ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Township (United States) - Wikipedia
タウンシップ (米国)
(Township (United States))

米国のタウンシップは小さな地理的領域のことである。 タウンシップは大きさが 6 平方マイルから 54 平方マイル (15.6 km2 から 140.4 km2) に及び、36 平方マイル (93 km2) が標準である。

用語は 3 つの方法で使用される:

  1. 測量区画タウンシップ (survey township) は権利証書 (deed) や譲渡 (grant) のための資産の場所を定義するための単純な地理的参照であり、 国有地管理局 (General Land Office) [訳注;1946 年に土地管理局 (Bureau of Land Management) に改称] が測量し、地図にしたものである。 測量区画タウンシップは名目的には 6×6 マイル平方である。
  2. 行政区タウンシップ (civil township) は地方政府の単位である。 行政区タウンシップは一般に名称が与えられ、時には Twp と省略される。
  3. 認可タウンシップ (charter township) は行政区タウンシップと類似し、 ミシガン州のみに見受けられる。 ある種の条件が満たされると、 認可タウンシップは隣接する市や村の併合から大抵は除外され、 追加の権利と内政自治 (home-rule) の責任を担う。
  1. 測量区画タウンシップ
  2. 行政区タウンシップ
  3. 認可タウンシップ
  4. 国勢調査の統計
  5. 州による使用
測量区画タウンシップ

測量区画タウンシップは公有地測量システム (PLSS, Public Land Survey System) に基づいた番号で参照される。 タウンシップへの参照は  「タウンシップ 2 ノース・レンジ 3 イースト」 (Towship 2 North Range 3 East) あるいは 「T2NR3E」 のように表示され、 このような表示は PLSS に基づいた土地の表示に使用される。 タウンシップは元々国有地管理局 (GLO) により、民間の請負業者を使用して、 測量して地図が作られ、米国地質調査所の米国地図に記された。

訳注
この箇所は説明不足です。タウンシップは四角形の部分を指しますが、 原点から考えた時の南北方向の座標の意味にもなり、更にレンジは東西方向の座標の意味になります。 そのため 「タウンシップ 2 ノース・レンジ 3 イースト」 は原点から北に 2 つ目、東に 3 つ目の正方形を意味します。 y 軸は主経線 (pricipal meridian)、x 軸は基準線 (base line) と呼ばれます。

測量区画タウンシップの図式
(36 個の区画の番号付け)


PLSS における系統的番号付けの階層図

タウンシップは通常はおよそ 1 辺が 6 マイル (9.7 km) の正方形で、 主要な境界が経線と緯線に一致しており、 各々 1 平方マイル (2.6 km2) の 36 個の区画を含んでいる。 各タウンシップの北端と西端の区画の列は 東西の区画の境界、あるいは測量エラーが集積する場所で、これらの区画は 1 平方マイルから わずかに変化する。 測量区画タウンシップは:元々の 13 州、ケンタッキー州、テネシー州、バーモント州、及びメイン州以外の 大半の州で何らかの形で存在している。 完全な 36 区画よりも少ない不規則、あるいは部分的なタウンシップも作られている。 これは完全なタウンシップが作れないからで、既存の境界線の理由によっており、 例えばスペイン/メキシコの農場 (rancho)、インディアンの居留地、州の境界線などによっている。、

この種のタウンシップはカナダ、オンタリオ州の地理的タウンシップ (geographic township) に類似している。

ケンタッキー州では、 ジャクソン・パーチェス (テネシー川の西の地域) はタウンシップとレンジに分解されている。 テネシー州では全州がタウンシップとレンジに分割され、 これによりテネシー州の測量は 13 の測量地区に分割された。 最北端のメイン州では、真北の方向に揃えたタウンシップとレンジに分割された地区がある。 州の中央部の領域では 17 の測量地区に分割され、タウンシップに分割されているが、 これは真北に揃えていない。 州の残りは土地境界 (metes and bounds) に基づいている。 同様にバーモント州とニュー・ハンプシャー州は大半が土地境界に基づいているが、 真北に揃えていないタウンシップに分割して測量された領域が北部にある。 オハイオ州の大半は公有地測量システム (PLSS) を使用して測量しているが、 かなり大きな領域が土地境界によっており、 これにはバージニア・ミリタリー・リザーブ、ドーネーション・トラクト、 フレンチ・グラント、そして 3 つのモラヴィアン・グラント (ジネイデンハッテン (Gnadenhutten)、シェーンブルン (Schoenbrunn)、及びセーレム (Salem)) がある。 インディアナ州南部 150,000 エイカー (61,000 ヘクタール) の地域 (クラーク・グラント (Clark Grant)) はタウンシップに分割して測量されていないが、碁盤目に分けて測量している。 テキサス州の測量の一部分では正方形のタウンシップを使用している。 アラスカ州、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州、及びアリゾナ州のかなりな部分が測量されていない。 フロリダ州とルイジアナ州の随分と広い沼地も測量されていない。

訳注
  1. バージニア・ミリタリー・リザーブ (Virginia Military Reserve) はバージニア・ミリタリー・ディストリクトとも呼ばれ、 州の境界を決める時にバージニア州がオハイオ州から手に入れた土地で、 独立戦争の復員兵に賃金の代わりにこの場所の土地を与えた。
  2. ドーネーション・トラクト (Donation Tract) は、インディアンとのバッファ・ゾーンの設立のために無料で与えた土地。
  3. フレンチ・グラントはサイオト社 (Scioto Company、フランスの会社) が オハイオ社 (Ohio Company of Associates) が所有する土地を利用して フランスの植民者からだまし取った時に米国議会が与えた土地。
  4. モラビアン・グラントはキリスト教インディアンのグループに米国議会が与えた土地。

ニューヨーク州もペンシルバニア州もどちらも土地境界の測量であるが、 どちらの州の西部も土地境界が正方形を成し、 多くは行政区タウンシップにもなっている。 これに付け加え、ほとんどすべての州には土地境界の地域があり、 これらは碁盤目には含まれなかったり (例えば大きな河川のそば)、 あるいは測量ミスから碁盤目から除かれている。

行政区タウンシップ

タウンシップ政府は地方政府の単位で、しばしば田舎のものである。 タウンシップは郡の地理的、政治的な細分である。 タウンシップはニュージャージー州ラリタン・タウンシップ (Raritan Township) のように名前で区別される。 タウンシップ政府の責任と形式は州の法律で明示される。

タウンシップ政府の最も普通な型式は選挙で選ばれた受託者 (trustee) あるいは監督者から構成される委員会である。 幾つかの追加の人、例えば事務長、あるいは警察の長も選挙で選ばれることもある。 タウンシップ政府の最も普通な責任に含まれることは: 道路の保守、土地利用計画、ゴミ集めである。 オハイオ州、ミシガン州、ニュージャージー州、及びペンシルバニア州の多くのタウンシップは 警察と消防も提供し、これは法人化された市が提供するものと類似なものである。

大半の中西部 (midwestern) の州では行政区タウンシップはしばしば測量区画タウンシップに 対応している。 もっとも、人口の少ない場所では、行政区タウンシップは幾つかの測量区画タウンシップの全部あるいはその一部から構成されている。 湖や河川などの自然な造作がある地域では行政区タウンシップの境界は地理的な造作にしたがうことがあり、 測量区画タウンシップの境界にしたがうことがない。市のような地方自治体は タウンシップの土地を、法人化してできることも、また併合することもある。 このような土地はタウンシップから除外される。 インディアナ州のみが、タウンシップ政府がそのすべての領域と人口を管理する。 他の州では、地方自治体の型式によっては (例えば村) はタウンシップの一部のままであるが、 一方、市はタウンシップの一部ではない。 都会地域が拡張すると、行政区タウンシップは完全に消えることもある -- 例えばオハイオ州ハミルトン郡ミル・クリーク・タウンシップ (Mill Creek Township) がある。 他の拡張する都会化地域では、 タウンシップは自分自身を市に法人化することもあり、 これにはミネソタ州のヘネピン郡 (Hennepin)、アノーカ郡 (Anoka)、 及びワシントン郡の多くの正方形の市に見ることができる。 オハイオ州モンゴメリー郡のトロットウッド (Trotwood 1996, 以前はマディソン・タウンシップ (Madison Township))、 ヒューバー・ハイツ (Huber Heights 1980, ウェイン・タウンシップ (Wayne Township))、 ケタリング (Kettering 1955, バン・ビューレン・タウンシップ (Van Buren Township)) は、タウンシップが市になった更なる実例である。

訳注
Google map: トロットウッド ヒューバー・ハイツ ケタリング

ペンシルバニア州とニュージャージー州の行政区タウンシップには PLSS 測量システムに基礎を置かずに、 より古い土地境界に基づいたものがある。 ニュージャージー州のタウンシップは他の地方自治体と名前が違っているだけである: 境界は固定され、法人化され、他の型式の政府を採用することは自由である。 連邦政府は違う名前でないと連邦資金を供給しそびれることがある; 幾つかのニュージャージー州の自治体は追加の連邦資金の資格を得るために名称を変更した。 これには例えば、 タウンシップ・オブ・ザ・ボロウ・オブ・ベローナ (Township of the Borough of Verona) とタウンシップ・オブ・サウス・オレンジ・ビレッジ (Township of South Orange Village) が含まれる。

訳注
グーグルマップではベローナ (Verona) とサウス・オレンジ (South Orange) で検索できるので、 "Township of" が正式名称の変更部分と思われます。
Google map: ベローナ サウス・オレンジ

ユタ州とネバダ州にはタウンシップと呼ばれる地域があるが、行政区タウンシップと同じではない。 これらは分離した政府ではなく、 郡により、ある程度の自治が認められたものである。

認可タウンシップ (Charter township>

ミシガン州は 「認可タウンシップ」 を別の政府の型式として作り、 タウンシップ政府が都会化された地域に貢献するために、より柔軟性を持たせた。 ミシガン州では類似のシステムを持つ他の州と同様に (もっとも、時には異なる名称で呼ばれるが) タウンシップは郡の行政上の分割で、郡は州の行政上の分割である。 郡とタウンシップは地方組織で、 これを通じて州の法律と公共政策が法律の許す限り、地方の必要性に応じて執行されるのである。 認可タウンシップは認可が与えられたタウンシップで、 これにより内政自治 (home-rule) に関してある種の権利と責任が与えられるものである。 これらは一般にその範囲では 市 (ミシガン州では半自治管轄区 (semi-autonomous jurisdiction)) と村の中間に相当し、 村は (内政自治村 (home-rule village) を除いて) 村が属するタウンシップの権力下にある。

認可タウンシップは自分自身を再編成して地方自治体 (municipality) になることもできる。 これはミシガン州のウェイン郡 (Wayne County) とデトロイト大都市圏の他の地域にも見ることができる。

国勢調査の統計

米国国勢調査局 (United States of Census Bureau) はタウン (town) とタウンシップを統計的な理由から 郡の小行政区 (minor civil division) と考えている。 2002 年の国勢調査局の調査によれば、タウン政府もしくはタウンシップ政府は次の 20 州の 16,504 の組織化された政府に当てはまる。

  • コネチカット
  • ペンシルバニア
  • ニュージャージー
  • ミネソタ
  • カンザス
  • バーモント
  • オハイオ
  • マサチューセッツ
  • イリノイ
  • ロードアイランド
  • ニューヨーク
  • ミズーリ
  • メイン
  • ウィスコンシン
  • ニューハンプシャー
  • ミシガン
  • インディアナ
  • サウスダコタ
  • ノースダコタ
  • ネブラスカ

このカテゴリー化には公的に 「タウン」(町) に指定されたニューイングランドの州、 ニューヨーク州、ウィスコンシン州、メイン州の大農場 (plantation)、ニューハンプシャー州の場所がある。 ミネソタ州ではタウン (町) とタウンシップの用語はタウンシップ政府との関連で区別なく使用される。 6 個のニューイングランドの州とニューヨーク州のタウン (町) と、ニュージャージー州とペンシルバニア州の タウンシップは法的には 「法人化された地方自治体」 (municipal corporation) と呼ばれ、 地方自治体型式の機能を持ち、しばしば人口密度の高い都市地域にあるが、 これらは人口密度とは必然的な関係がなく、従って国勢調査目的ではタウン政府、あるいはタウンシップ政府に数えられている。 ニューイングランドの州以外でも、 タウンシップはしばしば都会地域にあり、法人化された地方自治体により典型的に提供される、自治体のサービスを提供している。

16,504 件の組織化されたタウンシップ政府の数は組織化されていないタウンシップを含んでいない (このような場所ではタウンシップは名目的に存在しているだけで組織化された政府を持っていない)。 これはタウンシップが市と同一の広がりを持ち、市がタウンシップの機能を吸収している場合である。 タウンシップ政府の数はアイオワ州のタウンシップも含んでいない。 これは分離した政府ではなく、 郡政府の付随政府機関だからである。

16,504 件のタウン政府あるいはタウンシップ政府のうち、 1,179 件 (7.1%) のみが 2000 年の国勢調査で 10,000 人の人口がいるだけで、 すべてのタウン及びタウンシップの 52.4% の人口は 1000 人より少ない。 タウンないしはタウンシップ政府の数は 1997 年の 16,629 件から 2002 年の 16,504 件に減少している。 このほとんどすべての減少は中西部のタウンシップが関連している。

州による使用

タウンシップ政府は各州ごとによって定義されるため、 この型式の使用は州によって違う。タウンシップの型式を使用している州には次がある: