ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Belper North Mill - Wikipedia

ベルパー・ノース・ミル: Google map

ベルパー・ノース・ミル (Belper North Mill)

ベルパー・ノース・ミルベルパーにおけるストラットのノース・ミル (Strutt's North Mill in Belper) とも呼ばれ、 2001 年にユネスコの世界遺産の場所に指定されたダーウェント峡谷ミル群のミルの 1 つである。

このミルはベルパーにあり、ここはイングランド、ダービーシャーの町で、 ダービー (Derby) とマトロック (Matlock) のおよそ中間にある。

元々のノース・ミルはジェデダイア・ストラット (Jedediah Strutt) により、1786 年に完成され、 1803 年に火災で焼失した。 代りが 1804 年に子息のウィリアム・ストラット (William Strutt) により古いミルの基礎の上に建設され、 世界で最古の現存する鉄枠耐火ビルディング (iro-framed 'fire-proof' building) の実例の 1 つである。

2015 年に、アンバー峡谷自治区議会 (Amber Valley Borough Council) の報告が述べることによると、 ノース・ミル (そして、グレード II の指定建造物であるイースト・ミル (East Mill)) は修理する必要があり、これは "多大な被害" を被っているからで、議会 (council) は強制買収を考えているとのことであった。

ストラットのノース・ミル
1804 年に建設、1803 年に
焼失した元の建物の代り
ダービーシャー
における位置
  1. 建設
  2. 水車
  3. 工程
  4. 機械
  5. 水力発電プラント
建設

鉄枠のミル (iron-framed mill) は 長さ 127 フィート (39 m)、 幅 31 フィート (9.4 m)、 高さ 63 フィート (19 m) である。 これには 41.5×34 フィート (12.6×10 m) の翼部 (wing) が 2 つある。

木綿ミルは火災を起こしやすく、木綿の粉塵 (dust) は 簡単に火がつき、 その結果起きる火災は天井を通り抜け、床材を燃やす。 これが古いミルに起きた。 これが起きることを防ぐために、実験が実施されて、耐火ミルを作ることになった。 木造の床材を支える木造梁が鋳鉄製の梁で交換され (鋼は 1860 年まで利用可能ではなかった)、 これらの間には 9 フィート (2.7 m) スパンのレンガ製の低いヴォールトがあった。 この上にガレキを使用して床を平らにし、床はレンガ製であった。 水車の立坑の上の床アーチ (floor arch) は中空な粘土で作られた。

梁は「亀の甲羅プロファイル」 (turtle back profile) で鋳造され、最小の重さで、要求された強度を与えた。 これらは鋳鉄の柱で支えられ、鋳鉄の柱は互いの上に設置された。 レンガのアーチの横方向からの押し出す力は柱の頂上間の錬鉄製の結合梁 (tie) で拮抗 (resist) された。 建物は 15 区画の幅があり、幅が 6 区画の翼部があった。

水車

胸掛け水車は 18 フィート (5.5 m) で、 幅が 23 フィート (7.0 m) あり、 トーマス・ヒューズ (Thomas Hewes) により建設された。 これはサスペンション・ホイールで、動力は平歯車 (spur wheel) で、 (ホイールの) 端から供給され、クラスプ・ホイール (clasp wheel) よりも軽かった。 動力は垂直シャフト (軸) により、機械に伝達され、 各階で水平シャフト (軸) に歯車で伝達された。 皮のベルトがシャフトを個別の機会に接続するために使用された。

訳注
クラスプ・ホイールとは風車軸 の訳注で触れたクラスプ・アームで支えるホイール (井桁構造で軸に固定したホイール) の事と思われる。 このようなホイールで軸から直接動力を伝えるよりも、 水車の周囲に配置した歯車を経由して動力が伝える方が効率的と思われる。 水車/サスペンション・ホイールとリム歯車 を参照。
工程 (process)

ミルの 5 階建ての各フロアーは木綿の紡ぎの異なる段階を収容している。

原綿の梱は地上フロアーの積み込み区画で荷車から積み下ろされた。 (梱の) 開放・洗浄の機械は梱を開き、原綿を帯状 ('lap' form) で用意し、 4 階と 5 階のカーディング室 (carding room) に運ばれた。ここに 3 列からなる 130 台以上の カーディング装置 (carding engine、梳き機械) が収容されていた。 カーディング装置 (carding machines) は木綿繊維のもつれをほどき、 長い連続的なスライバー (sliver、ひも状のもの) を作る。 16 台のドローイング機械 (drawing frames, スライバーを通して、繊維を細く・強化する機械) は時々 ランタン・フレーム (lantern frame) と呼ばれ、繊維をまっすぐにし、 スライバー (sliver) をロービング (roving、粗紡) にして、 わずかなツイスト (twist、ねじり) を入れて、紡ぎの準備をした。 ロービング (roving、粗紡) は大きなカン (can) に巻き込まれ、2 階と 3 階に運ばれた。

2 階と 3 階のどちらも、元々 34 台の アークライト 水力紡績機 (water frame) を収容し、 これは同時に 4326 本を紡いだ。 これが意味することは 4236 本のロービング (roving、粗紡) が連続的に互いに ツイストされて糸 (thread) となり、これが小さな糸巻で集められた。 後に ミュール紡績機 (mule spinning machine) が導入され、 需要がある繊細な形式の糸を製造した。 糸巻は 6 階に送られた。 6 階では巻き取り装置 (reeling frame) が紡いだ糸を かせ (skein) に巻き、ミルフォード (Milford) の工場での染色の準備をした。 二重化装置 (doubling frame) は 2 本以上の単純紡ぎ糸 (single spun thread) を互いにツイストし、 より太くて強い糸を作った。 加えたツイストの量が糸の性質を決定する。

屋根裏部屋は後に教室として使用された。

機械

このミルにあった機械は:

水力発電プラント

1998 年に、水力発電機がミルに設置され、 35 kW の電力を発電した。 これは 2×175 kW のグリッド接続 (grid-connected) された低水頭ギルクス水力タービン (low head Gilkes water turbine) のセットから構成されていた。 これは、「ダーウェント川水力発電会社」 (Derwent Hydroelectric Power Limited) により設置された。