ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Organic act - Wikipedia
組織法 (Organic act)

米国の法律では組織法とは米国議会 (United States Congress) の法律で、 米国の領地 (a territory) を設置して、これを統治する方法を明示するか、 ある種の連邦の土地を管理する政府機関 (agency) を明示するものである。 組織法がない場合には、領地 (a territory) は 「組織化されていない」 (unorganized) と分類される。

このような法律の最初のものは、 北西部布告 (Northwest Ordinance) であり、 (米国憲法の先駆である 連合規約 (Articles of Confederation) の下で) 1787 年に 米国 連合議会 (Congress of the Confederation) を通過したものである。 北西部布告はペンシルバニア州の西、且つオハイオ州の北西に、 北西部領土 (Northwest Territory) を 設定し、これに続くすべての領地に対するその語の開発パターンを設定した。 北西部領土は 260,000 平方マイル以上に及び、 現在の州であるオハイオ、インディアナ、イリノイ、ミシガン、ウィスコンシン、そしてミネソタの北東部を すべて含んでいた。

1787 年の米国の
北西部領土
この 1856 年の地図が示すのは
奴隷州 (灰色),自由州 (ピンク),
米国複数領地 (緑),そして
中央のカンザス (白)。

1801 年の、 コロンビア特別区組織法 (District of Columbia Organic Act) は ワシントン DC (Washington D.C.) を編入して (incorporated)、これを米国議会の特別な管理下に置いた。

ニューメキシコ準州 (Territory of New Mexico) の組織法は 1850 年協定 (Compromise of 1850) の一部分で、 1850 年 9 月 9 日に通過した。 この法律は奴隷制にかかわって、 ニューメキシコを領土 (territory) として組織し、 境界は現在のニューメキシコ州、アリゾナ州、そしてコロラド州南部を含む領域を含んでいた。

組織法の一覧

領土組織法に含まれるのは (年代順) :

フィリピン

その他