ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Flume - Wikipedia
フルーム (Flume)

フルーム (flume) は人造の水路で、屋根がない傾いた重力シュート (chute, 傾斜路) の形をしており、 この壁は周りの地形よりも上に持ち上がり、掘 (trench or ditch) とは違っている。 フルームはアクエダクト (aqueduct、水道) と混乱してはならない、 アクエダクト (aqueduct) は水を輸送するために建設され、フルームのように流れる水を使って資材を輸送しない。 フルームはダム or 堰から水を取り入れ、資材の収集場所まで送付する。

多くのフルームは架台 (trestle) の上に持ち上げた木造の樋 (trough) の形をしており、 しばしば土地の自然な等高線に沿っている。 これらは、ミル水路 (mill race) の 1 部分に起源があり、 伐採業 (logging industry) の丸太輸送に使用され、丸太フルーム (log flume) と呼ばれた。 これらは水圧採鉱 (hydraulic mining) と 金、スズ そしてそれ以外の重い金属の砂鉱床 (placer deposit) の作業にも広範囲に使用された。

スウェーデンの丸太フルーム
2010 年 8 月
  1. 語源
  2. フルームのタイプ
語源

フルーム (flume) の用語は 古フランス語 (Old French) の flum、 ラテン語の flument に由来し、川を意味する。 これは正式に「流れ」 (stream、[訳注:人工の川も含まれる]) に使用され、 とりわけミル水路 (mill race) に使用される。 これは、アメリカでは、険しい岩の間を走るとても狭い峡谷で、流れが底にあるものに使用されるが、 もっと頻繁に、川から取り込む、木などでできた人工水路に適用され、 その目的は、 灌漑、 製材所 (sawmill)、 金の採掘の水力方法の色々な工程を目的にしたものがある。

フルームのタイプ
ミル水路 (Millrace)

ダイバージョン・フルーム (diversionary flume、迂回フルーム) は 1 つの水域から、別の水域に水を 運ぶのに使用され、例えば 2 つの貯水池間で使用される。

ブル・ラン発電プロジェクト (Bull Run)
ダイバージョン・フルーム、
一つの貯水池から別の貯水池に水を運ぶ。
稼働な灌漑フルームが修理中
カナダ、 ブリティッシュコロンビア州
イースト・クートニー、1912 年に建設、
8km を走って、数十軒の農家に給水。
丸太フルーム (Log flume)

丸太フルームは切断された丸太と材木を下流に運ぶ水の流れを使用し、 時には何マイルも運び、製材所、あるいは更に輸送するための中継点に至る。

水量測定フルーム (Flow measurement flume)

フルームの種類によっては、より大きな水路の水量を測定するのに使用される。 開放水路で水量を測定するのに使用される時、フルームは特別な形をした固定水圧構造 (fixed hydraulic structure) として定義され、自由通過状態の下で、流れを加速するように仕向け、 フルームを通過する流量が レベル対流量の関係で特徴づけられ、フルーム内の単純水頭 (レベル) の測定で適用される。 加速は側壁が狭まること、あるいはフロアーが持ち上がることによる変化、あるいはこの 2 つの組み合わせ によって達成される。

流量測定フルームを構成するのは典型的には:  狭まる区間 (converging section)、 喉の区間 (throat section)、 そして、広がる区間 (diverging section) である。 しかしながら、すべての区間がある必要がない。 首切りフルーム (Cutthroat flume) の場合は、 狭まる区間が直接広がる区間につながり、 その結果、喉の区間の長さがない (ここから「首切りフルーム」 [訳注:喉の区間を切り取ったフルーム] と呼ばれる)。 他のフルームには広がる区間がないものがある (モンタナ (Montana)、 USGS ポータブル・パーシャル (USGS Portable Parshall)、 そして HS / H / HL フルーム)。

英国の測定フルーム

フルームは刃形堰 (sharp-crested weirs) よりも明確な利点がある。

流量測定フルームのスタイルに含まれるものは:  首切り (Cutthroat)、 HS / H / HL -タイプ、 Khafagi, モンタナ (Montana), RBC, パーシャル (Parshall), パーマー・バウラス (Palmer-Bowlus), 台形 (Trapezoidal), そしてベンチュリ (Venturi) である。

訳注
この用語から、 水量測定フルームは ベンチュリ効果を使用したものであることがわかる。

流量測定フルームを設置できるのは:  土の水路、 コンクリートの運河、 地下の隔室 (below ground chamber)、 あるいは Packaged Metering Manholes と一体化した工場である。

航行可能運河のフルーム

19 世紀の運河によっては、バイパス・フルームが水門の上層 (or 池) から 下層にかけて水門を迂回し、従って下層には十分な水がある。

リクリエーション・フルーム (Recreational flumes)

競泳では、透明な側面を持つ特別製のフルームが時々コーチにより使用され、 水泳選手の技術を分析する。 流速が可変で、水泳選手のスタイルと能力の全範囲に合わせている。

フルームから流出 ニューサウスウェールズ州
の一時的なフルーム
チェサピーク・オハイオ運河
のバイバス・フルーム