ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Windmill fantail - Wikipedia

ファンテール (fantail) は 「扇形の尾」 のことで、このような尾を持つ鳥の事も指します。 ここでは、風車を風の向きに変えるために設置されている後方の小さな風車のことを意味します。

風車ファンテール (Windmill fantail)

ファンテール (fantail) は風車の後方に、帆に直角に搭載された小さな風車であり、 キャップを自動回転して、風車を風向きにする。 ファンテールは 1745 年にエドモンド・リー (Edmund Lee) -- イングランド、ウィガン (Wigan) の近くのブロックミル・フォージ (Brockmill Forge、フォージ = 鍛冶屋の炉) で働いていた鍛冶屋 -- により特許が取られ、 18 世紀終わりにかけて、 リーズ (Leeds) と ハル (Hull) の周りの風車にファンテールが追加された。

ファンテールの回転が風車のキャップを回転するには:  風車の塔の頂上近くにある歯の付いたラックにかみ合う歯車システム ([訳注: ラック・アンド・ピニオン (rack and pinion) のこと]) を経由したり、 柱風車 (post mill) の場合には、地面まで走っているホイールにかみ合う歯車システムを経由する。 ファンテールが回転するのはファンテールの帆 (fantail sail) が風と平行になるまでで、 これ以後、風はファンテールの帆を動かすことがない。 ファンテールが風と平行な向きになった時に、メインな帆 (main sails) は最適な状態で、 垂直に向き、最大の動力を生成する。

1895 年のデンマークのスモック風車
ファーン島 (Fanø)、Sønderho。ファンテールが付く。