ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Lowell mills - Wikipedia
ローウェル・ミルズ (Lowell mills)

ローウェル・ミルズ はマサチューセッツ州ローウェル市で操業した 19 世紀の繊維ミルズで、フランシス・カボット・ローウェル (Francis Cabot Lowell) にちなんで命名された: 彼は新しい製造システムを導入し、 これはローウェル・システム (Lowell system) とも、 ウォルサム・ローウェル・システム (Waltham Lowell system) とも呼ばれた。

1850 年のローウェル・ミルズを示す地図の詳細。
  1. 哲学的背景 (Philosophical context)
  2. ローウェル・システム (Lowell system)
  3. 凋落
  4. レガシー (Legacy)
哲学的背景 (Philosophical context)

フランシス・カボット・ローウェル (Francis Cabot Lowell) は英国で見たものとは違う効率的な製造工程を米国で作ろうとした。 彼の未来像 (division) は ニューイングランドの人々に対する大きな信頼に依存し、 従業員は会社によって住居と食事を提供されて、 数年間のみ雇用され、永久に踏みつけられた下層クラスではなかった (downtrodden underclass)。

彼は 1811 年のロンドンへの短い旅行中に、動力織機のデザインを記憶し、 その後、 ネイサン・アップルトン (Nathan Appleton)、 パトリック・トレーシー・ジャクソン (Patrick Tracy Jackson)、 及び、それ以外に、いわゆる「ボストン・アソシエーツ」("Boston Associates") と共に、 「ボストン製造会社」 (Boston Manufacturing Company) を 1813 年に設立した。 このボストン地区の商人のグループは 「元々のプロテスタントの倫理 (ethic) と共和主義の単純性 (Republican simplicity) を約束した」が、 それにもかかわらず 「巧妙で、将来を見通した事業者で、新しい投資機会を即座に受け入れた」。 「ボストン製造会社」 は最初のミルを 1814 年に、 マサチューセッツ州 ウォルサム チャールズ川 (Charles River) の横に建設した。 当時の繊維製造の支配的なシステム -- サミュエル・スレーター (Samuel Slater) によって設立されたロードアイランド・システム (Rhode Island System) -- とは違い、ローウェルは 15 才と 35 才の間の若い女性 (通常独身) を 採用することを決意し、彼女たちはミル・ガール (mill girl, 女工) として (世に) 知られた。 彼女たちは作動係 (operative、職人) とよばれた、というのは織機などの機械を作動 (operate) させたからである。

ローウェル・システム (Lowell System)
ウォルサム・ローウェル・システム を参照。

ローウェル・システムはウォルサム・ローウェル・システム (Waltham-Lowell system) とも呼ばれ、「この時代には前例がなく、革命的であった」。 これは、より速くて、もっと効果的であったのみならず、 英国の繊維産業よりはもっと人道的と考えられた。 というのは、 「現金で支払い、子供ではなく、若い女性を採用し、数年間の雇用のみを提供し、 労働者がもっと良い仕事に移るための教育の機会を提供したからである。」

米国では始めて、これらのミルは紡ぎ (spinning) と機織り (weaving) の繊維工程を 1 つの屋根の下で結合し、 高級布を大量生産するために「持ち出しシステム」 (putting-out system) を削除した。 これは完全に繊維産業の革命を起こし、米国で 「まもなく他の製造業のモデルとなった。」

ローウェルのミル・ガール達 (Lowell mill girls)

ローウェルは年齢が 15 才から 35 才までの若い女性 (通常独身) -- ミル・ガール (mill girl) と呼ばれた -- を採用することにより、労働問題を解決した。 ヨーロッパの産業では 「賃金システムに依存する大量の土地を持たない都会労働者」 を利用できたが、 これとは違い、アメリカの会社は、 少ない労働供給に取り組まなければならなかった。 というのは人口が少なく、大半が自分の土地を耕すことを好み、 これにより経済的に独立していたからである。 付け加えると、多くのアメリカ人はヨーロッパの工場システムを本質的に腐敗し、虐待的と見なしていた。

これらの若い女性をミルで働くことを説得するために、 彼女たちは 「一週間ごと、あるいは二週間ごと」 に現金で支払われた。 付け加えると、ローウェルは工場共同体を考案した:  女性たちは、ミルに隣接する会社の所有する寄宿舎に住むことが要求され、 この寄宿舎はメイトロン (matron、寮母) と呼ばれる年長の介添え役 (chaperone) により運営された。 一週間に 80 時間働くことに付け加え、 女性たちは厳密な道徳律 (strict moral codes) -- メイトロン (matron) により強制された -- に固執する必要があり、 宗教的な礼拝と教育クラスに出席することは無論の事であった。 「現代の標準と比べると、とても差別的で、家父長主義 (paternalistic) であるが、当時はとても革命的であると見なされた。」

実際、女性を採用することは、良好なビジネス・センスであった、 これは単に女性が機織りや紡ぎに経験を持っているだけでなく、 男よりも支払いを少なくでき、従って、ローウェルの 「ボストン製造会社」 の儲けが増え、 「男よりももっと簡単にコントロールできた」からである。 付け加えると、従業員に対しての彼のきつい制御は従業員の忠誠をはぐくみ、賃金を低く抑え、 彼の株主の利益を加速させることを確実にした。

「ボストン・アソシエーツ」(Boston Associate) の世界観に沿って、 ミル・ガールは自分自身を教育し、知的活動を追求することを奨励された。 彼女たちは ラルフ・ワルド・エマーソン (Ralph Waldo Emerson) と ジョン・クィンシー・アダムズ (John Quincy Adams) の無料の講演に参席し、 巡回図書館から本を借りた。 彼女たちは、創造的な執筆と公的な議論を奨励する 「改良サークル」 (improvement circle) に加わることも奨励された。

凋落

1830 年代の経済的不安定は、移民と同様にローウェル・ミルに大きく影響した。

1830 年代の過剰生産は完成した布の価格が下落する原因となり、 ミルの資金状態は 1834 年の小さな恐慌 (depression) と 1837 年恐慌 (Panic of 1887) で悪化した。 1834 年にミルは賃金を 25% 削減し、ミル・ガールはこれに呼応して、成功しなかったがストライキを計画し、 「工場ガール協会」 (Factory Girs Association) と呼ばれる労働組合を組織した。 1836 年には彼女たちは成功しなかった別のストライキを実施した、この時は住宅料が増加した。 条件は 1845 年まで悪化し続け、この時はローウェルのミル・ガールは「女性労働改革協会」 (Female Labor Reform Association) を作り、 他のマサチューセッツ州の労働者と力を合わせて、州における労働条件の改善を目指した法律を通した、 ミルの所有者は単にこれを無視した。

女性たちはストライキの継続で対抗し、 雑誌や「ローウェル案内書」 (Lowell Offering) のようなニューズレター (newsletters) を出版した。 彼女たちはマサチューセッツ州議員に嘆願して、仕事の日を 10 時間に制限する法律を通過させようとした。 この嘆願は成功しなかったが、ミルの所有者にとり、従業員がやっかいなことになった。

1840 年代の中頃までに、「新世代のミルの管理者が、任を負うこと」になり、 彼らにとり、「人々よりも利益が主要な、あるいは唯一の、問題と思われた」。

更に、ミルの所有者達は従業員がやっかいなことになったことを確信し、 アイルランドの移民に新しい労働力の源泉を見出した。 彼らは アイルランドの大飢饉から逃れるために 1846 年にマサチューセッツ州に群がっていた。 これらの移民労働者の大半は大家族を持つ女性で、彼女たちは喜んで長時間低賃金で働いた。 彼女たちは時々、子供たちが働くことも強制した。 この移民労働者への依存はミルが裂けようとしていたものに変貌させた -- 下層階級を利用するシステムで、永久に低賃金のミルの仕事に依存することになった。 1850 年までに、ローウェル・システムは失敗した実験と見なされ、 ミルはますます移民と」児童労働を使用し始めた。

1890 年代に 「南部」 が米国の繊維製造の中心として登場し始めた; 綿が南部で育てられているのみならず、ここには労働組合が少なく、暖房費も安かった。 20 世紀中頃までに、ニューイングランドの繊維ミルはすべて、 ローウェル・ミルズも含め、閉鎖ないしは南部に移動した。

レガシー (Legacy)

1840 年までにマサチューセッツ州ローウェルには 32 の繊維工場があり、 繁華な都市 (bustling city) になった。 1820 年と 1840 年の間に、製造業で働いていた人々の数は 8 倍になった。

元々のローウェルのミル・ガール達の大半は 1850 年までに解雇され、 移民で交代させられたが、 成長した独身の女性は、自分の金を稼ぐことに慣れ、 教育を利用して、図書館員、教師、ソーシャル・ワーカー (social worker) になった。 このようにして、このシステムは、「労働者とより大きな社会に恩恵を与えたものとみなされている」 ("benefits for the workers and the larger society")。