ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Nottingham Industrial Museum - Wikipedia

ノッティンガム産業博物館: Google map

ノッティンガム産業博物館
(Nottingham Industrial Museum)

ノッティンガム産業博物館 はボランティアが運営する博物館で、 ノッティンガム市の郊外にあるウォラトン・ホール (Wollaton Hall、ウォラトン邸) の 17 世紀の馬小屋部分の一部分にある。 博物館は 2012 年の 「ノッティンガムシャー遺産サイト年間賞」 (Nottinghamshire Heritage Site of the Year Award) を受賞した。 これは 「ノッティンガムシャーの体験」 (Experience Nottinghamshire) により与えられる地元の栄誉 (accolade) である。 博物館のコレクションはノッティンガム市議会が資金を取り消して、2009 年に閉鎖されたが、 それ以来、週末と銀行祝日 (bank holiday) に再開した。 これは £91,000 の政府の補助金に助けられたからで、ボランティアにより運営されている。 博物館が展示しているのは:  地元の繊維機械、 輸送、 遠隔通信、 鉱山、 及び 工学技術である。 自転車、オートバイ、そして自動車の展示がある。 重要なレースを作る機械 (lace-making machinery) の実例がある。 ここにはノッティンガムの揚水所のベイスフォード (Basford、 /ˈbeɪsfərd/) の可動な揚水エンジンも収容されている。

ベイスフォード・ビーム・エンジン (Baseford beam engine)
  1. 背景 (Context)
  2. コレクション
背景 (Context)

ノッティンガム -- 洞窟の場所 (Tiggua Cobaucc、Places of Caves)、 Snot の人々の家屋敷 (Snotengaham, the homestead of Snot's people) -- は 867 年にバイキング (Viking) が定住し、 1086 年にノルマン人 (Norman) が定住した。 彼らは 1067 年にそこに城を設立し、これは 1120 年に石で要塞化された。 この国 (country) で布が製造・染色され、石炭がダービーシャーの境界の近くの露頭から採取された。 アラバスター (alabastor) も重要な鉱物であった。 ノッティンガムは イースト・ミッドランズで最も重要な中心になり、 ボズワースの戦いから イングランド内戦に至るまで王室の内輪もめの口論から戦場になった。 城は使用されなくなり、1651 年に取り壊された。 城と共に、市を支える産業と市に付随する商業が訪れた。

コレクション

博物館は 5 つの領域に関連した展示に分割しており: 繊維、 輸送、 通信、 鉱山、 そして 蒸気である。

繊維

ノッティンガムに起源があるキーになる 2 つの発明から、 地方の繊維産業が興隆した。

ノッティンガム産業博物館のギャラリーが呼び物にするのは: 複数の「靴下フレーム」 (stocking frame)、 一台の 1910 年の縦糸編み機 (warp knitting machine)、 一台のウィルマン・サーキュラー (Wilman Circular)、 一台のオールド・ラフバラー・ボビネット (Old Loughborough Bobbinet)、 一台の 1910 年のヒースコート (Heathcoat)、 一台のリーバーズ・マシン (Leavers machine), そして 一台のバーメン (Barmen) のレース機械 (Lace machine) である。 2018 年に「リーバーズ・レース・マシン」 Leavers lace machine は可動状態に復帰した。

注釈
Leavers machine (リーバーズ・マシン) は John Levers (ジョン・レバーズ) によって発明。'a' は発音をしやすくするために追加。
「靴下フレーム」 (stocking frame) ノッティンガム産業博物館の
「上級リーバーズ・マシン」
(Advanced Leavers Lace Machine)
(1881 年建造)
輸送

復元されたラレー自転車 (Raleigh) とブラフ上級オートバイ (Brough Superior motorbike) の小さなコレクションがある。 3000 台のブラフ上級オートバイはハイドン・ロード (Haydn Road) のジョージ・ブラフ (George Brough) の工場で製造された。 T. E. ロレンス (T.E. Lawrence) は熱狂家で、彼が所有する 8 台の中の一台で事故死した。 ギャラリーが展示するのは:  2 台の 17 世紀のバスカヴィル・コーチ (Baskerville coaches、大型 4 輪馬車), トーマス・ハンバー (Thomas Humber) の所有自転車、 一台のブラフ上級車 (Brough Superior car)、 そして、 ユニークなセラー・カー (Celer car) である。

セラー自動車 (Celer automobile)
通信

展示が示すことは、いかにしてノッティンガムが通信産業を変え、 いかにして通信産業がノッティンガムの人々の日々の生活を変えたかである。 訪問客は 1920 年代にさかのぼる復元された時代物のラジオと蓄音機を見聞きでき、 電信システムで自分のモールス符号メッセージ (Morse code message) を送信できる。

鉱山と農業

中庭にはクリフトン炭坑 (Clifton Colliery) の石炭軌道があり、 これはこの鉱山が近くのウィルフォード発電所 (Wilford Power Station) のための大半の石炭を提供していた時代のもので、 発電所は現在の河岸ショッピング・センター (River Retail Park) の場所にあった。 近くには復元された居住バン (living van) がある。 これらは蒸気エンジンと蒸気ローラーの後ろに牽引され、農場や道路工事の作業中に労働者の宿泊施設を提供した。 トラクター広場には通常何台かのトラクターを見ることができ、 これらは、蒸気の日には作業しているのを見ることができる。 トラクターのコレクションを構成するのは: 一台のスタンダード・フォードサン (Standard Fordson) と一台のフィールド・マーシャル・シリーズ 2 (Field Marshall Series 2) である。

エンジン

蒸気エンジン・ギャラリーはベイスフォード・ビーム・エンジン (Basford Beam Engine) を含み、 これは ニューカッスル・アポン・タイン (Newcastle upon Tyne) の R. W. ホーソーン (Hawthorn) により 1858 年に建造された対のエンジンの 1 つである。 これは、ベイスフォード揚水所 (Basford Pumpin Station、/ˈbeɪsfərd/) に設置され、 下の砂岩から 110 フィート水を汲み上げて、 ノッティンガム市に新鮮な水を供給した。 このエンジンは 1965 年に交代され、取り去って この目的のために建設された蒸気ギャラリーに移動され、ここで 1975 年に始めて火を入れた。 そして、今日、この建物には色々なポンプとエンジンがあり、 この多くは地元の会社から取り去って移動したものである: 例えば、ノッティンガムのクレモン・ストリート (Cremorne Street) の フェニックス・エンジン工場の E. リーダー & サンズ (E. Reader & Sons of Phoenix Engine Works、高速固定蒸気エンジンのメーカー) がある。 ギャラリーの下端には 2 台の プラウ・エンジン (ploughing engine) が立っている。 これらは連続した登録番号を持ち、ファウラーズ・リーズ鋳造所 (Fowlers Leeds Foundry) から出荷された 最後の 2 台の製造エンジンであった。 これらはノッティンガム市議会 (Nottingham City Council) により所有され、 ストーク・バードルフ (Stoke Bardolph) の大きな酪農場 (dairy farm) の土地に処理済み下水 (土) を持ち込んで耕すために 使用された。 このエンジンのうちの一台は可動で、蒸気イベント (steam up event) で使用される。 プラウ・エンジン (ploughing engine) のそばには、J. T. マーシャル (Marshall) の ポータブル蒸気エンジンがあり、 1886 年にサンディエイカー (Sandiacre) の ノッティンガム・エンジニアリング工場 (Nottingham Engineering Works) で建造されている。 これは完全に可動状態に復元され、蒸気イベント (steam up event) で操業しているのを見ることができる。

他の展示

操業できるモデル鉄道がロービー (Robey) 固定エンジンの可動モデルと共に蒸気ホールで見ることができる。 別の部屋にはとても大きな固定ミル・エンジン (mill engine) があり、 以前はノッティンガムシャーのパブに収容されていたが、 博物館により救済された。 ミル・エンジンのそばには 00 ゲージの鉄道展示がある。 通信展示のそばには、時計と印刷機がある。 著名な地元の会社からのものもあり:  このような会社には例えば、 ブーツ・ザ・ケミスト (Boots the Chemist), プレイヤーズ・シガレット (Players Cigarettes) 及びスタントン製鉄所 (Stanton Ironworks) がある。 博物館の中庭には、ノッティンガムの最初の鉄道駅の彫刻された石のクレスト (crest、紋章の飾り) があり、 この駅は 1839 年にミッドランド・カウンティーズ鉄道 (Midland Counties Railway) により開設された。