ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Leawood Pump House- Wikipedia

リーウッド揚水棟: Google map

リーウッド揚水棟 (Leawood Pump House)

リーウッド揚水棟 は (ハイ・ピーク揚水棟 (High Peak Pump House) とも呼ばれ) 1849 年にイングランド、ダービーシャーのクロムフォード (Cromford) の近くに建設され、 50 年ほど前に建設されたクロムフォード運河に給水した。 これはグレード II* の指定建造物 (listed building) である。

ハイ・ピーク・ジャンクション (High Peak Junction) から運河の曳舟道に沿って少しの場所にあって、 ダーウェント川 (River Derwent) の右岸の高さ 45 フィート (14 m) の場所に立ち、 ダーウェント水道橋の端にあって、鋳鉄製の蓋が付いた 95 フィート (29 m) の煙突がある。

リーウッド揚水棟

ワット形式のビーム・エンジンは、 シェフィールド、エルセカー (Elsecar) の「ミルトン製鉄所のグラハム社」 (Graham and Company of Milton Works) により設立された。 ビーム (梁) の長さは 33 フィート (10 m)、 ピストンの直径は 50 インチ (1.3 m)、 ストロークは 10 フィート (3.0 m) あって、 エンジンは毎分 7 ストローク動く。 ボイラーは 1900 年に交換され、40 psi の圧力がある。

水は 150 ヤード (140 m) のトンネルを通って、ダーウェント川から地下の貯水池に引き込まれる。 これは次に 50 フィート (9.1 m) 持ち上げられて、運河に排水される。

ポンプの巨大な大きさ (これは 1 ストロークでほとんど 4 トンを移動でき、 1 分間 7 ストローク、24 時間で全部で 39,000 トンを移動できる) は、 ダーウェント川からの水の汲み上げに制限があった事実により説明でき、 これが許可されたのは土曜日の PM 8 時から日曜日の PM 8 時の間のみであったからである。

揚水棟は 1849 年から 1944 年まで連続的に操業し、 この時運河が閉鎖された。 これは 1979 年にクロムフォード運河協会により復元され、定期的に走っている。

外部リンク