ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Holgate Windmill - Wikipedia

ホールゲイト風車: Google map

ホールゲイト風車 (Holgate Windmill)

ホールゲイト風車 (Holgate Windmill) はイングランド、 ノース・ヨークシャー (North Yorkshire)、ヨーク (York) の ホールゲイト (Holgate) にある 塔風車 (tower mill) であり、 これは稼働状態に復元された。

ホールゲイト風車
2009 年 11 月
2011 年 12 月の風車、帆の修復
の直後で、シャッターの設置の前
  1. 歴史
  2. 説明
  3. 製粉業者
歴史

ホールゲイト塔風車は最初の所有者で、製粉業者である ジョージ・ワウ (George Waud) により 1770 年にレンガ石 (brickstone) で建設された。 彼と子息と孫が 1851 年に至るまで風車を運営し、同じ頃に住居が設置された。 風車は元々 5 枚のローラーたたみ込み帆 (Roller Reefing sail) が装着されていたが、 これらは後に、ダブル特許帆 (Double Patent sail) で交換された。 記載されていることによると、1841 年には風車には フランス製のバー臼石 (Burr millstones) 3 組、2 組は仕上げ用の機械 (dressing mechanics)、 そして 5 枚の特許帆があった。 4 番目の臼石 (ミルストーン (millstones)) の組が 1858 年までに追加された。

1859 年に新しい穀物倉庫が建設され、風車がもっと利益を生むように 蒸気エンジンが設置された。 余分のフロアーが建設されて、風車を現在の高さに持ち上げた。

1930 年に、大きな電動モーターが設置され、 蒸気エンジン、煙突、及びボイラー棟と交換され、これらは取り壊された。 少々の嵐の被害 (帆が逆に風を受けた) の後で、 風車は風力で製粉することを停止する必要があり、 市議会は帆とファンテールを取り除いた。 電動モーターによる製粉は 1933 年に完全に停止した。 1939 年に新しい白く塗装したキャップが風車の塔の上に建設された。 風車の最後の既知の製粉業者はトーマス・モレット (Thomas Mollet) で;  エリザ・ガッチ (Eliza Gutch) と彼女の家族は風車の最後の既知の所有者である。

風車は 1954 年にグレード II の指定建造物の身分を与えられた。 1955 年に更にキャップの修理がなされ、 5 本のストック (翼 (whip) と 帆裏 (sailback)) が取り除かれた。

2001 年にホールゲイト保存協会 (Holgate Preservation Society) が作られ、 風車の扉が 2005 年に 70 年間で始めて公に開かれた。 風車の復元計画が 2003 年に始まり、復元が 2006 年に開始した。 足場が風車の周りに設置され、外部の黒ペンキと下塗りを取り除いた。 電気が供給され、新しいオークの扉と窓が設置された。 新しい石灰の下塗りが外壁に施された。 2006 年秋に、古いキャップは風切り (shears)、ブレーキ・ホイール、 及び鉄の十字と共に、クレーンで取り除かれ、 キャップを支えていた古い縁輪も同様であった。 鉄の輪は壊れ、支えの木枠は腐っていた。 2007 年に、外側の改修工事の大半が完成し、新たに製造された縁輪 (curb ring) が (定位置に) 持ち上げられ、 足場が取り除かれ、風車の開放された頂上が雨に対して密閉された。

新しい白いキャップが、 ボールのフィニアル (finial, 塔の頂上の装飾)、 フレーキ・ホイール、 風車軸 (windshaft)、 風切り (shears)、 及び 5 枝の鉄のクロスが付けられて、 ファンテールのラック (rack, 歯板) と共に、 2009 年 11 月 28 日に風車にクレーンで持ち上げられた。 5 枚の新しい帆が翌年の 2011 年 12 月 20 日に装着され、 シャッターが追加され、 4 月に帆が回転し、1930 年以来初めて風を動力とした。 今や復元された風車の公的な開通式は 2012 年 6 月 23 日に開催された。

説明

ホールゲイト風車は地上フロア (ground storey) を含め 5 階建ての塔風車である。 各階は:  粉末フロアー (meal floor)、 容器フロアー (bin floor)、 粉塵フロアー (dust floor)、 そしてキャップ (cap) である。 風車は元々、黒いオージーの形のキャップがあったが、 1939 年以来、白いキャップになり、ファンテールで風の方向に向いている。 5 枚の 「ダブル特許帆」 が鋳鉄製の風車軸 (windshaft) で支えられ、 リンカンシャー様式 (Lincolnshire style) のクロスに搭載されていた。 風車は 4 組の臼石を駆動し、このうち 3 組がフランス製のバー (Burr、バーストーン (burrstone)) で、 1 組がピーク (Peak、ピーク石) である。

風車の内部の臼石 ホールゲイト風車 2013 年 7 月
完全修復された風車、帆と
ファンテール、合成風車の実例
製粉業者