ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Illinois County, Virginia - Wikipedia

下の文章からわかりますが、イリノイ郡はフランス統治権の下では、次を全て含んでいます。

ところが、日本語 Wikipedia では、

イリノイ郡とイリノイ・カントリー

を同一視しており、完全に間違えています。 しかし、「イリノイ郡」の実際は、フランスの古い開拓地である、 ヴィンセンヌ (Vincennes)、カホキア (Cahokia) そしてカスカスキア (Kaskaskia) まで影響力が 及ぶだけであったため、これはイリノイ・カントリーに含まれ、非常に限定されていた。

イリノイ郡, バージニア (Illinois County, Virginia)

イリノイ郡, バージニアは政治的・地理的領域で、 英国領ケベック (British Province of Quebec) の一部分で、 アメリカ独立戦争の最中に、 イリノイ戦役 (Illinois Campaign) の結果、 バージニア民兵の ジョージ・ロジャース・クラーク (George Rogers Clark) により 1778 年 7 月 4 日に、 領有権が主張された。 領域の一部、あるいは全部はコネチカット、マサチューセッツとバージニアにより、 領有権が主張されたが、 この年のその後に、これはバージニア (Commonwealth of Virginia) により 正式に組織化された。 郡は公式の統治権が与えられ、これには法的に定義された境界と バージニア (Commonwealth) の法の下における正式な行政構造があった。 郡都 (county seat) は古いフランスの村である カスカスキア (Kaskaskia) であった。 ジョン・トッド (John Todd) が総督 (Governor) の パトリック・ヘンリー (Patrick Henry) に任命されて、 郡政府を統率した。 郡は 1782 年 1 月に廃止され、 バージニアは土地を新しい米国連邦政府に 1784 年に移譲した。 この領域は後に 1787 年の議会法 (Act of Congress) により、 北西部領土 (Northwest Territory) になった。

地理的には、郡 (county) はその存在中には、 南東にオハイオ川が境界になり、 西にミシシッピ川が境界になり、 北は五大湖であった。 これはフランス統治権の下では オハイオ・カントリー (Ohio Country) と イリノイ・カントリー東部 (eastern Illinois Country) と呼ばれたものを全て含んでいた。 政治的には古いフランスの開拓地であるヴィンセンヌ (Vincennes)、カホキア (Cahokia)、そして カスカスキア (Kaskaskia) まで 影響力が及ぶのみであった。