ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Portage - Wikipedia
ポーテッジ (Portage)

ポーテッジ (portage) あるいは ポーテッジング (portaging) (カナダ:/pɔːrˈtɑːʒ/; US:/ˈpɔːrtədʒ/) とは、 川の障害物を避けたり、 あるいは 2 つの水域の間で、 小型船 (water craft) あるいは積み荷 (cargo) を運ぶことである。 品物が水域の間で定期的に運ばれる道 (path) もポーテッジと呼ばれる。

Algonquin Park で
タンデム探鉱者カヌー
をポーテッジする。
ポーテッジ道に沿って
カヌーの休息
訳注
原文では tantem prospector とあるのを後ろに canoe が省略されていると考え、 prospector canoe を「探鉱者カヌー」と訳しました。タンデムは自転車の タンデムの意味で、漕ぎ手が 2 人用という意味です。

ヌーベル・フランス (New France) と フランス領ルイジアナ (French Louisiana) の 初期のフランスの探検家は多くの急流 (rapid) とカスケード (cascade、連続した小さな滝) に遭遇した。 アメリカ原住民 (Native Americans) は川の障害物を避けるために、陸上でカヌーを運んだ。

時と共に、重要なポーテッジには時々、水門 (lock) が付いた運河が、 そしてポーテッジ鉄道さえ、提供された。 原始的なポーテッジでは一般に船とその積み荷を何回かに分けて、 ポーテッジを越えて運ぶことが関連する。 小さなカヌーを肩で逆向きにして運ぶことにより、 ポーテッジが可能とあり、中央の支柱はこれを容易にするように、 天秤棒 (yoke) の形にデザインしてもよい。 歴史的には旅行者はしばしばタンプ・ライン (tump line、荷物を背負うときに額や胸にかける負い革) を額に使用して、背中で荷を運んだ。

ポーテッジは長さが何キロメートルにも及ぶことがあり、 例えば 19 km (12 マイル) の Methye Portage と 8.5 マイル (13.7 km) のグランド・ポーテッジ (Grand Portage) (どちらも北米) があり、 しばしば丘陵地帯、あるいは歩きにくい大地に渡っている。 ポーテッジによっては標高差がほとんどないこともあり、 例えば シェトランド諸島 (Shetland) のとても短いメイビス・グリンド (Mavis Grind) があり、 これは地峡を横断する。

  1. テクニック
  2. 歴史
テクニック

この節での大半で、カナダのボワヤジェ (voyageurs, 仏語の「旅行家」の意味であるが、ここでは カヌーを使用したカナダの毛皮トレードで毛皮輸送に携わったフランス系カナダ人のこと) により使用されたとても重いカヌーを扱う。

ポーテッジの道は通常は獣道 (けものみち) として始まり、 踏み固めたり、焼いたりして改良した。 少々の場所では、鉄の板をかぶせたレールが敷かれ、手押し車 (hand cart) が使用された。 ひどく使用されたルートは、ソリ、ローラー、あるいは牛が使用されて、 時々道路に進化し、例えば Methye Portage がある。 時には鉄道 (Champlain and St. Lawrence Railroad) あるいは運河が建設された。

米国における小さな鉄道ポーテッジ

急流を下る時には、ガイドと呼ばれる経験を積んだボワヤジェ (voyageurs) が 急流を調査して、 ポーテッジの重作業と、急流を下る命がけの危険の間で選択をする。 もしも第二の方法が選択されれば、ボートは長いパドルを持って 前方に立つアバン (avant) と 2.7 m (9 フィート) の操船パドルを持って後方に立つグベルナーユ (gouvernail) により制御される。 avant は良好な視界があり、任を負っているが、グベルナーユ (goubernail) は ボートをもっと制御する。 他のカヌー乗り達はアバン (avant) の指示の下で力を提供する。

遡上するのはもっと困難である、というのは流れがきつすぎて、漕ぐことができない場所があるからである。 川底が浅く、しっかりしていればボワヤジェはカヌーに立って、3 m (10 フィート) さお (pole) で上流に押し出す。 もしも、水際にある程度障害物がなければ、 カヌーをトラックする (track、軌道に乗せる)、あるいは引きずる (lined) ことができる。 すなわち、カヌー乗り達はロープでカヌーを牽引し、 一方で一人がボートに残って岸から離す。 トラックの最も極端な場合は中国の 三峡 (Three Gorges) で、ここでは すべてのボートが 長江 (Yangtze River) の流れに逆らって、上流に牽引しなければならなかった。 より悪い条件では、 半積載 (demi-charge) のテクニックが使用された。 カヌーが荷の半分を下ろして上流に押し進み、 荷を下ろして、再び下流に戻り、残りの半分の荷を積んだ。 なお悪い流れでは、全荷物が荷揚げされて (décharge)、 地上を運ばれ、一方でカヌーは上流に押し進んだ。 最悪の場合は完全ポーテッジが必要であった。 カヌーは陸上を 2 名もしくは 4 名によって運ばれた。 (より重いヨーク・ボート (York boat, ハドソン湾会社のボート) はローラーで地上を引きずらなければならなかった。) 荷物は標準的な 41 kg (90 ポンド) の包み (pièces) に分割され、 各自がおよそ 6 包みの責任を負った。 一回の包みはタンプ・ライン (tumpline) で運び、背中に乗せた ( ヘルニア (strangulated hernia) は普通の死因であった)。 定期的に休むために、ボワヤジェ (voyageur) はおよそ 1 km (0.5 マイル) の休止 (pose) で荷を下ろし、次の荷を取るために元へ戻った。 ポーテッジの時間は半マイルで 1 時間と見積もられていた。

歴史
ヨーロッパ

ギリシャ・ローマ世界

ディオルコス (Diolkos) は古代ギリシャの舗装された軌道で、 これにより、ボートが コリント湾 (Gulf of Corinth) と サロニコス湾 (Saronic Gulf) の間で コリント地峡 (Isthmus of Corinth) を横断して 陸上で移動できた。 これは身分の高い独裁者 (Despots) を輸送して、司法システムの仕事を実施させるために建設された。 6 km (3.7 マイル) から 8.5 km (5.3 マイル) の長さの道路は原始的な形式の鉄道であり、 BC 600 年頃から AD 1 世紀中頃まで開通していた。 ディオルコスが鉄道と船舶の陸上輸送の 2 つの原理を組み合わせた規模は古代では ユニークであった。

古代にはディオルコスと言及されるもう 2 つの船の軌道があった、記述された証拠が少々あり、 どちらもローマ領エジプトにあった:  医者のオリバシウス (Oribasius) (AD 320 年 - 400 年頃) は、 AD 1 世紀の彼の同僚であるクセノクラテス (Xenocrates) からの 2 つのルートを記録しており、 ここで、後者は何気なく、アレクサンドリアの港の近くのディオルコスを言及しており、 これはファロス (Pharos) 島の南端にあったかもしれない。 別のディオルコスは、プトレマイオス (AD 90 年 - 168 年) がゲオグラフィア (IV, 5, 10) で 言及し、部分的にドロが堆積した疑似河口 (false mouth) と地中海を接続していた。

ディオルコスの
舗装区間
ベニスの戦艦の移動地図

ベニス共和国

北イタリアの アディジェ川 (Adige river) と ガルダ湖 (Garda lake) の地上接続は、 ほとんど小さな船舶には使用されなかったが、少なくとも 1 度、 ベニス共和国により、1439 年に海軍の艦隊により使用された。 この地上接続は現在はロッピオ湖 (Loppio lake) がなくなったため、少々困難である。

ロシア

8 世紀、9 世紀、10 世紀に、バイキングの商人-冒険家は 東ヨーロッパの水路網を利用し、 ここにはこの地域で最も重要な 4 つの河川を接続する (複数の) ポーテッジがあった:  ヴォルガ川 (Volga)、 ダウガヴァ川 (Western Dvina)、 ドニエプル川 (Dnieper)、 そして ドン川 (Don) である。 現在はロシアにあるこれらのポーテッジは、東洋とビザンチンとの ヴァリャーグの貿易 (Varangian commerce) に 不可欠であった。

(Gnezdovo のような) 最も重要なポーテッジには、ノルウェイ人商人と原住民の混合が住み着いたトレードの開拓地 (outpost) があった。 ハザール (Khazar) は サルケル (Sarkel) の要塞を建設し、ヴォルガ川 (Volga) とドン川 (Don) の間の重要なポーテッジを守らせた。 ヴァリャーグ (Varangian) と ハザール (Khazar) の力が東ヨーロッパで衰退した後で、 スラブ人 (Slavic) の商人は ヴォルガ川 (Volga) のトレード・ルートとドニエプル川 (Dnieper) のトレード・ルートに沿ったポーテッジを使用し続けた。

ヴォロコラムスク (Volokolamsk) と ヴイシニー・ヴォロチョーク (Vyshny Volochek) の町の名称は 「 ラーマ川のポーテッジ」 と「小さい上流ポーテッジ」とそれぞれ訳すことができる。 (ロシア語の волок volok は、ポーテッジを意味し、動詞の волочить voločitʹ (drag、引きずる) に由来する。)

16 世紀に、ロシアは河川ポーテッジを使用して、シベリアに行った (チェルドゥイニ道 (Cherdyn Road) を参照 (未翻訳))。

イェルマーク (Yermak Timofeyevich) と冒険部隊が
タギル (Tagil) で ウラル山脈を越えて、ヨーロッパからアジアに入る。

スコットランドとアイルランド

ターバート (Tarbert) はスコットランドとアイルランドの共通な地名で、ポーテッジの場所であることを示す。

アフリカ

ポーテッジは幾つかのアフリカの社会の経済に重要な役割を演じた。 例えば、 バマコ (Bamako) が マリ (Mali) の首都として選ばれたのは、 ニジェール川の急流の近くにあったからで、 これは上流と中流のニジェール川を分離していた。

北米

ポーテッジがあったた場所は、しばしば一時的な、そして次に恒久的な定住場所になった。 ポーテッジを通り抜ける自由通過の重要性は法律と条約に含まれた。 歴史的に重要な毛皮トレードの 1 つのポーテッジは、今ではグランド・ポーテッジ・ナショナル・モニュメント (Grand Portage National Monument) である。 レクリエーションのカヌーのルートはしばしば湖の間のポーテッジを含み、 例えばアディロンダック公園 (Adirondack Park) のセブン・キャリーズ (Seven Carries) ルートがある。

アディロンラック山地 (Adirondacks) の随分利用されたポーテッジでは、
このような馬が牽引するワゴンが、料金を取って一度に何隻ものボートを
運べるようにラックを備えていた。この実例は 1890 年代に使用された
典型的なものである (アディロンダック博物館)

数多くのポーテッジが経済的重要性から、 上級化されて道路 (carriageway) と鉄道 (railway) になった。 ナイアガラ・ポーテッジには 1760 年代に重力鉄道 (gravity railway) があった。 シカゴとディス・プレインズ川 (Des Plaines Rivers, /dɪsˈpleɪnz/) の間の通過は短い沼地のポーテッジを通り抜け、 ボートの底を引きずることにより、次第に意図せずに、水路が発展したと思われている。 1835 年にシャンプレーン & セント・ローレンス鉄道 (Champlain and St. Lawrence Railroad) はニューヨーク市とモントリオール市 (Montreal) を接続し、 大西洋を通り抜ける必要がなかった。

多くの北米の集落はポーテッジにあることで命名されている。

オセアニア

ニュー・ジーランド

ポーテッジは地峡のある幾つかの場所で存在し、 地元の マオリ族 (Māori) が タスマン海 (Tasman Sea) から大西洋までワカ (waka、マオリ族のカヌー) を引きずったり、運んだりしたが、 その逆もあった。 最も有名なものは オークランド (Auckland) にあり、市の別々な場所に 2 本のポーテッジ・ロード (Portage Road) が残っている。 ポーテッジの 小さなマールバラ・サウンズ集落 (Marlborough Sounds) はケネプル・サウンド (Kenepuru Sound) にあり、 これはトレア・ベイ (Torea Bay、トレア湾) でクイーン・シャロッテ・サウンド (Queen Charlotte Sound) と接続している。

訳注
サウンド (sound) は海峡、入り江の意味がある。 上のポーテッジは、ケネブル・サウンドとトレア・ベイを接続するものと思われ、どちらも Google map に表示がある。 (英文表記で検索すること。) ポーテッジはケネブル・サウンドに面した地名で、 トレア・ベイはクイーン・シャロッテ・サウンドの一部分。マールバラ・サウンズ集落は Google map に記されていない。