ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Waltham-Lowell system - Wikipedia

ウォルサム・ローウェル・システムとは米国のミル・ガール (mill girl、女工) を使用した労働システムのことで、 ミル・ガール (mill girl) は寄宿舎に住んでいました。 これは木綿製造工場 (木綿ミル) での話で、 第二次世界大戦前の日本の女工のように生糸製造工場ではありません。

ウォルサム・ローウェル・システム
(Waltham-Lowell system)

ウォルサム・ローウェル・システム (Waltham-Lowell system) は米国で繊維産業が興隆した時に採用された労働・製造モデルで、 とりわけ、 19 世紀始め産業革命の急速な拡張のより大きな背景の中で ニュー・イングランドにあったものである。

繊維産業は、米国独立戦争頃の ジェニー紡績機 (spinning jenny)、 ミュール紡績機 (spinning mule)、 そして 水力紡績機 (water frame) により可能となって、 最も初期の機械化された産業となり、 製造と労働資源のモデルが始めてここで探求された。

このシステムは国内労働を使用した。この労働は時々ミル・ガール (mill girls) で呼ばれ、 田舎の町から新しい繊維の中心地に来て、故郷におけるよりももっと多くの収入を稼ぎ、 都市 ("city") で文化的な生活をした。 彼女たちの生活はとても統率されていた -- 彼女たちは会社の寄宿舎で生活し、厳密な時間と規範を守った。

国内の繊維産業で競争が激しくなると、賃金が減少し、 ストライキが起き始め、 世紀中頃の人件費の安い外国労働者の導入により、システムは利益がなくなり、崩壊した。

ボストン製造会社、マサチューセッツ州ウォルサム
  1. 先駆
  2. 特徴
  3. 凋落
先駆

ウォルサム・ローウェル・システムの先駆は ロードアイランド州 (Rhode Island) で見られ、 ここで英国の移民のサミュエル・スレーター (Samuel Slater) が 1790 年代に始めて紡績ミル (spinning mills) を設置した。

スレーター (Slater) は英国の村での経験で行動し、ロードアイランド・システム (Rhode Island System) と呼ばれる工場システム (factory system) を作り、 これはニュー・イングランドの村の家庭生活での通例のパターンに基礎をおいていた。 7 才から 12 才の子供がミル (工場) の最初の従業員であった; スレーター (Slater) は個人的に彼らを密接に監督した。 最初の子供の労働者は 1790 年に採用された。 スレーター (Slater) が体罰に訴えることは全くありそうもなく、 罰金のシステムに依存した。 スレーター (Slater) は彼の工場で最初に遠方の女性と子供を配置しようとした。 しかし、これは結束の強いニュー・イングランドの家族の枠組みで失敗に終わった。 彼は、次に全家族を導入し、町全体を作った。 彼は、近くに会社が所有する宿舎と、会社の店を提供した。 彼は日曜学校のスポンサーとなり、ここで大学生が子供たちに読み書きを教えた。

スレーター・ミル (Slater Mill)
特徴

ウォルサム・ローウェル・システム (Waltham-Lowell system) は 垂直に一体化したシステムの使用を開拓した。 ここでは、製造の全ての側面で完全にコントロールした。 紡績、機織り、染色、そして切断が今では唯一のプラントで完成した。 このより大きな量のコントロールにより、他の会社が製造に干渉することがなくなった。 ウォルサム・ミルは量産の工程も開拓した。 これは製造のスケールを随分と増やした。 水力を動力とするラインシャフトとベルトが今では何百もの動力ラインと結合していた。 製造の増大は非常に急激に起きたため、 19 世紀始めには十分な労働力を地元で供給できなかった。 ローウェルは若い女性を採用することでこの問題を解決した。

ウォルサム

サミュエル・スレーター (Samuel Slater) の成功の後で、 今やザ・ボストン・アソシエイツ (The Boston Associates) と呼ばれる投資家のグループが、 マサチューセッツ州 ニューベリーポート (Newburyport) の商人であるフランシス・キャボット・ローウェル (Francis Cabot Lowell) により率いられ、 ボストンの西のマサチューセッツ州ウォルサム (Waltham) の チャールズ川 (Charles River) で新しい繊維会社を考案した。 この新しい会社は、木綿から布の製造を 1 つの屋根の下に置く国で最初のものであり、 1814 年にボストン製造会社 (Boston Manufacturing Company) として法人化された。

ザ・ボストン・アソシエイツ (The Boston Associates) はコントロールされた労働システムを作ろうとしたが、 彼らがイングランドのランカシャーで見た過酷な条件のものと違うものであった。 所有者は周辺地区の、ニュー・イングランドの農場でミル・ガール (girl) を採用し、ウォルサムの機械で働かせた。 ミル・ガール (mill girl) は会社の寄宿舎で生活し、厳格な行動規則 (strict code of conduct) に服従し、 より年長の女性に監督された。 彼らは一週間におよそ 80 時間働いた。 一週間に 6 日間、AM 4:40 時に会社のベルで目覚め、AM 7 時における半時間の朝御飯の前に、 AM 5 時に仕事に就いた。 昼頃の 30 分から 45 分の昼食の休みまで働いた。 労働者は工場が閉鎖する PM 7 時に会社の宿舎に戻った。、 このシステムはウォルサム・システムと呼ばれた。

ローウェル

ボストン製造会社 (Boston Manufacturing Company) はとても儲かったが、 チャールズ川 (Charles River) は動力源として可能性がなかった。 フランシス・キャボット・ローウェル (Francis Cabot Lowell) は 1817 年に時期尚早に亡くなり、 まもなく彼の共同経営者はボストンの北の、マサチューセッツ州イースト・チェルムスフォード (East Chelmsford) に旅をした。 そこでは、大きなメリマック川 (Merrimack River) がはるかに大きな動力を供給することができた。 最初のミルであるメリマック製造会社 (Merrimack Manufacturing Company) は 1826 年までに操業していた。 この集落は 1826 年にローウェル町 (Lowell) として法人化され、10 年後にローウェル市 (Lowell) になった。 10 社の繊維会社を誇り、すべてがウォルサム・システム (Waltham System) を運営し、 どれもがボストン製造会社 (Boston Manufacturing Company) よりも随分大きく、 ローウェル (Lowell) はニュー・イングランドで最大の都市となり、 このモデルは、今ではローウェル・システム (Lowell System) と呼ばれ、ニュー・イングランドの別の場所でコピーされ、 これは、しばしばザ・ボストン・アソシエイツ (The Boston Associates) により開発された他のミルの町にあった。 実例に含まれるのは: ニューハンプシャー州 マンチェスター メイン州ルイストン (Lewiston)、 マサチューセッツ州 ローレンス (Lawrence)、 マサチューセッツ州 ホリヨーク (Holyoke、hōl′yōk′) がある。

マサチューセッツ州ローウェル
の 2 人若い女性の鉄板写真
最後に残る繊維ミルの寄宿舎の 1 つ、
マサチューセッツ州ローウェル、
ローウェル国立歴史公園の一部
凋落

そのうちに、より安く、それほど組織化されていない外国労働者がミル・ガール (mill girls) の 代りになった。 1845 年のローレンス (Lawrence) の設立の時までにさえ、この生存可能性に関しての問題が持ち上げられた。 外国労働への移行とシステムの凋落の主要な原因の 1 つは南北戦争によりもたらされた。 ミル・ガール (girl) は看護婦となって赴いたり、農場に戻ったり、男性が軍に赴いた時に去ったポストに就いた。 これらのミル・ガール (girl) は戦争の間、ミル (mill) から離れ、 ミルが戦後に再開した時に、ミル・ガールがいなくなった。 というのは、彼女たちはもはやミルを必要としなくなったからである。 彼女たちは新しい仕事に根付いたり、生活で進展して、ミルがもはや適切でなくなったからであった。 ミル・ガールたち (mill girls) がいなくなって、アイルランドの移民に向けた動きが作られた。

マサチューセッツ州ローウェル (Lowell) に建設されていたアイルランド人の共同体は女性のみではなく、 寄宿舎のミル・ガールのグループとは違っていた。 ミルにおける男性採用の比率が増大し、ここで働く人々の人口構成を急速に変えた。 ローウェル・プラントは外国の下層階級にひどく依存し、とりわけマサチューセッツ州に群がるアイルランドの移民に依存した。 この外国労働者に頼ることにより、ミルはミル・ガール (mill girl) で努めて避けていたものになることを余儀なくされた。 貧しさが忍び寄り、彼らはスラムと貧しい下層階級を扱うことを余儀なくされた。 これらの移民は家族がいる傾向があり、ミル・ガール (mill girls) のような寄宿舎のスタイルで生活しなかった。 多くの場合、寄宿舎はシステムより長生きしたが、移民労働者の家族は典型的には近くの借家に住み、 会社の敷地の外に住んだ。