ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Noria - Wikipedia

以下の記述からわかる点をまとめると、

  1. ノーリアは水力を利用して水を汲み上げる水車。類似なものが日本にもあるようで、ありふれたものです。
  2. 水を汲み上げるための水車には、 サキアと呼ばれるものもあり、これは動物の力を利用する。 動物は水平回転で動力を与えるため、水平回転を垂直回転にするための歯車 (サキア歯車) が必要となり、 これがノーリアと違う点になります。

揚水に使用するにはノーリアの方が簡単ですが、場所によってはサキアが必要と思われます。 一方で、垂直水車を製粉用に使用するためには、製粉用の臼 (ミルストーン) は水平回転する必要があるため、垂直回転を水平回転に変換する歯車が必要となり、 ここでサキア歯車が使用される。(水力ミル参照。)

ノーリア (Noria)

ノーリア (noria, アラビア語: ناعورة‎, nā‘ūra、シリア語:ܢܥܘܪܐ‎, nā‘orā に由来、 逐語的に うなるもの (growler)) は小さな水道に水を持ち上げることに使用される水力機械であり、灌漑目的か、町や村の使用のためである。 塩田に海水を給水した既知の実例が少なくとも 1 つある。

シリア、 オロンテス川 (Orontes) 沿いの
ハマーのノーリア
スペイン、 アルヘシラス (Algeciras)、
マリア・クリスティーナ公園 (Parque María Cristina)
におけるノーリア (これはサキアの可能性が大きい、
というのはこれは井戸に接続されているから)
  1. ノーリア (noria) 対 サキア (sakia/saqiya)
  2. 機能
  3. 歴史
ノーリア (noria) 対 サキア (sakia/saqiya)

中東、インド、スペインなどで揚水に使用される伝統的な装置を言及する用語は、 時々、むしろ厳密には使用されない。 ノーリア (noria) の用語は一般に動く水の力を使用する装置に使用される。 動物の力を使用する装置は通常サキア (sakia or saqiya) の用語を使用する。 他の形式の類似の装置は鎖ポンプ (chain pump) の名称のもとに一まとめ される。 スペインではノーリア (noria) の用語は実際はサキア (sakia) である装置に使用される。

適切なノーリア (noria) は水の流れから得られるエネルギーを使用する。 これは大きな、とても細い下掛け水車から構成され、 水車のリム (rim, 縁) は一連のコンテナーから構成され、これが水を川から 水車の頂上にあるとても細い水道 (aqueduct) に持ち上げる。

機能

ノーリア (noria) は低い所から高い所に水を移動する機能を実現する。 この点において、これはサキア (saqiya) などのポンプと類似するが、 これらは一般に他の方法を動力にし、水車ではない。 この考えは現代の水力ラム (hydraulic ram、水力ピストン) に類似し、 これも水の力を利用して川から水を少々汲み上げる。

ミル (mill、工場) に見られる水車とは違い、ノーリア (noria) は 他の目的のために機械力を提供しない。

少々の歴史的なノーリア (noria) はハイブリッドであり、 これは水車から構成され、二義的に動物の力で補佐されていた。

ノーリア (noria) は全高よりも少々低い所まで水を持ち上げる。 世界最大のノーリア (noria) は直径がおよそ 20 m で、シリアの都市である ハマー (Hama) にある。

歴史

パドル駆動の揚水水車は BC 4 世紀の古代エジプトに登場した。 ジョン・ピーター・オルソン (John Peter Oleson) によると、コンパートメント化された水車 (compartmented wheel) と水力ノーリア (hydraulic noria) は BC 4 世紀にエジプトに登場し、 サキア (Sakia) はそこで 1 世紀後に発明された。 これは ファイユーム (Faiyum) における考古学的発見で支持され、 ファイユーム (Faiyum) では水車の最古の考古学的証拠が BC 3 世紀のサキア (Sakia) の形で発見された。 ファイユーム (Faiyum) で発見された BC 2 世紀のパピルスも灌漑のために使用された水車を言及し、 アレクサンドリアで発見された BC 2 世紀のフレスコ壁画 (fresco) はコンパートメント化されたサキア (Sakia) を 描き、 Callixenus of Rhodes の著作物は、プトレマイオス朝エジプトにおけるサキア (Sakia) の使用を言及し、 これは BC 3 世紀末の プトレマイオス 4 世 (Ptolemy IV) の治世の最中のことであった。

下掛け水車上掛け水車は、共に動物、且つ 水力で駆動され、 コンパートメント化された本体 (ラテン語 tympanum) あるいはコンパートメント化されたリム (rim、縁) が BC 3 世紀と BC 2 世紀の間にヘレニズム時代の技術者により使用された。 AD 300 年頃にローマ人は木造のコンパートメントを、別々に付随した陶磁器のポットで置き換え、 後者は開放枠の水車の外側に結び付けられ、従ってノーリア (noria) になった。

イスラム黄金時代 (Islamic Golden Age) の最中に、 ノーリア (noria) は 古典古代 (classical World) から、イスラム技術者 (Muslim engineers) によって 採用され、後者はノーリア (noria) に改良を加えた。 例えば、駆動装置から駆動される機械への動力を滑らかにするために使用される はずみ車 (flywheel) は アル=アンダルス (al-Andalus) のイブン・バッサル (Ibn Bassal) (1038 年 - 1075 年に活躍) により発明され、 彼はノーリア (noria) とサキア (saqiya) で、はずみ車の使用を開拓した。 1206 年に、Al-Jazari はノーリア (noria) とサキア (saqia) でクランク軸の使用を導入し、 効率を最大化するために間欠性を最小にする考えが内包された。

イスラム技術者はノリア (noria) を使用して、水を水道 (aqueduct) に放出し、水は水道により町と畑に運ばれた。 中世イスラム世界で使用されたノーリア (noria) の幾つかは直径が 20 m ほどもあり、 ハマー (Hama) のノーリア (noria) は現代でも使用されている現存する実例である (もっとも、現在は美的観点のみの役目を果たしている)。 これは 120 個の水を集めるコンパートメントがあり、 1 分間に 95 リットル以上の水を持ち上げることができる。 10 世紀の ムハンマド・イブン・ザカリヤー・ラーズィー (Muhammad ibn Zakariya al-Razi) の Kitab al-Hawi が 述べることによると、イラクの一台のノリアは 1 時間に 153,000 リットル、 あるいは 1 分間に 2550 リットルもの水を持ち上げることができた。 これは東アジアにおける現代の (複数の) ノーリア (noria) の出力と比較することができ、 これは 1 時間に 288,000 リットル、あるいは 1 分間に 4,800 リットルを持ち上げることができる。