ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Sakia - Wikipedia

原文を書いている人は英語を母国語としていないようで、要所要所で言葉遣いが普通の使用法と 異なっており、詳細な点に関しては正確な翻訳ができていないかもしれません。

全体的なことに関して、この文書から理解できる点を整理すると、 サキアは動物を利用する揚水装置ですが、揚水装置自身は垂直回転する スクープ・ホイールのようなものです。 動物は水平回転によって、動力を与えるため、これを垂直回転に変換する歯車が必要となり、 これがサキア歯車と呼ばれているものと思われます。 (類似したものにホース・ミルがある。)

サキア (Sakia)

サキア (sakia、別の綴りでは、sakieh、sqia あるいは saqiya (アラビア語:ساقية に由来)) はペルシャ・ホイール (Persian wheel)、tablia、 rehat、そしてラテン語でティンパヌム (tympanum) とも呼ばれ、 これは機械的な揚水装置で、機能がすくい水車 (scoop) に似ており、 バケット (bucket)、壺 (jar)、あるいは「すくい」 (scoop) が垂直ホイールに直接取り付けられているか、 あるいは、垂直ホイールが動かす無限ベルトに取り付けられている。 垂直ホイールそれ自身は、ドライブシャフト (drive shaft、駆動軸) により水平ホイールに取り付けられ、 水平ホイールは伝統的には動物 (牛、ロバなど) の力で動く。 サキア (sakia) は動く水の力を使用しないので、ノーリア (noria) とも、 他のどのような水車の形式とも違っている。 これは今でも、インド、エジプト、中東の他の地域、そしてイベリア半島、 バレアレス諸島 (Balearic Islands) で使用されている。 これが発明されたのは:  ヘレニズム時代のエジプト、ペルシャ、あるいはインドの可能性がある。 サキア (sakia) は主に灌漑に使用されるが、それだけではない。というのは アムラ城 (Qusayr Amra) の実例が示し、 ここでは、これは少なくとも部分的に王室の浴場に水を供給するために使用された。

ペルシャ・ホイール (Persian wheel)、1905 年頃
  1. 説明:性能
  2. サキア (sakia/saqiya) 対 ノーリア (noria)
  3. 形式 (Type)
  4. 歴史
説明:性能
バケットが直接ホイールに装着されたもの

サキアは大きな空洞なホイール (hollow wheel) である。 一つの形式は粘土のポットあるいはバケットを直接ホイールの周囲に取り付け、これにより水を 汲み上げることができる高さには制限があり、直径の半分以下である。 現代のバージョンは通常、亜鉛メッキをした板鋼で造られ、一連の「すくい」 (scoop) から構成される。 現代の形式はむしろ頂上からではなく、ハブ (hub, 中心) の近くから排水し、伝統的な形式の逆である。 これは灌漑の 1 方法で、インド亜大陸の色々な場所で頻繁に遭遇する。

サキア・ホイールの直径は 2 m から 5 m に渡っている。 伝統的には牽引動物 (draft animal) により駆動されるが、これらには今やますますエンジンが取り付けられる。 動物が駆動するサキア (sakia) は一分間に 2 - 4 周回転し、 動力化されたものは一分間に 8 - 15 周回転する。 改良された現代のものは zawaffa 及び jhallan と呼ばれる。

ラセン・デザイン (spiral design) の理想モデルの概念図
(Fathi モデル、FAO による絵)
バケットが無限ベルトに装着されたもの

アラビア語でサキア (saqiya) と呼ばれる歴史的な中東の装置では、バケットが 2 重鎖 (double chain) に取り付けられ、 いわゆる「ポットの花輪」 (pot garland) をなしていた。 これにより、もっと深い井戸から水を汲み上げることが可能であった。

動物が駆動するサキア (sakia) は 10 - 20 m の深さから水を汲み上げ、 はねつるべの竿 (swape)、あるいはアラビア語で shadoof と呼ばれるものよりも、ずっと効率が良く、 後者は 3 m までの深さから水を汲み上げることができたのみである。

サキア (sakia/saqiya) 対 ノーリア (noria)

中東、インド、スペイン等で使用された揚水装置の伝統的な呼称は、現代的な呼称と同様に、 時々厳密さを欠いて使用される。 しかしながら、一つの明白な違いは重要である。 ノーリア (noria) の用語は一般に水の動きを使用する装置に使用される。 動物によって駆動される装置の通常の用語はサキア (sakia あるいは saqiya) である。 水車 (water-wheel) の用語は、定義により、流れる水で駆動されるホイールに留保され、 サキア・ホイール (sakia wheel) に使用すべきでなく、サキア・ホイールは水を持ち上げるだけで、水により駆動されるわけでない。 他の形式の類似の装置は鎖ポンプ (chain pump) の名前で一まとめにされている。 スペインでは、ノーリアの用語は実際はサキアである幾つかの装置にも使用される。

サキア (sakia あるいは saquiya) はノーリア (noria) とは 2 つの点で相当に違っている。 第一に、この動力は、主に動物の力、あるいは稀であるが風によっており、現代の場合にはエンジンも含まれるが、絶対に水力ではない。 もう一つの相違点はサキア (saqiya) は井戸から、あるいは動かない水域 (standing water) から水を汲み上げるが、 ノーリア (noria) は川の堤防に設置される。

ノーリア (noria) は対比すると、川の流れから得られる水力を使用する。 ノーリア (noria) は大きくて、とても狭い下掛け水車から構成され、 このリム (rim, 縁) が一連のコンテナー (容器) から 構成され、コンテナーが、川からホイールの頂上にあるとても狭い水道 (aqueduct) に水を汲み上げている。 この点で、これは「ポット (pot) の花輪」がなく、 ポスト [訳注:ポットの間違い ?] が直接ホイールに搭載されたサキアの一形式にとても類似しており、 従って広範囲に混乱している。

少々の歴史的なノーリア (noria) はハイブリッドで、水車から構成され、 二義的に動物の力で補助されている。

スペインでは動物の力で駆動するサキア (sakia) はアセニャ (aceña) と命名されているが、 カルタヘナ地域 (Cartagena) は例外で、ここではノリア・ド・サングレ (noria de sangre)、あるいは「血の水車」 (waterwheel of blood) と 呼ばれる。 別のもっと稀なサキア (sakia) の形式は同じシステム -- 粘土や木のバケットからなるネックレス -- を使用し、これは風で駆動した。 カルタヘナ (Cartagena) の近くの風で駆動するサキア (sakia) は外見が地元の製粉ミル (grinding mill) と事実上同一であった。

形式 (Type)

サキア (sakia) には主に 2 つの形式がある。 1つの形式は垂直ホイールから構成され、このホイールに バケットの無限ベルトあるいは鎖が吊るされている。 バケットは井戸の中に吊り下げられて、井戸は深さ 8 m (26 フィート) まで可能であった。

第二の形式はバケット、ないしは他の水のコンテナー (container, 容器) が直接垂直ホイール に取り付けられている。

最も原始的なサキア (sakia) は、ロバ、ラバ、あるいは牛で駆動される。 動物は水平ホイールを回転し、これが垂直ホイールとかみ合って、これを回転させる。 これにより、最初の形式では、バケットが循環して深い井戸から水を汲み上げる、 あるいは第二の形式では、垂直ホイールが回転して、それほど深くない井戸から汲み上げる。

動力伝達の点からは同じ一般的技術を使用するが、 ずっと稀な、風で駆動される異なる形式がある。 スペイン、 カルタヘナ (Cartagena) の近くの風力駆動のサキア (sakia) は地元の製粉ミルと事実上外見が同一である。

歴史
インド

アナンダ・ クーマラスワミ (Ananda Coomaraswamy) によれば、サキアはインドで発明され、 ここの最古の言及は パンチャントラ (Panchatantra、BC 3 世紀頃) に見受けられ、 ここでは araghaṭṭa と呼ばれ、これは サンスクリット語の ara (速い、あるいは「スポークがある」の意味) と ghatta (ポット) の合成である。 この装置は、サキア (sakia) のように使用されて、 牛か人間を動力にして井戸から水を汲み上げるのに使用されたか、 あるいは、畑を灌漑するのに使用され、 この場合は水車で動力を与えられ、 川もしくは大きな灌漑水路に置かれた。 後者の場合にはサキア (sakia) ではなく、通常ノーリア (noria) と呼ぶ。 パンチャントラ (Panchatantraz) の以前には、Rugved,10th mandal 101/7 に水車の言及がある。

エジプト

パドル駆動の揚水水車は BC 4 世紀の古代エジプトに登場した。 ジョン・ピーター・オルソン (John Peter Oleson) によると、コンパートメント化されたホイールと水力ノーリア (hydraulic noria) は BC 4 世紀までにエジプトに登場し、ここでサキアが 1 世紀後に発明された。 これは ファイユーム (Faiyum) の考古学的発見で支持され、ここでは最古の水車の考古学的証拠が BC 3 世紀のサキアの形で発見された。 ファイユーム (Faiyum) で発見された BC 2 世紀のパピルスも灌漑のために使用された水車を言及し、 アレクサンドリアで発見された BC 2 世紀の フレスコ壁画 (fresco) はコンパートメント化されたサキア (Sakia) を 描き、 Callixenus of Rhodes の著作物は、 プトレマイオス朝エジプトにおけるサキア (Sakia) の使用を言及し、 これは BC 3 世紀末の プトレマイオス 4 世フィロパトル (Ptolemy IV Philopator) の治世の最中のことであった。

サキアの地中海初期の証拠は BC 2 世紀の プトレマイオス朝エジプトの墓の絵にある。 これは、くびきにかけた一対の牛がコンパートメント化された水車を駆動しているのを示している。 ギリシャのサキア歯車システム (sakia gear system) はすでに完全に開発されていたことが示され、 「現代のエジプトの装置は事実上同一」となっていた。 想定されることは、その当時、最も活発なギリシャ研究センターである アレクサンドリアの ムセイオン (Museum of Alexandria) の科学者達が、この導入に関与したことである。 BC 48 年の シーザーの内戦の逸話が語っていることは、 いかにしてシーザーの敵が歯車付きの水車を使用して、罠におちたローマ人に上から海水を浴びせたことである。

タルムードの情報源 (Talmudic sources)

タルムードの情報源 (Talmudic sources) で使用されるサキアの用語は 'antelayyā-wheel である。

中世イスラム社会 (Medieval Islamic realm)

アル=ジャザリー (Ismail al-Jazari) による写本はサキアに基づく複雑な装置を呼び物にし、 貯蔵庫 (reservoir) の上階の屋根で歩く牛の牽引で部分的に動力が与えられ、 また、貯蔵庫の下層に置かれた水車のスプーンの形のパレット (pallet, こて) に落ちる水によっても動力が与えられている。

アル=ジャザリー (Al-Jazari) の発展したサキア、
動物と水車により駆動されている (1206 年)

200 個以上の別々な部品から構成される複雑なサキア (saqiya) は、 中世イスラム世界で、イスラム教の発明家と技術者により、広範囲に使用された。 機械的なはずみ車 (flywheel) -- 駆動装置から駆動される機械への動力の伝達を滑らかにするために使用され、 とりわけ、はるかに深い場所 (200 m まで) から水を汲み上げることを可能にした -- は アル=アンダルスのイブン・バッサル (Ibn Bassal of Al-Andalus、1038 年 - 1075 年に活躍) により始めて採用された。

サキア (saqiya) におけるクランク軸の最初の既知の使用は アル=ジャザリー (al-Jazari) の別の機械の 1 つで登場した。 中断 (intermittence) を最小にする考えも アル=ジャザリー (al-Jazari) のサキア装置の 1 つに始めて内包されている。 アル=ジャザリー (Al-Jazari) も水力で動く揚水装置を建造したが、彼以前に中国人が同じ目的のために水力を使用していた。 彼が記述した、動物を動力にするサキア (sakiya) と水力を動力にするノーリアは 13 世紀以来ダマスカスで水を供給し、 中世イスラム世界を通じて毎日使用された。