ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Millstone - Wikipedia

ミルストーンは水平回転によって製粉するので、 水平回転をする水平水車が先に登場し (BC 3 世紀)、その後で歯車の発明と共に垂直回転を する垂直水車が登場したと思われます。(水力ミル参照。)

ミルストーン (Millstone, 臼石)

ミルストーン (millstone) あるいはミル・ストーン (mill stone) は小麦や他の穀物をひくために 製粉ミル (gristmill, 製粉工場) で使用される石である。

ミルストーン (millstone) は 1 組になっている。 基礎 (base) あるいはベッドストーン (bedsone, 基礎石) は動かない。 ベッドストーン (bedstone) の上に回転する回転石 (runner stone) があり、 これが実際は穀物をひく。 回転石 (runner stone) は動かないベッドストーンの上で回転し、 石で切り取ったり (scissoring)、ひいたりする動作をする。 回転石は一般にわずかにくぼみ (凹)、一方ベッドストーンはわずかに凸になっている。 これにより、粉末になった小麦粉が石の外側の縁に導かれ、ここで集積する。

回転石は十字型の金属片 (リンド (rind or rynd)) で支えられ、リンドはミルの駆動機構 (風力、水力 (潮力も含む) 等) につながる主軸あるいはスピンドル (spindle) の 頂上を覆い、メース・ヘッド ("mace head") に固定されている。

ミルストーンの基本的組織、これは回転石であることに注意。
ベッドストーンにはスペイン十字 (Spanish Cross) がない。
スペイン十字に支えのリンドが適合する。
  1. 歴史
  2. 材質
  3. 模様
  4. ミルストーンによる製粉
  5. 紋章
歴史

新石器時代 (Neolithic) あるいは後期旧石器時代 (Upper Paleolithic) の人々がミルストーン (millstone) でひくのに使用した食物は;  穀物、 木の実 (nuts)、 根茎 (rhizome) や他の野菜類である。 これらの道具は「ひき石」 (grinding stone) と呼ばれる。 彼らは手で回転するサドル・ストーン (saddle stone) や回転クエルン (rotary quern) を使用した。 このような装置は顔料や、精錬 (smelt) する前の鉱石をひくためにも使用された。

インドでは「ひき石」 (gringing stone, Chakki) は穀物とスパイスをひくのに使用された。 これらは動かない円筒形の石の上部で回転する小さな円筒の石から構成される。 小さなものは家庭用で、2 人が操作する。 大きなものは共同体や商用に使用され、上部の円筒を回転するために家畜が使用された。

フィリッピン、パンパンガ州 Minalin の
古代の米用のミルストーン (Gilingang bato)
材質

ミルストーンを作るのに最も適した石の形式はシリカを含む石 (sliceous rock) で、 バー石 (burrstone or buhrstone) と呼ばれたり、 きめが開放されて (open-textured) 穴が開いているが頑丈で (porous but tough) 粒子が細かい砂岩 (fine grained sandstone)、 あるいはシリカになった化石を含む石灰岩 (silicified, fossiliferous limestone) である。 砂岩によっては、セメントが石灰質である。

英国のミルストーンの工場敷地 バー石と表面処理のやり直しの説明書

英国で使用されるミルストーンは幾つかの形式があった:

ヨーロッパでは別の形式のミルストーンも使用された。 これらは英国では普通ではないが、知られていないわけではない。

模様 (Patterning)

ミルストーンの表面はファロウ (furrow、みぞ) と呼ばれる深い溝により、ランド (land) と呼ばれる別々の平坦な領域に分割される。 ファロウからフェザリング (feathering) あるいはクラッキング (cracking) と呼ばれるより小さな溝が広がっている。 深い溝は切断する先端を提供し、ひいた粉を石から導き出す助けをする。

ファロウ (furrow) とランド (land) はハープ (harp、竪琴) と呼ばれる繰り返しのパターンに配置される。 典型的なミルストーンは 6, 8 あるいは 10 のハープがある。 ハープのパターンは各石の表面で繰り返され、表面を向かい合わせて置くと、 パターンはハサミのような動きでかみ合い、石の切断機能やすり潰し機能を作り上げる。 規則的な使用では、石は定期的に手入れする必要がある、すなわち、切断表面を鋭利に保つために、切りなおされる。

ミルストーンの仕上げ

ミルストーンは均等に平衡をとることが必要で、 2 つの石が正しく分離されることが、良品質の小麦粉を製造するのに重要である。 経験がある製粉業者はとても正確に石の分離を調整することができる。

ミルストーンによる製粉

穀物はホッパー (hopper) から、フィード・シュー (feed-shoe、供給滑り台) に重力で供給される。 シュー (shoe、滑り台) は石のスピンドル (spindle) にある撹拌機 (agitator, ダムゼル (damsel)) まで走る シュー・ハンドル (shoe handle) で攪拌される。スピンドルとは回転石に動力を与える軸である。 この仕組みはミルストーンへの穀物の供給を規制し、 回転石の速度に依存するようにしている。フィード・シュー (feed-shoe, 供給滑り台) から、 穀物は回転石の中央の穴であるアイ (eye, 目) を通り過ぎて落下し、回転石とベッドストーンの間に挿入されて粉砕される。 粉は側面の石の間から抜け出す。石の覆い (casing) が粉が床に落ちるのを防止し、ミール・スパウト (meal spout, 食料噴出口) に導かれ、ここから袋詰めされたり、更に処理される。

1. ホッパー、2 シュー (shoe) 3. クルック・ストリング (Crook
String) 4. シュー・ハンドル 5. ダムゼル (Damsel) 6. アイ
(Eye) 7. 回転石 8. ベッドストーン 9. リンド (Rind) 10. メイス
(mace) 11.石ハンドル 12.ミルストーンの支え 13. 木造梁
ホールゲイト風車の一対のミルストーン

回転石 (runner stone) はリンド (rind) -- 十字型の金属片 -- により、スピンドルで支えられる。 スピンドルはテンター装置 (tentering gear) で支えられ、 この装置は梁の一組がレバー・システムないしはスクリュー・ジャック (screw jack, ねじジャッキ) となるもので、 これにより回転石をわずかに上下して、石の間のスキマを調節する。 回転石の重さは随分あり (1,500 kg (3,300 lb) まで)、臼石の工程を引き起こすのは、 この重さと、穴の開いた石とパターンの切断動作である。

訳注
テンター (tenter) とはテントを張る装置の意味である。力を加えて張ることを意味し、これで臼石の間のスキマを狭くすることと思われる。

水力ミル (例えばピアス・ミル (Peirce Mill)) によっては、ミルストーンはおよそ 125 rpm (毎分 125 回転) で回転する。

とりわけ、風力ミル (windmill, 風車) の場合には回転速度は不規則である。 高速になれば、フィード・シュー (feed-shoe) でもっと多くの穀物が、ミルストーンに供給され、 回転が速くなると穀物は急速に石から抜ける。 製粉屋は石の間のスキマを小さくして、回転石の重さが穀物にもっと押し付けられて、 すり潰しの作用が増大し、穀物があまり粗くひかれるのを防止する。 ミルの負荷を増やして、遅くすることには追加の恩恵がある。 逆の場合に、もしも穀物が完全にひかれ、パンに焼くのに不適となれば、製粉屋は回転石を持ち上げなければならない。 いずれの場合にも、石はひいている最中に互いに接触してはならない、というのはこうなれば急速に摩耗するからである。 回転石を下げたり、上げたりする工程は、 テンター (tentering、張る) とライター (lightering、軽くする) と呼ばれる。 多くの風力ミルでは、テンター装置 (tentering) に 遠心力ガバナー (centrifugal governor) を追加して自動化される。 ひくべき穀物の種類と使用可能な動力に依存して、 製粉屋は前もって、石への穀物の供給を調節でき、 このためにフィード・シュー (feed-shoe) の撹拌 (agitation) の量の調節とホッパーからの出力の大きさを調節する。 ミルストーンによる工程は現代の大量生産のローラー・ミル (roller-mill) と比較すると 1 ステップの工程であり、 現代の場合には多くのステップが必要となる。 これは小麦粉を製造し、ふるいにかけて糠 (ぬか) を取り除いて白い粉にすることができる。

紋章

産業の古いもの、そして象徴として、ミルストーンは紋章の図案にもその場所を見出した。

スウェーデン、Höör の紋章におけるミルストーン