ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Swing Riots - Wikipedia
スイング暴動 (Swing Riots)

スイング暴動は南部及び東部イングランドの農業労働者による 1830 年の広範囲な暴動であり、 農業機械等の過酷な条件に抗議するものであった。 これは 1830 年夏に東 ケントのエルハム峡谷地区 (Elham Valley area) での脱穀機の破壊で始まり、 12 月初めまでに、南イングランドと イースト・アングリア全体に広がった。

最初の脱穀機は 1830 年 8 月 28 日、土曜日の晩に破壊され、10 月の第 3 週までに 100 台以上の 脱穀機が東ケントで破壊された。 一般に憎まれていた脱穀機 -- これは労働者に取って代わっていた -- を攻撃することはもとよりのこと、 抗議者は低賃金と、要求される 1/10 税に対して暴動を起こし、 弾圧に関連する救貧院と 1/10 税納屋 (tithe barn) を破壊した。 彼らはほし草の山を燃やし、牛に重傷を負わせた。

馬を動力とする脱穀機

暴徒は彼らの悲惨の原因と特定される 3 つの標的に怒りを向けた:  1/10 税システム、確立したアングリカン教会を支えるための支払い;  救貧法の監視者 (Poor Law guardian)、貧民に対して権力を乱用していると思われた;  豊かな賃借農家、農業機械の導入をする一方で、労働者の賃金をどんどん下げた。 もし捕まれば抗議者が直面する罪状は:  放火、強盗、暴動、機械破壊、そして暴行であった。 有罪になったものが直面するのは:  懲役、島流し、そして死刑となることもあった。

スイング暴動は多くの直接の原因があった。 J.F.C. ハリソン (J.F.C. Harrison) 教授が信じたことは、これは 1830 年に至るそれ以前の 50 年間の 進展するイングランドの農業労働力の貧困化と奪取であった。 議会でカーナーボン卿 (Lord Carnarvon) が述べたことでは、イングランドの労働者はヨーロッパのどの人種よりも、 みじめな苦境におちいり、 雇用者は彼らを養い・採用することがもはやできなくなったことであった。

「スイング暴動」の名称はキャプテン・スイング (Captain Swing) に由来し、 これは農民、行政長官 (magistrate)、教区牧師 (parson) 等に送られた脅迫状にしばしば署名された 架空の名前である。 彼はこの運動の神秘的な名目上の長とみなされていた。 (スイング (Swing) は明らかに手作業の脱穀で使用される から竿のスイングする (揺れ動く) 棒を言及している。) スイングの手紙は 1830 年 10 月 21 日の ザ・タイムズ紙 (The Times newspaper) で始めて言及された。

  1. 背景
  2. 暴動
  3. 余波 (Aftermath)
背景

19 世紀始めのイングランドは、 小さな土地を持つ小作人の階層がおらず、 主要な国の中でほとんどユニークであった。 イングランド田園地方の 囲い込み法 (Enclosure Act) は田園地方の農業労働者の窮状に寄与した。 1770 年と 1830 年の間におよそ 600 万エイカー (24,000 km2) の共有地 (common land) が囲い込まれた (enclosed)。 共有地は何世紀もの間、地方の貧民が動物を放牧し、自分たちの農産物を育てる場所であった。 この土地は今や、地方の大地主の間で分割され、 土地がない農民は豊かな隣人のために、賃金をもらって働くことのみに (生活を) 依存した。 これはナポレオン戦争の間のブームの時には -- 労働力が不足で、穀類の値段が高く -- 我慢できる生活を与えたが、 1815 年に平和が戻ると、穀類の値段が急落し、労働力が過剰になった。

社会歴史家 (social historian) のジョン & バーバラ・ハモンド (John & Barbara Hammond) によると、 囲い込みは 3 つの階層に致命的であった:  小さな農家 (farmer)、 田舎の労働者 (cottager)、 そして (共有地の) 不法占拠者 (squatter) である。 囲い込みの前には田舎の労働者 (cottager) は土地を持った労働者であり; 囲い込みの後では土地の無い労働者になった。

ハモンド (Hammond) 達の 1911 年のイベントの解析と対比して、 歴史家の G.E. ミンゲイ (G.E. Mingay) が 1997 年の本で述べることでは、スイング暴動が 1830 年に 勃発した時に、ひどく囲い込まれたミッドランドはほとんど全く平穏で、 暴動は囲い込みにほとんど影響を受けなかった南と南東の州に集中した。 J.D. チェインバース (J.D. Chambers) と G.E. ミンゲイ (G.E. Mingay) によると、 ハモンド (Hammond) 達は変化の経費を誇張しているとし、実際には囲い込みは増大する人口には、より多くの食料を意味し、 耕作地が増え、差し引きして田舎では雇用が増えたとしている。 スイング暴動の現代の歴史家である エリック・ホブズボーム (Eric Hobsbawm) と ジョージ・リューデ (George Rudé) は全部で 1,475 件の事件のうちで、 囲い込みに直接関連しているものを 3 件のみと言及している。 20 世紀後半以来、このような論争に新しいクラスである最近の歴史家が挑戦している。 人によってみなしていることは、 囲い込み運動は伝統的な貧農 (peasant) の生活の破壊の原因となり、 余剰の貧農の労働は町に移動して産業労働者になったことである。

1780 年代に、労働者は年間雇用市 (hiring fair, モップ (mop) と呼ばれた) で採用され、 一年間務めた。 この期間中に、労働者は雇用主から、金品を受け取り、彼のそばで働き、 雇用主のテーブルで共通の食事を分かち合った。 時が経つにつれ、農民と雇用主の溝が深くなった。 労働者は厳密に現金のみの契約で採用され、これはますます短期間になった。 最初に月ぎめが普通となり、後には契約はわずか 1 週間で提供された。 1750 年と 1850 年の間に農業労働者が直面したことは:  土地を失うこと、 契約の変更、 及び、経済状況の急激な悪化であった。 1830 年の暴動までに、彼は以前の身分をほとんど失い、 「昔の救貧法」 (Old Poor Law) のシステムの下で、教区の救済の権利のみ残っていた。

歴史的には修道院が無力な貧民の責任を負ったが、1536 年 - 1539 年の修道院の解体の 後では責任は教区に渡された。 1662 年の定住法 (Act of Settlement) により、救済は教区で生れた者のみに厳密に制限された。 救貧法のシステムにより、教区税 (Parish Rate) が地主と借地人に課せられ、 これは教区の定住民が病気になったり、仕事がない時に救済の支払いを提供することに使用された。 これらの支払いは最低で、時には降格条件が受け取りに要求された。 ますます多くの人々が教区の救済に依存するようになるにつれ、 教区税の支払い者はもっと大きく声に出して経費に対して反乱し、 救済がますます少なくなった。 1 週間に 3 回の 「1 ガロン」 のパンが 1795 年に バークシャー (Berkshire) の成人に必要と考えられた。 しかしながら、支給が下がり、1817 年の ウィルトシャー (Wiltshire) で提供されたのは、類似のパンが 2 回のみであった。 救貧資金が支払われる方法から、農業賃金が更に下がり、 農家は労働者にできる限り少なく支払い、 教区税が賃金を基本的生存レベルまで下げてしまうことを知っていた。

この問題に付け加え、教会の 1/10 税が追加した。 元々、これは教区の収穫の 1/10 に対する教会の権利であった。 しかしながら、初期の本質的に物品の集まりは現金徴税で置き換えられ、これは 地元のイングランド国教会牧師に支払うことができ、 彼の (しばしば多額な) 俸給を支払うことになった。 現金の徴税は、居住者がキリスト教徒であるか否かにかかわらず、一般に厳密に課され、 要求された額はしばしば、貧民が支払えるよりもはるかに多額であった。 1/10 税の支払額の削減を求める声は暴徒の要求の中で顕著であった。

最後の一撃は馬を動力にする脱穀機の導入であり、多人数の仕事をすることができた。 これは急速に農業関係者に広まり、何十万人もの農業労働者の生活を脅かした。 1828 年と 1829 年のひどい収穫の後で、農業労働者は 1830 年の冬が近づくのを恐怖を持って直面した。

暴動

南東のケント州で始まり、スイング暴徒は脱穀機を粉砕し、 所有している農民を脅迫した。 暴動は南部の州 -- サリー (Surrey), サセックス (Sussex), ミドルセックス (Middlesex) 及び ハンプシャー (Hampshire) -- を通して急速に広がり、その後、北に広がって、 ロンドン周辺の諸州 (Home Counties)、ミッドランズ、及び イースト・アングリアに広がった。 元々、騒動は主に南部と イースト・アングリアの現象と思われたが、その後の研究から明らかになったことは、 スイング暴動が如何に広範囲であったかであり、スコットランドとの境界の南側のほとんどすべての州が関連していた。 騒動の 60% 全ては南部に集中してた ( バークシャー (Berkshire) 165 件, ハンプシャー (Hampshire) 208 件, ケント (Kent) 154 件, サセックス (Sussex) 145 件, ウィルトシャー (Wiltshire) 208 件); しかし、 イースト・アングリアには少なかった (ケンブリッジ (Cambridge) 17 件, ノーフォーク (Norfolk) 88 件, サフォーク (Suffolk) 40 件)、 一方、南西部、ミッドランド、北部はわずかに影響を受けただけであった。

戦術は州によって違っていたが、典型的には脅迫状 -- しばしばキャプテン・スイングの署名入り -- が行政長官、豊かな農民、あるいはその地域の「救貧法」の監視者 (Poor Law guardian) あてに送られた。 書状が呼び求めたものは:  賃上げ、 1/10 税の支払いの削減、 脱穀機の破壊であった。 そうでなければ人々は自分たちで問題を処理することになった。 警告が聞き入られなければ、地元の農業労働者が集まり、 しばしば 200 名 - 400 名のグループとなって、 地元の支配者 (oligarch) を脅迫し、要求が通らなければ切迫した結果になった。 脱穀機が破壊され、救貧院 (workhouse) と 1/10 税の納屋 (tithe barn) が攻撃され、 その後暴徒は散り散りとなるか、次の村に移動した。 脱穀機に動力を与えるエンジンを含む建物も暴動の標的となり、 多くの ジン・ギャング (gin gangs) -- ホース・エンジン・ハウス (horse engine houses) あるいはホイール・ハウス (wheel houses) とも呼ばれた -- が破壊され、とりわけイングランドの南と東で起きた。 他の行動に、農場、納屋、そして干し草に対しての扇動的な攻撃が含まれ、 これは見つからないように深夜に実施された。 暴徒の多くの行動 -- 例えば放火 -- は深夜の闇に紛れて実施されたが、 農民、及び不平の原因となる監督者との会合は昼間に実施された。

典型的なスイングの手紙

「パンと血」 (Bread and Blood) のスローガンが流布していたが、 唯一名が暴動の最中に殺されたことが記録され、 これは兵士もしくは農民の行動の結果で、一名の暴徒が死亡した。 暴徒の意図は資産に被害を与えることのみであった。 騒動のパターンが類似していたこと、及び 国中に急速に広まったことは、 しばしば扇動者、あるいはフランスから送られたエージェント (agent) のせいにされた。 フランスでは 1830 年 7 月の革命がケントのスイング暴動の 1 ヵ月前に勃発していた。

混乱中の農業労働者により使用された異なる戦術にもかかわらず、 彼らの主要な目的は単に最低生活の賃金と田舎の失業状態を終了することであった。

余波 (Aftermath)

まもなく農民は賃上げに同意し、教区牧師 (parson) と幾人かの地主は 1/10 税と地代を下げた。 しかし多くの農民は同意を破り、混乱が増大した。 多くの人々は政治改革が混乱に対する唯一の解決であると主張した。 このような人にグレー伯爵 (Earl Grey) がおり、彼は 11 月の上院 (House of Lords) の 議論で演説し、暴力を削減する最良の方法は下院 (House of Common) の (選挙) 改革を導入することであることを提案した。 首相のウェリントン公爵 (Duke of Wellington) の答弁では、既存の規約は非常に完ぺきであるから、 改良となる可能な代替を想像できないとのことであった。 これが報道されると、群集がロンドンのウェリントン (Wellington) の家を攻撃した。 不穏な状態はケントに制限されていたが、11 月の次の 2 週間に大規模にエスカレートし、イースト・サセックス、ウェスト・サセックス を横断して、ハンプシャーに侵入し、スイングの手紙は近くの他の州で登場した。

1830 年 11 月 15 日に、ウェリントン (Wellington) の政府は下院 (House of Commons) の投票で敗れた。 2 日後にグレー伯爵 (Earl Grey) は ホイッグ党 (Whig) の政府を作ることを依頼された。 グレー (Grey) は議会改革の計画を作るために内閣委員会を任命した。 メルボルン卿 (Lord Melbourne) は新政府の内務大臣 (Home Secretary) になった。

チャールズ・グレー、第 2 代グレー伯爵
(Charles Grey, 2nd Earl Grey)
メルボルン卿
(Lord Melbourne)

1830 年 - 1832 年の騒動の最中にメルボルン (Melbourne) は精力的にそして鋭敏に行動し、 そしてこの理由から、改革する彼の同胞が心から彼に感謝した。 メルボルン (Melbourne) は地方の行政長官があまりに寛大であることを責め、政府は 3 人の裁判官からなる特別委員会を任命し、 バークシャー (Berkshire), バッキンガムシャー (Buckinghamshire), ドーセット (Dorset), ウィルトシャー (Wiltshire) 及び ハンプシャー (Hampshire) における暴徒をさばかせた。

イングランドにおける土地所有階級は暴動により、ひどく脅威を感じ、 厳しい懲罰で応じた。 2000 名近くの抗議者が 1830 年 - 1831 年に裁判を受け、252 名が死刑を宣告され (もっとも 19 名のみが実際に絞首刑になった)、 644 名が投獄され、 481 名がオーストラリアの流刑のために輸送された。 暴徒のすべてが農場労働者ではなく、罰を受けた人の一覧に含まれたのは:  田舎の職人、靴屋、大工、車大工、鍛冶屋、及び靴修理がいた。

田園地帯の労働者の防衛のために演説したため、 急進的な政治家で作家の ウィリアム・コベット (Willim Cobbett) を告訴する多くの要望を当局が受け取った。 しかしながら、まもなく扇動的な誹謗から告発されたのは 彼の ポリティカル・レジスター (Political Register, [訳注:週刊新聞]) における彼の記事からであった。 彼は「田園地帯の戦争」 (The Rural War) と題した記事を書き、これはスイング暴動に 関するものであった。 ギルドホール (Guildhall) における 1831 年 7 月の裁判で、彼は内閣の 6 名を召喚し、これには総理大臣が含まれていた。 コベット (Cobbett) は攻撃し続けることで、自分を守った。 彼は、大臣に厄介な質問をして自分の立場を守ろうとしたが、 これは主席裁判官 (Lord Chief Justice) により許可されなかった。 しかしながら、彼は起訴内容の信頼性を傷つけることができ、 彼は釈放され、 政府はとても困惑することになった。

スイング暴動はホイッグ政府 (Whig Government) に重大な影響があった。 これは 1830 年代に強烈な、社会的、政治的、 そして農業的、不穏な状態を英本国 (Britain) 中に付け加え、 政治改革のより広範な要求を奨励し、1832 年の選挙制度改革法 (Reform Act) の導入で頂点を迎え、 更には 1834 年の救貧法修正法 (Poor Law Amendment Act) でも頂点を迎え、 金品による「屋外の支援」 (outdoor reflief) が終了し、 国を横断してより大きな地域に及ぶ一連の救貧院が設置され、 貧民は助けが必要であれば赴く必要があった。