ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

George Sorocold - Wikipedia

ソロコールドの水車は挿絵から見る限りでは川に直接設置する下掛け水車になっていますが、 これは川から水を汲み上げるためではないかと思います。(動力を得るためのものではない。)

ジョージ・ソロコールド (Geoge Sorocold)

ジョージ・ソロコールド (1668 年頃 - 1738 年頃) は 18 世紀、イングランド、ダービーの技術者であった。

テムズ川のソロコールドの水車
伝記

彼はジェームズ・ソロコールド (James Sorocold) とエリザベス・バロー (Elizabeth Barrow) の子息として 1666 年にランカシャーで生れた。 彼はケンブリッジ (Cambridge) で学位を得て、直ちにダービーで最初の仕事を開始した。 彼は 1684 年 12 月 7 日に、ヘンリー・フランシーズ (Henry Franceys) の娘であるメアリー (Mary) と結婚した; 1702 年までに、彼らは 13 人の子供がおり、そのうち 8 人が生き延びた。

1685 年と 1687 年の間にソロコールド (Sorocold) はマックルズフィールド (Macclesfield) の給水に関連し、 1687 年にオール・セインツ教会 (All Saints Church) -- 現在のダービー大聖堂 (Derby Cathedral) -- のベルをかけなおす仕事を引き受けた。

1692 年に、彼は町で最初の水道設備 (waterworks) を建設し、 水車を使用して、 ニレ (elm) の幹から作った 4 マイルほどのパイプを通して汲み上げた。 このために彼はボーリング機械 (boring machine) を作り、後で特許を取った。 この水道設備はほとんど 100 年近く存続し、彼は国中に他 (の水道設備) も建設した: アロア (Alloa) (1712 年)、 ブリッジノース (Bridgnorth)、 ブリストル (Bristol)、 ディール (Deal)、 キングズ・リン (King's Lynn)、 リーズ (Leeds)、 ニューキャッスル・アポン・タイン (Newcastle upon Tyne)、 ノリッジ (Norwich)、 ポーツマス (Portsmouth)、 シェフィールド (Sheffield)、 そして グレート・ヤーマス (Great Yarmouth) であった。 ロンドンでは、 彼はマーチャンツ水道設備 (Marchants Water Works) を建設し、 ロンドン橋水道設備 (London Bridge Water Works) を再建し、 ニュー川 (New River) の改良を実施した。 彼の多くの新機軸 (innovation) の中には、水車で動作するポンプがあり、 これは川の水位に応じて上下した。 1693 年に特許が彼の同僚のジョン・ハドリー (John Hadley) に授与された。

訳注
ロンドン橋と類似する、水車によるポンプが コールターショー波止場とビーム・ポンプ ビーム・ポンプに登場する。

1695 年と 1699 年に、彼はヨークシャー (Yorkshire) とダービーシャー (Derbyshire) の両方のダーウェント川 の河川水路を改良する計画を作った。 彼は リー川 (River Lea)、 エアー川 (River Aire)、 そしてケム川 (River Cam) の改良にも関わった。

彼はトーマス・コチェット (Thomas Cotchett) の指図で、ダービーに最初の絹ミル (silk mill) を建設し、 コチェット (Cotchett) はロンドンのスピタルフィールズ (Spitalfields) の絹の織り手 (silk weavers) と働き、紡績の工程に動力を適用することの恩恵を理解した。 彼はオランダ人の紡ぎ手 (spinners) によって、すでに使用されている機械をコピーした。 恐らく、これらはイタリアのものよりも効率が良くなかったのか、 あるいは、ひょっとして事業上の理由から、計画は失敗した。

このアイデアは ジョン・ロンベ (John Lombe) により取り上げられ、 彼は、兄弟のトーマス (Thomas) と共にソロコールド (Sorocold) を雇って、古いミルのそばに、 イタリア様式に基づいて、新しく、より大きなミルを建設させ、 1722 年に完成した。 ソロコールド (Sorocold) にとり、これ以前はポンプと水車に従事しており、ここは少し挑戦的なものであった。 機械は完成時には 10,000 基のスピンドル (spindle)、 25,000 基の紡績リール糸巻 (spinning reel bobbins)、 5000 基近くのスター・ホイール (star wheel)、 9000 基以上のツイスト糸巻 (twist bobbin)、 46,000 基の巻き上げ糸巻 (winding bobbins) があり、 すべてが単一の水車で駆動された。 ロンベのミル (Lombe's Mill) は 1910 年の火災の後に広範囲に再建され、 今ではダービー産業博物館 (Derby Industrial Museum) になっている。

彼はすぐにも死にそうになった。 ある日、ミルの訪問客のグループに付き添っている最中に、 ソロコールド (Sorocold) は歩行路で足を滑らせ、 水路 (sluice) に落下した。水の力により彼は水車に流され、2 つの羽根の間に運ばれ、 この一方の羽根が壊れて彼は廃水路に吐き出された。

彼は鉱山の排水システムの改良もし、鉄のフォージ (forge、鍛冶屋の炉) と大気圧エンジンを建設した。 彼はドックの工学で助言し、恐らく サリー (Surrey) のハウランズ・ドック (Howlands Dock) で、そして、 リバプール (Liverpool) のトーマス・スチアーズ (Thomas Steers) により建設された オールド・ドック (Old Dock) では確かに助言した。

ソロコールド (Sorocold) は全国的な名声を樹立し、英国の最初の土木技術者 (civil engineer) と考えることができる。 彼は、彼の同世代の 2 人によって 「偉大なイングランドの技術者」 (Great English Engineer) と呼ばれ、 技術者 (engineer) と呼ばれた軍人でない最初の人物であった。 彼が亡くなった日時は不明であるが、1738 年よりも後のことと思われている。