ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Coultershaw Wharf and Beam Pump - Wikipedia

コールターショー波止場とビーム・ポンプ: Google map

本文中に登場するビーム・ポンプが若干気になりますが、 マン・エンジン に登場するビーム・ポンプのリンク先に ポンプ・ジャックが指定してあります。原理が同じものと思われます。

コールターショー波止場とビーム・ポンプ
(Coultershw Wharf and Beam Pump)

コールターショー・プリッジ (Coultershaw Bridge) は田舎の共同体 (Community,) で、 イングランド、 ウェスト・サセックス (West Sussex) のペットワースの町 (Petworth) の南 1.5 マイル (2.4 km) にあり、ここでペットワースから チチェスター (Chichester) への A285 道路がロザー川 (River Rother) を横断する。

1792 年から 1888 年まで、波止場と 水門 (lock) も ローザ―水路 (Rother Navigation) にあった。 1970 年代まで、水力ミル (water mill) が川沿いにあって、 ビーム・ポンプを収容し、これは元々第 3 代エグレモント伯爵 (3 rd Earl of Egremont) により 1782 年に建設され、川からペットワースと彼の屋敷であるペットワース・ハウス (Petworth House、ペットワース邸) に 水を汲み上げた。 ミルが取り壊されてから、コールターショー・ビーム・ポンプ (Coultershaw Beam Pump) は可動状態に復元され、 今では古代モニュメント一覧の 1 つ (a Scheduled Ancient Monument) になり、 夏の週末に公開されている。

コールターショー・ビーム・ポンプの噴水、
稼働日のポンプ出力
ウェスト・サセックスにおける
コールターショー・ビーム・ポンプの場所
  1. 語源
  2. コールターショーのミル
  3. ペットワースの給水の歴史
  4. コールターショーの波止場
  5. ビーム・ポンプ
  6. 復元
  7. 訪問
  8. 最近の発展
  9. 興味ある場所
語源

サクソン (Saxon) の時代には、この場所は "Cuóheres Hóh" と呼ばれ、 "Couhere's spur of land" (Couhere の曲がった土地) という意味であった。 1240 年には、"Cuteresho" の名称が与えられた。 それ以来、名前は多くの異なる方法でつづられ、 これには "Cowtershawe" (1564), "Coultersole" (1716), "Cowdersole" (1779), "Cowters Hall" (1795) があり、終には 1800 年に現在の名前になった。

コールターショーのミル

ドームズディ・ブックは 1086 年に編纂され、ペットワースにおけるミルを記録し、 これはほとんど間違いなく、コールターショーのミルを言及している。

13 世紀中頃に、ミルはパーシー家 (Percy family) により所有され、1240 年 7 月にウィリアム・ド・パーシー (William de Percy) は リンチミア (Linchmere) の近くのシャルブレード修道院 (Schulbrede priory) に "Cutersho" のミルを寄贈し、 一方で、『Petterwurth の家屋で使用するどのような種類の穀物も自由に製粉する』 権利を留保した。 彼は修道院がミル・プールの近くの彼の土地から土砂を取る権利を与え、 ティリントン (Tillington) とペットワース (Petworth) の村民 (villeins) を 修道院に毎年 3 日間までミル・プール (mill-pool) 修理の支援に与えることを承諾した。 譲渡の考察で、修道院はパーシー (Percy) あるいは後継者に毎年銀貨 2 枚 (two marks of silver) を与え、 これをパーシー (Percy) が修道院に 『サセックス (Sussex) あるいはヨークシャー (Yorkshire) の 適切な場所に 10 リブレート (librate、[訳注:1 年で 1 ポンドの価値がある土地]) の土地を与える』 まで 続けること、この後でミルはパーシー (Percy) のものに復帰する。

パーシー家 (Percy family) はミルの所有権を取り戻す権利を行使しそびれたようである。 1275 年のサセックスのハンドレッド・ロールズ (Hundred Rolls、 [訳注;ドームズディ・ブックと類似のもの]) で、ミルは修道院に属していることが示され、年間の価値は £10 とされている。 1291 年に、タクサティオ・エクレジアスティカ ((Taxatio Ecclesiastica)、 教皇ニコラウス4世により エドワード 1 世に与えられた、宗教組織が保有する俗世の資産調査) では、 ミルは (今では年間 £2 の価値) は "Catesstowe" あるいは "Cotestoke" にあると記録され、 一方 1380 年には "Codestowe"にあると記録されている。 教会がヴァロール・エクレジアスティコス (Valor Ecclesiasticus) (1535 年の ヘンリー 8 世の命令による教会の資金調査) では、ミル (今では "Cowtershall" にある) はなお教会の資産として記録され、年間の価値が 53s 4d とされている。

1536 年の 「修道院の解体」 (Dissolution of Monasteries) に引き続き、 修道院とその資産は ヘンリー 8 世の認可状 (charter) により、 第 1 代サウサンプトン伯爵であるサー・ウィリアム・フィッツウィリアム (Sir William FitzWilliam) に贈与された。 ミルはその後パーシー家のものに復帰した。 レディー・エリザベス・パーシー (Lady Elizabeth Percy) は 1670 年の父親の死でペットワースの資産を引き継いだ。 1682 年に、彼女は第 6 代サマセット侯爵であるチャールズ・セイモア (Charles Seymour) と結婚し、 従って、サマセット侯爵夫人 (Duchess of Somerset) となり、侯爵がペットワースの資産の所有者になった。

1703 年に、法廷の記録が言及することは、「Coutershoal Mill と呼ばれるミル」("mill called Coutershoal Mill") が 『借地人の便宜とサービスのために』 管理され、 『借地人が上記のミルで製粉することはこの荘園では習慣である』 としている。

サマセット侯爵は 1750 年に亡くなり、2 年後に彼の子息の第 7 代侯爵が引き継いだ。 第 7 代侯爵の死で、甥のチャールズ・ウィンダム (Charles Wyndham) がペットワースとエグレモント伯爵の称号を相続した。

1534 年にはこの場所に、2 つの穀物ミルと 1 つのモルト・ミル (malt mill、麦芽ミル) があった。 穀物ミルは 1910 年に現代化され、水車を水力タービンで、 臼石 (graindstone) を鋼のローラー (roller) で交換した。 エンジン棟は 1919 年に建設され、川に水がほとんどない時の補助動力を提供し、 第 2 のタービンが 1922 年に追加された。 ミルは 1923 年の火災で破壊され、魅力のない鋼枠のコンクリートの建物で交換された。

コールターショー・ミル、1906 年

20 世紀初めから、ミルが 1972 年に閉鎖されるまでに、ミルはグウィリム (Gwillim) 家が操業し、 彼らはミッドハースト (Midhurst) のノース・ミル (North Mill) を操業した。 1905 年から 1930 年までのグウィリム (Gwillim) 家よる コールターショー・ミルの借用に関する手紙が ウェスト・サセックスの記録事務所に保管され、 『ペットワース・ハウス (Petworth House) のエグレモント男爵であるジョン・エドワード・レジナルド (John Edward Reginald)』 と 『コールターショーの J. グウィリム社 (J. Gwillim Limited)』 の間の 1968 年 8 月に作成された最後のリースのコピーも同様にある。 これは 20 年間のもので、最初の賃貸料が年間 £1,250 であった。

1930 年に、 ジョン・グウィリム & ノバデル社 (John Gwillim and Novadel Limited) は「プランシフター (plansifter) と類似のものの改良」 (英国特許 GB353145) の特許を獲得した。 「プランシフター」 (plansifter) とはミルの操業で使用されるメッシュの大きさが順番に小さくなる多層のふるいのことで、 大きさにより粒子を分離する。

1992 年に、ジョン・グウィリム (John Gwillim) の娘であるフィリス・キャット (Phyllis Catt) は 「製粉屋の娘」 (Miller's Daughter) を出版し、 この中で、彼女はこのミルとミッドハースト (Midhurst) のノース・ミル (North Mill) で生活した経験 -- 機械と水の急流の騒音 -- を記録している。

1972 年のジョン・グウィリム (John Gwillim) の死に続き、ミルは操業を終了し、 建物は翌年に取り壊された、もっともビーム・ポンプと水車は復元のために保存された。

ペットワースの給水の歴史

町がパイプで給水される前に、 ペットワースの住民は町の東にある泉から水を手に入れ、 泉には「聖母マリアの泉」 (Virgin Mary Spring) があり、水はなお、ひくことができる。

ペットワースの最初のパイプによる給水は 16 世紀始めに、 ジョン・エドマンズ師 (Rev. John Edmunds) により設立された。 彼は地方の教区牧師 (Rector) で、 直径 3 インチ (76 mm) の鉛のパイプを 町の西およそ 1 マイル (1.6 km) のボックスグローブ・パドック (Boxgrove Paddock) における複数の泉 -- 下層の緑砂 (greensand) とアザーフィールド粘土 (Atherfield clay) の継ぎ目 -- から設置し、 荘園邸 ((Manor house)、現在のペットワース・ハウス (Petworth House)) と町の水道 (conduit) に給水した。 本管は教会の北側の石の貯水池につながり、分岐は町の下層レベルの地点につながっていた。 1575 年、パイプがひどく腐食し、保守費用の支払いの補助にするために、 第 8 代ノーサンバーランド伯爵 (Earl of Northumberland) のヘンリー (Henry) は町に 7 エーカー (2.8 ヘクタール) の 水道畑 (Conduit Field) -- ミッドハースト (Midhurst) に至る道路の南側にあるハンガーズ・レーン (Hungers Lane) の東 -- を贈呈した。

1625 年に、泉があったのは教会の外、 マーケット広場 (Market Square)、 そして町の水道 (conduit) で、 これに含まれるのはサウス・ストリート (現在のパウンド・ストリート (Pound Street)) の北端の "ザ・ジョージ" 宿 (The George inn) の 外側であった。 この頃から、水道畑 (Conduit Field) の土地からの収入はパイプの保守資金には不十分となり、 町の人々と伯爵の間に合意が成立し、水道畑 (Conduit Field) を返上する代わりに、伯爵が必要な修理を実施し、 パイプの進行中の修理に責任を取り、 2 人の管理人を選び、 1 人を伯爵が選び、1 人を町で選び、管理人が給水の監督をすることになった。

18 世紀末までに、水道システム (conduit system) は町の需要に応えるのに不十分となり、 第 3 代エグレモント伯爵のジョージは町の 1.5 マイル (2.4 km) にあるロザー川沿いのコールターショー・ミル (Coultershaw Mill) にポンプを設置した。 ポンプは木造の下掛け水車で駆動され、 内腔 3 インチの本管に沿って水を強制的に送り、2 つの貯水池に給水した。 この貯水池の 1 つは芝生丘 (Lawn Hill) のペットワース・パーク (Petworth Park) にあり、 もう 1 つは町の南東にあり、古い牢屋の近くのパーシー・ロウ (Percy Row) の西にあった。 この給水は水道システムの給水と分離されていた、 というのは川の水は緑砂 (greensand) の細かい沈殿物と他の汚染が浮いていたからで、 人の消費には適していないと考えられた。

新しい給水への接続はエグレモント伯爵の承認が必要であった; これにもかかわらず、認可されていない大量の接続があった。 もっともシステムは飲料用に使用することを意図したものでなく、未処理の川の水であった。 1839 年に、記録されていたことは、コールターショーからのパイプは ペットワースの 7 ヶ所の公共、及び 146 ヶ所の私的な水道栓 (stopcock) に給水し、 これには醸造業、麦芽製造所 (malt-house)、風車、そしてスワン宿 (Swan Inn) があった。

1784 年に、チャールズ・ケリー博士 (Dr Charles Kelly) はルコンフィールド卿 (Lord Leconfield) に町の給水と町の人々の健康に関して報告した。 彼の報告が示すことは、町の下水は町の南の畑に排出され、 ここで、下水は幾つかの溝をたどって、ロザー川に流れ、これはコールターショーのポンプのおよそ 1 マイル (1.6 km) 上流であった。 従って、川から取り出され、町に汲み上げられた水は人間の排せつ物で汚染されていた。 17 世紀のシステムからのきれいな飲料水の供給はなお十分にあったが、 町の周りの配分は不十分で、ほんの少しの水槽しかなかった。 その結果、町の住民は 水道への行き来のために長く歩くよりは、 川のシステムから水を獲得する方が便利になった。 ケリー博士 (Dr Kelly) が勧告したことは、 新しいシステムを設置して、近くの 3 つの泉から新鮮な水を獲得し、 下水が川に進入することを防いで、コレラやチフスの危険を回避することであった。

ケリー博士 (Dr. Kelly) の提案はすぐには実行されなかったが、 1882 年に合意がルコンフィールド卿 (Lord Leconfield) と田園衛生局 (Rural Sanitary Authority) の間で到達し、 新しい給水が、町の南東のゴアヒル (Gorehill、ゴア丘) の泉から獲得することになった。 新しい揚水所が、助言技術企業のハサード&ティレル (Hassard & Tyrrell) の下で、 ハスリングボーン (Haslingbourne) に建設され、 ここから水は コーンウォール・ボイラーが付いた 6 馬力のメイソン & ウェイマン (Mason & Weyman) の蒸気エンジンで汲み上げられ、 5 インチ (127 mm) のパイプを通して、コッテージ・ホスピタル (Cottage Hospital) の近くの貯水池に送り、 ここは町の 1 マイル東の高台にあった。 新しい貯水池から町への給水は既存の川からの本管に接続され、本管は栓をして、 泉の水だけが町に循環し、川からの水はペットワーク・パーク (Petworth Park) の貯水池に給水し続けた。

コールターショーの波止場

1791 年と 1794 年の間に、第 3 代エグレモント伯爵はロザー川の上級化と一連の水門の建設の資金繰りをして、 プルボロウ (Pulborough) とミッドハースト (Midhurst) のアルン川との間の商業交通のために川を航行可能にしようとした。

新しいロザー水路 (Rother Navigation) のルートの掘削は 1791 年 8 月にストファム (Stopham) で開始し、 ここでアルン川 (River Arun) を使用して、 ウェイ・アルン運河 (Wey and Arun Canal) に接続し、従ってロンドンに接続した。 1792 年 7 月の末までに、掘削はコールターショーの波止場に到達し、 ここで運河は ミル水路 (millstream) を使用した。 ミル水路はここではほとんど南に向かい、川の本流は西に蛇行し、その始点 (head) に堰があった。 ミル自身においては、4 番目の水門がミルの西の数ヤードに建設された。 1793 年 6 月までに、商業輸送が開始して運河を利用し、木材がコールターショーからアルンまで 1793 年 8 月に運ばれた。 1794 年 11 月に、ハシケに積載した白亜 (chalk) がコールターショーに新しく建設された窯 (kiln) に到着した。 この窯は道路の東側にあって、ミルからおよそ 100 ヤードにあった。

1800 年まで、チチェスターからペットワースへの有料道路はダンクトン・ヒル (Duncton Hill) を下って、 ロザー川をロザーブリッジ (Rotherbridge, ロザー橋) -- コールターショーの南西半マイル -- で横断した。 ペットワース有料道路受託者 (Petworth Turnpike Trustees) が、第 3 代エグレモント伯爵を含め、 疑ったことは、コールターショーの製粉屋であるウィリアム・ウォーレン (William Warren) が彼の友人にミルの橋を使用させ、 従って有料道路の使用料金を払わずに済ませていることであった。 1800 年の議会法により、エグレモント卿 (Lord Egremont) はコールターショーの新しい橋の建設と有料道路をペットワースから ここまで直接にするルート変更に資金を提供した。 その結果、ロザーブリッジの 2 つのアーチからなる以前の橋が取り壊されて、 この石材がコールターショーの新しい橋建設に使用され、川の西岸に料金所 (toll-house) が作られた。

コールターショーはペットワースの南およそ 1.5 マイル (2.4 km) であったが、 これは水路の最短の波止場で、肥料、石炭、そして町とその周辺の建築資材の輸送を急速に緩和し、 そして農業、木材などの製品の幅広い市場へのアクセスを改良した。 コールターショーの波止場は水路の中で最も多忙で、水路の交通の半分以上を処理した。 1820 年には 1,683 トンの石炭がコールターショーに運ばれた。

コールターショーのかってのミル池
波止場は後方 (2009 年 9 月)
コールターショーのロザー川が氾濫、近くの橋はロザー
水路の水門を横断したが低くされた。橋のすぐ上流で
見えない所に水門の遺構 (2011 年 2 月)

1808 年には波止場は川の両側に広がった。 北側 (東側) の堤防の"大波止場" (Big Wharf) にあったのは、 小さな倉庫 (ペットワースの商人であるウィリアム・アプトン (William Upton) に 1840 年までリース) 鍛冶屋の仕事場、 そして 蹄鉄履かせ小屋 (shoing shed, マイケル・フォード (Michael Ford) にリース)、 6 つの石炭囲い (coal pen) であった. 色々な小屋と倉庫 (storehouse) が南側 (西側) の堤防の"小波止場" (Little Wharf) にも立っていた。 波止場に隣接して、製粉ミル (今ではウィリアム・デール (William Dale) にリース) が立ち、 エグレモント卿 (Lord Egremont) の石灰窯が近くにあった。

水路は 1823 年から 1863 年にかけて最も多忙で、 年間のトン数は決して 10,000 トンを下らなかった。 1843 年にコールターショーに運ばれた石炭の量は 2000 トンに増え、 全部で 7000 トンの商品がこの年コールターショーを通過し、 これが水路の全交通量の 55% になっていた。

1859 年 10 月に、 「ロンドン、 ブライトン&南海岸鉄道」(London, Brighton and South Coast Railway) が プルボロウ (Pulborough) からペットワース (Petworth) までの鉄道路線を開通させ、 新しいペットワース駅がコールターショーから半マイルの所にでき、 町の中央から全部で 2 マイル (3.2 km) であった。 最初、鉄道は水路にほとんど影響しなかったが、 1863 年にアルン峡谷鉄道 (Arun Valley Line) が南に延長され、プルボロウ (Pulborough) からアランデル (Arundel) とフォード (Ford) に至り、 ここで、南海岸本線 (south coast mainline) に接続した。 1 年以内に、水路は 5000 トン、あるいは年間の交通の 40% を喪失した。 1866 年のミッドハースト (Midhurst) への鉄道の延長により、交通が更に失われ、運河の交通は大きな木のような貨物に制限された。 これは大きすぎたからである。

水路の商業交通は 1888 年まで継続したが、公式に見捨てられたのは 1936 年であった。

コールターショーの料金所は 1870 年代の末に取り壊された、 もっとも、その基礎は 1950 年代に運河橋の西側に見ることができた。 水門と橋は生き延びたが、ペットワースからチチェスター (Chichester) に至るA285 道路を通す狭い橋を広げる必要性により壊されそうになった。

コールターショー波止場には 2 つの橋があった: 1803 年に建設されたロザー川を越える橋は A285 の混雑した交通をなお通し; そして、元々の水路を越える橋は元はきつい太鼓橋 (hump back type) であったが、 路面はそれ以来、平坦になっている。

ビーム・ポンプ

ビーム・ポンプは第 3 代エグレモント伯爵により 1782 年にミルに設置され、 ペットワースと彼の自宅のペットワース・ハウス (Petworth House) に川から 水を汲み上げた。 ペットワース・ハウスはミルの 1.5 マイル (2.4 km) 北で、 150 フィート (46 m) 高くなっていた。 コールターショーのポンプのデザイナーは今では不明であるが、 これが 1705 年に ロンドン橋 (London Bridge) の下にジョージ・ソロコールド (George Sorocold) により設置された ポンプにデザインがとてもよく似ているので、 エグレモント卿はロンドンを訪れた時に、これらのポンプに 気が付いていた可能性がある。

テムズ川のソロコールド (Sorocold) の水車

類似のポンプは ウェスト・サセックス (West Sussex) の近くに設置され、 ほぼ同じ頃にはアップパーク (Uppark) とビッグナー・パーク (Bignor Park) に設置され、 1840 年代にはウールベディング (Woolbeding) に設置された。 もっとも、これらはロンドン橋 (London Bridghe) のものと同様に、今では取り壊され、 コールターショーのポンプが唯一の現存する実例である。 もっともウールベディング (Woolbeding) のポンプを復元するプロジェクトは 2014 年に開始した。 ポンプは胸掛け水車で操作され、これは (1912 年に鋳造された) 3 列のクランクシャフトと直接接続され、 クランクシャフトは 12 フィート 6 インチ (3.8 m) の長さのビームを揺らし (swing)、 ビームは連接棒 (connecting rod) を通して一方の端で回転 (pivot) した。 ポンプのプランジャー棒 (plunger rod) はビーム (bema) の外側の自由端 (free end) に固定され、 随分まっすぐな動きをする; これらは直径 6 インチ (150 mm) の皮のカップ (cup) と皮の上げ蓋 (flap) から作った 逆止め弁 (non-return valve) と背中合わせに固定されていた。 ポンプには 3 つのシリンダーがあり、 シリンダーは内腔が 6.5 インチ (165 mm)、ストロークが 13 インチ (330 mm) である。 ポンプは 75 psi (520 kPa) を越える作動圧力 (operating pressure) を生成できた。

水は水車に給水する主カルバート (culvert) から、 オーク製のペンストックによって取り入れ、 直径 4 インチ (100 mm) の鋳鉄製のパイプを通してから、 直径 3 インチ (80 mm) の鋳鉄製のパイプを通して、ペットワースの貯水池に配水した。 後には圧縮空気の入れ物 (compressed air vessel) が配管に設置されて圧力の変動を軽減した。 ポンプとペットワースの間には幾つかの逆止め弁があった。 最盛期にはポンプは 1 日当たり 20,000 英ガロン (91,000 リットル) (あるいは 1 分間に 1 ホッグスヘッド (hogshead, 大樽) の比率で配水した。

元々の水車は完全に木材で造られていたが、 19 世紀中頃に、 コッキング (Cocking) のチョーリー鋳鉄工場 (Chorley Iron Foundry) で鋳造された鉄の水車で交換された。 現在の水車には 2 つの鋳鉄製のスパイダー (spider、蜘蛛の形のスポーク) があり、6 角形の中心が 錬鉄製の軸に固定されている。 スパイダー (spider) は直径が 8 フィート 6 インチ (2.6 m) で、 オークのパドル (paddle、羽根) がつき、 パドルは深さが 16 インチ (410 mm)、 幅が 4 フィート 6 インチ (1.4 m) で、 水車全体の直径は 11 フィート 2 インチ (3.4 m) である。 クランク軸と水車の軸の配置はとても正確というわけではない; まさつを削減するために、水車とポンプの間の軸受けはゆるやかなままである。 運転中、ポンプはとてもうるさく、ガタガタする音はミルの建物中で聞こえる。 復元されてから、たわみ継ぎ手 (flexible coupling) が 2 つの軸の間に挿入されて、 ガタガタする音が削減された。

ポンプは元々のミルを破壊した 1923 年の火災を生き延び、代りの建物の中で 1960 年頃まで 操業し続けた。 他のビーム・ポンプで、類似のサイズと類似の年代のものが知られていないため、 復元されたコールターショーのポンプは 1980 年に古代モニュメント (Ancient Monument) に指定された。

復元

ミルは 1973 年に取り壊されたが、ビーム・ポンプと水車は復元のために保存された、 もっとも導水路 (sluice) と水車のパドル (paddle, 羽根) は交換が必要であった。 1976 年に、サセックス産業考古学協会 (Sussex Industrial Archaeology Society) は 現在のエグレモント卿の許可を受けて、 ポンプを可動状態に復元することになった。 復元は協会メンバーにより、ボランティアとして請け負うことになり、 いずれは、この場所を公開するためであり、 古代モニュメント視察団の歴史建物部門 (Historic Buildings Section of the Inspectorate of Ancient Monuments) の助成金、 ウェスト・サセックス州議会の助成金、 及び環境省の助成金、 更にはエグレモント卿 -- 装置の周りの土地の所有者 -- の支援によって資金繰りをした。 工事は直ちに開始し、10 月までに一時的なビジター・センターが設置され、 定期的な 2 週間ごとの工事の開催が進行中であった。

ポンプの設置が地表以下で、ミルが取り壊されていたため、 地元で納屋を獲得して、装置の上に設置する計画になった。 100 年前の納屋が近くのグッドウッド (Goodwood) 地所で獲得され、ポンプの上に設置して、ポンプの保護と、 ビジター・センターの機能の両用にした。

1980 年の始めまでに、 復元プロジェクトの最初の段階が完成した。 3 月 16 日に、ミルの水車は復元後初めて動作した。 2 ヵ月後、ポンプと噴水が始めて共に動作した。 1980 年 7 月 4 日に、ビーム・ポンプはエグレモント卿により、 招待されたゲストの前で、開始儀式があり、 ゲストにはウェスト・サセックス州議会の「海岸・田園委員会」(Coast and Countryside Committee) 委員長のフィリップ・グリーン (Philip Green) がいた。 そして 2 日後に最初の公開日が開催された。

ポンプは今ではビジター・センターの外の噴水に給水し、なお「 1 分間に 1 樽」("hogshead a minute") を給水している。

訪問

博物館は 4 月から 9 月までの、第一日曜日と第三日曜日、そしてすべての銀行祭日 (bank holiday) の月曜日に公開されている。 ポンプはもとよりのことながら、それ以外の展示に含まれるものは: 一台の水圧ラム・ポンプ (hydraulic ram pump)、 複数の手動ポンプ、 そして電動駆動のボアホール・ポンプ (borehole pump) がある。 観光客は、導水路 (sluice) の下流のミル池、 航行プール (pool)、以前の運河の馬の馬小屋も見ることができr、

コールターショーのロザー川は、釣り人に人気があり、 大量の チャブ (chub) と バーベル (barbel、鯉のような魚) がいる。

最近の発展

2012 年 7 月に、エグレモント卿は公式に アルキメデス・スクリューの水力タービンのスイッチを入れた、 このタービンは以前の穀物ミルの水車立て坑 (Wheel pit) に設置されていた。 水力タービンは環境にやさしい電力を生成し、 イングランド南東ではこの種のものとしては最初であると信じられている。 6 トンのスクリューは年間で 65,000 kW の電力を生成し、国内電力網に接続されている。 このプロジェクトはコールターショー・トラストの委員長であるロビン・ウィルソン CBE (Robin Wilson CBE) により管理され、 彼は 1991 年 - 1992 年に イギリス土木学会 (Institution of Civil Engineers) の会長であった。

トラストはコールターショーの施設を改良し続けている。 2013 年 7 月に、川とかっての水路をわたる新しい板道と歩道橋が完成し、 観光客にアクセスできる場所が広がった。 使用されていない水門は水をせき止められて、歩道が隔室の中に設置され、 観光客が中を歩いて、壁と残っているゲートの備品を調べることができる。 2013 年 12 月に、ロザー川の例外的な氾濫で、板道が深刻な被害を受けた。

興味ある場所
地点座標備考
コールターショー
(Coultershaw)
50.965972°N 0.617222°W 
シュールブリード・プライオリー
(Shulbrede Priory)
51.061716°N 0.750973°W 
聖母マリアの泉
(Virgin Mary Spring)
50.981671°N 0.599408°W 
ボックスグローブ・パドック
(Boxgrove Paddock)
50.987992°N 0.624294°W 
水道畑
(Conduit Field)
50.984336°N 0.623048°W 
芝生丘 (貯水池)
(Lawn Hill (reservoir))
50.990017°N 0.612978°W 
パーシー・ロウ(貯水池)
(Percy Row (reservoir))
50.984822°N 0.607149°W 
ハスリングボーン (揚水所)
(Haslingbourne (pumping station))
50.973885°N 0.602491°W 
コッテージ・ホスピタル (貯水池)
(Cottage Hospital (reservoir))
50.985246°N 0.590039°W 
ロザー橋
(Rotherbridge)
50.973000°N 0.624800°W 
アップパーク水ポンプ
(Uppark water pump)
50.966000°N 0.884914°Wポンプの場所
ビッグナー・パーク
(Bignor Park)
50.928616°N 0.588408°Wポンプの場所
ウールべディング・ハウス
(Woolbeding House)
50.997067°N 0.755915°Wポンプの場所
コッキング鋳造所
(Cocking Foundry)
50.959610°N 0.743390°W