ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Catskill Mountains - Wikipedia

自然地理学の事に関しては 米国の自然地理学的地域を参考にして下さい。

キャッツキル山脈 (Catskill Mountains)

キャッツキル山脈ザ・キャッツキルズ (the Catskills) とも呼ばれ、 より大きなアパラチア山脈の自然地理学的プロビンス (physiographic province) で、 ニューヨーク州南東に位置する。 文化的・地理学的地域 (cultural and geographical region) として、 キャッツキルはキャッツキル公園 (Catskill Park) の境界内に近い、 あるいはその中の地域として一般に定義され、 この公園は 700,000 エイカー (2,800 km2) の森林保護地 (forest preserve) で、 ニューヨーク州の法律により、多くの形式の開発から、恒久的に保護されている。

スライド山 (Slide) と近くの峰、
キャッツキル北部の
ツイン山 (Twin) から見た。
A アディロンダック山脈
G グリーン山脈
C キャッツキル山脈
W ホワイト山脈
B バークシャー山脈
P ポウコノウ山脈
M マフーサック山脈
T タコニック山脈
H ハドソン高原

地質学的には、キャッツキル山脈は成熟した切り裂かれた高原 (dissected plateau、 開析された高原) で、これは平坦な地域で、その後持ち上げられて、 水路により鋭い起伏 (sharp relief) に浸食されたものである。 キャッツキルはアレゲーニー高原 (アパラチア高原とも呼ばれる) の 北東の端を形成している。

キャッツキル山脈は初期のオランダの定住者により命名された。 これはアメリカ社会で、映画と芸術作品のセットとして良く知られ、 これに含まれるものに、19 世紀の多くの ハドソン・リバー派 (Hudson River School) の絵画 があり、更には、20 世紀中頃のニューヨーク市からの 行楽客 (vacationer) の好みの目的地になった。 この地域の多くの大きなリゾートが、無数に多くの若い漫談家 (stand-up comedian) に技術を磨く機会を与えた。 キャッツキル山脈は芸術家、ミュージシャンと多くの著作家の楽園となり、 とりわけフェニシア (Phoenicia) と ウッドストック (Woodstock) の町の中とその周辺にあった。

  1. 歴史
  2. 地理
  3. 気候
  4. 地質学
  5. リクリエーション
  6. 建造物
  7. 輸送機関
  8. ポピュラー・カルチャーで
歴史

ニコラース・ビッシャー 1 世 (Nicolaes Visscher I) の 1656 年の ニューネーデルランド (New Netherland) の地図は キャッツキル川の (ハドソン川への) 出口にある Landt van Kats Kill (キャッツキルの土地) の場所を示した。 南の地域は Hooge Landt van Esopus (エソパスの高地 (High Lands of the Esopus)) と記され、アメリカ原住民 レナペ (Lenape) の地方の一団 (local band) を言及しており、 彼らはハドソン川の岸辺に住み、エソパス川 (Esopus Creek) 沿いの高地で狩りをした。

ハドソン川から見たキャッツキル
の光景、このような光景から
一時期「青い山脈」(Blue
Mountains) と呼ばれた。
ニューネーデルランドの1656 年
の地図の 1685 年の改訂版、
位置が見えるのは「Kat Kills
の土地」、「Esopus の高地」
語源

名称の意味 (オランダ語で「猫川」 (キャッツ = 猫、kill = creek (川)) と 命名者 (オランダ人の初期の探検家)) の問題は決着するが、 どのようにして何故、この場所がキャッツキル (catskill) と命名されたかは謎である。 マウンテンライオン (mountain lions、catamounts) は、オランダ人が 17 世紀にこの場所に来た時には、 この地域にいたことが分かっており、名前の由来であるかもしれない。

名前の原点に関しての混乱により、Kaatskill と Kaaterskill の ような変種の綴りが何年も使用され、どちらもなお使用されている: 前者は地方雑誌キャッツキル・ライフ (Kaatskill Life) で使用され、 後者は山の峰と滝の名前として使用されている。 アメリカ原住民によるとされる山脈の名称オンテオラ (Onteora) (空の土地 (land in the sky)) は実際は 19 世紀の中頃に白人により作られ、リゾート 事業を宣伝した。 これも今日なお持続し、 学区 (school district) の名称として、 そしてまた、ボーイスカウトの夏のキャンプの名称 (オンテオラ・スカウト・リザベーション (Oneteora Scount Reserbation)) として 使用されている。

スプルース川 (Spruce Creek) のキャッツキル滝 (Kaaterskill
Falls)、ニューヨーク州パレンビル (Patenville) の近く。
ニューヨーク州のより高い滝の一つ。2 つの滝は全部で
260 フィート (79 m) である。
地理

キャッツキル山脈はニューヨーク市のおよそ 100 マイル (160 km) 北北西で、 オールバニー (Albany) のおよそ 40 マイル (64 km) 南西にあり、ハドソン川の西で始まっている。 キャッツキルは 2 つの郡 ( グリーン郡 (Greene) と アルスター郡 (Ulster)) の多くを占有し、 わずかに デラウェア郡 (Delaware)、 サリバン郡 (Sullivan)、そして南西の スコウヘアリー郡 (Schoharie、/skoʊˈhɛəriː/) に及んでいる。

山脈の東の端で、山脈は極めて劇的に始まり、キャッツキル急斜面 (Catskill Escarpment) がハドソン峡谷から突然上昇する。 西の境界はそれほどはっきりすることがなく、山脈は次第に高さが低くなり、 残りのアレゲーニー高原 (Allegheny Plateau) の中に傾いているが、 18 世紀と 19 世紀の地図は一貫してキャッツキル山脈の境界をデラウェア川の 東支流 (East Branch) としており、 これは実際の地理的な起伏 (topographic relief) と両立している。 ペンシルバニア州のすぐ南西にあるポウコノウ山脈 (Pocono Mountains、ˌpōkənō ˈ) も アレゲーニー山脈の一部分である。

キャッツキルは 3500 フィート (1100 m) よりも高い 30 以上の峰と 6 つの重要な河川の一部分がある。 「キャッツキル 3500 山岳クラブ」 (Catskill Mountain 3500 Club) はそのメンバーが 3500 フィート (1,100 m) 以上のすべての峰を登ったことがある組織である。 最高峰である アルスター郡 (Ulster County) のスライド山 (Slide Mountain) は 4,180 フィート (1,270 m) の高さである。

気候上はキャッツキルはアレゲーニー高原森林生態地域 (Allegheny Highlands forests ecoregion) の中にある。

気候

ケッペンの気候区分システム ( Köppen climate classification system) によれば、 キャッツキル山脈には 2 つの気候地帯 (climate zone) がある。 キャッツキル山脈の広大な大多数は暖かく夏の湿気が高い大陸性気候 (Dfb) で、 少々の孤立した暑く湿気が高い大陸性気候 (Dfa) がある。 4180 フィート (1,270 m) のスライド山 (Slide Mountain) の植物耐寒性ゾーン (plant hardiness zone) は 5a で、 年間の極端な最低気温の平均 (average annual extreme minimum temperature) は −16.6 °F (−27.0 °C) である。 1000 フィート (300 m) のマーガレットビル (Margaretville) の植物耐寒性ゾーン (plant hardiness zone) は 5b で、 年間の極端な最低気温の平均 (average annual extreme minimum temperature) は −10.6 °F (−23.7 °C) である。

フェニシア (Phoenicia) とマーガレットビル (Margaretville) の
気候データの表は省略
地質学

キャッツキル山脈は更に北のアディロンダック山脈 (Adirondack Mountains) と時々比較されるが、2 つの山脈は地質学的に関連していない。 というのはアディロンダック山脈 (Adirondacks) は カナダ楯状地 (Canadian Shield) の連続だからである。 同様にシャワーンガンク尾根 (Shawangunk Ridge、/ˈʃɑːwəŋɡʌŋk/) はキャッツキル山脈の南東の尾根 (edge) を形成するが、 地質学的に異なる リッジ&バレープロビンス (Ridge-and-Valley province) の一部分で、 ニュージャージー州ではキタティニー山 (Kittatinny Mountain) と呼ばれ、 ペンシルバニア州ではブルー山 (Blue Mountain) と呼ばれる同じ尾根の連続である。

キャッツキル山脈は一連の山脈であるよりは、 切り裂かれた高原 (dissected plateau、 開析された高原) である。 キャッツキル山脈の岩を構成している堆積物は古代の東のアカディア山脈 (Acadian Mountains) が 上昇して、その後浸食した時に堆積したものである。 堆積物は西方に移動して海に流れ、大きなデルタを作り、 これが当時の場所である。キャッツキル山脈の急斜面は このデルタの以前の (岸の方の) 端の近くにあり、 急斜面に沿った北東地区に堆積した堆積物は動く川により、 海面上に堆積し、アカディア山脈 (Acadian Mountains) があったのは、おおよそ タコニック山脈 (Taconic Mountains) が今日あった場所である (もっとも随分大きかった)。 より細かい堆積物は更に西に堆積し、 従って、岩が砂利の礫岩 (gravel conglomerates) から砂岩と頁岩 (shale) に 変化する。 更に西で、これらの真水の堆積物は浅い海の砂岩と頁岩と混合し、 最後に深い海の石灰岩となる。 アカディア山脈 (Acadian Mountain) の上昇と浸食は デボン紀 (Devonian) と初期のミシシッピ紀 (Mississippian period) の最中 (39500万年から 32500万年前) にも起きた。 その間に、何千フィートものこれらの堆積物が形成され、 デボン紀の海岸をゆっくりと更に西に動かした。 隕石の衝突がおよそ 37500万年前に、浅い海で起き、 直径 10 km (6 マイル) のクレーターができた。 このクレーターはまもなく堆積物で満たされ、上昇と浸食の行程により、 パンサー山 (Panther Mountain) になった。 ミシシッピ紀 (MIssissippian Period) の中頃までに、上昇が停止し、 アカディア山脈 (Acadian Mountains) は非常に侵食されたため、 堆積物はもはやキャッツキル・デルタを横断して流れなかった。

時間と共に、堆積物は、別の場所からのもっと多くの堆積物で埋められ、 元々のデボン紀とミシシッピ紀 (Mississippian) の堆積物で埋められ、 少しづつ硬い岩になった。 次に地域全体が上昇し、これにより堆積岩が浸食され始めた。 今日、上部の堆積岩は完全に取り除かれ、デボン紀とミシシッピ紀の岩が露出している。 今日のキャッツキル山脈はこれらの岩の連続した浸食の結果で、 川と、最近では氷河の双方による浸食の結果である。

連続する氷河期で、峡谷と大陸氷河の両方がキャッツキル山脈の峡谷と刻み目 (notch) の幅を広げ、山脈を丸くした。 露出した岩盤 (bedrock) の溝と傷はこの地域をかって横断した 大きな氷河 (sheat of ice) の証拠を提供している。 今日でも、山の浸食は継続し、この地域の川 (rivers and sreams) が 山脈の峡谷とクローブ (cloves) を深く広げている。

訳注
クローブ (clove) の意味が不明。しかし次の写真の説明から、「谷」の一種であると思われる。
プラット・クローブ (Platte Clove)、
キャッツキル急斜面の裂け目。氷河の作用で作られたもの。
リクリエーション
水上競技とリクリエーション

エソパス川 (Esopus Creek) はハドソン川の 65.4 マイル (105.3 km) の支流で、 スライド山 (Slide Mountain) のウィニソック湖 (Winnisook Lake) で開始している。 これは アルスター郡 (Ulster County) を横断して、ソーガティズ (Saugerties) でハドソン川に流れ込む。 エソパス川 (Esopus) はパンサー山 (Panther Mountain) の周りをほとんど 270度回転することで有名で、 6 マイル (10 km) の埋没インパクト・クレーター (impact crater) をたどっている。 これは チュービング (tubing) で有名で、チュービングとは (タイヤの) チューブ (inner tube) に乗って、川下りをするスポーツである。 多くのチューブ乗りは、ニューヨーク州フェニシア (Phoenicia) で川下りを始め、 川を下って、ニューヨーク州オリーブ (Olive) の アショウカン貯水池 (Ashokan Reservoir) に向かう。

エソパス川の自由に浮かぶ
チューブ乗り
アショウカン貯水池、ウィッテンバーグ山
(Wittenberg) から見る

アショウカン貯水池 (Ashokan Reservoir、/əˈʃoʊkæn/) はニューヨーク市の給水システムの一部分で、 釣りは許可されれば可能であるが、水泳と他の大半のリクリエーション使用は禁止されている。

カヌーとカヤックは人気がある。 42 ヶ所の急流があり、クラス I から V+ にまでわたっている。

エソパス川 (Epsopus Creek) は フライ・フィッシングで有名であるが、近年、川は侵略的植物で苦しめられている。

サイクリング

ロード・バイク (road bicycling) とマウンテン・バイク (mountain bicycling) は山脈で極めて人気がある。 自転車レースに含まれるのは: ツアー・オブ・キャッツキル (Tour of Catskill) -- 毎年夏の グリーン郡 (Greene) と アルスター郡 (Ulster) で開催される 3 日間にわたるロード・ステージ・レース (road stage race) -- とウィンダム (Windham) の 「UCI マウンテン・バイク・ワールド・カップ」 (UCI Mountain Bike World Cup) である。 他のサイクリングの資源に含まれるのは: 「キャッツキル景観トレイル」 (Catskill Scenic Trail)、 スタンフォード (Stamford) の 「源流トレイル」 (Headwaters Trails)、 そしてラウンドトピア・トレイル・ネットワーク (Roundtopia trail network) (ラウンド・トップ・マウンテン・バイク協会 (Rount Top Mountain Bike Association) によって地図が作成) である。 幾つかのスキー場 (ski centers) では暖かい時に下りのマウンテン・バイクのコースを 提供している。

ハイキングとキャンプ

山脈内にはキャッツキル公園 (Catskill Park) があり、700,000 エーカー (280,000 ヘクタール) から 構成されている。 キャッツキル公園はニューヨークの森林保護地 (Forest Reserve) の一部分である。 すべての土地が公的に所有されているわけでない; 60% は私有地であるが、新しい部分が頻繁に追加されている。 公園の大半と保護地 (preserve) は アルスター郡 (Ulster County) の中にあり、 随分多くの部分が グリーン郡 (Greene County) にあって、 サリバン郡 (Sullivan) と デラウェア郡 (Delaware) にも一部分がある。 公的な場所のトレイルの多くは 「ニューヨーク - ニュージャージー・トレイル協議会」 (New York - New Jersey Trail Conference) と 「キャッツキル 3500 山岳クラブ」 (Catskill Mountain 3500 Club) により維持・更新されている。

デビルズ・パス (Devil's Path) はハイキングに開放されている多くのトレイルの一つである。 キャッツキル山脈でキャンプする場所に含まれるのは: ベア・スプリング山 (Bear Spring Mountain)、 リトル・ポンド (Little Pond)、 モンゴープ池 (Mongaup Pond)、そして ノース - サウス湖 (North - South Lake) である。

スキー

キャッツキル山脈には 5 ヶ所の主なスキーとスノーボード (snowboard) のコースがある: ベライーア山 (Belleayre Mountain) (オリンピック地域開発局 (Olympic Regional Development Authority) による経営); ハンター山 (Hunter Mountain) (ニューヨークで人工降雪機 (snowmaking machines) を設置した最初のスキー場); ウィンダム山 (Windham Mountain); モンティセロのホリデー・マウンテン・スキー&ファン (Holiday Mountain Ski and Fun in Monticello); そして ロクスベリ― (Roxbury) のプラットキル山 (Plattekill Mountain) である。

ハンター山 (Hunter Mountain)

ローゼンデール村 (Rosendale Village) のジョペンバーグ山 (Joppenbergh Mountain) は 1937 年に 最初のスキー・ジャンプ競技 (ski-jumping competition) を開催した。 スキー・ジャンプは 1971 年 1 月 7 日までこの山で継続し、この時最後の競技 (competition) が開催された。

タナーズビル (Tannersville) の 山岳トレイルクロス・カントリー・スキー・センター (Mountain Trails Cross Country Ski Center) には 22 マイル (35 km) のトレイルがある。

建造物
火の見やぐら (Fire towers)

キャッツキル山脈の火の見やぐらは森林火災の予防・制御を容易にするために建設された。 23 基の火の見やぐらが 1908 年と 1950 年の間にキャッツキル山脈に建設された。 火の見やぐらは 1970 年代までに使用されなくなった、 航空機からの火災の発見 (fire spotting) がもっと効果的・効率的になったからで、 火の見やぐらが退役した; ハンター山火の見やぐら (Hunter Mountain Fire Tower) は最後のもので、1990 年に任務から外れた。 6 基以外の火の見やぐらは全て取り壊された。 残りのやぐらは改修されて展望台として公開され、パノラマが望める。 残っているやぐらは:

著名なランドマーク

キャッツキル・マウンテン・ハウス (Catskill Mountain House) は 1824 年に建設され、 ニューヨーク州パレンビル (Palenville) の近くのホテルで、キャッツキル山脈にあって、 ハドソン川を見下ろしている。 世紀の変わり目の最盛期に、訪問客に含まれたのは: 米国大統領の ユリシーズ S. グラント (Ulysses S. Grant), チェスター A. アーサー (Chester A. Arthur) そして セオドア・ルーズベルト (Theodore Roosevelt) である。

輸送機関

1872 年から、キャッツキルの北部には、 アルスター&デラウェア鉄道 (Ulster and Delaware Railroad) の キャッツキル山岳支線 (Catskill Mountain Branch) が運行していたが、 これは 1932 年に ニューヨーク中央鉄道 (New York Central railroad) に吸収された。 オニオンタ (Oneonta) からキングストン (Kingston) に至る乗客事業は 1954 年まで継続した。 この路線の一部分はなお存在しているが、今では貨物輸送のみである。

キャッツキルの南部は「ニューヨーク,オンタリオ&ウェスタン鉄道」 (NYO&W, New York, Ontario and Western Railway) が運行していた。 1950 年の過程で、 NYO&W の運行は夏のみに縮小された。 終わりの頃に、これはロスコ― (Roscoe) からリバティ (Liberty) を経由して、 ニュージャージー州ウィーホーケン (Weehawken) まで 列車を走らせた。これは ニューヨーク・セントラル (New York Central) の ウェスト・ショア鉄道 (West Shore Railroad) とコーンウォール (Cornwall) で接続した。この運行は 1953 年 9 月 10 日まで継続した。

デラウェア・アルスター鉄道 (Delaware and Ulster Railroad) は保存鉄道 (heritage railroad) で、 ニューヨーク州アークビル (Arkville) に拠点を置き、 ニューヨーク州のハイマウント (Highmount) からハッベル・コーナーズ (Hubbell Corners) まで、景色の良い軌道をなお観光目的のために走らせている。 キャッツキル山岳鉄道 (Catskill Mountain Railroad) もキャッツキルの保存鉄道 (heritage railroad) で、 キングストン (Kingston) からハイマウント (Highmount) まで操業している。

キャッツキル山脈の鉄道の地図、地図が述べることにも関わらず、この地図の全体近くが
キャッツキル山脈である。ハドソン川の東はバークシャー山脈 (The Birkshires) とタコニック山脈
(Taconic Mountains) で、ずっと北 ( オールバニー郡 (Albany County) の中央と北部,及び
スコウヘアリー郡 (Schoharie、/skoʊˈhɛəriː/) のずっと北部) はアパラチア山脈である。

キャッツキル山脈は 州間道路 87 / ニューヨーク州スルーウェイ (Interstate 87 / New York State Thruway) に沿って、東から自動車によってアクセスでき、 この道路はハドソン峡谷を通り抜けて南北に走っている。 南と南西に葉、キャッツキル山脈は色々な基幹道路 (highways) によりアクセスでき、 これに含まれるものは: ニューヨーク州道 55、 US ルート 44、 US ルート 209、そして ニューヨーク州道 17 である。 西のキャッツキル山脈へのアクセスはニューヨーク州道 30 で提供され、 そして曖昧に定義されたこの地区の最も西端は、 ニューヨーク州道 10、 あるいは州間道路 88 であると色々考えられる。 もっともこの境界は地方の好みの問題のまゝである。 ニューヨーク州道 28 と 23A は東西に切断し、キャッツキル山脈の中心部を通り、 最も人気のある野外観光地の目的地の多くに貢献している。 ニューヨーク州道 23 はキャッツキル山脈の北の部分を東西に走っている。

キャッツキル地区に最も近い主な空港は、 北のオールバニー国際空港 (Albany International Airport) と 南のニューバーグ (Newburgh) のスチュワート国際空港 (Stewart International Airport) である。 この地区のより小さな空港は:

ポピュラー・カルチャーで

ハドソン峡谷映画委員会 (Hudson Valley Film Commission) は ハドソン峡谷 / キャッツキル地区に設定された 映画のリストを維持している。 この中で、3 ダース以上の映画がキャッツキルに設定されている。 著作家 / イラストレーターのジョナサン・ショーク (Jonathan Schork) はキャッツキル南部で生れ、育てられたが、 彼が認めることによると、この地区は 2 冊の子供向けの彼の本のインスピレーションになった。この本は: 2016 年の 「サイモン・フォックスの愛」(The Love of Simon Fox)、そして 2018 年の 「魔法をかけられた木の物語をもっと」 (More Tales from the Enchanted Wood) であった。 (後者は児童文学の幾つかの賞を受領した。) ニューヨーク州ベセル (Bethel) の町はキャッツキル山脈にあり、 1969 年 8 月 15 日 - 18 日に開催された有名な 「ウッドストック・ミュージック・フェスティバル」 (Woodstock Music festival) の本拠地であった。 ここで 32 の音楽の出し物が 500,000 万人のコンサートの聴衆の前で演奏され、 ドキュメンタリー映画 「ウッドストック」 (Woodstock、 1970 年) に収められた。 この場所は、今では世界的に有名な、芸術のためのベセル・ウッズ・センター (Bethel Woods Center) の本拠地である。

多くのホテルと休暇レゾートは、 現代の漫談 (stand-up comedy) 発展の役割で、アメリカ文化史で著名である。 ロドニー・デンジャーフィールド (Rodney Dangerfield), ジャッキー・メイソン (Jackie Mason), アラン・キング (Alan King), そして ドン・リックルズ (Don Rickles) のようなコメディアンは すべて、キャッツキルのホテルの会場で -- 口語的にボルシチベルト (Borscht Belt) と呼ばれる -- で始めて上演した。

絵画と写真のギャラリー

「マウンテン・ハウスからの光景」(1836 年)
(View from the Mountain House)
ウィリアム・ヘンリー・バートレット
(William Henry Bartlett) による絵画
「キャッツキルの光景」
(1858 年)、ポール・
ウェーバー (Paul Weber)
「キャッツキルの 10 月」(1880 年)、
スタンフォート・ロビンソン・ギフォード
(Stanford Robinson Gifford) の絵画
アッシャー・ブラウン・デュランド
(Asher Brown Durand) による
絵画、キャッツキルを描画、
サブライム・ランドスケープ
(sublime landscape)
のアプローチを使用
レッドモンド・ステージ (Redmond Stage)
ウッドストック・ミュージック・
フェスティバル
, 1969 年