ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Organized incorporated territories of the United States - Wikipedia

ここでの訳語は アメリカ合衆国の海外領土の訳語とは違っている部分があります。

編入領地 (incorporated territory) の定義を英々辞書の Merriam-Webster から引用します: ()

Definition of incorporated territory
: a portion of the domain of the U.S. that does not constitute and is not a part of any state but that is considered a part of the U.S. proper and is entitled to all the benefits of the Constitution that are not specifically reserved to the states
[翻訳] 米国の領土の一部分で、州を構成したり、その一部分ではないが、本来の米国の一部とみなされ、 特別に州に留保されてるわけでない憲法の恩恵すべての権利が与えられている。
米国の組織化された編入領地
(Organized incorporated territories of the United States)

組織化された編入領地は米国の領地で、 編入され (本来の米国の一部分) 且つ組織化されているものである。 (即ち、米国国会により制定された組織法 (organic act) により認可された 組織化政府があり、 通常は、領地議会 (territorial legislature)、領地の知事 (territorial governor)、 そして基礎的裁判システム (basic judicial system) がある。) このような領地は 1959 年以来存在していない。

1810 年から 1920 年にかけての米国の領地の拡大

米国憲法により、元々の 13 州に付け加え、 米国に州として認められた地域は、州になる前には (もっともよくあったことは) この種の領地 (準州) あるいは領地 (準州) の一部分であった。 米国が育つにつれ、組織化された領地の最も人口の多い部分が、州の地位を達成した。 領地によっては、州になる前に短期間しか存在しなかったが、 他のものは何十年も領地のまゝであった。 最も短かったものは、アラバマ準州 (Alabama Territory) の 2 年間であり、 ニュー・メキシコ準州 (New Mexico Territory) とハワイ準州 (Hawaii Territory) はどちらも 50 年以上継続した。

  1. 歴史 (Historical)
  2. 現在の状況
  3. 組織化された編入領地の一覧
歴史 (Historical)

現在の米国 50 州のうち、31 州はある時期に、組織化された編入領地の 一部分であった。 元々の 13 州に付け加え、その後の 6 州はこうではなかった。 ケンタッキー州、メイン州、そしてウェスト・バージニア州はすでに存在している州から 各々分離した。 テキサス州とバーモント州は共に主権国家 (sovereign state) で あった後に連合国家 (the Union) に参加した。 (バーモント州の場合には事実上の主権国家であったのみである。 というのはこの領域はニューヨークにより領有権が主張されていたからである。) カリフォールニアは 1848 年の アメリカ・メキシコ戦争 (Mexican-American War) の終わりに、米国に移譲された組織化されていない土地から分離した。

現在の状況

1959 年以来、組織法 (Organic Act) により正式に組織化された米国の編入領地はなかった。 ハワイが 1959 年に州として認めれた時にハワイ承認法 (Hawaii Admission Act) は明白に パルミラ島 (Palmyra Island) を除外したが、 ここはハワイ準州 (Terrytory of Hawaii) の一部分であった。 パルミラ (Palmyra) は今日、米国の唯一の編入領地 -- 米国領パルミラ島 (United State Territory of Palmyra Island) -- のまゝである。 今なお私的な所有者がいるが、パルミラ (Palmyra) には人が住んでおらず、 パルミラ島政府は国会法 (act of Congress) の下で組織化されていない。 パルミラ (Palmyra) は現在 米国内務省 (United States Department of Interior) により領地として統治されている。 パルミラ (Palmyra) を除くと、他のすべての米国領地は編入されていない (つまり、完全には米国の一部分ではなく、米国憲法のすべての側面 (aspect) が自動的に適用されない) が、 一方、他のかっての編入領地は (パルミラ島 (Palmyra Island) のみを除いて) 今では州である。 コロンビア特別区 (District of Columbia) は組織化された編入領地に類似して機能するが、 完全に異なる米国憲法の条項により、連邦地区 (federal district) として統治されている。

組織化された編入領地の一覧

次の米国内の領地は、組織法 (Organic Act) により公式に国会により組織化された:

領地 設置 消滅
北西部領土 (Northwest)1787 年 7 月 13 日 1803 年 3 月 1 日、南東部分がオハイオ州になる
南西部領土 (Southwest)1790 年 5 月 26 日 1796 年 6 月 1 日、テネシー州になる
ミシシッピ準州 1798 年 4 月 7 日 1817 年 12 月 10 日、西半分がミシシッピ州になる
インディアナ準州 1800 年 7 月 4 日 1816 年 12 月 11 日、残りの南部分がインディアナ州になる
オーリンズ準州 1804 年 10 月 1 日 1812 年 4 月 30 日、ルイジアナ州になる
ミシガン準州 1805 年 6 月 30 日 1837 年 1 月 26 日、2 つの半島の延長がミシガン州になった
ルイジアナ準州 1805 年 7 月 4 日 1812 年 6 月 4 日、ミズーリ準州に改名
イリノイ準州 1809 年 3 月 1 日 1818 年 12 月 3 日、南部がイリノイ州になる
ミズーリ準州 1812 年 6 月 4 日 1821 年 8 月 10 日、南東部がミズーリ州になる
アラバマ準州 1817 年 8 月 15 日 1819 年 12 月 14 日、アラバマ州になる
アーカンソー準州 1819 年 3 月 2 日 1836 年 6 月 15 日、残りの地域がアーカンソー州になる
フロリダ準州 1822 年 3 月 30 日 1845 年 3 月 3 日、フロリダ州になる
ウィスコンシン準州 1836 年 7 月 3 日 1848 年 5 月 29 日、東部がウィスコンシン州になる
アイオワ準州 1838 年 7 月 4 日 1846 年 12 月 28 日、南部がアイオワ州になる
オレゴン準州 1848 年 8 月 14 日 1859 年 2 月 14 日、南西部がオレゴン州になる
ミネソタ準州 1849 年 3 月 3 日 1858 年 5 月 11 日、東部がミネソタ州になる
ニューメキシコ準州1850 年 9 月 9 日 1912 年 1 月 6 日、残りの地域がニュー・メキシコ州になる
ユタ準州 1850 年 9 月 9 日 1896 年 1 月 4 日、残りの地域がユタ州になる
ワシントン準州 1853 年 3 月 2 日 1889 年 11 月 11 日、残りの地域がワシントン州になる
カンザス準州 1854 年 5 月 30 日 1861 年 1 月 29 日、東部がカンザス州になる
ネブラスカ準州 1854 年 5 月 30 日 1867 年 3 月 1 日、残りの地域がネブラスカ州になる
コロラド準州 1861 年 2 月 28 日 1876 年 8 月 1 日、コロラド州になる
ネバダ準州 1861 年 3 月 2 日 1864 年 10 月 31 日、ネバダ州になる
ダコタ準州 1861 年 3 月 2 日 1869 年 11 月 2 日、残りの地域が分離されて、ノース・ダコタ州とサウス・ダコタ州になる
アリゾナ準州 1863 年 2 月 24 日 1912 年 2 月 14 日、残りの地域がアリゾナ州になる
アイダホ準州 1863 年 3 月 3 日 1890 年 7 月 3 日、残りの地域がアイダホ州になる
モンタナ準州 1864 年 5 月 26 日 1889 年 11 月 8 日、モンタナ州になる
ワイオミング準州 1868 年 7 月 25 日 1890 年 7 月 10 日、ワイオミング州になる
オクラホマ準州 1890 年 5 月 2 日 1907 年 11 月 16 日、インディアン領地と合併し、オクラホマ州になる
ハワイ準州 1900 年 4 月 30 日 1959 年 4 月 21 日、ハワイ州になる
アラスカ準州 1912 年 8 月 24 日 1959 年 1 月 3 日、アラスカ州になる