ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Smock mill - Wikipedia
スモック風車 (Smock mill、スモックミル)

スモック風車 は風車の一形式で、傾斜して水平に下見張りした、あるいは板葺きの塔で、 通常は 6 個あるいは 8 個の辺から構成される。 頂上には屋根、あるいは キャップ があり、これが回転して、帆を風の向きにする。 この形式の風車は、初期に農民が身に着けたスモック (smock、上っ張り) に類似しているため、 このように呼ばれる。

ファンテールの付いたスモック風車
(デンマーク、ファーン島 (Fanø)、Sønderho)
  1. 建設
  2. 分布
建設

スモック風車は塔風車 (tower mill) と違っている。 後者は 6 角形や 8 角形ではなく通常は円柱で、木造ではなくレンガや石でできている。 スモック風車の多数は平面図が 8 角形で、 少数が 6 角形で、例えばメオファム (Meopham) のキリック風車 (Killick's Mill) がある。 ほんの少しのスモック風車が、平面図で 10 角形や 12 角形であり、 後者の実例には、ケンブリッジシャーのウィッケン (Wicken) にある。

アムステルダムのスモック風車 コブストーン風車 (Cobstone)
バッキンガムシャーのイブストーン (Ibstone)
分布

スモック風車はヨーロッパ、とりわけイングランドにあり、 ここでは一般的で、とりわけ ケント州にあって、 英国で現存する最も背の高いスモック風車のユニオン風車 (Union Mill) がクランブルック (Crambrook) にある。 これらは 19 世紀の始めの頃に全盛を迎え、この後、蒸気動力の到来により、 風車の凋落が始まった。

英国

ニューカッスル・アポン・タイン (Newcastle upon Tyne) の スピタル・タングス (Spital Tongues) のチムニー・ミル (Chimney Mill、煙突風車) は土木技術者のジョン・スミートン (John Smeaton) によりデザインされ、英国で最初の 5 枚帆の風車であった。 これは 1782 年に建設され、 北東地区 (North East region) で唯一の現存するスモック風車である。 しかしながら、帆と元々のキャップはもはや定位置にはない。

英国で現存する最古のスモック風車 (1650 年) はバッキンガムシャーの レイシー・グリーン (Lacey Green) にある。 この 6 角形の風車はチルターン協会 (Chiltern Society) により復元された。

アイルランド

ダブリンのセント・パトリック (St. Patrick) の塔はかっては、ヨーロッパで最大のスモック風車であったと思われている。

マサチューセッツ

マサチューセッツ州の ナンタケット島 (Nantucket Island) には、 操業中のスモック風車がある。 1742 年にネイサン・ウィルバー (Nathan Wilbur) -- オランダで過ごしたことがあるナンタケットの船乗り -- により建設された 「オールド・ミル」 (The Old Mill) は米国で最古の機能する風車である。 これはナンタケットの町を見下ろす Popsquachet ( ワンパノアグ・インディアン (Wampanoag Indian) の言葉で「風の吹く丘」の意味) にかって立っていた 4 基のスモック風車の中で現存する唯一の風車である。 19 世紀末までに、 第 5 番目のナンタケットの風車で、「ラウンド・トップ風車」 (Round-Top Mill) と呼ばれるものが、 現在のニュー・ノース墓地 (New North Cemetry) にあった。 オールド風車は 1826 年にジャレド・ガードナー (Jared Gardner) に「たきぎ」として使用するために 20 ドルで売却された時には、 なげかわしい状態であった。 ガードナー (Gardner) は職業が大工で、これを取り壊す代わりに、風車を稼働な状態に復元し、再び穀物の製粉が可能となるようにした。 風車は再び 1866 年にジョン・フランシス・シルビア (John Francis Sylvia) -- ポルトガル人の製粉業者で、 アゾレスの家系 -- に売却され、彼はこれを助手のピーター・ホーリー (Peter Holy) によって長年の間操業し、 1892 年に使用されなくなった。 1897 年に、ミス・キャロライン・フレンチ (Miss Caroline French) は風車を競売で $850 で購入し、 ナンタケット歴史協会 (NHA, Nantucket Historical Association) に寄贈した。 NHA は 1937 年に修復し、これを保守して、穀物を製粉し、夏と秋の始めにガイド付きの観光案内をしている。

訳注
ナンタケット島のオールド・ミル: Google map, フォト・スフィア