ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fulling - Wikipedia

縮充に関しては 縮充にある解説も参考にしてください。

縮充 (Fulling)

縮充 (fulling、ふくらませ) は (「押し込み」 (tucking) あるいは「歩き」 (walking、スコットランド語:waukin、ここから時々スコットランド英語で waulking と綴られる) とも呼ばれ) ウールの衣類製造の一段階で、 布 (とりわけウール) の洗浄をすることを含み、 油、ゴミなどの不純物を取り除き、これを厚くすることである。 この慣習は産業革命の現代化でなくなった。

歩き (walking) あるいは布の縮充の間に 「歩き歌」
(waulking song) を歌っているスコットランドの女性の彫刻、1770 年頃
  1. 工程
  2. 歴史
  3. ミル
  4. レガシー (Legacy、思い起こすもの)
工程

縮充 (fulling, ふくらませ) は 2 つの工程 -- 擦り落とし (scouring) と厚くすること (milling (thickening)) -- を含む。 元々は、 縮充 (fulling) は棒 (club) や縮充工 (fuller) の脚や手でウールの布を打つこと (pounding) で実施された。 スコットランドのゲール人の伝統では、この工程では 「歩き歌」 (waulking song) の歌を歌い、 これは女性がペースをあわせるために歌った。 しかしながら、中世以来、縮充は水力ミルで実施され、この後で 布をテンター (tenter、幅出機、テントのように広げるもの) と呼ばれる大きな枠で広げ、ここにテンター・フック (tenterhook) で留めた。 ここから、「テンター・フックで留められる」 (being on tenterhooks) の言い方 (phrase) が生まれ、 宙ぶらりんの状態で保持される意味となった。 テンターが設置される場所は、テンター・グラウンド (tenterground) と呼ばれた。

ローマの時代には縮充 (fulling) は奴隷により実施され、彼らは人間の尿を入れた桶 (tab) に足首までつけて、布で作業した。 尿は縮充の事業で非常に重要であったため、税金が課せられた。 新鮮でない尿 (stale urine) はウォッシュ (wash) と呼ばれ、アンモニウム塩 (ammonium salt) の源泉で、 布の清浄と白くすることで助けになった。 中世までに、「縮充工の土」 (fuller's earth) がこの工程で使用するために導入された。 これは柔らかいドロのような物質で、自然界に純粋でない含水ケイ酸アルミニウム (hydrous aluminium silicate) として産出される。 これはウォッシュと同時に使用された。 もっと最近では石鹸が使用された。

縮充 (fulling、ふくらませ) の 2 番目の機能は、 繊維を互いにもつれさせて、布を厚くして、強さと耐水性 (waterproofing (felting)) を与えることであった。 これはウールのカーディング (carding wool) から作られる ウーレン (woolen) の場合には極めて重要で、 ウールのコーミング (combing wool) から作られる ウーステッド (worsted) の場合にはそうではない。 この段階の後で、水が使用されて、洗浄の最中に使用された悪臭のする液体が洗い落とされる。 ウールのフェルト化 (felting) はハンマーでたたいたり、 他の機械的攪拌 (agitation) により起き、 これはウール繊維の表面の微小な鉤 (hook) が互いに絡み、 ベルクロ (Velcro) のようになるからである。

歴史

縮充に対する聖書の 7 ヶ所の言及がある ( 列王記下 (2 Kings) 18:17; イザヤ (Isaiah) 7:3 and 36:2; マラキ (Malachi) 3:2; マルコ (Mark) 9:3)。 これに付け加え、少なくとも 1 つの言及が、 リュシアス (Lysias) の弁論 (speech) に登場し、 BC 5 世紀にアテネで書かれたものである。 11 世紀末の十字軍の時までに、 縮充ミル (fulling mill) は中世世界を通じて活発であった。 これらは、ヨーロッパの 9 世紀あるいは 10 世紀に起源があったようである。 フランスにおける縮充ミルの最も初期の言及は、およそ 1086 年頃のもので、ノルマンジー で発見された。

ミル

中世以来、布の縮充はしばしば水力ミル (water mill) で引き受けられ、 ミルは 「縮充ミル」 (fulling mill), 「歩きミル」 (walk mill), あるいは「押し込みミル」 (tuck mill) と呼ばれ、 ウェールズでは「パンディ」 (pandy) と呼ばれた。 これらでは、布は木造のハンマーで打たれ、 これは縮充ストック (fulling stock、縮充台木) あるいは縮充ハンマー (fulling hammer) と呼ばれた。 縮充ストック (fulling stock) には 2 種類あり、 擦り取りのみに使用される落下ストック (falling stock、垂直に動作)、 駆動あるいは吊り下げストック (hanging stock) がある。 どちらの場合も、機械は水車のシャフト あるいは タペット・ホイール (tappet wheel) のカムで操作され、 これはハンマーを持ち上げた。

ゲオルク・ベックラー (Georg Andreas Böckler)
『新しい機械の劇場』(Theatrum Machinarum Novum, 1661 年)の縮充ミル

駆動ストックは回転して、脚 (ハンマーの頭) が布をほとんど水平に打った。 ストックには液体と布を保持する桶 (tub) がついていた。 これはハンマーから離れた側が少々丸くなっており、そのため布が次第に回転し、 布のすべての部分が均一にミルで処理された。 しかしながら、布はおよそ 2 時間ごとに取り出して、 ひだとしわを取り去った。 脚 (foot) は形が大体 3 角形で、切り目がついていて、布が回転するのを助けた。

グロスターシャーのテンプル・ギティング (Temple Guiting) には縮充ミルが設置されていて、これは ドゥームズデイ・ブックに記録されていた。

レガシー (Legacy、思い起こすもの)

これらの仕事をした労働者の名前 (フラー (fuller), タッカー (tucker) そしてウォーカー (walker)) は普通の苗字になった。 縮充ミルのウェールズの用語はパンディ (pandy) で、これは多くの地名に見られ、 例えばトニイパンディ (Tonypandy、 /tɒnəˈpændi/, fulling mill lea (縮充ミル草地) の意味) がある。