ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Civil township - Wikipedia

civil parish を行政教区と翻訳するので、それにあわせて civil township を行政タウンシップ と翻訳します。

行政タウンシップ (Civil township)

行政タウンシップは米国で広範囲に使用されている地方政府の単位で、 カウンティ (county) の下位 (subordinate) であり、 国の北部 (northern part) と中西部 (midwestern part) でもっとも頻繁にある。 タウン (town, 町) の用語は ニューイングランド、 ニューヨーク、そして ウィスコンシン (Wisconsin) で使用され、 これらの州の行政タウンシップ (civil township) と同等なものを言及する; ミネソタ (Minnesota) は公式には 「タウン」 (の用語) を 使用するが、しばしば 「タウン」 と 「タウンシップ」 を同じ意味で使用している。 明確な責任と自治の度合いは各州に応じて変化する。 行政タウンシップ (Civil township) は測量タウンシップと違っているが、 どちらもある州では、境界はしばしば一致し、カウンティを完全に地理的に細分する。 米国国勢調査局 (US Census Bureau) は行政タウンシップ (civil township) を下位の行政区分 (minor civil division) として 分類している。 現在、20 の州に行政タウンシップがある。

タウンシップの機能は一般に統治委員会 (govering board, 名称は州により異なる) と事務官 (clerk)、受託者 (trustee)、 あるいは (ニュージャージーとユタ (Utah) の大都市タウンシップ (metro township) では) 市長 (mayor) により、 監督されている。 タウンシップの高官 (officer) にしばしば含まれるのは: 治安判事 (justice of the peace), 道路長官 (road commissioner), 査定官 (assessor), 保安官 (constable), そして 測量技術者 (surveyor) である。 20 世紀には、多くのタウンシップが 委員会の行政官 (executive) として高官 (officer) に 管理職 (administrator) あるいは監督者 (supervisor) も 追加した。 ある場合には、 タウンシップが運営するのは: 地方図書館 (local libraries)、 高齢者サービス (senior citizen services)、 ユース・サービス (youth services)、 身障者サービス (disabled citizen services)、 緊急支援 (emergency assistance)、 そして 墓地サービス (cemetery services) である。 州によっては、 タウンシップと境界を同じにする都市自治体 (municipality) は全体として、 あるいは部分的に業務を集約している。

  1. 中西部と中央部 (Midwestern and central)
  2. 北東部の州 (Northeastern states)
  3. 西部の州
  4. 行政タウンシップのある州
  5. 行政タウンシップのない州
  6. 行政タウンシップかってあったが、もはやない州
  7. カナダ
中西部と中央部 (Midwestern and central)

州に依存して、タウンシップ政府には色々な程度の権力がある。 五大湖近くの北中西部 (Upper Midwestern) の州では、 行政タウンシップ (ミシガン州では一般法律タウンシップ (general law township、 ウィスコンシン州ではタウン (town) と呼ばれる) は しばしば、しかし常にというわけではないが、測量タウンシップと重なっている。 これらのタウンシップが政府実体 (governmental entities) として 機能する度合いは州ごとに異なり、場合によっては州内部でさえ異なっている。 例えば、イリノイ州北部のタウンシップは公的サービス -- 例えば道路の保守、放課後の世話 (care)、 そして高齢者サービスなど -- の提供で活発であるが、一方イリノイ州南部の タウンシップでは、これらのサービスは頻繁にカウンティ の委譲されている。 イリノイ州の大半のタウンシップは、 カウンティの法人化されていない部分に住む家庭に、 雪かき、高齢者輸送、そして緊急サービスのようなサービスを提供している。 イリノイ州のタウンシップの各々に、 タウンシップ委員会があり、この委員会メンバーは、 以前はタウンシップ受託者達 (township trustees) と一人のタウンシップ監督者 (supervisor) であった。 対比すると、インディアナ州の行政タウンシップ (civil townships) は州全体で 比較的首尾一貫した方法で運営され、 うまく組織される傾向があり、 各々には唯一つのタウンシップ受託者 (trustees) と一つの 3 名委員会 (three-member board) がある。

オハイオ州、リッチランド・カウンティ (Richland)
のマジソン・タウンシップの役場 (Madison Township Hall)

これらの州の行政タウンシップは一般に法人化されておらず、 近くの市は隣接するタウンシップの土地を比較的簡単に併合できる。 しかしながら、ミシガン州では一般法律タウンシップ (general law township) は法人の実体 (corporate entity, 例えば訴訟の対象となる) であり、 あるものは認可タウンシップ (charter township) に再編成できる。 これは近くの都市自治体 (municipality) からの併合に対する保護を目的にした地位で、 タウンシップに市と類似した内政自治 (home rule) を与える。 ウィスコンシン州では、行政タウンシップ (civil township) は、 タウンシップではなくタウン (town) と呼ばれるが、 これらは近くの州と基本的に同じように機能する。 ミネソタ州では、州法はそのような実体 (entity) をタウン (town) と言及するが、 これらが、"名前タウンシップ" の形の名称を持つことが要求されている。 文書でも会話でも、タウン (town) とタウンシップ (township) は同じ意味で使用される。 ミネソタ州のタウンシップは非都市型 (Non-Urban) でも都市型 (Urban, このタウンシップ政府には、より大きな権利が与えられる) でもよいが、これはタウンシップの名称に反映されない。 オハイオ州では市 (city) あるいは村 (village) はタウンシップと重なっている。 しかし、これはペーパー・タウンシップ (paper township, 紙上タウンシップ) の 設立により、退避される。 ペーパー・タウンシップ (paper township) が市の境界まで拡張されていない時は、 資産の所有者はタウンシップと都市自治体 (municipality) のどちらの税金も支払う。 もっとも、この重複 (overlap) は間違いにより、時々見過ごされる。 他の 10 州も、タウンシップと都市自治体 (municipality) が重複することを可能にしている。

カンザス州では、行政タウンシップ (civil township) によっては、 カウンティにより提供されない道路保守と消防 (fire protection service) のようなサービスを提供する。

北東部の州 (Northeastern states)
ニューイングランドとニューヨーク

ニューイングランドでは、一般にタウン (town, 町) と市 (city) に細分され、 これらは大半の地方サービスを提供する完全機能する都市自治体 (municipality) である。 ニューハンプシャー (New Hampshire) とバーモント (Vermont) の幾つかの辺地 (remote area)、及び メイン州 (Maine) の半分程度の 例外を除き、 ニューイングランドの全ては法人化されている都市自治体 (incorporated municipality) の境界の内部にある。 ニューイングランドにはカウンティがある。 もっともニューイングランド南部では、司法システムと統計目的のための境界線として厳密に使用され、 一方ニューイングランド北部では、司法システムに付け加え、 法の執行 (law enforcement)、教育等の限られた機能を処理することがある。 ニューイングランドには市もあり、 この大半は町で、住民が投票して、町民会議形式の政府 (town meeting form of government) を 市の形式で置き換えた。

ニューヨーク州 キャタローガス・カウンティ (Cattaraugus County) の地図、
都市自治区とタウンシップが見える。

メイン州 (Maine)、ニューハンプシャー (New Hampshire)、そしてバーモント (Vermont) の一部では、 法人化されていないカウンティの細分は時々、 タウンシップ、あるいは 「ゴア」("gore"), 「グラント」("grant"), 「ローケーション」 ("location"), 「プランテーション」 ("plantation"), あるいは 「パーチェス」 ("parchase") と呼ばれる。

ニューヨーク州はカウンティに細分され、 後者はニューヨーク市を除いてタウン (town) に細分される。 州政府を目的としたニューヨーク市の 5 つの同一の広がりを持つカウンティは、 市政府を目的とした都市自治区 (municipal boroguh) である。 (ブロンクス・カウンティ/ブロンクス, キングス・カウンティ/ブルックリン, ニューヨーク・カウンティ/マンハッタン, クイーンズカウンティ/クイーンズ, そしてリッチモンド・カウンティ/スタテンアイランド) ((Bronx County/The Bronx, Kings County/Brooklyn, New York County/Manhattan, Queens County/Queens, and Richmond County/Staten Island)) ニューイングランドと同様に、 タウン (town) の用語は他の大半の州のタウンシップ (township) に等しい。 付け加えると、ニューヨーク人は口語的に、タウンシップの用語を、タウンを意味するために使用する。 タウンシップと村落 (hamlets) は 1 つのタウンあるいは複数のタウンの中の 法人化されていない地域である。 タウンはカウンティの行政的分割 (administrative division) であるため、 タウンの境界はカウンティの境界を横断できない。 行政的細分 (administrative subdivision) に付け加え、 ニューヨーク州には市 (city) と村 (village) がある。 これらは都市自治法人 (municipal corporation) であり、 従ってカウンティの境界を横断することができる。 通常は市より小さいことに付け加え、村は所属するタウンとカウンティの下位で、 村の住民は村 (village) とタウン (town) の税金をどちらも支払う。 一方で、市は州の中で完全自治権のある管轄区 (autonomous jurisdiction) であり、 この政府は町とカウンティの支配から独立である。

ペンシルバニア州とニュージャージー州

ペンシルバニア州タウンシップ (Pennsylvania township) は地方政府の単位で、 警察、地方道路及び街路の保守のようなサービスに責任がある。 これは、市や自治区 (borough、バラ) と同じように振る舞う。 タウンシップは都合の良い地理学的境界に基づいて設立され、大きさが 6 から 52 平方マイル (10 - 135 km2) まで変化する。

ニュージャージー州タウンシップは、村 (village)、町 (town)、自治区 (borough, バラ)、あるいは市 (city) と 同じ地位の都市自治区政府の一型式であるという点で類似し、 ペンシルバニア州タウンシップと類似なサービスを提供し、 大きさが 1/10 (シュルーズベリー・タウンシップ (Shrewsbury Twp.)) から 100 平方マイル (ジャクソン・タウンシップ (Jackson Twp.)) まで変化する。

南部の州

米国南部では、市と町の外には、カウンティ以外に一般に地方政府がない。

ノース・カロライナ州 (North Carolina) はこの規則の例外ではないが、 カウンティの地理的下位細分 (minor geographical subdivision) としてタウンシップがあり、 これには法人化されていない領土と、 (都市自治体 (municipality) の管轄外はもとよりのこと) 法人化されていない市と町の境界内の土地も含まれる。 1868 年のノース・カロライナ州の憲法以来に義務付けられているように、 すべてのカウンティはタウンシップに分割されている。 都市型カウンティ (urbanized counties) によっては、 例えばメクレンバーグ・カウンティ (シャーロット) (Mecklenburg County (Charlotte)) のように、 今では名称を使用するのではなく、タウンシップに番号をつけている (例えば "タウンシップ 12")。 州の至る所のタウンシップには何らかの公的な組織と義務があったが、 現在は各カウンティの儀礼的な分割と見なされるのみである。 タウンシップの名称はノース・カロライナ州のカウンティ政府の段階では、 行政目的のために、地域を決定したり、分割する方法として、 なお随分と広範囲に使用されている; 主な目的は、 カウンティ税の徴収、 消防地区の決定 (例えば、ダラム・カウンティ (Durham County) の レバノン・タウンシップ (Lebanon Township) はこの名称をレバノン消防団 (Lebanon Volunteer Fire Department) に与えている)、 土地権利証書 (land deed)、土地測量、そして不動産文書のような不動産目的のため、 そして有権者登録 (voter registration) の目的のためである。 都市自治体の境界 (municipal limit) の外 (市や町の外) にあるノース・カロライナ州の大半の地域では、 タウンシップは有権者の投票所を決定するのに使用され、大半の場合には、 カウンティ選挙委員会はタウンシップによって選挙区を分割する。 しかしながら、 ノース・カロライナ州のタウンシップのレベルには政府自体はなく、 タウンシップに結び付いた官職 (office) で、選挙で選ばれたり、任命されるものはない。

1877 年のインディアナ州ウォーレン・カウンティ (Warrenn County) の地図。
行政タウンシップの中でパイン・タウンシップ (Pine Township) が
36 の区域 (section) を持つ測量タウンシップと完全に一致している。
西部の州

2015 年に、ユタ (Utah) はメトロ・タウンシップ (metro township, 大都市多運シップ) と呼ばれる 行政タウンシップ (civil township) の形式を創設した。 各メトロ・タウンシップには市長 (mayor)、タウンシップ議会 (township council) があって、 予算を管理し、タウンシップの許可なくしては併合されないが、 課税の権力は限られており、 大半の都市サービス (例えば警察) のためには、 他の都市自治体 (municipalities) や都市自治体共有サービス地区 (municipal shared-service district) と契約しなければならない。 5 つのメトロ・タウンシップ -- すべてソルト・レイク・カウンティ (Salt Lake County) に属しており -- は、 カーンズ (Kearns), マグナ (Magna), コパートン (Copperton), エミグレーション・キャニオン (Emigration Canyon) そしてホワイト・シティ (White City) である。

行政タウンシップのある州

2012 年現在、次の 21 の州に組織化された 16,360 のタウンあるいはタウンシップの政府がある。

  • コネチカット州 (Connecticut)
  • イリノイ州 (Illinois)
  • インディアナ州 (Indiana)
  • カンザス州 (Kansas)
  • メイン州 (Maine)
  • マサチューセッツ州 (Massachusetts)
  • ミシガン州 (Michigan)
  • ミネソタ州 (Minnesota)
  • ミズーリ州 (Missouri)
  • ネブラスカ州 (Nebraska)
  • ニューハンプシャー州 (New Hampshire)
  • ニュージャージー州 (New Jersey)
  • ニューヨーク州 (New York)
  • ノースダコタ州 (North Dakota)
  • オハイオ州 (Ohio)
  • ペンシルバニア州 (Pennsylvania)
  • ロード・アイランド州 (Rhode Island)
  • サウス・ダコタ州 (South Dakota)
  • バーモント州 (Vermont)
  • ユタ州 (Utah)
  • ウィスコンシン州 ( Wisconsin)
カウンティを完全にタウンとタウンシップに分割した州
と部分的に分割した州
  • 現在はタウンを使用
  • 現在はタウンシップを使用
  • 現在は色々変化
  • 以前はタウンシップを使用
  • 以前は色々変化
行政タウンシップのない州

2012 年現在、組織化されたタウンあるいはタウンシップ政府がない 29 の州がある。

  • アラバマ州 (Alabama)
  • アラスカ州 (Alaska)
  • アリゾナ州 (Arizona)
  • アーカンソー州 (Arkansas)
  • カリフォルニア州 (California)
  • コロラド州 (Colorado)
  • デラウェア州 (Delaware)
  • フロリダ州 (Florida)
  • ジョージア州 (Georgia)
  • ハワイ州 (Hawaii)
  • アイダホ州 (Idaho)
  • アイオワ州 (Iowa)
  • ケンタッキー州 (Kentucky)
  • ルイジアナ州 (Louisiana)
  • メリーランド州 (Maryland)
  • ミシシッピ州 (Mississippi)
  • モンタナ州 (Montana)
  • ネバダ州 (Nevada)
  • ニュー・メキシコ州 (New Mexico)
  • ノースカロライナ州 (North Carolina)
  • オクラホマ州 (Oklahoma)
  • オレゴン州 (Oregon)
  • サウスカロライナ州 (South Carolina)
  • テネシー州 (Tennessee)
  • テキサス州 (Texas)
  • バージニア州 (Virginia)
  • ワシントン州 (Washington)
  • ウェストバージニア州 (West Virginia)
  • ワイオミング州 (Wyoming)
行政タウンシップがかってあったが、もはやない州
カナダ

カナダ東部のプロビンス (province) には、米国のタウンシップと類似な分割がある、もしくはあった。

オンタリオ州とケベック州は、それぞれのカウンティを細分するタウンシップが継続して存在している。

地方政府が 1979 年にノバ・スコシア州 (Nova Scotia) (ノバ・スコシア州は当時、 沿海州 (maritime province) であるニューブランズウィック州 (New Brunswick) とプリンス・エドワード・アイランド (Prince Edward Island) を含んでいた) に導入された、これは四季裁判所 (court of quarter sessions) によりコントロールされる形式であり、 英国とバージニア州の地方政府を特徴づけたものであった。 この裁判所は、行政機能と司法機能の両方を持ち、 地方政府の大半の機能を引き受け、 これには必要な官吏 (officers) の任命が含まれた。 直接民主主義の一型式が 1760 年にニューイングランドからの定住者によって、 プロビンス (province) の制定法により、 タウンシップに導入された。 しかしながら、この制定法は 1761 年に国王により却下され、 直接民主主義はタウンシップで元に戻され、ここでは四季裁判 (quarter session) によりこれを採用していた。 1855 年と 1856 年の法律が、自己統治するタウンシップの法人化を提供したが、 ヤーマス (Yarmouth) のみが、法人化に参加し、3 年後に展望を見捨てた。 これらの法律は、1879 年に廃止され、タウンシップは 19 世紀の 3 回目の四半世紀に自己統治する都市自治体 (municipality) で交代された。