ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Norias of Hama - Wikipedia
ハマーのノーリア (Norias of Hama)

ハマーのノーリア (Norias of Hama, アラビア語: نواعير حماة) とはシリア、 ハマー市 オロンテス川 (Orontes、/ɔːˈrɒntiːz/) 沿いの複数の ノーリア (ポットのホイール (wheels of pots)) のことである。 元々の複数のノーリアのうち 17 基が残っているのみである。 これらは現在、大半が使用されておらず、美的目的のためにある。 これらは「かって建設されたもっとも見事なノーリア」と呼ばれている。 「ハマーのノーリア」は 1999 年 6 月に シリア・アラブ共和国により、 暫定的な世界遺産の場所として提出された。

オロンテス川のハマーのノーリア
  1. 歴史
  2. ギャラリー
歴史

ハマーのノーリアの最古の証拠が示唆することは、 これらがビザンティン時代に開発されたことである。 もっとも、今日のハマーのノーリアはどれも アイユーブ朝時代 (12 世紀/13 世紀) の以前のものではない。 しかしながら、 アパメア (Apamea) で見つかった AD 469 年の モザイク (mosaic) はハマーのものと類似のノーリアの絵を描いており、 より古くからあることが示唆される。 現存するノーリアは中世イスラム世界のものにさかのぼり、 中世イスラム世界で建設されたのは直径 20 m もの大きなノーリアで水を集める 120 個の コンパートメントがあり、一分間に 95 リットル以上の水を持ち上げることができた。 現在は 17 基のノーリアが使用されずに残っている。

ギャラリー
ハマーのノーリアのビデオ
ハマーの水車 Al-Na‘urah al-Muhammadiyah
20 世紀の始め