ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Masson Mill - Wikipedia

マソン・ミル: Google map

マソン・ミル (Masson Mill)

サー・リチャード・アークライト (Sir Richard Arkwright) のマソン・ミルは 水力木綿紡績ミル (spinning mill) で、 マトロック・バス (Matlock Bath) のダーウェント川 (River Darwent) の西岸にある。 これは世界遺産の場所であるダーウェント峡谷ミル群の一部分である。 近くにはウィラーズリー・キャッスル (Willersley Castle) があり、これは リチャード・アークライトがマトロック教区で自分のために 建設した住居である。

マソン・ミル ダービーシャーにおける位置
  1. 歴史
  2. 水力発電
  3. ギャラリー
歴史

1733 年の木綿の機織りのためのフライイング・シャトル (flying shuttle、飛び杼) の発明に続いて、 木綿の紡績需要がイングランドで随分と増えた。 カーディング (carding、梳き) と紡績 (spinning) の機械はすでに発明されていたが、 非効率で、 製造された木綿は機織りの縦糸にするには品質が不十分であった。 1769 年、 アークライト 水力紡績機 (water frame) の特許を取り、 水力ミルの余剰の力を使用した。 彼の最初のミルは 1771 年にクロムフォード (Cromford) に建設された。 マソン・ミルは 3 番目のもので、ダーウェント川の、より大きな水流を利用するために近接して建設された。

隅石 (stone quoins) と窓の飾りを持ち、 グリットストーン (gridstone) の上にレンガで建設され、 元々の 21 区画 (bay)、 5 階建ての建物は長さ 43.8 m、幅 8.4 m であった。 階段と補助機能は中央の突き出し部にあって、製造フロアーには障害がなかった。 これはミル建築で重要な進展であった。 ミルは 1 基の水車で動力が与えられたが、 1801 年までに 2 基で置き換えられて、 このシステムが継続し (1847 年にレン&ベネット (Wren and Benet) による水車で交代され)、 1928 年にタービンが設置された。 元々の形では、 ミルには高い欄干があり、これは傾きが低い屋根を隠していたが、 恐らく第 2 の水車が追加された 1800 年頃に、屋根が持ち上げられ、 その結果、ミルに使用可能な 6 階ができた。

堰がダーウェント川を横断して建設され、アークライトのミルと既存の製紙ミルのための水頭 (head, 水位差) を建設した。 これは形が通常の凹型ではなく、凸型に作られ、普通とは違っていた。

アダムズ (Adams) が彼の "Gem of the Peak" (1840 年) で述べたことによると、 マソン・ミルは 「木綿の糸 (thread) を作るために使用される改良された機械が十分に備わっている」。 彼がさらに述べたことによると、夜景はとりわけ堂々としていた。 広々としたミルは、何百もの照明が川と密集した木の葉に映り、 ホイールの騒音と滝の騒音が一緒になっていた。

1835 年頃までに、ミルの北と西に建物が追加され、このうちの幾つかはその後取り壊された。 1911 年、1928 年、そしてもっと最近の 1998 年にアクリントン・レンガ (Accrington brick、[訳注:アクリントンの近くで製造された技術レンガ]) で 増築された。 ミルの煙突は 1900 年のもので、エンジン棟は 有名なミル建築企業の「ストット & サンズ社」 (Stott and Sons) の仕事である。

1897 年にマソン・ミルは「イングリッシュ縫製木綿会社」 (English Sewing Cotton Company) の一部となった。 1908 年のケリー (Kelly) の住所録が述べることでは、 マソン木綿ミル (Masson Cotton Mill) は .... [マトロック・バス (Matlock Bath) の] 多くの人を雇用している。 1922 年までに、マソン木綿ミル (Masson Cotton Mills) は 「今ではサー・リチャード・アークライト社 (Sir Richard Arkwright and Co. Lmited、イングリッシュ縫製木綿会社の支社) の資産」 であり、ミルはこの地域の主な雇用主であり続けた。 ミルは最近は広範囲に修理・修復されてきた。 ミルは今では、博物館と商業施設 (retail village) になっている。

水力発電

ミルは 1995 年に水力発電機を設置し、これは 240 kW を生成している。

ギャラリー

マソン・ミル

カーディングと紡ぎ

6 シリンダー・デビル
(devil)
カーディング装置
(Carder)
プラット兄弟の
ミュール紡績機

織機コレクション

ランカシャー織機 ヨークシャー幅広織機 ブリティッシュ・ノースロップ織機
(British Northrop loom)