ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Union Mill, Cranbrook - Wikipedia

ユニオン風車: Google map Googl map に投稿された写真、その 1 Googl map に投稿された写真、その 2

クランブルックのユニオン風車
(Union Mill, Cranbrook)

ユニオン風車 はグレード I の指定建造物のスモック風車で、 イングランド、 ケントのクランブルック (Cranbrook) にあり、 作動状態に復元されている。 これは英国で最も背の高いスモック風車である。

クランブルックのユニオン風車
  1. 歴史
  2. 説明
  3. 製粉業者 (miller)
  4. 機械
歴史

ユニオン風車は 1814 年にクランブルックのミルライトであるジェームズ・ハンフリー (James Humphrey) により、 メリー・ドーベル (Mary Dobell) のために建設され、当初は彼女の子息のヘンリー (Henry) が運用した。 1819 年にドーベル夫人 (Dobell) は破産宣告され、風車は債権者のユニオン (連合) に引き継がれ、 これが名前の由来である。 風車は 1832 年にジョン・ラッセルとジョージ・ラッセル (John and George Russell) に売却され、 5 世代の間ラッセル家 (Russel) のもので、1957 年に最後の製粉業者の引退で、 ケント州議会 (Kent County Council, カウンティ議会) に買収された。

復原が 1958 年 6 月 18 日に開始して 1960 年に完了し、 全部で £6,000 の経費がかかった。 レックス・ウェイルズ (Rex Wailes、技術者且つ歴史学者) が風車の公式の再開式を取り仕切った。 1994 年にファンテールが嵐の最中に吹き飛び、 帆が被害を受けて落下し、駐車車両の上に落ちた。 2010 年 11 月に風車はウォールウォーカーズ (WallWalkers、企業名 ?) の塗装チームで再塗装され、 彼らはスモックにアクセスするために、風車から懸垂下降した。 これは作業中に風車を取り囲む足場を使用する代替であった。

説明

風車は 7 階建ての高さで、 3 階建てのスモックがレンガ造りの 4 階の建物の上にあり、後者は地階 (basement)、地上階 (ground)、 第 1 フロアー (first floor)、第 2 フロアー (second floor) から構成されている。 これは 1814 年の建設で £3,500 かかった。 キャップの屋根までの全体の高さは 72 フィート (21.95 m) である。 風車の建設では元々:  一般帆 (common sail)、 木造の風車軸 (windshaft)、 そして広いステージ (訳注:風車を取り囲む廊下) があった。 1840 年に、ルイス (Lewes) のミルライトであるサミュエル・メドハースト (Samuel Medhurst は鋳鉄製の風車軸 (windshaft) と 特許帆 (patent sail) を装着し、帆は差し渡し 68 フィート (20.73 m) であった。 内部の木造機械も、鋳鉄製のもので交換された。) ホークハースト (Hawkhurst) のミルライトであるジョージ・ウォーレン (George Warren) は数年後にファンテールを装着し、 風車に現在の外見を与えた。 サリー州サザーク (Southwark, Surrey) のミドルトン社 (Middleton) による 10 馬力 (7.5 kW) の蒸気動力のビーム・エンジンが 1863 年に追加され、 これはスマーデン (Smarden) の蒸気ミル (steam mill, 蒸気工場) からの臼石 (ミルストーン (millstone)) の余分の一組の追加と一緒であった。

1880 年に木造のステージは鉄製の狭いもので交換された、 というのは特許帆では広いステージは必要でなかったからである。 この工事はウォレン (Warren) により実施された。 ビーム・エンジンは 1890 年にアシュフォード (Ashford) のクラーク社 (Clark's) が製造したロータリー蒸気エンジンで 交換された。 これは不十分で、1,2 年後にファウラー (Fowler) の水平蒸気エンジン (horizontal steam engine) で交換された。 このエンジンは 1919 年に吸引ガスエンジン (suction gas engine) で交換された。 Sarre 風車の中古の帆が 1920 年に装着された。1920 年代に 1 組の帆が、 風車の再設置用にベネンデン (Benenden) のビーコン風車 (Beacon Mill) から購入されたが、 これは適していないことが判明した。 ビーコン風車 (Beacon Mill) の直径 4 フィート (1.22 m) の臼石の組が、およそ、この頃に風車に設置された。 風車には直径 4 フィート 4 インチ (1.32 m) のフランス製のバーストーン (Burrstone) の臼石、及び 4 フィート 6 インチ (1.37 m) の ピーク臼石 (Peak) の組もあった。 製粉工場 (mill) はガス・エンジンを動力にして、数年間長く稼働した。 1930 年代始めに製粉を停止したが、製粉は再び開始した。 ガス・エンジンは 1954 年に電動モーターで交換された。

製粉業者

ジョン・ラッセル (John Russel、1888 年 2 月 9 日 - 1958 年 6 月 18 日) は彼の風車を「保守する熱意」から、1935 年に一番最初の SPAB (Society for the Protection of Ancient Buildings、古代建築物保護協会) の証明書を授与された。

機械
訳注
水車・風車工場の機械用語集を参照。

4 枚の「特許帆」 (patent sail) は 今では伝統的な木造ストックで支えられている。 風車が 1950 年代に復元された時に、 フローニンゲン州アドルプ (Adorp, Groningen) のミルライトであるクリスティアン・ブレーマー (Christiaan Bremer) が採用され, 彼はストックをオランダ様式にした。 これらのストックは 40 年以上も風車に貢献しているが、ケントでの実践を代表しておらず、 復元と修理に関しての「古代建造物保護協会」 (Society for the Protection of Ancient Building) の実践基準と一致していない。 ストックは鋳鉄製の風車軸 (windshaft) のキャニスター (canister) を通り抜け、 これがブレーキ・ホイール (brake wheel) を支えている。 ブレーキ・ホイールが 直立軸 (upright shaft) の頂上で、 転がり歯車 (wallower) と「袋持ち上げ機」(sack hoist) を駆動している。 直立軸 (upright shaft) の根元に大平歯車 (great spur wheel) があり、 これが 3 つの「臼石の組」を駆動していたが、2 つだけが残っている。 これらはオーバードリフトで駆動されている。 冠ホイール (crown wheel) が予備の機械を駆動している。

大平歯車と冠ホイール