ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Spital Tongues - Wikipedia
スピタル・タングス (Spital Tongues)

スピタル・タングスは ニューカッスル・アポン・タイン (Newcastle upon Tyne) の歴史地区で、 市の中心の北西にある。

この異常な名称の由来は スピタル (spital) -- 英国の地名に極めて良く見られるホスピタル (hospital, 病院) がなまったもの (例えばスピタルフィールズ (Spitalfields)) -- とタング (tongue) -- 中心から離れた場所にある土地の意味 -- であると信じられている。 エドワード 1 世はこのような土地を 2 ヶ所セント・メアリー・マグダレーネ病院 (St Mary Magdalene Hospital) に与えた。

煙突風車 (Chimney Mill),2006 年 ベル・グローブ・テラス、2006 年
(Belle Grove Terrace)
  1. セント・メアリー・マグダレーネ病院
  2. スピタル・タングス村 (Spital Tongues village)
  3. 有名な建物と構造
  4. 今日のスピタル・タングス
セント・メアリー・マグダレーネ病院

最初のセント・メアリー・マグダレーネ病院は 12 世紀に設立され、 ハンセン病 (leprosy) の被害者の世話をした、 この病気は 十字軍の遠征で英国にもたらされた。 この場所は町から随分外の場所にあり、ノーサンバランド・ストリート (Northumberland Street) の北端にある ロイズ TSB 銀行 (Lloyds TSB) の現在の場所の近くにあった。 セント・メアリー・マグダレーネ病院は現代の意味ではなく、中世の意味における病院であり、 治療するのではなく、世話をすることに関わった。 今日では、そのような組織は救貧院 (almshouse) と呼ばれる。

1874 年、病院はハンコック博物館 (Hancock Museum) の後方の新しい場所に移動し、 その後で、今度は 1959 年にスピタル・タングスの 38 棟の専用バンガローに移動した。 これらの資産は現在もまとめてセント・メアリー・マグダレーネ病院と呼ばれている。

1884 年、セント・メアリー・マグダレーネ慈善団体が スピタル・タングスのムーア・ロッジ (Moor Lodge) に「治療不能者のホーム」 (Home for Incurables) を開設した。 ムーア・ロッジ (Moor Lodge) は何世紀もの間、この慈善団体に属していた土地に建設されていた。 慈善団体は、それ以前は家と土地をウィリアム・ハンター (William Hunter) (炭鉱の所有者で、彼の名前に由来して近くのハンターズ・ムーア (Hunter Moor、ハンター荒地) が命名されている) にリースしていた。そのため、この時、リースを終了するために £500 を支払わなければならなかった。

今日でも現存する新しいホームは、建築家のエドワード・シュル―ブルック (Edward Shrewbrook) によってデザインされ、 1891 年に大祝賀会と共に開所した。 これはムーア・ロッジ (Moor Lodge) のキッチンの庭の場所を占め、 1911 年にリチャードソン翼部 (Richardson Wing) の追加 (子供たちのベッドを提供) により拡張された。 病院の名称は後で 1931 年にセント・メアリー・マグダレーネ・ホームに変更になった (これは元々のムーア・ロッジ (Moor Lodge) が終に取り壊された同じ年であり、ムーア・ロッジ (Moor Lodge) はそれ以前に私的住居に変更になっていた). そして、1948 年に 国民保健サービス (National Health Service) の一部分となった時に、 ハンターズ・ムーア病院 (Hunters Moor Hospital) に名称が変更された。 ハンターズ・ムーア病院 (Hunters Moor Hospital) は 2007 年に至るまで 地域神経障害リハビリテーション・センター (Regional Neurological Rehabilitation Centre) の本部で、 2007 年にセンターはウォーカーゲート病院 (Walkergate Hospital) の新しい専用設備に移動した。 ハンターズ・ムーア病院 (Hunters Moor Hospital) の場所は専用の小学校として開発するために、 デイム・アランズ・スクールズ (Dame Allan's Schools、デイム・アランの学校 (複数)) に獲得された。

スピタル・タングス村 (Spital Tongues village)

元々、ニューカッスル・アポン・タインの中心から少々はずれ、 スピタル・タングスは美しい場所と思われ、 タウン・ムーア (Town Moor、タウン荒地) とカッスル・リーゼズ (Castle Leazes. leaze = lease = リース) の開放空間で囲まれていた。 最後の 50 年間に、新しい開発がこれらの緑の空間を少しづつ使い果たし、 その多くはニューカッスル大学とロイヤル・ビクトリア・インファーマリー (RVI, Royal Victoria Infirmary、Infirmary = 病院) が南と東で拡大することに関連していた。 にもかかわらず、現在の市の中心から 1 マイル (2 km) 以内に位置する場所として、 スピタル・タングスは (他と) 分離し・異なる、素晴らしい感覚を保持している。 ハンター・ムーア (Hunter Moor), タウン・ムーア (Town Moor)、およびカッスル・リーゼズ (Castle Leazes) は、全部合わせれば、 スピタル・タングすと周辺地域の間の 3 方向の効果的な緩衝地帯を提供し、 この地域の村の感覚を維持している。 実際、多くのより年長の住民はスピタル・タングスを 「村」 と言及し続け、 これはビレッジ・チッピー (Village Chippy) のような名称に反映・永続される独自性 (identity) の感覚である。

スピタル・タングスのかっての魅力に追加する別の造作は独自の水の供給の 存在である。 Pandon 川 (Pandon Burn, burn = 川 (スコットランド)) は現在はファウンテン・ロウ (Fountain Row、泉の列) にある泉の地表から湧き出て、 タイン川に流れている。このルートは市の中心のセント・トーマス教会 (St. Thomas Church) の近くで、 現在のバラス橋 (Barras Bridge) で道路を横断している。 橋のアーチは現代の道路の下で現存し、 一方で、スピタル・タングスからタイン川までの川の全長が今では暗渠になっている。

スピタル・タングスの田園地帯の感覚は、 果樹園の存在 -- 現在ではバーンサイドとウォーレス・ストリート (Burnside and Wallace Street) により占有 -- と タウン・ムーア (Town Moor) の牛の放牧 -- 現在まで続いている慣習 -- により強化されていた。 スピタル・タングスの生活と性質のキーになる遷移 (shift) は 1836 年にスピタル・タングス炭鉱の開設により起きた。 鉱山労働者の基礎的な家屋がモーペス・ストリート (Morpeth Street) の後方のロング・ロウ (Long Row) に建設され、 一世紀後に取り壊された。

この地域の産業の重要性は、1880 年代のロブソン (Robson) の家具工場の開設と共に更に進展した。 これは更に家屋の建設を推進し、チッペンデール・プレース (Chippendale Place) とシェラトン・ストリート (Sheraton Street) が含まれる。 アンクラム・ストリート (Ancrum Street) のテラス (terrace) とオックスナム・テラス (Oxnam Terrace) の名前は世評ではロブソン (Robson) の従業員が元々住んでいた境界の町にちなんでつけられた。

有名な建物と構造
フェナム兵舎 (Fenham Barracks)

産業の発展と共にスピタル・タングスは 1806 年にフェナム兵舎 (Fenham Barracks) の建設 のあとで、軍事集落として少々の重要性を確立した。 兵舎は 1962 年までに王立ノーサンバランド・フューズリア (Royal Northumberland Fusiliers, 元々 fusil (火打石銃) で武装) の拠点であった、 もっともクイーンズ・オウン・ヨーマンリー (Queen's Own Yeomantry、国防義勇軍 (Territorial Army)) はこの場所に存在していた。 他の兵舎は現在ではリーゼズ・パレード (Leazes Parade) の一部分となっている。 これはニューカッスル大学の学生のために開発された宿舎である。

BBC 放送センター

スピタル・タングスへの最も最近の追加の 1 つは、 ハンターズ・ロード (Hunters Road) とバラック・ロード (Barrack Road、兵舎道路) の角の目の付く場所を占有しており、 これは BBC で、愛情を込めてピンク・パレス (Pink Palace) と呼ばれている。 これは 1986 年に開設し、 ノース・イースト (North East) の BBC の TV とラジオの操業を一連の市の中心部 -- とりわけニュー・ブリッジ・ストリート (New Bridge Street) のかっての産院 (Lying-in Hospital) で、 今ではニューカッスル建築協会本部 (Newcastle Building Society) の一部となっている建物 -- からまとめた。

ハントムーア・ハウス (Huntsmoor House)

ハンターズ・ロード (Hunters Road) のハンツムーア・ハウス (Huntsmoor House) は 1899 年に「兵士の家」として建設され、 フェナム兵舎 (Fenham Barracks) に配置された兵士の社会的必要性に応じた。 50 年代に、大きな蒸気プレスが仕立てた衣服の仕上げのために設置された。 プレスの操作員の多くは学習困難 (learning difficulties) さを持つ大人であった。 彼らは毎朝ニューカスルの中心で集まり、ハンツムーア・ハウス (Huntsmoor House) まで歩いてから、仕事を始めた。 時々、労働者が窓から乗り出して、ハンターズ・ロード (Hunter's Road) とアンクラム・ストリート (Ancrum Street) の間の裏道で 遊んでいる子供たちを呼んで、 ジェニー・プロクターのスイート・ショップ (Jenny Proctors の菓子屋)) に菓子 (sweet) を買いに行かせた。 ビクトリー V ののど飴 (Victory V lozenge) の小さなツイスト (twist) が人気の高い買い物で、 使いに出された子供たちは戻ってくると、のど飴 (lozenge) を半分もらった。 後にハンツムーア・ハウス (Huntsmoor House) はニューカッスルの本屋ソーンズ (Thornes) によって倉庫として使用され、 その後に学生の宿舎に変えられた。 ハンツムーア (Huntsmoor House) のデザインは、3 階建ての赤レンガ製で、異常なことに胸壁のついた塔が上に載り、 盾が彫刻されて、旗竿がついていた。 中央区画の両側には 2 階まで上昇するアーチ窓があり、 その上にチューター様式の露出梁 (exposed beam) の妻壁がある。

訳注
ハンツムーア・ハウス: Google map ストリート・ビュー
煙突風車 (Chimney Mill)

煙突風車はクレアモント・ロード (Claremont Road) に 1782 年に建設され、 この場所にあったそれ以前の風車の代りになった。 これはグレード II の指定建造物で、幾つかのレベルで重要である -- この地域で現存する唯一のスモック風車; 英国で最初の 5 枚帆のスモック風車; そして、土木技師のジョン・スミートン (John Smeaton) によってデザインされた、 スミートン (Smeaton) は 3 番目のエディストーン灯台 (Eddystone Lighthouse) に責任を負った人で、 灯台は後に分解されて、プリマス・ホー (Plymouth Hoe、緑地帯、hoe = 鍬) で スミートンの塔 (Smeaton's Tower) として再建された。

煙突風車は 1891 年まで風を動力にし、 その後、ニューカッスル市ゴルフ・クラブのクラブ・ハウス (club house) に変換された。 クラブハウスは 1907 年にゴスフォース (Gosforth) に移動し、 その後、 風車の帆ファンテールが取り除かれた (それぞれ 1924 年と 1933 年)、 風車軸 (windshaft) とキャップは 1931 年に取り壊されて、現代的な板張りで交換された。

1970 年代中頃に、この資産は建築家のトーマス・ファルコナー (Thomas Falconer) により購入・復元された。 彼の転換により、最上フロアーにデザイン・スタジオが作られ、 2 階が建築家のスタジオ、地上フロアーは賃貸スペースになった。 建物は 1983 年以来、ファッション・デザインの会社 ナイジェル・ケーボン社 (Nigel Cabourn Ltd.) のオフィスとして 使用された。 2006 年 9 月に、この資産は £775,000 の価格で売りに出された。

煙突風車、ニューカッスル・アポン・タイン
ビクトリア・トンネル (Victorial Tunnel)

ビクトリア・トンネルはスピタル・タングス炭坑から石炭をタイン川まで運ぶために建設され、 1836 年に開通し、長さ 2 1/2 マイル (4 km) で、深さが 85 フィート (26 m) まであり、 トンネルは 200 名の人により 1839 年から 1842 年の間に建設され、 所有者のラティマー (Latimer) とポーター (Porter) が荒地 (moor) と市を横切る地表ワゴンウェイの建設を拒否した結果起きたことであった。 スピタル・タングスの入り口は現在のベル・グローブ・ウェスト (Belle Grove West、通り名) とアンクラム・ストリート (Ancrum Street) の合流点の近くである。

トンネルは 1860 年に使用されなくなり、その後 80 年間使用されなかった。 但し、1928 年から 1929 年の短期間にゲーツヘッド (Gateshead) の事業家であるトーマス・ムーア (Thomas Moore) はトンネルで マッシュルームを栽培しようとした。 これは第二次世界大戦中の防空壕として使用するために開放し、 9000 人の座席定員を提供するために、変更と新しい出入り口のために £37,000 を費やした。 もはや使用されなくなったが、これらの入り口の幾つかは、今日、非常によく目が付き、とりわけハンコック博物館 (Hancock) の隣にあるクレアモント・ロード (Claremont Road) への入り口がこうなっている。 ベル・グローブ・ウェスト (Belle Grove West) が 1870 年代に建設された時に、最北端 (スピタル・タングス) の入り口は埋め戻され、 従って、入ることができない。

戦争の終わりに大半の備品が取り除かれ、 すべての出入口は、ウーズ・ストリート (Ouse Street) のものを除き、閉鎖された。 後者の出入口は私有地 -- ウーズ・ストリート (Ouse Street) 14 番地の庭 -- に建設されていた。 幸運なことに、これは解放されtまゝ残され、今でもビクトリア・トンネルに踏み入り、 ニューカッスルの隠れた歴史遺産を探求することが可能である。 ガイド付きの見物が一年を通じて、週の大半で可能であり、www.ouseburntrust.org.uk を経由して予約することが可能である。

ホワイトナイツ (whiteknights)

今ではホワイトナイツ (Whiteknights) と呼ばれる家は元々は、 1766 年に精神病院 (lunatic asylum) として開設される以前はニュー・ハウス (New House) と呼ばれていた。 1766 年に、施設はセント・ルーク (St. Luke) と改名され、1795 年にベル・グローブ・リトリート (Belle Grove Retreat) に名称を変えた。 この資産は、1850 年代からスピタル・タングスに建設された他の色々な通りや建物にその名前を与え、例えば、 ベル・グローブ・テラス (Belle Grove Terrace)、 ベル・グローブ・ヴィラズ (Belle Grove Villas)、 ベル・グローブ・ウェスト (Belle Grove West)、 そしてベル・グローブ・パブ (Belle Grove public house) がある。 ベル・グローブ・リトリート (Belle Grove Retreat) は 1857 年に個人の家に戻り、 1900 年に現在の名前になった。 これはグレード II の指定建造物である。

ベル・グローブ・パブ (Belle Grove public house)

ベル・グローブ・パブはベル・グローブ・テラス (Belle Grove Terrace) とアンクラム・ストリート (Ancrum Street) の角にあって、 1857 年から 2008 年に閉鎖されるまでパブであった。 今ではパブの一部分である 19 番地の隣接する建物は、 かって芸術家のラルフ・へドリー (Ralph Hedley) の家で、死ぬまで彼のものであった、 記念の刻版によって関連が記されている。 これは 1923 年にパブに組み込まれた。

ベル・グローブ・テラス (Belle Grove Terrace)

ベル・グローブ・テラス 13 番地 (Belle Grove Terrace) はかって T. ダン・スミス (T. Dan Smith) の家であり、 彼は 1960 年から 1965 年までニューカッスル市会議員 (Newcastle City Council) の長で、 ニューカッスルを「北のブラジリア」 (Brasilia of the North) とする改革の背後の人物であった。 スピタル・タングスの 15 階建てのミル・ハウス・タワー・ブロック (Mill House tower block) は スミスが統率している間にニューカッスル中で設立したこのような多くの住居タワーの 1 つである。 彼は 1980 年代始めから、1993 年に亡くなるまでに、そこの上階のフラット (flat、同一階の部屋をすべて含むアパート) に住んでいた。

俳優のアラン・アームストロング (Alun Armstrong) はニューカッスル大学で Fine Art を勉強している時に、スミスの隣人であった。

ジョージ・アロースミスの店 (George Arrowsmith's)

建築的重要性はほとんどないが、ベル・グローブ・ウェスト (Belle Grove West) とハンターズ・ロード (Hunter's Road) の角の店はジョージ・アロースミス (George Arrowsimith) の雑貨店として 歴史的興味がある。 1903 年に開店し、この店はアロースミス (Arrowsmith) によって所有された。 アロースミス (Arrowsmith) はスピタル・タングスの最も良く知られた家族で、 1940 年までにジョージ (George) と彼の妻のマーガレット (Margaret) は 1882 年の結婚後 15 人の子供を作り、 アロースミス (Arrowsmith) の家族のメンバーは今日でもスピタル・タングスで生き続けている。

かってのアロースミス (Arrowsmith) の店は連続して小売店として使用され、今では村で一握りの店の 1 つである。 これは、1920 年代にスピタル・タングスが誇った co-op の店と 27 軒の他の小売店からの急激な減少である。

ベンソン記念教会 (Benson Memorial Church)

アンクラム・ストリート (Ancrum Street) のベンソン記念教会は 1867 年に日曜学校として開設し、 1845 年に一時的な建物で学校を開設したジョン・ベンソン (John Benson) の役割を認めた。 今日、この建物は、使徒教会 (Apostolic Church) の本部として継続的な機能を果たし続けている。

ムーアバンク植物園 (Moorbank Botanic Garden)

ムーアバンク植物園は、ハンターズ・ムーア (Hunters Moor) にあって、 クレアモント・ロード (Claremont Road) の上端にある。 植物園は 1923 年にニューカッスル大学の植物研究ステーションとして 1923 年に開園した。 毎日一般に公開されていないが、入園は予約したグループと、 ナショナル・ガーデンズ・スキーム (National Gardens Scheme) に関連した開園日には認められる。 2012 年にニューカッスル大学はこの施設に対する支援から撤退する意向を表明した。

今日のスピタル・タングス

スピタル・タングスは競合する田園地帯と都会の顔のバランスを取ることを単に長く追い求めてきたため、 今日の村は、 既存の建設された領域からの巨大な開発圧力に直面すると同時に、 緑の色で保護され続けている。

ニューカッスル大学の連続した拡張は挑戦であり、 2000 名以上の学生がスピタル・タングスに大学が所有する宿舎にすでに住んでいる。 これは、ベル・グローブ・ウェスト (Belle Grove West) から離れたカッスル・リーズ・ホール (Castle Leaze Hall) と 歯科病院 (Dental Hospital) とウォーレス・ストリート (Wallace Street) の間のリチャードソン・ロード・フラット (Richardson Road flat) である。 カッスル・リーズ・ホール (Castle Leaze Hall) における 10 階建てまでの一連の新ブロックの計画は 2006 年の 計画調査団により拒絶され、 重大な地元の反対と、ニューカッスル市議会による初期の拒絶に引き続くものであった。

しかしながら、多くの地元住民はスピタル・タングスの学生人口が飽和状態になったと信じているが、 学生の存在が、彼らがいなければ生き延びれない、地元の店、パブ、そしてサービスを 支援する助けになっていることは疑いの余地がない。 一方で、恒久的住民数の減少は、疑いもなく他の地元サービスの閉鎖につながり、 これには学校 (1977 年) と郵便局 (2005 年) があり、 住民は市の中心部や、フェナム (Fenham) やアーサーズ・ヒル (Arthur's Hill) の近隣地区に行く必要がある。

しかしながら、飽くことを知らぬスピタル・タングスの住宅需要は居住場所としての継続した人気の証拠で、 ここは市の中心から比較的近く、ユニークな半田園的雰囲気があるのである。