ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Mill race - Wikipedia

ヨーロッパ、アメリカの水車は川にそのまま設置することがなく、 まず川から水をひいて。人工水路を作り、この人工水路に水車を設置します。 このようにするのは、洪水時に水車を守るためと、人工水路に落差を作って、ここに水車を作るためです。

mill race (ミル水路), head race (給水路), tail race (排水路) は 水車に入出力する人工水路の事で、対応する日本語がなく、適当な用語をあてて翻訳をしました。

mill race は millstream とも呼びます。

ミル水路 (Mill race)
ミル水路 (mill race, millrace, millrun (run=水路)) は 水車を回転させる「水の流れ」 (current of water) のこと、 あるいは水車に至る、もしくは水車からの、水を導く水路 (channel (sluice)) のことである。 ミル池 (mill pond) の広い水と比べると、狭い水の流れ (currect) は速く強力である。 広い川あるいは、 ミル池から水車に至る水路 (race) を給水路 (head race (or headrace)) と呼び、 水車からの水路 (race) を排水路 (tail race (tailrace)) と呼ぶ。

ミル水路は多くの地理的に特別な名称があり、 例えば、 リート (leat)、 レイド (lade)、ゴイト (goit)、 ペンストック (penstock) の名称がある。 これらの言葉はもっと正確な定義があり、意味は場所によって違っている。 元々の下掛け水車 (のミル水路) は、 ウィトルウィウス (Vitruvius) により記述されていることによれば、 水車が置かれた川の水路 (run of the river) の事で、 速く流れる流れが押し付けられて、バケットの付いた水車の底を回転する。 この用語の第 1 の意味では、「ミル水路」はストリーム (stream) であり; チャンネル (channel) の意味がなく、従ってレース (race) の意味がない。

訳注
この部分の意味は少しわからないのですが、次のように考えると意味がつながります。 ストリームは基本的に川の事で人工水路も含まれます。 チャンネルは川の中の流れが激しい場所 (current) と考えることもでき、 レース (race) にこの意味もあります。日本語の水路にも「川」の意味と「川の中の流れが速い部分」 (あるいは船が通れる場所) の 2 重の意味があることに関連していると考えられます。

技術が進歩し、川 (stream) が堰でせき止められた。 これにより水頭が増加した。 堰の後方にはミル池 (millpond or lodge) があった。 水は水車までミル水路 (sluice or millrace) を通り、これは給水路 (head race) と呼ばれる。 水車から、水は導水路 (sluice) によって川 (stream) に戻り、 これは排水路 (tail race) と呼ばれる。 一つのミル (mill) の排水路が別のミルに接続され、 ここで給水路の役割をしている時に中間水路 (mid race) と呼ばれる。 ミル水路 (millrace) の水位は一連のゲート (sluice gate, 導水路ゲート) により制御される。

セント・オールバンズ (St. Albans) の近くのバー川 (River Ver)
のレッドボーンベリー・ミル (Redbournbury Mill) のミル水路
画像ギャラリー
給水路 ストールカンソン水車
(Storckensohn) の
給水路 or フルーム (flume)
ミーオン川に
(River Meon)
合流する排水路
コグルスフォード・ミル
(Cogglesford Mill) の覆い付き
給水路と堰のバイバス
ミンガス・ミル (Mingus Mill)
のミル水路
ジェネシー川 (Genesee River)からの
ジョンソン & セイモアミル水路
(Johnson & Seymour)
訳注
画像を拡大表示すると、詳細データが表示され、最後の画像を除いて撮影場所の座標がわかります。