ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Nottingham Canal - Wikipedia
ノッティンガム運河の地図 (痕跡のある所のみ)
ノッティンガム運河 (Nottingham Canal)

ノッティンガム運河は 14.7 マイル (23.7 km) の運河で、 ダービーシャー州のラングリー・ミルとイングランドのノッティンガムを接続している。


ノッティンガム運河の一部は魚釣り用に
整備されている。2006 年撮影。
  1. 歴史
  2. 今日の運河
歴史

運河 (建設) の考えは 1790 年に始めて持ち上がった。 これまでにノッティンガムの石炭の供給はエレウォッシュ運河を下り、 トレント川に沿って運ばれた。 クロムフォード運河が 1789 年 7 月に完成すると、 クロムフォード運河に近い炭鉱が繁栄し、ノッティンガムに近い炭鉱が犠牲になることが懸念された。 エレウォッシュ運河が実質石炭供給の独占権を持っており、 これを利用して値上げする心配もあった。 これらの問題は何もせずに憶測だけするだけではダメだと確信し、 トーマス・オールドノウ (Thomas Oldknow)、 ジョン・モーリス (John Morris)、 ヘンリー・グリーン (Henry Green) は公的な集会を開くように運動した。 会合は 1790 年 10 月 26 日にザ・ギルドホール (the Guildhall) で開かれ、運河を直接クロムフォード運河から引き、 トレント・ブリッジの下流でトレント川に接続することを議論した。 出席した者は計画を認め、委員会を作った。 この委員会にはクロムフォード運河建設をした会社に関係した 2 名も含まれていた。

委員会はウィリアム・ジェソップの力を借りることにした。 彼は成功したクロムフォード運河で経験を積んでいた。。 可能なコースはすでにミドルトン卿 -- ウラトン・ホール (Wollaton Hall) の所有者でウラトン炭鉱の所有者 -- が提案していたが、ジェソップは長い掘割とトンネルを掘る必要性から否定した。 ジェソップはその後病気になったため、ジェームス・グリーンに測量させることを提案した。 ジェームス・グリーンはウラトンでミドルトン卿のために働いていた。 委員会はジェソップが回復するのを待つことを決定したが、 6 ヶ月後に折れて 1791 年 6 月にグリーンに測量の依頼をし、 更にはレントン (Lenton) から、ビーストン・メドウ (ビーストン草地、Beeston Meadow) を横断して、ビーストンでトレント川に接続する支線の測量も依頼した。 このルートがあれば川の交通はトレント・ブリッジ (Trent Bridge) -- ここは通過が困難 -- を迂回して、ノッティンガムの波止場を通過できるようになる。 エレウォッシュ運河がこの提案を聞き、ノッティンガム会社 (Nottingham Corporation) に話を持ち掛けて、ビーストンからノッティンガムを通り抜けて、 トレント川に至るルートの建設を任せてくれるように頼んだが、 会社はこの時点では断った。

訳注
クロムフォード運河の完成は 1794 年なのでウィリアム・ジェソップはこの完成よりも先にノッティンガム運河の仕事を 引き受けているようです。

グリーンの仕事はジェソップが監督し、 1791 年 9 月 1 日にジェソップはルートと見積もり経費を提出した。 最初のルートはウラトン・パーク (Wollaton Park) の西を通過していたが、 ミドルトン卿はルートが彼の所有するウラトン・パークの東側を通過しない限りは全計画に反対すると主張した。 このルートは建設コストがより高値となるが、東のルートが選択された。 委員会は 9 月の会合でジェソップの評価を承認し、 公的な会合が 10 月 25 日に手配され、 この場で新しい運河に熱狂的な支持があった。 彼らは配当を 10 パーセントに制限することに同意し、 クロムフォード運河会社との交渉により、 ノッティンガム運河会社がクロムフォード運河に給水する貯水池を建設することに同意した。 これによりノッティンガム運河の北端から水が流れ込むこととなった。

これは運河狂の時代であり最初の資本予約の申し込みは募集がありすぎた。 地主からの不満があり、配当は 8 パーセントに制限され、 石炭の通行料金が減少され、£20,000 の株式が地主による購入に備え留保された。 法案はエレウォッシュ運河トレント・マージー運河によって反対された。 彼らはダーウェント・マウスからのトレント運河の計画を推進しており、 この運河はダーウェント・マウスからエレウォッシュ、ビーストン、ノッティンガムを経由して、 ノッティンガムの下流でトレント川に至るものであった。 トレント水路 (会社) も法案に反対した。 というのはビーストン掘割を自分達で掘削したかったからである。 複雑な交渉が続き、これによりビーストン掘割は法案から除外され、 トレント水路がこの建設申請をすることが前提とされた。 トレント水路がトレント川改良の法案を追求することを誓約した時にトレント運河の法案が撤回された。 1792 年 5 月に議会法が承認された時に、ノッティンガムで複数の大きな祝賀会が開かれた。

建設

議会法により、ノッティンガム運河会社が創設され、 会社が £50,000 の資金を £100 の株式を発行して集めることが可能となり、 必要とあれば通行料を抵当に設定して。別の £25,000 を集めることが可能となった。 会社はクロムフォード運河に給水する貯水池を建設することになり、 これはラングリー・ミルから得られる水の補償であった。 ジェソップの元々の工事の見積もりは、ビーストン掘割を除外すれば £45,185 (2015 年では £4,900,000) であった。 ジェソップは技術者に任命され、グリーンが総監督に任命され、日々の操業を監督することになり、 工事は 1792 年 7 月 30 日にノッティンガムで開始した。 ベンジャミン・ウートラムは給水の仕事を与えられた。 彼はエレウォッシュ運河に流れ込む水量とラングリー・ミル (ラングリー水車工場) のようなエレウォッシュの水車工場に供給される水量を調べ、 貯水池に流れ込む川の水量も調べた。 計測は 1793 年の夏に実施され、夏は冬よりも水量が少なかったため、水量はずっと正確に計算できた。 貯水池がグリーズリー (Greasley) -- これは時々ムアグリーン貯水池 (Moorgreen reservoir) と呼ばれる -- とバッタリー (Butterley) に建設された。 どちらもクロムフォード運河に給水し、 最初のものは長い給水線によって、ラングリー・ミルの直前で運河に給水し、 2 番目のものは暗渠によりバッタリー・トンネルで給水した。

訳注
バッタリーに建設された貯水池とはバッタリー貯水池のことです。

工事は 1792 年 7 月 30 日に開始した。 リーン川 (River Leen) は西のレントン (Lenton) と東のリーン橋 -- 一連の氾濫アーチ (flood arch) 【訳注:洪水の時のみ水が流れるアーチ】-- の間で市の南端を流れていた。 川底が広げられて運河となり、 川は更に北の暗渠に流れを変更させられた。 氾濫アーチは新しい橋で置き換えられ、 運河は急に南に方向を変え、トレント川に合流した。 運河の経営者たちは運河が川に合流する所にベイスンを作り、 その上流に水門を作ることを望んだ。 しかし、ジェソップは、そのような配置では入口が砂で詰まると議論した。 水門を川の近くに建設すれば水門を空にする時に砂が押し流されることが確実となるからである。 町の区間は 1793 年 7 月 30 日に公的に開通し、波止場に行けるようになった。 しかし、完成するにはもっと多くの工事が必要であった。 リーン橋の東に堰が建設されブルーリー小支線 (Brewery Arm, 醸造小支線) -- 川の水路の拡張 -- に給水された。 その先端に別の堰が建設され、リーン川の新しいコースに水が溢れ出していた。 イーストクロフト・メドウ (Eastcroft Meadow) の水路を利用して第 2 の支線であるポプラ支線が建設されてブルーリー支線に接続された。 これ以後のレントンからの運河の建設費はジェソップの見積もりを越え、 £100 の株式毎に £140 を呼びかけて支払われた。 更なる呼びかけがあり、1795 年の 3 月に £150 に達した。 1795 年 2 月に、新しい掘割区間が被害を受けた。 これは数週間の激しい寒気のあとで急激な雪解けとなり、これによって洪水が起きたからである。 経営者たちはジェソップに手紙を書いて 「多くの運河工事の建設の失敗とそれによる非常に多くの出費」 に関しての不満を述べた。 しかしジェソップはすでにもっと大きなプロジェクトに関わっていた。 1796 年 3 月 1 日に、 最初のボートが南からノッティンガムに到達し、完成したビーストン掘割を進んできた。 この掘割はノッティンガム運河とレントンで合流した。 4 月 26 日には運河の全線が開通した。建設費は £80,000 で、 大半の経営者はその後まもなく辞任した。 株式の発行に加え、抵当を設定して £5,000 を借り入れた。借金は 1804 年までに返済した。

操業

運河は 14.75 マイル (23.7 km) の長さで、19 基の水門を通過し、 水門は各々 85 フィート×14.5 フィート (26 m×4 m) で、 ラングリーに追加の停止水門があり、ここでクロムフォード運河と接続していた。 14 基の水門はウラトンの連続水門に集約され、ここからラングリーまでは長くて水平な区間が続く。 幾つかの短い支線がある。 ビルバラ小支線 (Bilborough Arm) はウラトン連続水門の上流で本線から建設され、 そこからビルバラ炭鉱とストレリー炭鉱 (Strelly colliery) にトラムウェイが走っていた。 支線は私有で 1799 年の中頃から操業されたが 1813 年までにもはや使用されなくなり、 そのうちの幾つかは埋め戻された。残りは 1874 年頃に見捨てられた。 ロビネット掘割 (Robinetts cut) はコスサル (Cossall) の近くにあって、 1796 年に完成し、 一方グレーズリー (Gresley) とフィリンガム (Fillingham) にあるラトランド公爵 (Duke of Rutland) の炭鉱にはグレーズリー支線が貢献し、 この支線は 1800 年に建設された。 どちらの支線も炭鉱とトラムウェイで接続された。


運河が使用されていた時は、この橋は
運河から外に旋回した。2006 年撮影。

交易は増大したが、会社が想定したほど速く増えなかった。 通行料は 1798 年の 4 月に至る一年間で £2,614 になった。 この年の間に郵便船がノッティンガムとクロムフォードの間で走り始め、 1798 年には第二のボートがノッティンガムとレスターの間でサービスを始めた。 通行料からの収入は 1799 年/1800 年に £4,644 に増えた。 交通の大半は石炭で 全輸送量 114,227 トンの中で 89,500 トンに達した。 クロムフォード運河とノッティンガム運河の協調は良好でどちらの会社のためにもなった。 1799 年に料金を下げてエレウォッシュ運河から交通を盗む試みは資金的な破局となり、 どちらの運河も認可された物資の料金を課すことが合意され、互いに顧客をそそのかさないことになった。 1804 年に抵当権が一旦償還されると、会社は株主に配当を支払うことに同意し、 一株 £150 ごとに £12 の比率で支払った。 これらは一年に 2 回支払われたが、時々 3 回支払われ、過去の未払い分を削減した。 最初の支払いがあった時に 9 年間の滞りがあった。 1830 年に通行料は £9,879 に上昇し、1840 年にこれは £12,825 に上昇した。

ノッティンガムのウィルフォード・ストリート (Wilford Street) の近くの会社の倉庫が 1818 年 9 月 28 日に爆発により破壊され、 2 名が死亡した。 ノッティンガム・ボート会社は 21 樽の火薬を配達し、 ミュッソン (Musson) という名の人が火薬が少々樽から漏れていることに気が付いた。 彼は愚かしくも熱い燃えがらを火薬に落としてしまい、 これにより全部が爆発した。 彼は爆風により 126 ヤード (115 m) 吹き飛ばされた。 多くのボートが破壊され、多くの周辺の建物が被害を受けた。 保険会社が損害の支払いを拒絶した時に、運河会社はボート会社を訴えて、 £1000 の賠償金と訴訟費用の幾分かを認められた。 しかし、ボート会社は支払うことができず、要求は 1828 年に取り下げられた。 1826 年 1 月に会社は蒸気郵便船を走らせたことにより、 フートン (Hooton) とブラッドショー (Bradshaw) を告訴した。 蒸気船は前年の 5 月に通過した規則により禁止されていたからである。 しかしながら、船を操業する業者が異議を申し立て、会社は 1826 年 5 月にポリシーを変更し、 蒸気ボートが自由裁量で走ることができるようになった。

1837 年に獲得されたミッドランド・カウンティーズ鉄道議会法 (Middle Couties Railway Act) は運河を守る条項が含まれていたが、鉄道建設中に運河に干渉したとして非難され、 ノッティンガム運河は差し止め命令を手に入れた。 交渉の一環として、会社はノッティンガム駅のそばに荷の積み替えベイスンを建設することに同意した。 駅は 1842 年になるまで開業しなかったが、 運河会社は 1840 年中頃に鉄道との競争に対して交通を維持するために、通行料を下げ始めた。 このような努力にもかかわらず、収入がまもなく落ち始め、 1841 年の £12,536 から 1852 年の £5,981 に落ち込んだ。 労働者は解雇され、給与が下げられ、他の経費節減の方策が取られた。 会社は連続的に衰退するよりも、運河を鉄道会社に売却する方がよいと決定した。 アンバーゲート・マンチェスター鉄道 (Ambergate and Manchester Railway) は鉄道の開通後 6 ヶ月以内に、 運河の 1 株ごとに £225 を支払うことに同意した。 しかしながら、鉄道会社は他の 2 つの鉄道会社と合併し、 アンバーゲイト・ノッティンガム・ボストン&イースタン・ジャンクション鉄道 (Ambergate, Nottingham, Boston and Eastern Junction Railway) になった。 彼らは 1850 年 7 月にノッティンガムからグランサムに鉄道を開通させたが、 ノッティンガム運河とグランサム運河を買収することを拒絶した。 グランサム運河も元々の鉄道会社と同じ合意をしていた。 何回かの裁判と上院に訴えることにより、売却が同意され、 運河会社の最後の委員会が 1856 年 4 月 4 日に開催された。 元々の 1 株ごとに £1.50 の配当を付けて支払われることになったが、 株主は売却により現金では £50 しか受け取れず、残りは会社の株式で支払われた。 更に合併が続き、運河は 1861 年までに、グレート・ノーザン鉄道により所有された。

衰退

19 世紀末に運河は輸送路として衰退し続け、 終に 1936 年に全く見捨てられた。 翌年に運河を所有するロンドン&ノース・イースタン鉄道会社は運河の主要区間を閉鎖し、 ノッティンガム運河の一部分 (トレント川とレントンの間) がトレント水路会社に移譲され、 公的にトレント川水路の一部となった。

見捨てられたが、運河は幾つかの問題を引き起こした。 大雨が降ると、運河の周辺地域が浸水するとの苦情があり、 ノッティンガム市議会が市を通り抜ける区間を購入した。 1955 年から、運河を埋め戻すプログラムが開始し、 ルートの大半には、その結果、建物が建設された。 しかしながら、ダービー・ロードからレントン・チェーンに至る最後の区間はリー川の新しいコースとして再利用され、 今でも水がある。

今日の運河

1977 年以来、ブロックストウ・バラ議会 (Broxtowe Borough Council) はウラトン (Wollaton) からラングリー・ミル (Langley Mill) の上流区間を所有し、 自然保護区且つ歩行路として維持している。 歩行路のトロウウェル区間 (Trowell section) にはスウォンジー橋 -- 元々の石の橋の 1 つで、グレード II の指定建造物、 1793 年 - 1795 年建造、 木製の (家畜の逃亡防止用の) 門が付いていた -- の遺跡が残っている。 橋からトロウウェル・ガーデン・センター (園芸用品店) を見下ろすことができ、 ガーデン・センターには元々の石造の水門管理人の小屋 -- スウォンジー・コッテージ 1,2、1794 年 - 1795 年建造 -- がある。 橋とコッテージの名前のスウォンジー (Swansea, 白鳥の海) (の由来) は 運河のこの特別な場所に多くの白鳥 (スワン) が群集していたからである。 1980 年に水が無くなったため、 ガーデン・センターと野鳥保護王立学会 (Royal Society for the Protection of Birds) による決定が下され、白鳥を移転させた。 ルートの多くの場所には水があるが、水の供給には問題がある。 ロビネット小支線 (Robinettes Arm) は給水線として機能し、 オールドムア・ウッド (Oldmoor Wood, オールドムーア森) から水を取り入れている。 しかし、これ以上は 3.2 km (2.0 マイル) の区間はアウスワース (Awsworth) における露天掘りにより破壊された。 これは元々のギルト・ブルック (Gilt Brook, 川の名前) とムアグリーン貯水池 (Mooorgreen resevoir) からの給水が切断されたからである。 このルートが提供する豊な生息地の理由から 1993 年に 「地方自然保護区」 に指定された。 ノッティンガムを通り抜ける下流区間のトレント川を結ぶ区間はビーストン・ノッティンガム運河として使用され続けている。

ノッティンガム市中央を通り抜ける曳舟道はノッティンガム・ビッグ・トラック (Nottingham's Big Track) の一部となっており、 これは 16 km (9.9 マイル) の環状の自動車が通らない自転車道且つ歩行路である。 ノッティンガム・ビッグ・トラックはノッティンガム鉄道駅からビーストン連続水門まで運河沿いに走り、 次にトレント川沿いの道で元に戻っている。