ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Horse mill - Wikipedia

ホース・ミルは水車、風車と同じ仕事をしますが、動力が馬によっている点が違っています。 恐らく極めて初期のものを除き、ホース・ミルには歯車が必要となり、これがミルの生命です。

ホース・ミル (Horse mill, 馬ミル)

ホース・ミルはミル (mill) で、 時には水車 (watermill、ウォーターミル) と風車 (windmill, ウィンドミル) と併用され、 動力として馬を使用する。 どのようなミルの工程 (milling process、製粉工程など) も このようにして動力を供給されるが、動物の力をミルに使用する最も多くの場合は、 穀物の製粉と揚水である。 ミルの動力に使用される他の動物には犬、ロバ、牛、あるいはラクダがある。 トレッドウィールは人間を動力とするエンジンである。


フエルトベントゥラ島 (Fuerteventura、 カナリア諸島の島) の
アルコヒーダ・エコミュージアム (La Alcogida Ecomuseum) のロバ・ミル (Donkey mill)
  1. 歴史
  2. ギャラリー
  3. ビーミッシュ博物館のホース・ミル (Horse mill at Beamish Museum)
  4. ノッティンガム産業博物館のホース・ジン (horse gin)
  5. ブラック・カントリーのホース・ジン (horse gin)
  6. Brewer's House 博物館
  7. なお使用中のホース・ミル
歴史

ロバや馬が駆動する回転ミル (rotary mill) は BC 4 世紀の カルタゴの発明で、紀元は恐らくカルタゴ領 サルデーニャ島 (Cathaginian Sardinia) である。 カルタゴが支配したサルデーニャ島ムラルジャ (Mulargia) 産出の赤い溶岩を使用して建設された 2 つの 動物駆動の臼石が マヨルカ島 (Mallorca) の近くの BC 375 年 - BC 350 年の難破船で見つかっている。 ミルは シチリア島に伝搬し、イタリアに BC 3 世紀に到達した。 カルタゴ人は手動の回転ミルを早くも BC 6 世紀に使用し、 スペインの鉛と銀の鉱山における回転ミルの使用が、より大きな動物駆動のミルの興隆に 貢献したかもしれない。 これはミルの操業者から仕事の重荷の大半を解放し、馬やロバの持久力により、 人間よりも生産性を随分と増大した。


ポンペイの馬もしくはロバを動力にする石臼 (stone mill)
ギャラリー
グラスゴー近くの
ウェスター・キトックサイド農園
(Wester Kittochside Farm)
のホース・ミル
去勢牛を動力とするミル
セーシェル
オリーブ砕きミル、モロッコの
アトラス (High Atlas)
馬を動力とする脱穀機
1 番近くの馬と馬シャフトは
省略されて、機械が見える。
リチャード・サミュエル・チャトック
(Richard Samuel Chattock )
のジン (gin)
ビーミッシュ博物館のホース・ミル (Horse mill at Beamish Museum)

この (ビーミッシュ博物館の) ホース・ミルは 1830 年頃から 使用されなくなり、 ポータブル・エンジンがとって代わった。 これは ノーサンバーランド (Northumberland) のバーウィック・ヒルズ・ロー・ファーム (Berwick Hills Low Farm) から 博物館によって救済され、修理されて、 博物館の農場 (Home Farm) のジン・ギャング (gin gang) に設置され、 機能しない展示になった。 ミルの主要な垂直軸の頂上と、主駆動軸はそれ自身分離した結合ビーム (tie beam) の中心で回転し、このビーム (梁) は主要な屋根結合ビームの下で平行し、 両端でジン・ギャング (gin gang) の側壁に設置されている。 ミルの結合ビームは 2 本のがっしりしたオーク (oak) のビームで固定され、 このビームは駆動軸の両側を結合ビームから、脱穀納屋の壁まで走っている。 このような大きな、基本的エンジンは生成されるトルクから大きなストレスを生成することがある。

訳注
ジン・ギャング (gin gang) は脱穀納屋の (馬による) 動力を提供する部屋の事。 (ジン・ギャングは脱穀納屋の隣にある。)
ミルの主軸、この上の屋根
トラスは間に見えるミル自身
の結合ビームと分離
主軸の上旋回軸のハウジング
は自身の結合ビームにボルト
付けされ屋根トラス (上) と分離
駆動シャフトの歯車が水平主歯車
の上に安置され、主歯車はミルの
垂直主軸に付属している。
2 つの旋回軸、駆動シャフトの終端 (中央)
と主軸の上端 (後方)
ミルの建設

この馬 4 匹のミルは中央にある垂直な、重い、高さ 10 フィート (3.0 m) の軸を基礎に置き、 ジン・ギャング (gin gang) のフロアーの中央にある鉄枠の上で旋回する。 この (軸の) 上端はミル自身の結合ビームの下で旋回する (もしそうでなければ、これは倒れる)。 しかし、結合ビームは旋回軸の上に固定されない、そうでなければミルが回転しない。 主軸はその上端あたりで直径 6 フィート (1.8 m) の水平歯車を支え、 この歯は上面についている。 主駆動シャフトは、がっちりしたオークの木で、第 2 の歯車が一方の端の周りを取り囲み、これが 主歯車の上に設置され、従って、長い軸の上の主駆動軸を回転する。 主駆動シャフトは主歯車から脱穀納屋の壁を通り抜けて走り、 納屋では脱穀機に動力を与え、別の機械には更に歯車とベルトを経由して動力を与える。 このような機械は多大なトルクによるストレスを生成し、もしも再び仕事をするようなことがあれば、 設計しなおして滑らかで安全な動作を保証する必要があり、乾燥してひび割れてない梁が必要である。

訳注
シャフトには軸の意味がありますが、それ以外に馬を馬車に固定する梶棒の意味があります。 (この両者が以下の図で登場するので混乱する。) 以下の図の説明で、馬シャフト (horse shaft) はこの梶棒が垂直になったものです。(写真を見ればわかる。) この棒で馬をホース・ミルに拘束します。
 
主軸上端の水平主歯車の上に
駆動シャフト歯車があり、駆動シャフト
は脱穀納屋の壁越しに動力を伝達
馬シャフトは 4 本の長いビーム
(梁) の1 つに固定され、ビーム
は互いに補強枠で固定、各ビーム
は主軸の頂上の側面に固定
4 本の長いビームの1 つ、
各々には馬シャフトが
垂れ下がっている
 
馬 4 匹のミルには広い作業場が必要
馬力

これは馬 4 匹用の強力なホース・ミルで、この馬は恐らくイングランドのポニーである、 というのは現代の重い馬は 1830 年代にはまだ完全に繁殖されていないからである。 中央の軸を 4 つの馬シャフト (horse shaft、[訳注:垂直になった梶棒]) に接続する 4 本の重いオークの梁 (beam) の各々は 軸のそばから、主歯車の下面を通り、軸と歯車の間の格子パターンで他の 3 本と交差し、 従って歯車を支え、同時に頑丈な構造を作っている。 これらは主歯車から何フィートも突き出し、これを安定化するための木造の補強枠 (stretcher) が 必要である。 これらの梁 (beam) の末端から馬シャフト (horse shaft) が垂れ下がっている。 これらの馬シャフトの下端はとても低く、これはポニーの使用を示し、初期の重い馬ではない。

ノッティンガム産業博物館のホース・ジン (horse gin)

一台のホース・ジンがノッティンガム産業博物館に展示されている。 これは 1841 年にラントン炭坑 (Langton Colliery) の立坑を掘るために建設され、 1844 年にピンクストン・グリーン炭坑 (Pinxton Green Colliery) に移動した。 1950 年にまだ操業しており、1967 年に博物館に設置された。 これは立坑口 (pit head) で石炭を持ち上げるために使用された。 ノッティンガム炭鉱は浅く、ソリに載せて立坑まで移動し、 ソリはカゴにのせてロープで引き揚げ、ロープはロープ・ドラムに固定し、 ドラムはジン (gin) の馬で回転した。

1841 年のノッティンガム・ジン、
ピンクストンのラントン炭坑
ノッティンガム・ジンの
ロープ・ドラムが見える。
ノッティンガム・ジンの
持ち上げカゴが見える
ノッティンガム・ジンの支え
ブラック・カントリーのホース・ジン (horse gin)

ホース・ジン (horse 'gins') は炭鉱地帯では普通の光景であり、 石炭が浅く、深い立て坑を掘り必要がない時にはしばしば使用された。 ジン (gin) は軸上の木造車輪装置で、馬によって巻き上げた。 次に、これは単純な滑車システムを動作させ、これが立坑を上下した。 これらはコットウォール・エンド・ロード (Cotwallend Road) に延長するブラック・カントリーの ルイトン・ファーム地区 (Ruiton farm) に最も多くあった。 ホース・ジンはある時期違法な鉱山活動の延長でもあり、 これは 1926 年の 「鉱山ストライキ」 (Miners Strike) の最中に実施された。 坑夫は浅い石炭薄層 (coal seam) から一連の浅いボブ・ホール (Bob Holes) によって石炭を掘りだし、 石炭を普通のバケットに入れて引き揚げて運び出し、近くのコーナル村 (Cornal) で売却した。 これらの活動はエローズ炭坑 (Ellowes Colliery) の始まりと思われた。 ダドリー伯爵 (Earl of Dudley) はこれらの活動を停止させて、合法化し、トンあたりの採掘権を基礎にして 石炭の採掘許可を与えた。 浅い石炭は、馬が作動するジン (gin) により、スロープ、ないしは"歩く"方法 (walking down method) ("Bob Hole" 方法の延長) により採掘した。 まもなく 2 本の立て坑と蒸気駆動の立坑装置が設置され、 更に深い分厚い石炭を採掘した。 立坑は 1951 年 7 月に閉鎖され、この時薄層が取り尽くされた。 エローズ炭坑 (Ellowes Colliery) で使用されたジン (gin) は ブラック・カントリーの最後の動作する実例であると思われている。

醸造ハウス博物館 (Brewer's House)

ベルギー、 アントウェルペン (の醸造ハウス博物館 (Brewer's House、醸造はビールの醸造の意味)) は、 馬を動力とする揚水機械の良い実例である。 この建物は 16 世紀のものである; しかし元々の木造機械は 19 世紀中頃に鋳鉄製で置き換えられ、 元々の配置は保持された。

なお使用中のホース・ミル

ノア・フーバー・メノナイト (Noa Hoover Mennonite) -- メノナイト・グループの古い教団 (order) -- は、まったくエンジンの動力を許容しておらず、なお幾つかのホース・ミルを 米国と中米の ベリーズ (Belize) で使用している。 これは動力に使用され、 例えば、ケンタッキー州スコッツビル (Scottsville) の モロコシ (sorghum) の茎のジュース機、 とベリーズの スプリングフィールド (Springfield) とパイン・ヒル (Pine-Hill) の鋸ミル (saw mill) がある。

訳注
鋸ミル (saw mill) は製材所のことで、その動力が水車、風車、動物のいずれでも可能ですが、 ここでは馬で、この鋸ミルはホース・ミルのことです。製材ホース・ミルとでも言うべきか ?
古いミル、ギリシャ、オトニ島 (Othonoi)