ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Killick's Mill, Meopham - Wikipedia

キリック風車: Google map ストリート・ビュー

メオファムのキリック風車
(Killick's Mill, Meopham)

キリック風車 (Killick's Mill) はグレード II の指定建造物の スモック風車で、イングランド、ケント、のメオファム (Meopham) にあり、 1801 年に建造され、(その後) 復原された。

メオファムのキリック風車
  1. 歴史
  2. 説明
  3. 製粉業者 (miller)
  4. カルチャーとメディア
歴史

キリック風車はストルード (Strood) 出身で、」名前がキリック (Killik) の 3 人の兄弟により 1801 年に建造された。 普通とは違い、風車は平面図が 6 角形である。 大半のスモック風車は平面図が 8 角形である。 風車は 1889 年までキリック家により運営され, この時にノートン家 (Norton family) に売却された。 風車は 1929 年に最後に風力で作動し、次にオイル・エンジン (oil engine) で動き、 1965 年至るまで電気モーターで動いた。 風車は 1960 年にケント州議会 (Kent County Council、カウンティ議会) が獲得し、 £4,375 の経費でバージェス・ヒル (Burgess Hill) のミルライト企業である E. ホール & サンズ (E. Hole and Sons) によって復元された。

説明

キリック風車は 3 階建てのスモック風車で、地上 2 階、地下 1 階である。 2 階レベルにステージがある (訳注:外側の廊下の事)。 風車には鋳鉄製の風車軸 (windshaft) で支えた 4 枚のダブル特許帆がある。 帆は長さ 27 フィート (8.23 m) である。 風車はファンテールで風向きに向く。 木造のブレーキ・ホイール (Break Wheel) は直径 6 フィート 6 インチ (1.98 m) である。 転がり歯車 (Wallower) と大平歯車 (Great Spur Wheel) は鋳鉄製である。 風車が建設された時に 2 対の臼石 (ミルストーン (millstones)) があった。 後に 3 番目の臼石、そして 4 番目が追加された。 追加された臼石の 1 つは、ボートン=アンダー=ブリーン (Boughton under Blean) の リチャードソン風車 (Richardson's mill) からのもので、 15 馬力 (11 kW) の補助のオイル・エンジンも同様であった。 臼石はオーバードリフトで駆動されている。 ある時期には風車は風車内部の電灯に動力を与えるために発電をした。

風車の断面
製粉業者 (miller)
カルチャーとメディア

キリックの風車はプリズナーNo.6 (The Prisoner) のエピソードの 「死神であった女の子」 (The Girl Who Was Death) の中で使用された 備蓄映像 (stock footage) で短く登場し、これは 1967 年に撮影され、1968 年に放映された。