ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Northwest Ordinance - Wikipedia

Ordinance は『条例』と訳すと誤訳になります。 これに関しては1785 年の土地布告の冒頭の説明を参照ください。

翻訳で困ることがあり、原文中に登場する Congress には 3 種類あり、古い方から順番に列挙すると

  1. 大陸会議 (Continental Congress)、第 1 回 (1774 年)、第 2 回 (1775 年)
  2. 連合会議 (Congress of the Confederation) (1781 年 ~ 1789 年 3 月 4 日)
  3. 合衆国議会 (US Congress)

どれも基本的には同様な機能を持ち、連続した組織です、1,2 の違いは連合規約の批准、 2,3 の違いは憲法ができたか否かの違いです。 原文で単に Congress と書かれている場所があり、翻訳で煩わしくなります。 1 とそれ以外は文面で区別がつくのですが、 2,3 は区別がつかない場合があります。そのため大陸会議、連合会議の代りに 以下の翻訳で大陸議会、連合議会と翻訳することにし、単に Congress とある場合は議会と翻訳します。

北西部布告 (Northwest Ordinance)

北西部布告 (正式にはオハイオ川北西の米国領土政府のための布告、 (An Ordinance for the Government of the Territory of the United States, North-West of the River Ohio) そして1787 年の布告 (The ordinance of 1787) とも呼ばれる) は 1787 年 7 月 13 日に制定され、 米国連合議会 (the Congress of the Confederation of the United States) の組織法 (organic act) であった。 これは 北西部領土 (Northwest Territory) -- 新しい国の最初の組織化された編入領地 (organized incorporated territory) -- をアパラチア山脈以遠の土地から創設し、 北は英国領北米及び五大湖と 南はオハイオ川の間にあった。 上流ミシシッピ川 (upper Mississippi River) が領土の西の境界を形成した。 ペンシルバニアは東の境界であった。

北西領土 (1787 年)

アメリカ独立戦争を正式に終了した 1783 年のパリ条約で、 英国はこの地域を米国に譲った。 しかしながら、 連合議会 (Confederation Congress) は土地を支配するために多くの問題に直面し、 例えばアメリカ開拓者の公式の許可がないオハイオ峡谷への移動; この地域の土着の人々との激しい対立; 進行中の英国軍の存在、これはこの地域の砦を占領し続けていた; 空っぽの国庫があった。 この布告は 1784 年の土地布告 (Land Ordinance) 及び 1785 年の土地布告に 取って代わり、 前者は (複数の) 州がいつの日か、地域内に形成されることを宣言し、 後者は 連合議会 (Condederation Congress) が民間人 (private citizen) に土地を 売る方法を説明している。 この地域の開発と開拓の青写真 (blueprint) としての役を担うためにデザインされたが、 1787 年の布告はこれを実行するための強力な中央政府を欠いていた。 この必要性はまもなく 1789 年に形成された米国連邦政府により対処された。 第一回国会 (First Congress) は 1787 年の布告を再確認し、 これを少々修正して、1789 年の北西部布告 (Northwest Ordinance of 1789) とした。

これは 連合議会 (Confederation Congress) の最も重要な法令 (legislative act) の 1 つとみなされて、 前例を設立し、 これにより連邦政府が主権を持ち、 連合規約 (Articles of Confederation) の下での、 既存の州と (既存の州の) 主権を西に拡張するのではなく、 新しい州の導入により西に拡張するのである。 これはアメリカの公有地 (public domain land) に関しての法的な前例も作った。 米国最高裁判所 (Supreme Court) は 1789 年の北西部布告は、 権限が適用可能な 北西部領土の内部では 「ストレイダー対グラハム裁判」 (Strader v. Graham) で合憲として認めたが、 各州が一旦連合国家 (Union) にに認められた場合には布告 (Ordinance) は 各々の州に及ばないと認めた。

領土内の奴隷制の禁止はアパラチア山脈からミシシッピ川にかけて、 奴隷州と自由州の間の地理的分割 -- メイソン - ディクソン線 (Mason - Dixon line) の延長 -- としてオハイオ川を設立する現実的な効果があった。 これはアメリカ南北戦争に至るまでの 19 世紀の奴隷制に関しての後の連邦の 政治的紛争の段階を設定する助けにもなった。

  1. 背景
  2. 効果
  3. 記念
背景

この領土は英国がフランスから獲得したもので、 英国が 七年戦争の勝利の結果、 1763 年のパリ条約で獲得したものである。 英国はオハイオ・カントリー -- この領土の東の部分 -- を引き継いだが、 1763 年の王室布告 (Royal Proclamation) により、新しいヨーロッパ人の開拓には これを閉鎖した。 1774 年に英国はこの地域を英国領ケベック (Province of Quebec) に併合した。 アメリカ独立戦争 (American Revolutionary War) における愛国者の勝利と 1783 年のパリ条約の署名で、米国はオハイオ川南部はもとよりのこと、この 領土の領有権を獲得した。 この領土はマサチューセッツ州、コネチカット州、ニューヨーク州、そしてバージニア州により、 植民地時代の過去から、重複し対立する領有権にさらされた 英国人はルイジアナ買収と 1812 年の 米英戦争 (War of 1812) の後まで、 境界地帯の幾つかで活発であった。

この地域は、開拓者による拡張に長い間望まれていた。 英国の敗北後に、米国政府が事実上、この地域を開拓者に開放することにより、 各州が領有権を決着することが奨励された。 1784 年にバージニアの代表である トーマス・ジェファーソン (Thomas Jefferson) が提案したことは: 各州がアパラチア山脈西のすべての領土に対しての領有権を放棄し、 ここを連合国家 (Union) の新しい州に分割することを提案した。 州による西の土地の譲渡を通じて、 連邦政府の領域を作るジェファーソン (Jefferson) の提案は 1776 年に さかのぼる、より初期の提案と 連合規約 (Article of Confederation) の 議論に由来していた。 ジェファーソン (Jefferson) はこの領土からほゞ長方形の州を作り、 新しい州の名前を提案した: チェロニサス (Cherronesus), シルバニア (Sylvania), アセニシピア (Assenisipia), イリノイア (Illinoia), メトロポタミア (Metropotamia), ポリポタミア (Polypotamia), ペリシピア (Pelisipia), ワシントン (Washington), ミシガニア (Michigania) そして サラトガ (Saratoga) である。 連合議会 (Congress of the Confederation) は提案を修正して、 1784 年の土地布告 (Land Ordinance) として通し、これは 3 年後の北西部布告 (Northwest Ordinance) としての基礎となる実例を設立した。

1784 年の布告は 1785 年にジョージ・ワシントン (George Washington) により批判され、 1786 年に ジェームズ・モンロー (James Monroe) により批判された。 モンロー (Monroe) は議会 (Congress) を確信させて、新しい州の境界を再考させた; 再考委員会 (review committee) が 布告のこの部分の廃止を勧告した。 ほかの政治家は新しい州政府を組織する 1784 年の布告の計画を問題にした。 新しい州の比較的小さな大きさが議会 (Congress) における元々の州の権力を弱体化することを懸念した。 オハイオ川南の州が西部の領有権の譲渡に気乗りしないことなどの他のことにより、 地理的焦点が狭くなった (narrowed geographic focus)。

これが 1787 年にニューヨークで通過した時に、 北西部布告 (Northwest Ordinance) はジェファーソン (Jefferson) の影響を示していた。 これが求めたことは、領土を格子状のタウンシップ (township) に分割し、 一旦土地が測量されれば、 個人と投機的な土地会社に売ることができることであった。 これにより、連邦政府の新しい収入源と将来の開拓の秩序正しいパターンが 提供されることになった。

効果
土地の所有

1787 年の北西部布告 (Northwest Ordinance) は単純不動産 (fee simple) の所有権の 概念を設立し、 これにより、所有権は永続し (perpetuity)、売買する無制限の権力があった。 これは『米国における契約の自由の最初の保障』 (first guarantee of the freedom of contrat in the United States) であった。

米国の州と領土の地図。
北西部領土が組織された 1789 年 8 月 7 日におけるもの
州の領有権の廃止と移譲

未決着の土地を連邦政府に移譲し、公有地 (public domain) を設立した布告の通過に引き続き、 州による領土のすべての領有権が放棄された。 領土は議会 (Congress) により直接管理され、 新しく作られた州としてそのうち承認されることになった。 法令は革命的で、それは、個々の主権を有する元々の州の管轄によるもでなく、 一時的にせよ、新しい土地が中央政府により管理される前例を設立したことである。 法令は自然水路、輸送、そして連絡ルートの将来の使用を定義することにより、 植民地時代の前例を破った. この実施には 北西部領土、(Northwest Territories) 以上の将来の獲得と、確立した連邦政府の政策を予測した。 4 条 (Article 4) が述べることは、 ミシシッピ川と セント・ローレンス川 (St. Lawlence)、この両者の間の輸送場所につながる航行可能な水路は 共通なハイウェイで、永久に無料で、上記の領土の住民のみならず、 米国市民 (citizens of United States)、及び米国 (Confederacy) に受け入れられる他のどのような国の市民にとっても、 税金 (tax)、輸入税 (impost)、あるいは関税 (duty) は従って無料であるべきである。

新しい州の受け入れ (Admission of new states)

法令の最も重要な、意図された目的はこの地域から新しい州を作る機能 (mandate) である。 これが提供したことは、5 州よりも多くなく、少なくとも 3 州がこの 領土に設立されることで、60,000 名の人口を達成した州は、 元々の 13 州と同じ立場で、 大陸議会 (Continental Congress) の代表に認められることであった。 北西部領土 (Northwest Territory) から創設された最初の州は 1803 年のオハイオで、残りの領土は インディアナ準州 (Indiana Territory) に 改名された。 他の 4 州はインディアナ、イリノイ、ミシガン、そしてウィスコンシンであった。 後にミネソタになった部分 (およそ 1/3) もこの領土の一部分であった。

教育

議会 (Congress) の布告は 北西部領土 (Northwest Territory) の開拓と州になることの一部分として、 公的な大学 (public university) を呼び求め、 これは、『宗教、道徳、そして知識が 良好な政府と人類の幸福に必要で、学校と教育の手段は永久に奨励されること』 ("Religion, morality and knowledge being necessary to good government and the happiness of mankind, schools and the means of education shall forever be encouraged." ) を規定することによっていた。 1786 年に、マナセ・カトラー (Manasseh Cutler) はアメリカの開拓者により 北西部領土 (Northwest Territory) に対しての西部の土地の開拓に興味を持った。 翌年に「アソシエイツのオハイオ会社」 (Ohio Company of Associates) -- 彼はこの会社の設立に関与していた -- の代理人として、議会 (Congress) との契約を組織し、 これにより、彼のアソシエイツ (associates、仲間) -- かっての得率戦争の兵士達 -- がマスキガム川 (Muskingum River) の流出口 (mouth) の 1,500,000 エーカー (61,000 ヘクタール) の土地を、彼らの債務証書 (Certificate of Indebtedness) により 購入できるようにした。 カトラー (Cutler) は 北西部領土政府のために 1787 年の布告 (Ordinance of 1787) の 草案で指導的な役割を演じ、 この草案はマサチューセッツの代表であるネイサン・デーン (Nathan Dane) に最後に提示された。 北西部布告 (Northwest Ordinance) の円滑な通過のために、カトラー (Cutler) はキーになる議会議員 (Congressman) を 彼の土地会社の協力者 (partner) にすることで賄賂を与えた。 暫定的な統治者 (Governor) を選挙から任命に変更することで、カトラー (Cutler) ばこのポジションを議会 (Congress) の 議長であるアーサー・セントクレア (Arthur St. Clair) に提供することができた。 1797 年に、マリエッタ (Marietta) からの開拓者は、学校の場所を設定するためにホッキング川 (Hocking River) を遡上した。 その場所をチリコシ (Chillicothe、/ˌtʃɪlɪˈkɒθi/) と マリエッタ (Marietta) の丁度間のアセンズ (Athens) に選んだ。 1802 年にアメリカン・ウェスタン大学 (American Western University) と命名されたが、学校は開校されなかった。 その代わりにオハイオ大学 (Ohio University) が、 認可状をオハイオ州議員総会 (Ohio General Assembly) で承認された 1804 年 2 月 18 日に正式に設立された。 この設立はオハイオが連合国家 (Union) に受け入れられて (admit) から 11 ヵ月後であった。 最初の 3 人の学生が 1809 年に入学した。 1815 年に 2 人の学生がオハイオ大学を、学士の称号 (bachelor's degree) を与えられて、卒業した。

領地政府の設立 (Establishment of territorial government)

領土の自由人で男の住人は 5000 名よりも少なかったが、 限られた形式の政府があった: 一人の知事 (governor)、一人の書記 (secretary)、3 人の裁判官、 すべて議会 (Congress) により任命された。 知事 (Governor) は 3 年の任期で任命され、1000 エーカーの土地にある自由保有の地所が与えられ、 民兵の司令官となり、判事 (magistrate) と他の文官 (civil officers) を任命し、 法律を作り・出版する助けをした。 書記は 4 年任期で任命され、知事 (governor) と類似の自由保有の地所が与えられるが、 500 エーカーのものであり、領土議会 (legislature) を通過した法律 (acts and laws) を管理したり、 保存する任務にたずさわり、地区の公的な記録をつけ、 そのような法律と手続きの本物のコピーを 6 ヵ月毎に 大陸議会 (Continental Congress) の書記に発信した。 3 人の裁判官は "良好な振る舞いをする間" ("during good behaviour") 無期限に任命され、 書記と同じ自由保有の土地が与えられ、知事 (governor) が法律 (acts and laws) を作って、(議会を) 通すことを 助けたり、公的な裁判の判決をする任務にあたった。

訳注
厳密には、act で議会を通ったものが法律 (law) で、まだ議会を通っていないものが法案 (bill) である。

領土の人口が 5000 名の自由人で、男の住民が 5000 名にいったん到達すると、 郡やタウンシップ (township) から領土議員総会 (territorial general assembly) に代表を選ぶ権限を 受領することになった。 500 名ごとの自由人の男ごとに、1 名の代表があり、25 名になるまでこれを続けた。 次に議会 (Congress) は領土議会 (legislature) の代表の数と比率をコントロールすることになった。 男は少なくとも 3 年間米国市民であるか、 この地区に 3 年間居住し、同じ地区に少なくとも 200 エーカーの土地がなければ代表になることができなかった。 代表は 2 年任期で務めた。 もしも代表が亡くなるか役職を解任されれば、新しい人が選ばれて残りの任期を務めた。

自然権の設立

布告 (ordinance) の 自然権 (natural rights) の条項 (provision) は米国憲法の 権利章典 (Bill of Rights) -- 米国憲法の最初の 10 ヶ所の修正 -- の先駆であった。 1787 年の布告 (Ordinance) の考えと保障の多くは米国憲法と権利章典に組み込まれた。 北西部領土 (Northwest Territory) では色々な法的権利と所有権利 (property rights) が大切にされ (enshrine)、 宗教的な寛容が宣言され、そして 『宗教、道徳、そして知識が 良好な政府と人類の幸福に必要で、学校と教育の手段は永久に奨励されること』 であった。 ヘイビアス・コーパス (Habeas corpus) の権利は charter に記述され、 宗教の自由、過度な罰金と、残酷で異常な処罰 (Cruel and unusual punishment) の禁止も同様であった。 裁判官による裁判と 法の不遡及 (ex post facto laws) における禁止も認められた権利であった。

奴隷制の禁止
6 条。 上記の領土では奴隷制も不本意な隷属もあってはならない。 但し、関係者が正当に有罪宣告された犯罪の処罰を除く: もしも、労働と仕事が元々の州のいずれか 1 つで合法的に要求された者が、 この場所に逃亡すれば、このような逃亡者は合法的に (自由を) 取り戻し、 彼あるいは彼女の、前述の労働と仕事を要求する人に伝えることができる。
[原文: ] Art. 6. There shall be neither slavery nor involuntary servitude in the said territory, otherwise than in the punishment of crimes whereof the party shall have been duly convicted: Provided, always, That any person escaping into the same, from whom labor or service is lawfully claimed in any one of the original States, such fugitive may be lawfully reclaimed and conveyed to the person claiming his or her labor or service as aforesaid

当時は、この条項を書いたことを主張する人は誰もいなかった。 少々後に、マサチューセッツ州のネイサン・デーン (Nathan Dane) は彼が書いたと言い、 マナセ・カトラー (Manasseh Cutler) は子息のイーフレイム (Ephraim) に自分が書いたことを話した。 歴史家のデイビッド・マッカラー (David McCullough) はデーン (Dane) の主張を疑った。 デーン (Dane) が良好な著述家でなかったからである。 布告の言葉は奴隷制を否定しているが、明らかな逃亡奴隷の条項を含んでいる。 1802 年にオハイオ州で提案された憲法に、限定された奴隷制を追加する試みは イーフレイム・カトラー (Ephraim Cutler) が導いた多大な努力の後で敗北した。 彼はマリエッタ (Marietta) -- オハイオ会社 (Ohio Company) により創設された町 -- を代表していた。

北西部領土 (Northwest Territory) から作られた 2 つの州において、 1820 年代に奴隷制派による奴隷制の合法化は失敗したが、 年季奉公使用人 ("indentured servant") の法令は 少々の奴隷所有者が売買不可の奴隷を連れてくることを可能にした。 南部の州は法案に賛成した、というのは彼らは商品作物 (commodity crop) としてのタバコで、 この領土と競争したくなかったからで、 タバコは多くの人手を必要としたため、奴隷労働のみによって利益を上げられたからである。 奴隷州の政治力は単に一様になっただけである、 というのは 1790 年の自由州よりも、 奴隷州は 3 州多かったためである。

1865 年に通過した 13 番目の修正 (Thirteenth Amendment) は、 米国中で奴隷制を非合法にしたが、北西部布告 (Northwest Ordinance) の 6 条 (Article 6) から 逐語的に引用している。

アメリカ原住民への影響

2 つの部分で、北西部布告 (Northwest Ordinance) は、この地域内のアメリカ原住民を 言及している。 1 つはインディアンが権限を喪失、あるいは放棄したと見なされる土地からの 郡とタウンシップの境界決定に関係している。

8 項: 犯罪と負傷の防止をするために、採用・作られた法律は地区の すべての部分で効力 (force) を持ち、犯罪と民生の手続きの実施のために、 知事 (governor) はこれに関して適切に分割する; そして、時々状況が適切であれば、インディアンの権利が消失した地区の部分を 郡とタウンシップへの分割を開始する。 しかしながら、このようなことの変更に関しては、 その後、領土議会 (legislature) によってなされるかもしれない。
[原文: ] Section 8. For the prevention of crimes and injuries, the laws to be adopted or made shall have force in all parts of the district, and for the execution of process, criminal and civil, the governor shall make proper divisions thereof; and he shall proceed from time to time as circumstances may require, to lay out the parts of the district in which the Indian titles shall have been extinguished, into counties and townships, subject, however, to such alterations as may thereafter be made by the legislature.

別の部分はインディアンとの望ましい関係を述べている。

3 条: 宗教、道徳、そして知識が 良好な政府と人類の幸福に必要で、学校と教育の手段は永久に奨励されること。 究極的に良好な信念はインディアンに対して、固執しなければならない; 彼らの土地と資産は彼らの同意なしに取り上げてはならない; 彼らの資産、権利、自由において、彼らを侵略したり、妨害したりしてはいけない。 但し、議会 (Congress) により認可された、正当で合法的な戦争を除く; 正当で人間性に基礎を持つ法律は時々、彼らに不正がなさせるのを防止して、 彼らとの平和と友情を維持するために作られる。
[原文:] Article III. Religion, morality, and knowledge, being necessary to good government and the happiness of mankind, schools and the means of education shall forever be encouraged. The utmost good faith shall always be observed towards the Indians; their lands and property shall never be taken from them without their consent; and, in their property, rights, and liberty, they shall never be invaded or disturbed, unless in just and lawful wars authorized by Congress; but laws founded in justice and humanity, shall from time to time be made for preventing wrongs being done to them, and for preserving peace and friendship with them.

関係者ではなかったオハイオの多くのアメリカ原住民は アメリカ独立戦争後に署名された条約を認めることを拒否した。 これらの条約が彼らが住んでいたオハイオ川の北の土地をアメリカに割譲したのであった。 時には 北西部インディアン戦争 (Northwest Indian War) と呼ばれる紛争で、 ショーニー族 (Shawnees) のブルー・ジャケット (Blue Jacket) と マイアミ族 (Miamis) のリトル・タートル (Little Turtle) は連合 (confederation) を形成して白人が領土を収容するのを止めようとした。 インディアン連合が 2 回の戦闘で 800 名以上の兵士を殺した後で, -- これはインディアンの手による米国の最悪の敗北 -- 米国大統領のジョージ・ワシントンは アンソニー・ウェイン将軍 (Anthony Wayne) を新しい軍隊の指揮に割り当て、 この軍隊が連合を結局破り、これによりヨーロッパ系アメリカ人がこの領土の開拓 を継続することができた。

記念
オハイオの 北西部領土の最初の恒久的な開拓と北西部布告を記念する刻板が フェデラル・ホール・ナショナル・メモリアル (Federal Hall National Memorial、国立記念連邦ホール) の外壁に設置された。 これは ロウアー・マンハッタン (Lower Manhattan) の ブロード・ストリート ナッソー・ストリート (Nassau Street) の角にある。 連邦ホール (Federal Hall) は 1787 年の政府の場所の役目を担った。この時、北東部布告が法律になった。
1937 年 7 月 13 日に、米国郵便局は 3 セント記念切手を発行し、 1787 年の北西部布告で定義された 北西部領土の 150 周年を記念した。 切手の彫刻は、マナセ・カトラー (Manasseh Cutler) (左) と ルーファス・パットナム (Rufus Putnam) (右) の間の 肖像画の間に当時の米国地図を描写。