ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Cromford Mill - Wikipedia

クロムフォード・ミル: Google map

クロムフォード・ミル (Cromford Mill)

クロムフォード・ミルは世界最初の水力による木綿紡ぎミルで、 イングランド、 ダービーシャー州クロムフォードで 1771 年に リチャード・アークライト (Richard Arkwright) により開発された。 ミルの建物はグレード I の指定建造物として分類されている。 これは今ではダーウェント峡谷ミル群のユネスコ世界遺産 (Derwent Valley Mills UNESCO World Heritage Site) の中心的なものであり、 多目的利用のビジター・センターとなり、 店、ギャラリー、レストラン、そして喫茶店がある。

クロムフォード・ミル ダービーシャーにおける位置
  1. 歴史
  2. 建物と構造
  3. 機械
歴史

1733 年の木綿織機のフライイング・ シャトル (flying shuttle) の 発明に引き続き、 紡いだ木綿の需要はイングランドで随分増えた。 カード処理 (carding, 梳き) と紡ぎ (spinning) 用の機械はすでに開発されていたが、 非効率であった。 紡いだ木綿は、 ジェニー紡績機 (spinning jenny) ですでに生産されていたが、 織物の縦糸にするには強さが十分でなく、このためにはリネンの糸 (linen thread) を使用するのが実際であり、 ファスチアン (fustian) と呼ばれる布を生産していた。 ノッティンガムの馬を動力とするミルを設置してから、 1769 年に、 リチャード・アークライト (Richard Arkwright) は 水力紡績機 (water frame) の特許を得て、 水力ミルの余剰の力を使用した。

彼がクロムフォードを選んだのは、クロムフォード排水溝 (Cromford Sough (sʌf)) からの暖かい水が年中供給されるためで、これは近くの鉛鉱山からのもので、 これにボンソール川 (Bonsall Brook) が加わっていた。 ここに、彼はジェディダイア・ストラット (Jedediah Strutt)、 サミュエル・ニード (Samuel Need) 及びジョン・スモーリー (John Smalley) の後ろ盾により 5 階建てのミルを建設した。 ストラット (Strutt) とはイカボッド・ライト (Ichabod Wright) を経由して、ノッティンガム銀行 (Nottingham bank) で会っていた。 1772 年から、彼は 2 回の 12 時間シフトで、夜も昼もミルを走らせた。

彼は 200 名の労働者で開始し、これは地元で提供されるよりも多かったので、 近くに彼らのための住宅を建設し、これをした最初の製造業者の 1 人であった。 従業員の大半は女性と子供で、最年少はたった 7 才であった。 後で最少年齢を 10 才に引き上げ、子供は 1 週間に 6 時間の教育が与えられ、 子供達は文盲の親たちができなかった記録をつけることができた。

クロムフォード・ミルへの門 (gate) は毎日正確に午前 6 時と午後 6 時に閉鎖され、 これを通りそびれた労働者は誰でも、1 日分の賃金を失うのみならず、1 日分の賃金の罰金があった。

アークライトのミルへの入り口
閉鎖と更なる利用

この木綿ミルは 19 世紀に終に操業を終了し、 建物は他の目的に利用され、終に染色工場 (dyeing plant) になった。 1979 年に、 このグレード I の指定建造物はアークライト協会 (Arkwright Society) により購入され、 ここが、元々の状態に復元する長期間の作業を開始した。

この場所の重要性は、ここが最初の木綿紡績工場だからではなく、 ここが始めて成功した木綿紡績工場だからである。 これは疑いもなく前進する道を示し、広範囲に模倣された。

世界遺産の場所

今日、ミルは毎日、一般に公開され、世界中から多くの訪問客がいる。 施設に含まれるものは;  ビジター・センター (visitor's center)、 店、 そして喫茶店 (café) である。 可動機械の重要な展示が計画され、 教育グループのための会議室、 図書館、 研究センターの追加が計画されている。

近くのクロムフォード運河の曳舟道は ハイ・ピーク・ジャンクション (High Peak Junction) に至るまでと、更に進んでアンバーゲイト (Ambergate) に至るまでが 生物学的特別自然環境保護区 (SSSI、Site of Special Scientific Interest) として登録されている。

復元

1995 年の状態

1771 年の建物は 1929 年に 2 層が縮小された。 出入りは 20 世紀の染料製造の使用による有毒な残留物により禁止されている;  有毒な沈殿物がある後世のタンクは 1775 年のミルの基礎 と胸掛け水車の隔室を見えなくしている。 唯一残っているミルの建物はガイド付き案内に使用可能で、適している。

元々の 1771 年のミル、ミル・ロードで
村から近づいた時の姿
最初のミルを作業場
から見た、1995 年
水車の隔室の上のタンク 使用可能なミルの建物を工事して、多くの
石のリンテル (横木) を置き換えて、元々
のジョージア朝様式の窓を補強する。

復元の進展、2009 年

5 階建ての現存する3 階建て部分、
元々のミルの大きさを示す。元々は
写真外側の右に下掛け水車があった。
1771 年のミルで、
1785 年に拡張されたもの
1775 年のミルの基礎、このミルは 1890 年の火災
で破壊された。水車の隔室は右にあった。
織り手の住居、クロムフォードの
ノース・ストリート
建物と構造
1771 年のミル
最初のミルの残存する 3 階建て部分
1775 年のミル
1775 年のミルの位置
給水設備

元々、排水溝 (sough) は村で川に戻り、どちらも元々のミルに動力を与えた。 排水溝はミル・ロード (Mill Road) の南側の水路に沿って、分離されて水道橋 (aqueduct) に至っていた。 どちらも 2 番目のミルに給水した。 1785 年にミルは現在の長さに拡張され、カルバートがボンソール川 (Bonsall Brook) の下を通った。 排水溝 (sough) はボンソール川 (brook) から分離され、ミル・ロード (Mill Lane) の南側に沿って村の外に流れ、 水道橋によって、ミル・ロード (Mill Lane) を横断し、新しい上掛け水車に至っていた。 水路と導水路 (sluice) の複雑な組がミルへの給水をコントロールし、 あるいは日曜日には運河に給水し、余剰の水は川に流した。

水路の合成図式

アークライトがボンソール川 (Bonsall Brook) とクロムフォード排水溝 (Cromford Sough) を彼のミルに使用したことは、 他の地元の水の使用者により、幾つかの訴訟で反対された。 しかしながら、1772 年に、新しい排水路であるメアーブルック排水溝 (Meerbrook Sough) が近く -- クロムフォード排水溝 (Cromford Sough) より 30 m 下流 -- で開始した。 1813 年までに新しい排水溝 (sough) はクロムフォード排水溝 (Cromford Sough) の水量に影響し、 アークライトの子息 (彼の名もリチャード・アークライト) と他の使用者はメアーブルック (Meerbrook) の所有者に停止板を 設置させてクロムフォード (Cromford) の水位を上げさせた。 更に訴訟が続いたが、1836 年までに停止板が腐り、交渉されたリースの期限が切れ、クロムフォード排水溝 (Cromford Sough) は再び流量が減った。 終にアークライトは水を求めて、画期的な訴訟を起こしたが、 訴訟は敗北し、まもなく 1847 年以後、クロムフォード・ミルは木綿製造の終了を余儀なくされ、他の利用者に引き渡された。

ミル作業場の導水路 (sluice) は
給水の制御に使用された。
1775 年のミルの
胸掛け水車の場所
カルバートがミルの拡張部
の下でボンソール川を通す。
1771 年のミルが示す左の
水道橋の終端部と壁の穴、
ここに水車があった。
村にあるこのシャトルは地元では
ベア・ピット (Bear Pit) と呼ば
れ、排水溝からの水を制御した。
1785年にミル池 (mill pond) と
して建設されたクロムフォード池
訳注
クロムフォード池: Google map
住宅

ミルのマネージャーはこの場所に住居があった。 最初の労働者はこの地域の外から連れてこられ、 労働者の住宅は後にはクロムフォードに建設された。

クロムフォード運河と波止場

クロムフォード運河と付随するクロムフォード波止場の 1793 年の開設により、 アークライトの工場は、重要なミッドランド (Midland) と北部の都市に接続された、 もっとも運河の使用は、交通が鉄道に移動すると凋落した。

機械
水力紡績機 (water frame)

始めは、工程の最初の段階は手動カーディング (carding, 梳き) であったが、 1775 年に、彼は水力によるカーディング機械の第二の特許を手に入れ、これにより出力が増え、彼の工場の名声は急速に広まった。 彼は、まもなくここと他の場所に更に (複数の) ミルを建設し、まもなくクロムフォードに 1000 名の労働者を雇用した。 多くの他のミルはライセンスの下に建設され、これには、ランカシャー、スコットランド、そしてドイツのミルが含まれた。 サミュエル・スレーター (Samuel Slater) は ジェディダイア・ストラット (Jedediah Strutt) の見習いであったが、 アークライトの機械の秘密を、 米国 ロード・アイランド (R.I.) のポータケット (Pawtucket) に持ち出し、 ここで彼は木綿産業を設立した。 アークライトの成功により、アークライトの特許は法廷で挑戦され、彼の 2 番目の特許は独創性がないものとして覆された。 しかしながら、1792 年に死ぬまでに、彼は英国で最も豊かな肩書のない人物になった。

クロムフォード・ミルは水力紡績機のレプリカを注文し、これは 2013 年 4 月に設置された。 適切なロービング (roving、[訳注:長くて細い繊維の束]) を得るために多大な問題が発生し、 これは低ツイスト (low-twist) の 0.8 カウント (count) の木綿でなければならなかった: 現在、英国には木綿を紡ぐ企業はない。 ロービング (roving) はまもなくスイスの Rieter により供給され、ここが少々の実験的な stock を持っていた。 Rieter は世界で最大の繊維製造機械の製造業者である。