ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Peirce Mill - Wikipedia

ピアス・ミルはオリバー・エバンスの方式による全自動製粉工場と思われます。

ピアス・ミル (Peirce Mill、ピアス水車工場)

ピアス・ミル (Peirce Mill) は歴史的ミルの建物で ロック川公園 (Rock Creek Park) にあり、 米国、ワシントン DC のノースウェスト (Northwest) のチルデン・ストリート (Tilden Street) と ビーチ・ドライブ (Beach Drive) の交わる場所にある。

ピアス・ミル、 米国国内歴史登録財
(US National Register of Histroic Places)
位置
  1. 歴史
  2. 事実
歴史

ミルライト (millwright) のアイザック・ピアス (Issac Peirce) は 1820 年、もしくは 1840 年にミル (mill, 水車工場) を建設した。 ピアスは (製粉) 工場に関してのオリバー・エバンス (Oliver Evans) の考えに従って、 この工場を作り直し、 多くの自動機械を 2 階に設置した。 1860 年代には 12 台もの荷馬車が製粉のために訪れた。 臼石 (ミルストーン (millstone)) 1 セットごとに 1 日当たり、 70 ブッシェル (bushel) を製粉することが可能であった。 最後の商用の仕事は 1897 年の製粉で、この時アルシビアデス P. ホワイト (Alcibiades P. White) がライ麦 をひいている最中に主シャフトが壊れた。 この建物は 1930 年代までに公開の喫茶店 (public teahouse) の役割をした。

米国政府は 1892 年に「ロック川公園」の一部としてミルを買収した。 ピアス・ミル (Peirce Mill) は 公共事業局 (Public Works Administration) のプロジェクトとして修復され、 1936 年 3 月に完成し、経費は $26,614 であった。 操業は 1936 年 10 月 27 日に始まり、監督は製粉屋のロバート A. リトル (Robert A. Little) であった。 工場は 1936 年 12 月 1 日から 1958 年まで使用され、政府のカフェテリア (cafeterias、セルフサービスの食堂) に 小麦粉を提供した。この後、訓練されたミルライトがいないことと、ミル水路 (millrace) に水が無いことから、 歴史的な場所として使用されたのみであった。

ミルは 1993 年 4 月に閉鎖された。 1997 年には、修復努力が「ピアス・ミルの友」(Friends of Peirce Mill) により開始された。 ミルは アメリカ復興・再投資法 (ARRA, American Recovery and Reinvestment Act) の支援で復元された。 ミルは 2011 年 10 月に公的に再開された。 NPS ( アメリカ合衆国国立公園局) は典型的には 4 月から 10 月まで毎月第 2 土曜日と第 4 土曜日にミル操業の実演をしている。

米国ワシントン DC のロック川公園の歴史的ピアス・ミル

ピアス・ミル、正面外側 胸掛け水車
ピアス・ミル、後ろ外側 ミル内部の臼石
事実

ミルには 3 対の臼石 (ミルストーン (millstone)) がある。 臼石は直径 4 1/2 フィートで、重さがおよそ 2,400 lbs [訳注:ほぼ 1 トン] であり、およそ 125 rpm (毎分 125 回転) で回転する。 動力のおよそ 60% が臼石の回転に使用され、残りはそれ以外の機械に使用される。 ピアス家自身は製粉屋でなく、ミルを操業することがなかったが、他の製粉屋がこれをした。

ピアス・ミル (Pierce Mill) 対ピアス・ミル (Peirce Mill)

ポトマック川にはピアス・ミル (Pierce Mill、綴りに注意) があったが、 ピアス・ミル (Peirce Mill、[訳注:同じ発音です]) と混同してはならない。 別のミル (Pierce Mill) は NPS ( アメリカ合衆国国立公園局) の記録に登録され、フレッチャーのボート小屋 (Fletcher's Boathouse) の近くにある。