ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Woolen - Wikipedia
ウーレン (Woolen)

ウーレン (woolen (米国英語) あるいは woolen (英国英語)) は カード処理されたウール (carded wool) から作られるより糸 (yarn) の形式である。 ウーレンのより糸 (woolen yarn) は柔らかく、軽く、伸びやすく、 空気をよく含む (full of air)。 従って、これは良好な断熱材 insulator) であり、編み糸に良い。 ウーレンのより糸 (woolen yarn) はウーステッドのより糸 (woosted yarn) と対比され、 後者は繊維がカード処理される (carded) のではなく、 梳かれて (combed) 平行になり、硬くて、強い、より糸になる。

  1. 商業製造
  2. ウーレンのより糸を手作業で紡ぐ
商業製造

ウーレンとウーステッドの工程がどちらも要求することは ウール (そして他の類似の動物繊維 ( カシミアとキャメル (camel, らくだ) 等) は 機械工程の前に洗浄することである。 ウーレンとウーステッドの命名法は動物繊維の繊維工程のみに適用するが、 この用語には繊維のブレンドを含めることが普通である。

結果として生じる布地はウーレンあるいはウーステッドとして分類されるが、 この命名は繊維の処理とより糸の形成時に割り当てられ、布地あるいは完成した衣類の時ではない。

織りあげたウーレンの繊維は、方向性のパイル (directional pile) を追加するためにデザインされた 布地の管制技術に従属するものである -- ここにおいて、末端の消費者は、普段着の上着のように、 一方向のみに (肩から袖口にかけて) 力を加えることがある。 この繊維のような感触は方向性を持って配置される。

ウーレンのより糸の形成はニット製品 (knitwear) でもとても普通であり、 これでは結果として生じる衣類は少々かさがあり、 (繊維の配置の) 見た目の美学の要求は最小である。

ウーステッドの処理ルートはもっと複雑で、 短い繊維を取り除き、集中した機械工程を使用して、個々の繊維を互いに平行にすることが必要である。 より糸形成の工程はもっとずっと包括的で、 その結果、とてもつやのある (sleek) より糸になり、 これは、例えばスーツ用の、きれいに見える織られた布地を提供する。 ウーステッドの工程は随分とより高価で、ニット製品にはほとんど使用されない。

ウーレンのより糸を手作業で紡ぐ

ウーレンのより糸は long draw 技術を使用して、手作業で紡ぎ、 より糸はロウラグ (rolag) から紡がれる。 大半の手作業の紡ぎ手はウーレンとウーステッドのより糸をブレンドし、 どちらのカテゴリーの技術も使用し、従って、混ぜ合わせ (mix) に落ち着く。 しかしながら、本当のウーレンのより糸を紡ぐ最初の段階はハンド・カード装置を使用して、 繊維をロウラグ (rolag) にカード処理することである。

ロウラグ (rolag) は円柱状の形から繊維をあまり引っ張らずに紡がれる。 これを実施するために、 ロウラグ (rolag) の短い区間にねじれ (twist) を許して、 次に、手の中のロウラグ (rolag) の位置を変えずに、より糸が望みの太さになるまでひっ張り戻す。 捻じれ (twist) はロービング (roving) の最も細い部分に集中し、 従ってより糸を引っ張れば、捻じれ (twist) がない太い区間が細くなる傾向がある。 一旦、より糸が望みの太さになれば、十分な捻じれ (twist) を追加して、より糸を強くする。 次により糸を糸巻に巻き、この工程を再び開始する。