ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Gin gang - Wikipedia
ジン・ギャング (Gin gang)

ジン・キャング (gin gang)、 ホイールハウス (wheelhouse)、 ラウンドハウス (roundhouse)、 あるいは ホース・エンジン・ハウス (horse-engine house) はホース・エンジン ([訳注:動力として使用できるようにした馬]) を格納するために建設された構造で、 通常は円型であるが、時には正方形あるいは八角形で、 脱穀納屋に付属している。 大半は 18 世紀末と 19 世紀始めにイングランドで建設された。 脱穀納屋には小さな脱穀機があり、これは 木造の歯車、 駆動シャフト (drive shaft)、及び 駆動ベルト (drive belt) を経由してジン・ギャングに接続されて、 馬による動力が供給され、 馬はジン・ギャングの中を何度も歩いて回った。

ノース・ヨークシャー、バーン・ブリッジ
(Burn Bridge) のジン・ギャング
バーン・ブリッジのジン・ギャングは 2010 年 11 月
に荒廃して取り壊され、家庭施設として再建。
  1. 操業と構造
  2. 歴史と分布
  3. 既存のジン・ギャング
  4. ビーミッシュ博物館のジン・ギャング
操業と構造

ジン (gin、 'engine' (エンジン) の短縮形) は小さな脱穀機を駆動する原動力 (motive power) であり、 馬はギャングし続ける (gang) 、あるいは進み続ける (going)。 ジン・ギャングは常に脱穀納屋に付属し、ここにジンがある。 これはほとんど常に 1 階建てで、円形、多角形、あるいは正方形である。 駆動シャフト (drive-shaft) あるいは駆動ベルト (drive-belt) のための穴があり、 ジン・ギャングと脱穀納屋を接続している。 ジンは歯車の歯で垂直軸 (spindle) に接続している。 軸 (spindle) は水平な配置に接続され、これに馬を接続する梶棒 (shaft、シャフト) が含まれ、 梶棒は軸を回転し、ギャングし続けて (ganging)、機械に動力を与え、 あるいはジン・ギャングの壁の中で歯車の歯と垂直軸の周りを歩き続ける。 この配置は水車の動力がない場所では必要であった。 従って、ウェールズとアイルランドにはジン・ギャングの数が少なかった。

ジン・ギャングは通常、藁ぶきでなく、 板石、瓦、あるいは、さんがわらで葺かれていた。 恐らくは、ジンが藁ぶきの藁でけがをしないようにするためである。 構造は地元で利用可能な資材を反映する傾向があり、 その土地固有の建物になる。 というのは鉄道ではレンガやスレートを運ばなかったからである。 建設資材に含まれたものは:  サセックスの藁、 ノース・ヨークシャーのさんがわら、 ノーサンバーランドの石の瓦と砂岩、 デボンの花崗岩の柱 (pillar)、 ノーフォークの柱 (pole) と火打石 (flint)、 バークシャーの羽目板張り (weatherboarding)、 イーストライディング・オブ・ヨークシャーのレンガ、 ウェスト・ヨークシャーの白色マグネシウム石灰岩 (Magnesian Limestone)、 ベッドフォードシャーの鉄石、 カウンティ・ダラム (County Durham) のフィンチェール (Finchale) のフィンチェール小修道院 (Finchale Priory) からの廃物利用した一度きりの 6 角形の切り石の柱である。 ジン・ギャングは木造歯車を保護するのに必要で、馬を保護するためではない。 従って、場所によっては、この代わりに馬が野外の脱穀機を駆動した証拠がある。 ジン・ギャングの馬は野外の機械を駆動することもできた。

歴史と分布

屋根が付いたジン・ギャングの地方での名称は:  ジン・ハウス (gin−house), 屋根付きホース・ウォーク (covered horse−walk), エンジンハウス (enginehouse), ジン・ハウス (gin−case), ジン・ギャン (gin−gan), ジン・ギャング (gin−gang), ジン・ハウス (gin−house), ジン・レース (gin−race), ホース・ギア (horse−gear), ホースミル/ホース・ミル (horse mill/horse-mill), ラウンド・ハウス (round−house), トラック小屋 (track−shed), 4 ホイール・ハウス (four−wheelhouse), ホイール・リグ (wheel−rig), ホイール・シェイド (wheel−shade) 及び ホイール小屋 (wheel−shed) である。 これらは、屋根がついていないものと混乱してはならない、 このようなものは次の名称で呼ばれる:  ジン・サークル (gin−circle), ジニーリング (ginnyring), ホース・コース (horse−course), ホース・ギャング (horse−gang), ホース・パス (horse−path), ホース・トラック (horse−track), 及び ホース・ウォーク (horse−walk)。 スコットランド、ウェールズ、及び ウォリックシャー (Warwickshire) では、 ジン・ギャングは通常ホース・エンジン・ハウス (horse engine house) と呼ばれる。

1976 年には、1300 棟のジン・ギャングが英国で特定され、 その他の少々がアイルランド、オランダ、そして東ドイツで特定されている。 大半のジン・ギャングは 1785 年頃から 1851 年頃まで建設され、 1800 年から 1830 年にピークを迎えた。 最も最近のものは、 ワイト島 (Isle of Wight) と コーンウォールで 1845 年から 1868 年までに建設された。 19 世紀には 575 基のジン・ギャングが ノーサンバーランド (Northumberland) にあり、 227 基がウェスト・カンバーランド (West Cumberland) にあったが、1890 年から 1960 年代の間にこれらの数百基が破壊された。 1970 年代には、276 基がノーサンバーランド (Northumberland) で、 そして 200 基が カウンティ・ダラム (County Durham) で生き延びていた。 同じ 10 年間に、調査からわかったことは、ジン・ギャングはイングランドの北東と南西にあり、 示唆された点はこの分布は 1830 年のスイング暴動 (Swing Riots) により影響を受けたことで、 これによりイングランドの南東の大半の脱穀機が破壊された。 この結果、1970 年代にはスコットランドにはなお 150 基のジン・ギャングがあり、 北東イングランドには 800 基、コーンウォールには 100 基が残っていたが、 ウィルトシャー (Wiltshire) と バークシャー (Berkshire) にはあわせて 8 基があった。 逆に 1803 年から 1815 年のナポレオン戦争により人手不足となり、対応してジン・ギャングの需要が増えたのは:  コーンウォール (Cornwall), デヴォン (Devon)、及び ドーセット (Dorset) であった。 本当に持ち運び可能なホース・エンジン (horse engine) は 1840 年頃に発明され;  これは更にジン・ギャングを建設する必要性を取り除いた。

既存のジン・ギャング

ジン・ギャングで商的に操業するものは残っていない; 博物館以外の既知の実例は遺棄されているか、納屋の改装で取り除かれている。

名残あるいは遺棄

ロー・ウォルワース (Low Walworth) で生き延びているジン・ギャングは 18 世紀末頃に建設された。 ノーサンバーランド (Northumberland) で実例があるのは:  ハーロウ・ヒル (Harlow Hill)、 ヘップル (Hepple)、 レデスマス (Redesmouth)、及び スタントン (Stanton) である。 ノース・ヨークシャーでは 2 基が バーン・ブリッジ (Burn Bridge) と ステープルトン (Stapleton) で残っている。 スコットランドの実例で生き延びている場所は、 サウス・エアシャー (South Aryshire) のセント・クイボックス (St. Quivox)、 イースト・ロージアン (East Lothian) のダンバー (Dunbar)、 キンロス (Kinross) の Carsegour であるが、 バーウィックシャー (Berwickshire) のウェスタータウン (Westertown) のウェストラザー (Westruther) のものは 1974 年以後に取り壊されているようである。 かってのジン・ギャングの場所はスコットランドのストラスアーン (Strathearn) のフォーティビオット (Forteviot) の キルドニー農場 (Kildinny steading) に存在している。 しかしながら、かなりの数がパース (Perth) とキンロス (Kinrosss) で生き延び、 オークニー (Orkney) のサンデー島 (Sanday) のトレスネス・ファーム (Tresness Farm) では 1 つがある。 カウンティ・ダラム (County Durham) のマグルスウィック (Muggleswick) のザ・グレインジ・ファームハウス (The Grange Farmhouse) には指定建造物の ジン・ギャングが 1 つあり、1979 年には バロー=イン=ファーネス (Burrow-in-Furness) の ホルベック・ファームハウス (Holbeck farmhouse) に 1 基あった。 サマセット (Somerset) のネットルコーム (Nettlecombe) には 1 つの実例がある。 ウェールズ (Wales), メリフォッド (Meifod) の Ystum Colwyn には現存するジン・ギャングがある。 カウンティ・ダラム (County Durham) のビーミッシュ博物館 (Beamish Museum) には復元されたジン・ギャングがある。 別のものはウィールド & ダウンランド野外博物館 (Weald and Downland Open Air Museum) に保存されているが、 現在はホース・ウィム (horse whim) に分類され、 アントウェルペン (Antwerp) の醸造ハウス博物館 (Brewers' House Museum) のものも同様である。

ノーサンバーランド
(Northumberland) のヘップル
(Hepple) のジン・ギャング
リッチモンドシャー (Richmondshire)、
ステープルトン (Stapleton)
のジン・ギャング
半 8 角形のジン・ギャング、内側に
ホース・ミル、ビーミッシュ博物館
納屋の改装

タイン・アンド・ウィア (Tyne and Wear) のチョップウェル (Chopwell) では、ジン・ギャングは納屋の改装の 1 部分である。 別のものは カウンティ・ダラム (County Durham) のランチェスター (Lanchester) で、地元の議論に直面しながら改装されて、 休暇小屋 (holiday cottage) になった。 8 角形のジン・ギャングを含むステッディング (steading、農場の建物) と呼ばれる一群の農場建物からの 「納屋の改装」 の 1 つが ノーサンバーランド (Northumberland) のロングホースリー (Longhorsley) で 2010 年に完成した。 別の実例が サマセット (Somerset) のサウスストーク (Southstoke) の 「納屋の改装」 として生き延びている。 2013 年 1 月に完成した別の最近の改装は ノース・ヨークシャー (North Yorkshire) のバートン (Barton) の ホイールハウス (Wheelhouse) で現在は休暇貸家 (holiday let) である。

ビーミッシュ博物館のジン・ギャング
建物

カウンティ・ダラム (County Durham) のビーミッシュ博物館 (Beamish Museum) の農場 (Home Farm) には 19 世紀始めの半 8 角形のジン・ギャングがあり、 これには砂岩 (sandstone) ないしはミルストン・グリット (millstone grit、砂岩の一種) の壁とスレートの屋根がある。 改装された内部屋根の構造は伝統的な 空間トラス (space frame truss) に基づき、 このトラスの主平面 (primary plane) が結合ビーム (tie beam, あるいは根太 (joist)) と 1 列になり、 その要素がキング・ポスト (king post) と垂木 (rafters) の間で固定されて、 半 8 角形の設計屋根を支えている。 1 本のオーク製の主横断結合ビーム (one main transverse oak tie beam) があり、 主トラスのキング・ポストが基礎を置いている。 キング・ポストは伸張状態で、水平な結合ビームがたわむのを防ぎ、 そのため、キング・ポストも結合ビームも下のミルに載っていない。 屋根の建設は構造的にホース・ミルに依存したり、これに接続しているわけではない。

space frame truss の
一部分、トラスの底部
結合ビームがミルの
結合ビームに隠される
屋根トラスとミルが分離している
のが見える。上が屋根トラスで
下がミルの水平主歯車
(隠れている) を支えるビーム (梁)
がっしりしたオークの駆動シャフト
が脱穀納屋の壁を通り抜け、両側で
2 本の重いオークの梁で支えられ、
ミル自身の結合ビームと脱穀納屋の
壁の間に固定されている。
脱穀納屋の内部、駆動シャフトの末端の歯車。
ここで別の歯車と駆動ベルトが色々な
機械を駆動するために付属。
ホース・ミル
ホース・ミルを参照。

ビーミッシュ (Beamish) のジン・ギャングと その場所のホース・ミルは 1830 年代以後 使用されておらず、ポータブル・エンジンが代わりとなった。 ジン・ギャングが生き延びたのは元々のミルが取り除かれて、他の用途に変更されたからである。 現在のミルはノーサンバーランド (Northumberland) のバーウィック・ミルズ・ロー・ファーム (Berwick Mills Low Farm) から博物館が購入した。 博物館はこれを修理して、博物館の展示として設置しているが、 現在は目的のために装備していない。 ミルの主軸の上端と、主駆動シャフトは、それ自身の別々の結合ビームの中心で回転し、 主駆動シャフトは屋根の主結合ビームの下で、平行になり、両端でジン・ギャングの側壁に設置されている。 ミルの結合ビームは 2 本の頑丈なオーク製のビームで安定化する必要があり、 このビームは、駆動シャフトの両端で、結合ビームから納屋の壁に走っている。 このように大きく、基本的なエンジンは生成されるトルクから多大なストレスが生成される。