交易」が用語としておかしいため問題が起きる。物々交換のみの トレードはおそらくありえない。

2021 年 4 月時点で、日本語版 Wikipedia の イリノイ郡は間違えており、 イリノイ・カントリー (Illinois Country) と イリノイ郡 (Illinois County) を混同している。

イリノイ・カントリー (Illinois Country)

イリノイ・カントリー (仏語: Pays des Illinois; 逐語的には 「イリノイ人の土地」 ("land of the Illinois (plural)", i.e. Illinois people) -- 時にはアッパー・ルイジアナ (upper Louisiana) (仏語: Haute-Louisiane [ot.lwi.zjan]; スペイン語: Alta Luisiana) と呼ばれる -- は 1600 年代に ニュー・フランスにより、領有権が主張された広大な領域であり、 現在は 米国中西部 (Midwestern United States) である。 これらの名称は一般にアッパー・ミシシッピ川 (Upper Mississippi River、上流ミシシッピ川) の全体を言及するが、 フランスの開拓地はミシシッピ川とイリノイ川に沿って集中しており、 これは現在の米国イリノイ州とミズリー州で、インディアナ州に前哨地 (outpost) があった。 1673 年に、 グリーン湾 (Green Bay) から、 アーカンソー川 (Arkansas River) に至るルイ・ジョリエ (Louis Jolliet) とジャック・マルケット (Jacques Marquette) によるカナダ探検隊により探検され、この地域はフランスにより 領有権が主張された。 ここにはペイ・ダン・オー (Pays d'en Haut、 [pɛ.i dɑ̃ o]、[訳注:アッパー・カントリーの意味で、 ニュー・フランスの領地]) から、毛皮トレードの背景で定住した。 時間と共に、毛皮トレードによって、 少々のフランス人はロッキー山脈のはるか果てに至り、 とりわけ広いミズーリ川峡谷の支流沿いにまで至った。 フランス語のペイ・デ・ジリヌワ (Pays des Illinois) は 「イリノイ人 (複数) の土地」 (Land of the Illinois) を意味し、イリノイ連邦 (Illinois Confederation) を言及する。 これは関連する アルゴンキン原住民のグループである。

訳注
イリノイ連邦 ( Illinois Confederation) はイリニウェック (Illinewek) とか イリニ (Illini) とも呼ばれ、 12 から 13 の部族から構成され、ミシシッピ川峡谷 (Mississippi River Valley) に住んでいた。
イリノイ・カントリー (フランス王国の植民地)、1675 年 - 1765 年
フランス王室バナー (Banner) あるいは
ブルボン旗はニュー・フランスで最初に、
そして最も使用された旗である。
フランスの小紋章
(lesser coat of arms)、
政府により使用された。
イリノイ・カントリー (1717) (Pais (sic) des Illionois)

1717 年に至るまで、 イリノイ・カントリー (Illinois Country) は フランス領カナダ (French province of Canada) により統治されていたが、 国王 ルイ 15 世の命令でイリノイ・カントリーはフランス領ルイジアナ (French province of Louisiana) に併合され、 アッパー・イリノイ川 (upper Illinois River、上流イリノイ川) の流域、あるいはその近くは少々曖昧であった。 この領土は従って "アッパー・ルイジアナ" (Upper Louisiana) と呼ばれた。 18 世紀中頃までに、主な開拓地に含まれたのは: カホキア (Cahokia), カスカスキア (Kaskaskia), シャルトル (Chartres), セント・フィリップ (Saint Philippe), そしてプレイリー・デュ・ローシェ (Prairie du Rocher) で、これらはすべて現在のイリノイ州のミシシッピ川の東岸にある; そして、ミズーリ州の川を横断したサント・ジュヌビエーブ (Ste. Genevieve) があり、 更には、現在のインディアナ州のヴィンセンヌ砦 (Fort Vincennes) があった。

1746 年のフレンチ・インディアン戦争におけるフランスの敗北の結果、 ミシシッピ川東のイリノイ・カントリーは英国に譲渡され、 英国領ケベック (British Province of Quebec) の一部分となり、 川の西側はスペインに譲渡された (ルイジアナ (Luisiana))。

アメリカ独立戦争の最中にバージニア人のジョージ・ロジャーズ・クラーク (George Rogers Clark) は英国に 対してイリノイ戦役 (Illinois campaign) を率いた。 ミシシッピ川東のイリノイ・カントリーは当時の オハイオ・カントリーの多くと共に、 征服の権利により、バージニアのイリノイ郡 (Illinois County) の一部分となった。 この郡は 1782 年に廃止された。 1784 年にバージニアは領有権を譲渡した。 この地域の一部分は米国の 北西部領土 (Northwest Territory) に組み込まれた。 名称は 1809 年と 1818 年の間には イリノイ準州 (Illinois Territory) として、 そして 1818 年の連合国家 (union) への編入後はイリノイ州として 存続した。 ミシシッピ川西のイリノイ・カントリー (Illinois Country) の残りの部分は 1803 年の ルイジアナ買収 (Louisiana Purchase) により獲得された。

  1. 位置と境界
  2. 探検と開拓
  3. 英国領ケベック (British province of Quebec)
位置と境界

イリノイ・カントリーの境界は色々な方法で定義されるが、 今では 「アメリカの底」 (American Bottom、[訳注:ミシシッピ川の氾濫原]) と呼ばれる地域がすべての説明の中心的なものに近い。 「イリノイ」 (Ilinois) として指定される最も初期の地理的造作の 1 つは、 1671 年にフランス・ イエズス会 (French Jesuits) により作られた地図で、後にミシガン湖と呼ばれたものであった。 初期のフランス宣教師とトレーダーはミシガン湖の南西と南東の地域を、アッパー・ミシシッピ峡谷 (upper Mississippi Valley) の多くを含めて、 イリノイと呼んだ。 イリノイ (Illinois) はイリニウェック (Illiniwek、[訳注:インディアンの部族名]) が住んでいた地域に与えられた名前でもある。 1685 年の地図は湖南西の大きな地域を les Ilinois (イリノイ) と名前を付けている; 1688 年に、イタリアの地図製作者のヴィンチェンツォ・コロネリ (Vincenzo Coronelli) はこの地域を (イタリア語で) イリノイ・カントリーと名前を付けている。 1721 年に、ルイジアナ (Louisiana) の 7 番目の民生・軍事地区はイリノイ (Illinois) と名付けられた。 これが含んでいたのは: 現在の州の半分以上、 更にはアーカンソー川 (Arkansas River) と北緯 43 度の緯線の間の土地、 ロッキー山脈とミシシッピ川の間のカントリー (country、国) であった。 1722 年の王室布告 (royal ordinance) -- イリノイ・カントリーの統治をカナダから、ルイジアナに移行することに引き続いたもの -- はこの地域の最も広い定義を呼び物にしているかもしれない: 五大湖の南、オハイオ川の流出口 (mouth) の北でフランスにより領有権が主張されたすべての土地で、、 これはロウアー・ミズーリ峡谷 (lower Missouri River、[訳注:下流ミズーリ峡谷])、更にはミシシッピ川の両岸を含んでいた。

1981 年の新世界 (New World) の地図。北に ニュー・フランスと五大湖、西にミシシッピ川の黒い線 そして川の河口 (将来のニューオーリンズ)、当時は未知の土地 (terra incognita)。 五大湖の南西地区はイリノイ・カントリー (Pays des Illinois) と表示

一世代あとに、カナダとルイジアナのトレードの衝突により、フランスの植民地の間に 境界がもっと (正確に) 定義された; 1745 年に、 ルイジアナ総督のヴォドレイユ (Vaudreuil) が彼の領域の北東の限界を次のように設定した: ウォバッシュ峡谷 (Wabash valley) を遡上して、バーミリオン川 (Vermillion river) の流出口 (mouth、現在のイリノイ州ダンビル (Danville) の近く) に至るまで; ここから北西にイリノイ川沿いのル・ロシェ (le Rocher) に至るまで; そして、ここから西に向かってロック川 (Rock River) の流出口 (現在のイリノイ州ロック・アイランド (Rock Island)) に至るまで。 従って、ヴィンセンヌ (Vincennes) と ピオリア (Peoria) はルイジアナの限界点 (the limit of Louisiana's reach) の 近くにある; ウィアテノン (Ouiatenon) の前哨地 (outpost) (現在のインディアナ州ラファイエット (Lafayette) の近くのアッパー・ウォバッシュ川 (upper Wabash、上流ウォバッシュ川) 沿い)、 シカゴ (Checagou)、 マイアミ砦 (Fort Miamis) (現在のインディアナ州 フォートウェイン (Fort Wayne、ウェイン砦) の近く)、 そしてプレーリー・ドゥ・シーン (Prairie du Chien、/ˌprɛri du ˈʃiːn/) はカナダに依存して操業した。

訳注
ル・ロシェ (le Rocher、the Rock) とはスターブド・ロック州立公園 (Starved Rock State Park) にある砦の事。

カナダとイリノイ・カウンティの間の境界は 1763 年のパリ条約 (Treaty of Paris) まで有効であり、 この後フランスはミシシッピ川東の残っている領土を英国に明け渡した。 (英国軍はイリノイ・カントリー (Illinois country) とウォバッシュ・カントリー (Wabash country) の カナダ人のポスト (posts) を 1761 年に占領したが、 彼らは平和条約締結後の 1764 年まで、ヴィンセンヌ開拓地 (Vincennes settlement) や ミシシッピ川開拓地 (Mississippi River settlement) を占領することがなく、 後者はカホキア (Cahokia) と カスカスキア (Kaskaskia) にあった。) 新たに占領した土地の状態に関しての一般報告の一部分として、 トーマス・ケイジ将軍 (Thomas Cage) -- 当時モントリオール (Montreal) の司令官 -- が 1762 年に説明したことによると、 ルイジアナとカナダの境界は正確ではないが、 理解されていることは、イリノイ川の流出口の上流のアッパー・ミシシッピ川 (upper Mississippi river) は カナダ人のトレードの縄張り (territory) であった。

1763 年のパリ条約の後で、違いが少々明らかとなった。 この時英国はカナダ及びミシシッピ川東で、 フランスにより領有権が主張されていた土地を手に入れ、 スペインはミシシッピ川西のルイジアナを手に入れた。 多くのフランス人の開拓者は川の西に移動して、英国の支配を逃れた。 川の西側で、スペイン人はセントルイス (St. Louis) から支配する西の地域を イリノイ地区 (District of Illinois) と呼び、 セントルイスをイリノイの都市 (city of Illinois) と呼び続けた。

探検と開拓

イリノイ・カントリーのフランスの最初の探検は 17 世紀の前半にあり、 カナダに拠点を置く探検家と宣教師により率いられた。 エティエンヌ・ブルレ (Étienne Brûlé) は 1615 年に アッパー・イリノイ・カントリー (upper Illinois country、 [訳注:上流イリノイ・カントリー]) を探検したが、 彼の経験を記録しなかった。 ジョセフ・デ・ラロシュ・ダイロン (Joseph de La Roche Daillon) はミシシッピ川集水域 (Mississippi River basin) の 北東の縁にある油井 (oil spring) に到達した、 これは彼の 1627 年の宣教旅行の最中であった。

ニュー・フランス西部の地図、イリノイ・カントリーを含む。
ヴィンチェンツォ・コロネリ (Vincenzo Coronelli) による、1688 年

1669 年 - 1670 年に、ジャック・マルケット神父 (Father Jacques Marquette) -- フランス領カナダの宣教師 -- はスペリオール湖の宣教所 (mission station) におり、 この時彼はイリノイ連邦 (Illinois Confederation) の原住民のトレーダーに会った。 彼は彼らの国を、南にそして西に流れる大きな川 (great river) のことを学んだ。 1673 年 - 1674 年に、カナダ政府の依頼で、 マルケット (Marquette) とルイ・ジョリエ (Louis Jolliet) は ミシシッピ川の領地をグリーン湾 (Green Bay) から、 アーカンソー川 (Arkansas River) まで探検し、これにイリノイ川峡谷が含まれていた。 1675 年にマルケット (Marquette) は帰還して、 イリノイのグランド・ビレッジ (Grand Village、大きい村) でイエズス会布教施設 (Jesuit mission) に気が付いた。 次の数十年以上の間に、布教施設 (mission)、トレード・ポスト (trade post) そして砦がこの地区に設立された。 1714 年までに、原住民でない、主なヨーロッパ人は、 カナダ人の毛皮トレーダー、宣教師、そして兵隊であり、 アメリカ原住民、とりわけ カスカスキア (Kaskaskia) と呼ばれるグループと対応した。 主要なフランス人の開拓地が設立されたのは: カスカスキア (Kaskaskia)、カホキア (Cahokia)、そしてサント・ジュヌビエーブ (Sainte Genevieve) であった。 1752 年までに人口は 573 名に増えた。

1710 年代から 1730 年代までに、 フランス人、フランスの同盟部族、そしてアメリカ原住民の メスクワキ族 (Meskwaki, フォックス (Fox)) の間のフォックス戦争 (Fox War) が起き、 これは現在のイリノイ州北部、ウィスコンシン州南部、 そしてミシガン州で起き、 とりわけ毛皮トレードに関して戦争になった。 紛争の最中に、現在のイリノイ州 マクリーン郡 (McLean County) で、 フランス人と同盟軍は 1730 年に メスクワキ族 (Meskwaski) に対して、重要な戦いに勝利した。

ル・ロシェのセント・ルイス砦 (Fort St. Louis du Rocher)

ルネ=ロベール・カヴリエ・シュ・ド・ラ・サール (René-Robert Cavelier, Sieur de La Salle) により率いらせたフランスの探検隊は 1682 年の 冬にイリノイ川のそばの大きな ビュート (butte) の上に セント・ルイス砦 (Fort St. Louis) を建設した。 ビュート (butte) はル・ロシェ (Le Rocher、岩) と呼ばれ、川の上方の砦に有利な位置を提供した。 木造のパリセイド (palisade) はラ・サール (La Salle) がこの場所を確保するのに使用した唯一の防衛形式であった。 砦の中には少々の木造の家屋と自然の避難所 (shelter) があった。 フランス人はセント・ルイス (St. Louis) を幾つかの砦の最初のものにして、 これによって英国人の侵入を防ぎ、彼らの開拓地を東海岸に制限することを意図した。 この地域にフランス人に同行したのは、東部地区の幾つかの原住民部族の同盟メンバーで、 彼らは カスカスキア (Kaskaskia) と同化した: このような部族に マイアミ族 (miami)、 ショーニー族 (shawnee)、そして マヒカン族 (mahican) がいた。 部族はホテル・プラザ (Hotel Plaza、ホテル広場) と呼ばれた ビュート (butte) の基礎 (base) に定住地を設立した。 ラ・サール (La Salle) の 5 年間の独占 (monopoly) が終了してから、 ニュー・フランス総督のジョセフ・アントワーヌ・ド・ラ・バール (Joseph-Antoine de La Barre) は セント・ルイス砦 (Fort Saint Louis) を フロンテナック砦 (Fort Frontenac) と共に彼の管轄下に置こうとした。 総督の命令により、トレーダー達と彼の幹部 (officer) はイリノイまで同行 (escort) した。 1683 年 8 月 11 日に、ラ・サール (La Salle) の兵器係の ピエール・プリュドム (Pierre Prudhomme) はノース・ポーテッジ岸 (north portage shore) の 1 マイルのおよそ 1 3/4 で捕虜になった。

フレンチ・インディアン戦争の最も初期に、 フランス人は砦を イロコイ (Iroquois) による攻撃からの避難所に使用した。イロコイは 英国と同盟していたのである。 イロコイによって、開拓者達 -- 当時は アンリ・デ・トンティ (Henri de Tonti) が指揮していた -- は 1691 年に砦を見捨てることを余儀なくされた。 デ・トンティ (De Tonti) はピミテオウイ砦 (Fort Pimiteoui) -- 現在の ピオリア (Peoria) -- で開拓者を再編成した。

ピエール・ド・リエット (Pierre De Liette) により指揮された フランス部隊は 1714 年から 1718 年まで、 セント・ルイス砦 (Fort St. Louis) を占領した; この地域のド・リエット (De Liette) の管轄は、 領地がカナダからルイジアナ (Louisiana) に移管された時に終了した。 毛皮の罠師 (trapper) とトレーダーは 18 世紀始めに砦を定期的に使用し、 終にはあまりに荒廃することになった。 砦の外見は、今日この場所に何も残っていない。 この地域には定期的に色々な原住民の部族が占領し、 彼らはヨーロッパ人の開拓者の拡大により、 西に移動することを余儀なくされた。 このような部族に、 ポタワトミ族 (Potawatomi), オタワ族 (Ottawa), そして オジブウェ族 (Ojibwe) が含まれた。

1700 年の北米の地図
(コバン & モルティエ (Covens & Mortier) 編集、1708 年)
中心付近にイリノイ・カントリー (PAYS DES IlINOIS)

1769 年 4 月 20 日に、イリノイ連邦 (Illinois Confederation) の戦士が カホキア (Cahokia) に外交任務中の部族長ポンティアック (Chief Pontiac) を暗殺した。 地元の言い伝えによると、 オタワ族 (Ottawa) は、同盟の ポタワトミ族 (Potawatomi) と共に、 イリノイ川 (Illinois River) 沿いでイリニ (Illini) の一隊を攻撃した。 部族は ビュート (the butte) に登って攻撃から避難した。 オタワ族 (Ottawa) と ポタワトミ族 (Potawatomi) は包囲を続け、終にイリニ族 (Illini、[訳注:イリニウェック族 (Illiniwk) の事]) が飢え死にした。 この話を聞いてから、ヨーロッパ人はこの ビュート (butte) を スターブド・ロック (Starved Rock、飢えた岩) と呼んだ。

シャルトル砦 (Fort de Chartres)

1718 年 1 月 1 日に、 ジョン・ロー (John Law) と彼の 「西部会社」 (Company of the West、これは 1719 年に 「インディーズ会社」 (Company of the Indies) になる) に、トレードの独占が与えられた。 この地域の富を掘り起こす貴金属を作る (make a fortune mining precious metals、[訳注:これはたとえか ?]) ことを 望んで、ニューオーリンズから派遣された郡の部隊 (contingent) と共に、 会社は利権を守るために砦を建設した。 始めに (現在のイリノイ州の) シャルトル砦 (Fort de Chartres) の 建設が 1718 年に始まり、1720 年に完成した。

復元された城壁と門楼 (curtain and gatehouse)、
シャルトル砦 (Fort de Chartres)

元々の砦はミシシッピ川の東岸にあり、 カホキア (Cahokia) の下流 (南)、 カスカスキア (Kaskaskia) の上流にあった。 近くの開拓地であるイリノイ州のプレーリー・デュ・ロシェ (Prairie du Rocher) は 1722 年にフランス系カナダ人により、 設立され、砦から数マイル内陸にあった。

砦はイリノイ・カントリー政府の場所となり、攻撃的な フォックス・インディアンを支配する助けになった。 シャルトル侯爵ルイ (Loui, duc de Chartres) -- フランス摂政の子息 -- にちなんで名付けられた。 頻繁に洪水が起きたため、別の砦が更に内陸に建設された。 1731 年までに 「インディーズ会社」 (Company of Indies) は消滅し、 ルイジアナとその政府を国王に返却した。 砦の守備隊は 1747 年にイリノイの カスカスキア (Kaskaskia) に移動され、ここは南におよそ 18 マイルの地点であった。 新しい石の砦が古い砦の近くに計画され、 1754 年に 「ほとんど完成」 と記述されているが、建設は 1760 年までに継続した。

トーマス・ハッチンス (Thomas Hutchins) による
1778 年のイリノイ・カントリーの開拓地の地図

新しい石の砦がフランス領イリノイ・カントリーの本部であったのは 20 年未満で、 これはフレンチ・インディアン戦争の 終わりにパリ条約 (Treaty of Paris) により 1763 年に 英国に移譲された。 英国国王が宣言したことは、 アパラチア山脈とミシシッピ川の間で、 フロリダから ニューファンドランド (Newfoundland) までのほとんどの土地が、 インディアン居留地 (Indian Reserve) と呼ばれるアメリカ原住民の土地となることで、 これは 1763 年の王室布告 (Royal Proclamation) によっていた。 政府は開拓者に命令して、立ち去るか、残るための特別許可を獲得させるようにした。 これとカトリック地区 (Catholic territory) に 居住する望みから、多くのカナダ人はミシシッピ川を横断して セント・ルイス (St. Louis) やサント・ジュヌビエーブ (Ste. Genevieve) に 住むことになった。 英国はすぐに政策を緩和し、後にこの地域に英国領ケベック (Province of Quebec) を拡大した。

英国人は 1765 年 10 月 10 日にシャルトル砦 (Fort de Chartres) の支配を手に入れ、 キャヴェンディッシュ砦 (Fort Cavendish) に改名した。 英国は最初の追放命令を軟化し、カナダの住民にフランスの規則下で享受される 同じ権利と特権を提供した。 1768 年 9 月に、英国は裁判所 (Court of Justice) を設立し、 これはミシシッピ峡谷 (Mississippi Valley) における コモン・ロー (common law) の最初の法廷であった。 (フランスの法律システムは民法 (civil law) と呼ばれた。)

1772 年の激しい洪水の後に、英国は砦を維持する価値がなくなり、これを見捨てた。 彼らは守備隊を カスカスキア (Kaskaskia) の砦に移動し、 ここをゲイジ砦 (Fort Gage) に改名した。 シャルトル砦 (Chartres) は荒廃したが、無傷の弾薬庫はイリノイの最古の現存するヨーロッパの構造 と思われ、20 世紀に砦の残りの大半と共に再建された。

農業開拓地 (Agricultural settlement)

歴史家のカール J. エクバーグ (Carl J. Ekberg) によれば、 イリノイ・カントリーにおけるフランスの開拓パターンは 17 世紀と 18 世紀のフランス領北米で一般的にユニークであった。 これは他のこのような開拓地とは違っており、他では川沿いの分離した農場 (homestead) に組織され、長い長方形の地所が川から後方に延びていた (リボン地所 (ribbon plot))。 イリノイ・カントリーのフランス人は長いリボン地所 (ribbon plot) の印をつけたが、 ここには居住しなかった。 その代わり、開拓者達は農業村 (farming village) に共に居住し、 北フランスの農業村と最も類似し、共同農業を実践した。

ニューオーリンズ港が南下するミシシッピ川沿いに 1718 年に建設されてから、 アフリカの奴隷が、もっとイリノイ・カントリーに搬入されて、 農業と鉱業の労働者として使用された。 18 世紀中頃までに、奴隷は人口の 1/3 にまで達していた。

他の開拓地
英国領ケベック (British province of Quebec)

1764 年のミシシッピ川東岸の英国支配に引き続き、カナダ人の開拓者の少々はこの場所にとどまったが、 他の者は川を横断して、新しい開拓地を作った。これに セント・ルイス (St. Louis) が含まれた。

米国支配下でのイリノイ・カントリー

独立戦争の最中に、ジョージ・ロジャーズ・クラーク将軍 (George Rogers Clark) は ミシシッピ川東のイリノイ・カントリーの一部分をバージニアのために奪った。 1778 年 11 月に、バージニア議会はイリノイ郡 (County of Illinois) を作った。 ここはバージニアがなんらかの所有権を持つオハイオ川西にあるすべての土地から構成され、 カスカスキア (Kaskaskia) を郡都にした。 ジョン・トッド大佐 (Captain John Todd) が統治者 (governor) に任命された。 しかしながら、この政府は以前のカナダの開拓地に制限され、むしろ非効率であった。

クラーク将軍 (Clark) の支援のために、イリノイ・カントリーにおけるカナダ人の開拓者とインディアンの居住者には 完全な市民権が与えられた。 北西部布告 (Northwest Ordinance) と多くのその後の条約、そして国会の法律により、 ヴィンセンヌ (Vincennes) とカスカスキア (Kaskaskia) の カナダ人とインディアンの居住者には特別な例外が与えられ、 彼らは自分たちをバージニア市民と宣言した。 イリノイ・カントリーの用語は時々議会で使用され、これらの開拓地を言及した。

イリノイ・カントリーの多くは 1787 年の 北西部領土 (Northwest Territory) の設置で、米国の組織化された領土になった。 、ミシシッピ川西の昔のイリノイ・カントリーの地域は ルイジアナ買収により米国が獲得した。 1787 年に

英国領アメリカの地図、1774 年のケベック法 (Quebec Act) の下での :
英国領ケベック (Province of Quebec)、そしてミシシッピ川の西、
イリノイ・カントリー (中央左)